世界はキラキラおもちゃ箱・2

わたしはてんこ。少々自閉傾向のある詩人です。わたしの仕事は、神様が世界中に隠した、キラキラおもちゃを探すこと。

ユニコーン

2016-12-31 04:13:51 | 幻の少女たち


ドメニキーノ

  *


女性たちがこの世界で生きていくことは苦しい。

けれどいつも、見えないものは助けている。







この記事をはてなブックマークに追加

花は何を言っているの

2016-12-30 04:13:24 | 幻の少女たち


フェルディナント・ホドラー

  *


この人は幽霊です。悲しいことがあって、それが忘れられないのでしょう。

弱い女性は、幽霊のようにさまよっていることがある。

ほかに何もできないからです。







この記事をはてなブックマークに追加

ママのお手伝い

2016-12-29 04:39:56 | 幻の少女たち


ヒュー・キャメロン

  *


女の子はかわいい。

小さなころから、いつの間にか愛をやっている。







この記事をはてなブックマークに追加

フィッシャーマンズ・ワイフ

2016-12-28 04:13:03 | 幻の少女たち


アンナ・アンケル

  *


小さなひとによりそう妻という存在が、わたしは好きです。

贅沢がしたいわけではない。愛しているからそばにいる。

こまごまと働いて、みんなのためによいことをしてくれる。

そんなひとを、わたしは愛している。







この記事をはてなブックマークに追加

エリザベッタ

2016-12-27 04:13:32 | 幻の少女たち


エリザベッタ・シラーニ

  *


このひとは本当はもっと美しいのですが、自分を描いているので、こんな風にしか描けないのですよ。

自分というものは、自分にはあまり美しく見えないものなのです。

何気ない絵ですが、本当の自分が自分を見るときの目というものが描かれています。







この記事をはてなブックマークに追加

ペネロペ

2016-12-26 04:14:06 | 幻の少女たち


フレデリック・サンズ

  *


貞節の鏡のような人ですね。夫がいるのに、多くの男性に求愛されて、とても苦しみました。

もてていいなどと思う人は、まるで人の気持ちがわからない人です。







この記事をはてなブックマークに追加

ポーラースター・システム・12

2016-12-25 04:13:52 | ポーラースター・システム


わたしが世を裨益するのに飽きるまえに運動のとめられんことを。世につくすことのできなくなるよりさきに動けなくなることを。
倦怠よりも死を。


レオナルド・ダ・ヴィンチ



  ☆


レオナルドは学究の人だ。間違いをすることを誰より恐れる。真実をとことんまで見極めようとする。

彼の中にはまぎれもない北極星がある。自分は真実の人なのだと、それを真っ向から信じる、よき魂が自分の中に確固としてあることを、知っている。

そういうものを、北辰に選ばねばならない。

北辰は迷ってはならない。自分と神を信じ、人民の幸せのために、身を粉にして働かねばならない。生涯、精進していかねばならない。

誰もが自分を見て、生き方の見本とできるような生き方をせねばならない。

王になれば、何もかもを家来がやってくれて、自分は何もしなくていいなどと考えているようなやつは、たとえ皇室の血を引いていても、破棄しなさい。

本当の愛を選ぶためには、君たち自身が、本当の愛を見抜かねばならない。本当の愛の姿を、とことんまで学ばねばならない。

そこを土台にして、革命を進めていこう。北辰革命だ。

それは民主革命のように、大きな血を流してはならない。

人を殺してはならない。

人類の総意に基づいて、人類自身が、自ら自分を変えていくというものでなければならない。

体制をどうすればいいのかということは、君たちで細やかに考えていくがいい。









この記事をはてなブックマークに追加

サマリアの女

2016-12-24 04:15:17 | 幻の少女たち


エティエンヌ・パロセル

  *


イエスに従ってくれた人です。名もない人の中に、確かにこんな愛があるのです。







この記事をはてなブックマークに追加

おまえだけがわかってくれるの

2016-12-23 04:13:13 | 幻の少女たち


ダニエル・リッジウェイ・ナイト

  *


女の子はどこにいっても孤独だ。けれど、犬はいつでも、そばにきてくれる。そして自然に愛してくれる。

そんな何気ない愛に、生きることを大きく助けてもらっていることを、女の子はいつも感じている。







この記事をはてなブックマークに追加

イヴ

2016-12-22 04:14:40 | 幻の少女たち


クリスティアン・ゴットリープ・シック

  *


イヴは神が作ってくださった、すばらしい愛です。

それに蛇をけしかけて、悪いことをさせ、馬鹿なものにしてしまったのはアダムです。

悪いのは女だということにして、自分の馬鹿を肯定したかったのです。

そしてアダムは結局、何もかもを失ったのです。







この記事をはてなブックマークに追加