風の音パンフルート製作工房

浅い軽やかな音・心に沁みる奥深い音を自然の素材から自在に引き出します。




下部箱型面に塗料塗り

2017-01-24 07:40:56 | 被爆樹木のパンフルート

薄板を貼付けた下部ラインの箱型部分に塗料を塗り仕上げて行きます。

  

 

風の音パンフルート製作工房では被爆樹木カイヅカイブキの木のパンフルートを製作しています。

住所 広島市安芸区上瀬野町205  連絡 082-894-0854 080-5235-7664 panfrute@yahoo.co.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

42台勢ぞろい

2017-01-22 07:48:11 | 被爆樹木のパンフルート

被爆樹木カイヅカイブキの木のパンフルートは最終材で製作が進んでいます。

  

 

 被爆樹木カイヅカイブキの木の最終材によるパンフルート製作は小学校の4月新学期納入へ向け順調に進展し

ています。

今はパンフルートとしての基本的な形が現れ、細部の仕上げに入っています。

あと1ヶ月もすればミツロウ詰め込みによる音作りに入れる予定です。

私としてもいつまでもこのパンフルートに手を取られるわけには行かないので、できるだけ効率よく作業を進め

ます。

 

  

 

風の音パンフルート製作工房では被爆樹木を楽器として後世に残す活動を行っております。

工房 広島市安芸区上瀬野町205  連絡 080-5235-7664 082-894-0854 panfrute@yahoo.co.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

処理青竹は軒下に保管

2017-01-20 07:25:44 | パンフルート作り

節間が真っ直ぐになった竹は束ねて作業場天井にあたる軒下で保管します。

  

 

 あぶり処理を終えた青竹素材は持ちやすい大きさに束ねて作業場の天井に吊るします。

こうやって1年以上乾燥させます。

なぜこの状態を長く続けないかと言うと、3年置くと33%・5年置くと66%の節に必ず竹の内部を食い荒ら

す虫が入るからです。

虫の入った竹は他への延伸を防ぐため中にいる虫ごと焼却します。

つまり長く置くほど廃棄する竹が多くなります。

当工房では2年以内に全ての素材を小切りにした上、大鍋に入れ煮沸します。

 

  

 

風の音パンフルート製作工房では素材を吟味して楽器作りを行なっております。

工房 広島市安芸区上瀬野町205  連絡 082-894-0854 080-5235-7664 panfrute@yahoo.co.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足でふんずける・水をかける

2017-01-18 07:26:33 | パンフルート作り

炎で熱し柔らかくなった青竹の節は真っ直ぐにして冷やし固める作業を行います。

  

 

 青竹の節を炎で熱し事前にあけた小穴がら蒸気が吹き出て来たらOKのサインなので、節間を真っ直ぐにし冷や

し固める作業に入ります。

低音部の太い管は冷めるのに時間がかかるため、靴裏でふんづけてまっすぐした後水をかけて冷まします。

中高音の管で曲がりの大きいものは水で、少ないものは足でふんづけて冷めるのを待ちます。

足でふんづける時のメリットはふんづけながら次の管の余熱を同時にできることです。

時間が有効に使えます。

踏んづけると言っても管の断面がひしゃげるほど強くふんずけるわけではありません。

パンフルートの歌口になった時のことを想定して足裏の感覚を研ぎすまして作業いたします。

 

  

 

風の音パンフルート製作工房では素材を大切に扱い、楽器作りを行なっております。

工房 広島市安芸区上瀬野町205 連絡 082-894-0854  080-5235-7664 panfrute@yahoo.co.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小穴から蒸気

2017-01-16 07:57:04 | パンフルート作り

竹を炎で熱しつづけると、焦げたり破裂したりして使い物にならなくなります。

  

 

炎で竹の節を熱し続け柔らかくして曲がりを直します。

この時熱し方が少ないと元の形状にもどってしまいますし、限度を超えると黒く焦げたり内部圧力に耐えきれず

破裂したりします。

竹組織が柔らかくなるのと限度を超えるのは紙一重の瞬間なのです。

そこで前工程であけた「小穴」が有効な働きをしてくれます。

あぶり工程が限度に近づいたころ節の中の空洞に蒸気がもれ始めます。

高温の蒸気が増えると圧力が高まりついには破裂してしまいますが、1節ずつ小穴をあけていますのでそれを通

して圧力が抜けて行きます。

そうなんです、その蒸気の吹き出しが「今ちょうど良い熱し加減ですよ」というサインなのです。

 

  

 

風の音パンフルート製作工房では自然の状態を生かした楽器作りを行なっております。

工房 広島市安芸区上瀬野町205 ☎082-894-0854 080-5235-7664 mail panfrute@yahoo.co.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加