厳選!ビジネス書 今年の200冊

1日1,000PVの多読書評ブログの定番。

2017年103冊目『SPRINT 最速仕事術』

2017-04-23 16:56:57 | おすすめビジネス書

amazonへのリンクはこちら

評価 (3点/5点満点)

スプリントは、著者の一人ジェイク・ナップ氏がグーグルで開発し、のちにGV(旧グーグル・ベンチャーズ)にてスタートアップ向けに改良を加えたプロセス。GVはグーグルのベンチャーキャピタル部門から独立した会社で、世界で最も活発で成功しているコーポレート・ベンチャーキャピタルの1つです。GVのユニークなところは、ただ資金を提供するだけでなく、投資先の選定・育成・運営に積極的に携わっている点にあります。

スプリントは、今をときめく新興企業で使われています。また、グーグル内でもGmailやChromeなどのプロダクトの開発に役立てられているほか、フェイスブック、マッキンゼーなどの大企業や国際機関、非営利団体、学校などでも繰り返し用いられ、成果を上げています。

スプリントとは?(P.28、39、53)

スプリントとは、GVが活用しているプロセスで、アイデアをプロトタイプのかたちにすばやく落とし込み、それを顧客とテストすることによって、たった5日間で重要な問題に答えを出す手法をいう。

月曜日に問題を洗い出して、どの重要部分に照準を合わせるかを決める。

火曜日に多くのソリューションを紙にスケッチする。

水曜日に最高のソリューションを選ぶという困難な決定を下し、アイデアを検証可能な仮説のかたちに変える。

木曜日にリアルなプロトタイプを完成させる。

金曜日に本物の生身の人間でそれをテストする。

スプリントは特に、(1)リスクが高いとき、(2)時間が足りないとき、(3)何から手をつけていいかわからないとき、のような厄介な状況で役に立つ。

スプリントは、事業戦略やイノベーション、行動科学、デザイン思考などの手法のなかから、一番効果の高いものだけを選り抜いた「ベストヒット」集を段階的プロセスのかたちにパッケージして、どんなチームにもすぐに活用できるようにしたものと言えるでしょう。

巨額の投資をする前に、アイデアが成功するか失敗するかを今すぐ見極められる。一番大事なことに集中して、最小限の時間で最大限の成果を出す方法論を教えてくれるプロセスです。スプリントは、大きな問題を解決し、新しいアイデアを試し、より多くのことをより速く成し遂げる道筋になります。

イノベーションをものにするには、天才である必要はまったくなく、迅速が学習能力がカギになることを本書は教えてくれます。そんなスプリントのテクニックは、小さな課題や1人での作業にも役立つものがたくさんありますよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年102冊目『リーダーの一流、二流、三流』

2017-04-21 22:54:02 | おすすめビジネス書

amazonへのリンクはこちら

評価 (3点/5点満点)

リーダーになってつまずく人は、プレイヤーの延長で仕事をします。

リーダーになってうまくいく人は、自分よりできる部下がいるのは当然だと思っています。

その差は、リーダーの役割をしっているかどうかです。プレイヤーの役割とは違うのです。

・自分ができていないことを自己開示する。その上で、できないことは部下の力を借りたり、関係者の力を借りる。

・明るく元気なリーダーは、部下も元気にする。

などなど、この本では圧倒的な成績を挙げている一流のリーダーに共通する行動・習慣・思考がまとめられています。

【my pick-up】

◎一流は、部下の気持ちに合わせた表情をする

一流のリーダーは、部下と表情を合わせます。悔しいときは一緒に悔しがる。悲しいときは一緒に悲しむ。部下に合わせた喜怒哀楽を見せることで、部下はリーダーを信頼するようになるのです。

◎一流は、人柄でナンバー2を決める

チーム力を伸ばしているリーダーは、ナンバー2の部下が活躍できる環境をつくります。リーダー自身、ナンバー2に意見を出してもらうことで、判断や指示・依頼が独りよがりになることを防げる、というメリットもあります。ナンバー2の部下を置き、次世代リーダーとしても育成する必要があるのです。管理職に昇格する前にナンバー2を経験して、マネージャーの疑似体験をしておけば、スムーズに管理職の仕事ができるようになるでしょう。ナンバー2には、スキルや目標達成能力はもちろん、自分が持っている力をチームのために積極的に使おうとする人、利他の精神を持っている人を登用すべきです。

◎一流は、一部の仕事をやめられないか検討する

現実は、できる人に仕事が多く配分されてしまいます。一流のリーダーは、一部の仕事をやめることを検討するのです。記入項目ばかり多い割にはまったく機能していない日報、作ったものの誰も見ていないデータ、急ぎの依頼と言う割には急ぐ必要のないもの。仕事を減らすことを考え、もっと楽で効果のある仕組みをつくる、これこそリーダーの大切な仕事です。この仕事をなくした場合の不利益は何か?既存の何かでカバーできないか?頻度をもう少し減らすことができないか?アクトソーシングできないか?また、ひとつ仕事が増えたらひとつ減らす「一増一減主義」をとるといいでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年101冊目『「だから女は」と言わせない最強の仕事術』

2017-04-21 22:24:29 | おすすめビジネス書

amazonへのリンクはこちら

評価 (3点/5点満点)

世間の期待や希望とは裏腹になかなか女性活躍が進まない理由には2つあると、著者の朝倉千恵子さんは考えています。

1つが日本のビジネス界が男性社会で女性が働きやすい環境が整いきれていないこと。まず男性と女性の違いをしっかりと認識した上で、それぞれの長所は活かし、短所は補い合っていくような関係性にシフトしていくべきです。

もう1つが女性たち自身の仕事に対する覚悟が足りないこと。女性であることや、自分の置かれた境遇や環境を言い訳にしないで、全力で仕事をする覚悟を持ってほしい。

この本では、皆さんを取り巻く他者との関係を軸に、仕事で成果を出し、認められる女性になるためのコツをお伝えします。

・自分はできると信じること、あきらめないこと、やり続けること。

・昨日よりも今日、今日よりも明日と成長していく自分を目指すこと。

・迷ったら困難な道を選ぶこと。

・向き不向きを考えるよりも、前向きに進むこと。

・やらない後悔よりもやった経験を大事にすること。

女性の上司・部下・同僚を持つ男性にとっても、女性の視点・考え・行動を理解することは、仕事をする上で大切だと思います。

【my pick-up】

◎可愛いだけではなめられる!

勉強する機会が男性より少なかった経験から、日ごろから勉強するという習慣がない人が多いのです。女性たちには特に男性の売り方を参考に、知識を蓄え論理的な説明ができる訓練をしてほしいのです。若いうちは愛嬌だけで割と何事もうまくいってしまうのです。しかし今うまくいっているからと、努力することを怠っていると、あるとき突然、売れなくなる瞬間、周囲に相手にされなくなる瞬間がきます。女子力パワーを使えるのは30代までだと心しておきましょう。聡明さも身につけないと、あきられてしまいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年100冊目『お金が貯まる人は何が違うのか?』

2017-04-19 23:25:19 | おすすめビジネス書

amazonへのリンクはこちら

評価 (3点/5点満点)

この本を読めば、お金に関する基本的な考え方や仕組みを理解し、誰でも20代でも1000万円貯めることが可能になります。

著者のもとに相談に来るのは、その多くが20代や30代前半の若い世代ですが、彼ら彼女らは知識や経験の少なさから、びっくりするほど無謀なお金の使い方をしている〝ムダ遣い中毒者〟が多いとのこと。

○「自動貯蓄」の仕組みを作る

×リボ払いやカードローンはNG

○お金を貯める目的をはっきりと、貯めるプロセスを楽しむ

「お金が貯まる人」と「お金が貯まらない人」の違いや溜まる人のテクニックは、30代以上の人でも役に立ちますよ。

【my pick-up】

◎お金が貯まる人は自分の好きなものにお金を使う、お金が貯まらない人は他人の好きなものにお金を使う

どんなことにお金を使えば、自分が充実感や満足感を得られるか。私が外食にお金をかけるのも、一緒に過ごす人たちにおいしい料理や上質な空間を味わってもらいたいからです。それでみんなが喜んでくれたら、そのことが私を幸せにしてくれます。だから、人と過ごす時間にお金をかけることは私にとって「投資」になります。そのことがしっかりとわかってから、なんとなく飲み会に行くという、ムダな交際費も削れるようになりました。

◎お金が貯まる人は20代で資産運用を始める、お金が貯まらない人は60代から始めようとする

たしかに入社1年目や20代のあなたは、手元の資産はまだ少ないはずです。でも、そのハンデをはるかにしのぐ大きな資産を持っているのです。それは「時間」です。資産運用でお金を増やそうとするとき、時間ほど強力な強みはないのです。時間をかけるほど、資産運用で大きな〝利回り〟を得る可能性が高いのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年99冊目『世界のどんな職場でも評価される 無敵の働き方』

2017-04-16 17:00:09 | おすすめビジネス書

amazonへのリンクはこちら

評価 (3点/5点満点)

この本では、今後日本人が世界の人からリスペクトされ、世界で結果を出し続けるためには「どんな思考と行動を新しく身につけた方がよいのか」について、わかりやすく具体的に紹介します。

この本では、日本仕様の終身雇用と、世界仕様の非修身雇用それぞれの暗黙の掟(思考と行動の特徴)がベースとなっています。

1.「就社」している⇔「就職」している

2.異動は「当たり前」⇔キャリアは自分で切り開く

3.会社を辞めるのはよくない⇔自分の価値が評価されない会社は辞める

4.仕事はチームでやる⇔仕事は原則上司とやる

5.対立を避ける⇔対立を避けない

6.理不尽を呑み込む⇔理不尽を呑み込まない

相手や状況によって、そもそも持っているこれらの暗黙の掟に基づく思考と行動を使い分ける、つまり二刀流の「無敵の働き方」を実行すればよいのです。

また、努力の成果を掴み取る人になるためのカギは、実践する前の「準備」を、実践した後の「振り返り」を何度も繰り返すことです。この2つの行動は、通常、周囲の人から観察されにくいため、「隠れた努力」とも言われますが、これを避けることはできないと思います。

【my pick-up】

◎待つ時間を頭と心のウォームアップに充てる

リーダーは待つ時間を「場を温める時間」に転換させる必要がるのです。リーダー自ら雑談を起こす行動をとり、雑談が起きる必然性を高めることが大切です。リーダーは、会議の議題にそった雑談の話題を提供する、あるいは、そのような話題を引き出すための問いかけをする、という行動をとる必要があるのです。

◎チームを「ビルド」する

外国人社員は、仕事は上司との関係でやるものと考えるのです。そのため、原則、周囲の同僚とチームで仕事をする必要性を感じていないのです。チームはそもそも存在しないので、改めて「チームを作る(=ビルドする)」ことが必要になります。チームをビルドするためには、次の6つのことをメンバーに対して、自分の言葉でわかりやすく表現し、説明しなければいけません。(1)目指すゴール(2)現状(3)ゴールと現状のギャップを埋めるために自分が考える手段と段取り(4)想定されるリスク(5)各メンバーへの期待・役割(6)タイムフレーム。彼らは、チームで仕事をするときは、自分にとって「当たり前でない」忘れがちなチームという言葉を頻繁に使うことでお互いに意識付けをし合うのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加