世界はキラキラおもちゃ箱・2

わたしはてんこ。少々自閉傾向のある詩人です。わたしの仕事は、神様が世界中に隠した、キラキラおもちゃを探すこと。

青い鹿③

2017-12-19 04:13:27 | 風紋


涙を流しながら自分を見ている、ソミナの顔が見えた。

「あにや、あにや、目を覚ましたかい?」

ソミナが嬉しそうな声で言った。アシメックはぼんやりした意識の中で、自分がいつの間にか自分の家にいることを確かめた。

「ああ、ソミナ、どうしたんだ? おれは」

「サリクとシュコックが抱えて、ここまで運んでくれたんだよ。ああ動かないで、肩にけがをしているんだ」

見ると、アシメックの右肩は、きれいな茅布で包まれていた。ソミナが手当てしてくれたのだろう。アシメックは、少し血の染みの浮き出た茅布に触れた。痛みが走った。彼は床に身を預け、しばしまた目を閉じた。

「あの鹿はどうしたんだろう?」

「キルアンのこと? まだ解体されないで、広場においてあるよ。シュコックは、どうするかアシメックにきめてもらうって」

「死んだのか」

「うん、みんなで殺したって」

ソミナは涙をふきながら言った。アシメックが目を覚ましたのが本当にうれしいのだ。真っ青な顔をして運ばれてきた時には、兄が死んでしまったのだと思った。だが強い男というのはなかなか死なない。鹿に頭突きされたくらいでは、絶対に死なない。ソミナは硬くそう信じて、アシメックの手当てをした。




この記事をはてなブックマークに追加

青い鹿②

2017-12-18 04:12:50 | 風紋


おれも仲間を守っていた、と鹿は言った。

アシメックはぼんやりと鹿を見ていた。鹿の目は月の明るい夜空のような深い青色をしていたが、その中に何かが見えるような気がした。こいつはだれだろう。

星の光が静かに降っていた。アシメックと鹿はしばしともに沈黙を抱いた。夢の中で、何かが起ころうとしていた。

だがおれは死んだ。おれはアルカラより遠いところにいく。おまえは、おれの体を食え。そしておれの角を、神にささげるがいい。そうすればおれは、おまえを祝ってやる。

そういうと鹿は、幻のように解けて消えていった。ふと背後から、またどこかで聞いたことのある声がした。

ケバルライ

その声はアシメックをそう呼んだ。

ケバルライ? それはなんだ、と振り返った途端、彼は目を覚ました。




この記事をはてなブックマークに追加

青い鹿①

2017-12-17 04:12:47 | 風紋


夢の中で、アシメックは冬の星を見上げていた。あれはカシワナカの星だ。

まだ宵の口だというのに空は漆黒に近く、星はまるで月のように大きく見えた。

まだ冬の最中だが、春はそう遠くない。アシメックは星を見上げながらそう思った。春がくれば鹿を狩ろう。みなが喜ぶだろう。

そう思いながら、アシメックは何かを感じて後ろを振り向いた。

するとそこに、山のように大きな青い鹿がいた。

おまえはだれだ、と鹿は言った。

アシメックは自然に笑い、アシメックだ、と答えた。

鹿は顔をそびやかせ、不満のありそうな顔をした。そしてまた言った。

おまえは、仲間を守ったのか。

今度はアシメックが不思議そうな顔をした。こいつはだれだろう。どこかで見たような気がするが。




この記事をはてなブックマークに追加

イメージ・ギャラリー⑩

2017-12-16 04:12:57 | 風紋

Woody Crumbo

アメリカ原住民と言えば、バイソンを狩る図を思い浮かべますが、
カシワナ族は鹿を狩っています。
彼らの時代では、まだバイソンが狩れるほど狩りの技術が発展していないのです。
騎馬文化もまだありません。




この記事をはてなブックマークに追加

春⑪

2017-12-15 04:13:05 | 風紋


アシメックはキルアンを間近に見た。青みを帯びた毛皮が異様に美しく見えた。角が光っているようだった。目は黒に近い深い青色をしていた。知っている。アミザという名の香草をちぎる時、切り口がちょうどこんな色になる。それと一緒に魚を煮ると魚が青くなるが、いい香りがしてうまいのだ。

そんなことをなんとなく考えながら、アシメックはナイフを翻していた。うらあ!という自分の叫び声を聞いた。キルアンの首の、太い動脈があるところが、奇妙に赤く浮いて見えていた。アシメックはそこをめがけてナイフを振り下ろした。

カシワナカよ!!

男が神の名を呼ぶときは、命をかけているときだと、先の族長に聞いたことがある。

サリクたちは見た。再び襲い掛かってくるキルアンに立ち向かい、風がそれるように鹿の横に回り、アシメックがキルアンの首にナイフをさすのを。

鹿の叫び声が聞こえた。アシメックの手を噴き出た血が濡らした。だがまだ油断してはならない。敵は傷を受けてもっと興奮するだろう。どんな反撃をされるやらわからない。

アシメックの後ろで石のように固まっていたトカムを、シュコックが引き戻した。モカドやレンドや狩人組の仲間たちが、一斉にキルアンに向かって矢を放った。サリクは夢中で走り寄り、尻の方からキルアンに飛びついた。

何が何やらわからなかった。みな夢中で暴れまわっていた。そして気付いたとき、足を天に向けて痙攣させている、キルアンの体の上に、みながのしかかっていた。石や矢が周りに飛び散っていた。けがをしているものも何人かいた。

サリクは泣きながら、何度もキルアンの腹をたたいた。シュコックだけは冷静だった。鹿の首をなで、まだ絶命していないのを確かめると、自分のナイフをぬき、とどめをさした。

「死んだぞ」

シュコックが言ったとき、みなはようやく我に返った。トカムは少し離れたところで、身を抱えて震えていた。

アシメックはその近くで、四肢を広げて横たわっていた。




この記事をはてなブックマークに追加

春⑩

2017-12-14 04:14:23 | 風紋


モカドが声をあげた。みんなに緊張が走った。見ると、少し離れたところで、トカムが群れを離れて出てきた若い雌に近づこうとしていた。草を食べるのに夢中になっている鹿に狙いをつけ、無様な格好で弓を構えている。不用心なことに草の上に頭が丸出しだった。

「あいつ、わかってないぞ!」
レンドが声を殺して叫んだ。
「やめさせろ!」
シュコックが言った時にはもう遅かった。キルアンに気付かれたのだ。

群に緊張が走った。鹿たちは浮足立ち、草を食べるのをやめてそぞろに逃げ始めた。その中を突っ切って、キルアンが出てきた。青みがかった鹿の毛皮が、怪しく燃えているように見えた。

「危ない! トカムを狙ってる!」
「逃げろ、トカム!!」

それを聞いて、トカムはやっと気づいた。哀れな叫び声が起こった。キルアンが走って来る。アシメックは反射的に立ち上がった。

次の瞬間みんなが見たのは、トカムとキルアンの間に飛び込んだアシメックの姿だった。

サリクは弓をつがえた。毒をつけている暇はない。夢中で打った。だがキルアンには当たらない。アシメックはトカムをかばい、キルアンの体当たりをまともに受けた。

体躯に衝撃が走った。鹿の頭突きは予想以上にきつかった。骨がきしみ、内臓が揺れるのを感じた。だがアシメックはこらえた。衝撃を腰で受け止め、態勢を崩さなかった。後ろにトカムがいるからだ。角が刺さった肩のあたりが燃えているようだったが痛みを感じている暇はない。彼はほとんど無意識のうちにキルアンの角をつかみ、それを渾身の力でねじり返した。

キルアンは思わぬ反撃に驚いたのか、二、三歩退いた。アシメックは腰のナイフを抜いた。

サリクが金切り声のような叫びをあげているのが、奇妙に長く聞こえた。




この記事をはてなブックマークに追加

春⑨

2017-12-13 04:12:57 | 風紋


「おお、キルアンがいるぞ」
目のいいモカドが言った。するとシュコックが身を低くしながら言った。
「いるか、どこに」
「あそこだ」
モカドが指さす方向に目を強めると、なるほど、一際大きな雄がいた。キルアンだ。青みがかった灰色の毛皮に、天に向かってそりあがったみごとな角。しきりにあたりをうかがっているするどい顔。まちがいない。キルアンだ。

「あいつ、毒でも死なないんだ。何でだろう」
レンドがつぶやくように言った。
「俺の矢、確かにあのとき当たったのに」
サリクがそれに答えた。
「時々、我慢強いのがいるのさ。死んだ母ちゃんから聞いたことがあるんだ。鹿でも魚でも、時々特別なのがいるんだってさ」
「特別か。確かに、人間にも時々いるよな」
レンドは後ろのアシメックを気にしながら言った。

シュコックは茂みの中に身を伏せながら、キルアンを観察した。キルアンがいては、容易に手を出せない。こっちが狙っているのに気が付いたら、必ずキルアンが出て来て邪魔をするからだ。

「あっちに行くのを待つしかないな。簡単に手を出すと、体当たりしてくるんだ」
シュコックが言った。
「去年はあれでナエドが大けがをした」
「気をつけろ、頭を低くしろよ」
アシメックも大きな体をできる限り小さくし、茂みに身を隠した。鹿は鼻はそれほどよくない。匂いがしても人間には気付かない。だが安心はできない。気の小さいやつにでも気づかれたら、絶対にキルアンが出てくる。

「あれは群の守り神でもやってるつもりなのかな」
「さあね。しかし見れば見るほどでかいな。毛並みも普通の鹿とどこかちがう」
「おい! まて!」




この記事をはてなブックマークに追加

春⑧

2017-12-12 04:12:50 | 風紋


アシメックは今日、用があって川を渡り、ヤルスベを尋ねていたのだ。ヤルスベ族に預けてある二人の子供の様子を見るためだった。トカムは早々に帰ってしまったが、残った二人はまじめに勉強し、だいぶ仕事を覚えていた。ヤルスベ族にも大切に扱われているようだった。アシメックは安心して帰って来たのだ。

「おお、アシメック! 今日の狩りはよかったよ!」
アシメックの姿を見るなり、シュコックが言った。アシメックもうれし気に答えた。
「そうか。よかったな。明日はおれも狩りにいこう」
「おお、そうしてくれ、そうしてくれ、きっといい鹿がとれる!!」
シュコックは上機嫌に言った。

その夕餉の隅っこで、トカムがつまらなそうに、煮た鹿の足を噛んでいた。

次の日の狩りには、アシメックも参加した。シュコックを先頭に、一列になって狩人組はイタカに向かう。アシメックは最後尾のトカムを気にしながら、自分の弓を持って続いた。

トカムは居心地が悪そうだった。アシメックの視線をしきりに気にしている。ヤルスベでの仕事もまともにできなかったことを気にしているのだろう。アシメックも苦い思いを抱いていた。オラブのようなことにしないためにも、トカムにあった仕事を見つけてやりたい。一応今は狩人組に入れてもらってはいるが、こんな仕事にトカムが合っているとは思えない。下手をやらないように気を使ってやらねばなるまい。

アシメックは無意識のうちに腰のナイフに手を触れた。今朝のミコルの占いが振るわなかったので、エルヅに頼んで長めのナイフを借りてきたのだ。毒の皿と一緒に腰にさげてある。なんでかわからないが、そうしたほうがいいような気がしたのだ。狩人組でナイフを携行していいのはシュコックだけだったが、アシメックは族長だから別格だ。

イタカの野に入ると、遠目に、昨日よりも多くなった鹿の群れが見えた。若草色の角を生やした雄が多くいる。一行は目をそばだてた。弓を持つ手に力が入る。




この記事をはてなブックマークに追加

春⑦

2017-12-11 04:12:45 | 風紋


矢は簡単に当たった。そこはみんな、狩りの仕方は身に染みついているのだ。鹿は驚いて三、四歩走って逃げようとしたが、すぐに毒に当たって倒れた。悲し気な声が響き、周りの鹿たちが一斉に逃げた。鹿は足を天に向け、しばし痙攣していた。

「ホー! ホー!」
歓声があがった。早速の獲物だ。今年の初物だ。狩人たちはいっせいにとびかかるように、倒れた雌鹿の周りに集まった。鹿はまだ生きていたが、シュコックが腰にさした鉄のナイフをとって喉を切り、とどめを刺した。

「いい形の雌だ。でかい。若いし、毛並みも上々だ。骨も太そうだ」
「幸先がいいぞ」
狩人たちはみんなで喜んだ。

その日はそれを皮切りに、三頭の鹿が狩れた。狩が終わると、狩人たちは自分が放った矢を拾い、腰の葦籠の中にもどした。矢は何度も使わねばもったいないからだ。

仕留めた三頭の鹿を、みんなで分担して背負いつつ、狩人たちは意気揚々と村に帰った。サリクは三頭目の鹿の足をかつぎながら、最後尾からついてくるトカムを振り返った。彼は、トカムがみんなの中でうろうろしているだけで、結局一本も矢を放たなかったことを知っていた。

村に帰ると、みんなの歓迎が待っていた。仕留めた鹿は早速広場に寝かされ、そこで解体された。鉄のナイフと石包丁で、鹿は見る間にばらばらにされていく。雄は角をとられ、それはしばらく干されていろいろな飾りに使われた。皮は器用にはがされていく。肉と内臓は分けられた。内臓も食べる。子供たちが目を輝かせて見つめていた。今日の晩の食べ物が、うまい鹿の肉であろうことは、誰にもわかった。

足も切り分けられた。これは皮ごと煮て食うのだ。獲物はみんなの宝物だ。カシワナカがくれる宝だ。だからだれも独り占めしてはならない。それが村のおきてだった。

初物の鹿からとれた心臓は、皿の上に置かれ、ミコルに渡された。ミコルはそれを受け取ると、香草を添え、至聖所に祭って、神に感謝の祈りをささげた。

その晩は、みなで鹿を料理して楽しんだ。この分では明日もいい狩りができるだろう。みんなそう思った。そのみんなの夕餉の最中に、アシメックが帰って来た。




この記事をはてなブックマークに追加

春⑥

2017-12-10 04:13:14 | 風紋


ハイイロ鹿の群れの第一陣がイタカに下りてきたのは、それから三日後のことだった。狩人組は色めき立った。シュコックは早速狩人組を招集し、狩りに出かけた。サリクは、狩人組の最後尾に、ひとり目立って体の小さいトカムが、とぼとぼついてきているのを、後ろを見て確かめた。

心が先走るのを抑えられず、先陣を切って走っていったモカドが最初にイタカにつき、遠目を効かせて鹿の数を数えた。なんて嬉しい景色だ。晴れた春の空の下、たくさんの鹿が野に群れている。ハイイロ鹿は美しい。銀色がかった毛皮をまとい、大岩のように大きく、若草色の堂々とした角を持っている。雌は若干小さく、角はない。

「おお、三十頭はいるぞ。宝の山だ」
モカドが興奮を抑えながら言った。
「去年に生まれた子供がたくさんいるな。ねらい目だ。若いやつはまだ何にも知らない」
「キルアンは見えるか?」
だれかが聞くと、モカドがひとしきり群れを眺めて言った。
「いや、いないようだ。あいつは一際デカいから、一目でわかる。きっとまだ山にいるんだろう」

鹿は日を浴びながら、しきりにアマ草を食っていた。時々首をあげて、敵がいないかどうか周りを見回している奴がいるが、それもすぐに首を下げた。今は鹿も、アマ草が食べられるのがうれしいのだ。アマ草は、ハイイロ鹿の大好物だった。だから人間に狩られる危険性を知っていても、山からイタカに下りてくるのだ。

サリクたちは、身を低くして移動し、鹿の群れから少し離れた岩陰に隠れた。そして腰に下げた器をとり、それを開けて、中の毒を確かめた。器の中には黒々とした毒の塊があった。サリクはその毒に、何本かの矢の先をつけた。そして自分の指を傷つけないように注意しながら、矢を弓につがえつつ、鹿を狙ってかまえた。

シュコックが合図をした。何人かの狩人が、草むらに身を隠しつつ、前進した。狙っているのは、群れの淵っこで夢中で草を食べている若い雌だ。狩人たちは十分に矢が届く距離に近づくと、一斉に矢を放った。




この記事をはてなブックマークに追加