世界はキラキラおもちゃ箱・2

わたしはてんこ。少々自閉傾向のある詩人です。わたしの仕事は、神様が世界中に隠した、キラキラおもちゃを探すこと。

1月・ウメ

2015-07-31 03:37:12 | 画集・ウェヌスたちよ

岩のように硬い冬の心を
ほほ笑みで解かしてゆくのが
わたしたちの仕事です
わたしたちには 剣も楯もない
あるのは ほほ笑みだけ

どんな雪風に拒絶されようとも
わたしたちは咲きます
声なき声の春の 最初の一画を
空に書くために




この記事をはてなブックマークに追加

12月・シクラメン

2015-07-30 04:44:10 | 画集・ウェヌスたちよ

心配せずとも わたしたちは
世界の秘密に深く荷担しています
星々がいつも空で泣いているのは
わたしたちのことが忘れられないからです

この塵くずのような青い星の片隅の
舞い落ちるともしびのようなその花の
ひそやかな吐息さえ逃さないほど
星々はいつも
わたしたちを見つめているのです





この記事をはてなブックマークに追加

11月・モミジ

2015-07-29 04:45:33 | 画集・ウェヌスたちよ

風が季節の鈴を鳴らして
わたしたちに秋の器をかぶせました
日は少しずつ遠のいて
ひいてゆく波のように
時が頬をなでてゆくのです

わたしたちが恥じらうのは
眠りにむかってゆく大地への
秋の青年のまなざしが
たいそう おやさしいため




この記事をはてなブックマークに追加

10月・シオン

2015-07-28 04:26:21 | 画集・ウェヌスたちよ

森の中で 探してください
あなたがかつて
石の棺にとじこめた
歌を歌う星の夢を
私は森に解き放っておきました

森の奥で 探してください
それが季節の風のとりことなって
大地の深い眠りの中に
溶けて消えてしまわないうちに




この記事をはてなブックマークに追加

9月・コスモス

2015-07-27 04:21:09 | 画集・ウェヌスたちよ

わたしたちはみな
ひとりひとりちがいます
色も形も 笑い方や歌い方も

透明な風の後ろで
金の時計のネジを巻いている
あの美しいお方が
わたしたちをそう創ってくださり
秋を 澄んだ紅の合唱で
始めるようにとおっしゃいました




この記事をはてなブックマークに追加

8月・ヒマワリ

2015-07-26 04:13:05 | 画集・ウェヌスたちよ


昔 世界中の幸福を切り砕き
ありもしない真珠を求めて
死に絶えた貝殻を集めていた

今 私の中で目覚めた太陽は
金色の翼を広げて空に歌い出す

天の下 天の下 天の下

私が 私で あること!




この記事をはてなブックマークに追加

7月・アサガオ

2015-07-25 04:52:23 | 画集・ウェヌスたちよ

虫取り網をもって
風のようにかけていく少年の肩に
青い朝顔の眼差しがついていった

一日を子犬のように遊び倒して
日が暮れて
ふとだれかに会いたくなったのは
そのせいだということに
少年はいつ気づくのだろうか




この記事をはてなブックマークに追加

6月・アジサイ

2015-07-24 04:59:54 | 画集・ウェヌスたちよ

雨音に 耳を澄まして

青空にはびっしりと
蒼い文字で手紙が書いてある
雨が降るとその文字が溶けだして
私たちの所にささやきが届くの

目を閉じて きいて
永遠の過去から今日まで
ずっと届いていた手紙を
今度こそは 逃さないで




この記事をはてなブックマークに追加

5月・ツツジ

2015-07-23 04:11:05 | 画集・ウェヌスたちよ


ひのひかり ひのひかり ひのひかり
ああ わたしたちは
いつもうたっているの
伝えたくて あなたに伝えたくて

空と 大地が
ただ一種類の愛だけで
できていることを

ひのひかり ひのひかり ひのひかり




この記事をはてなブックマークに追加

4月・サクラ

2015-07-22 04:27:40 | 画集・ウェヌスたちよ

薄紅のささやきが
静けさに隠れて
瞳の中に溶けてくる
そして神経をたぐり
血流をたぐり
魂の耳元で語り始める

ああ また出会えた
生も死も 愛も哀しみも
ひととせの全てを乗り越えて
また あなたと出会えた




この記事をはてなブックマークに追加