金木犀、薔薇、白木蓮

本の感想、ときどき映画。
★の数は「好み度」または「個人的なお役立ち度」です。
現在、記事の整理中。

62:柴田よしき 『小袖日記』

2017-05-16 11:07:39 | 17 本の感想
柴田よしき 『小袖日記』(文春文庫)
★★★☆☆3.5

【Amazonの内容紹介】

上司との不倫に破れて自暴自棄になっていたあたしは、
平安時代にタイムスリップ!女官・小袖として
『源氏物語』を執筆中の香子さまの片腕として働き、
平安の世を取材して歩くと、
物語で描かれていた女たちや事件には意外な真相が隠されていた―。
ミステリーをはじめ幅広いジャンルで活躍する著者の新境地。

**************************************************

「平安貴族は臭い」というのをきちんと書いた物語、として
ネットで見かけて読んだもの。

確かに、「トイレは庭の小川で」「風呂にはめったに入らないから体臭を香でごまかす」
「死体置き場に死体を捨ててたので、風向きによってはその臭いが」等々、
優雅なだけではない平安京ライフをしっかりと描いている。
話し方(発音、発声)の現代との違い、にもちゃんと触れてたし。

話としては、不倫の果てに自暴自棄になっていた現代のOLが、
落雷によって、紫式部の手伝いをしていた「小袖」という女官と中身が入れ替わり、
『源氏物語』の知識をもとにして、
「モデルになった人物・事件はこうだったんじゃない?」
と謎解きをしていくというもの。

好きな要素もいっぱいあったのだけれども、
「○○(架空の人物)は本当は××(実在の人物)だったんだ!」
とか、
「これは、主人公がああしたことが影響してるのね!」
とかいう展開を期待していたので、少々肩透かしを食らった。
「もといた世界より重量が弱い」というのも、繰り返し出て来るので
何かの伏線かと思いきや、単純に
「現実の平安時代じゃない、パラレルワールドですよ」
というのを示すためだけ、都合よく話を進めるためだけの
設定だったみたいでがっくり。
フェミニズム色が強くなっていくのも好みじゃない。

ただ、「『源氏』の元ネタ」を作り上げ、それをミステリー仕立てで
追っていく試みは面白い。
源氏&平安時代ファンにはおすすめ。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 61:本田さおり 『モノは好き... | トップ | 『よみがえれ! シーボルト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。