世界はキラキラおもちゃ箱・2

わたしはてんこ。少々自閉傾向のある詩人です。わたしの仕事は、神様が世界中に隠した、キラキラおもちゃを探すこと。

憂い

2017-04-24 04:50:11 | 幻の少女たち


ヴィルヘルム・ネレンツ

  *


何を悩んでいるのでしょう。手にはロザリオを持っている。

窓辺に寄っているのは、持っている自分の荷が重すぎると感じているからでしょう。

たぶん夫がつらいのでしょうね。よくあることだ。

神に助けを願っている。それほど苦しい。

逃げることはできないとわかって、また家の中に戻っていくまで、彼女は悩み続けるのです。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポーラースター・システム・29 | トップ | 中世の魔女裁判 »
最近の画像もっと見る

幻の少女たち」カテゴリの最新記事