野外保育 とよた 森のたまご

愛知県豊田市2010年度森のようちえん開園

野外保育 とよた 森のたまご

森の中で一日を過ごす『森のようちえん』

小さな草にも、大きな木にも、一つ一つに役割があり、私たちの生活に欠かせないものを、
小さな手で触れ、いろんな気持ちをいっぱい感じ、育ってほしい。
子ども同士の関わり、時間を大切にし、満足感や、達成感をたくさん味わってほしい。
大人たちは少し口を閉じ、子どもたちが何をどう選ぶのかそっと見守り、
必要な時には知恵のエッセンス。
大人も子どもも育ち合い、自分らしく生きる・・・
『森のたまご』にしか出来ない、手作りようちえんを創っていきたいと思っています。

★1日体験のお知らせ★

昨年度から、保育の部分にスタッフ制を取り入れることになった森のたまごも、7年目を迎えました。 日々進化していく森のたまごで、1日一緒にすごしてみませんか?

・体験可能日は、9/8.13.27.29. 10/4.13.18.27. 11/8.29. 12/6.8 (2017年度の願書受付は10/1~20となっております。)
・火曜日はおさんぽ、木曜日は広場での活動
・対象は未就園児(入園対象年齢優先)
・参加費は親子で500円+保険代50円(1人)
(兄弟、父親の参加がある場合は1人増えるごとに200円です。)
・体験は1日3組まで

申し込み、質問、問い合わせお待ちしてます。 メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp (ヤフーメールがはじかれることがあるので、受け取れるように設定をお願いします。)

活動場所を探しています!!

旧豊田市内で空き家、空き地を探しています。
一般的な相場の賃貸料は出せませんが、相談させてください。
長らく使われていないお家でも、草木が元気すぎる土地でも、母ちゃん父ちゃんで整備します!
情報提供だけでも大歓迎!!!
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp 電話:080-5122-1052 (遊佐)

賛助会員募集

「2016年度 賛助会員募集」 とよた森のたまごの活動に賛同し、応援して下さる仲間を募集致します。この会費は、子ども達の活動支援のため、大切に活用させていただきます。 個人会員 一口 3.000円 団体会員 一口 5.000円 申し込み、お問い合わせ :morinotamago2010@yahoo.co.jp 代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052 ☆2015年度会員 ・税理士 行政書士 岡本庄平 他3名 ☆2016年度会員 ・木南有希 ・安藤さち子 ファシリテーター事務所 ・伊藤啓助 ・小迫五三夫 ・安藤順(ひゃくようばこ) 他3名

1月17日(火)雪をたべる

2017年01月19日 | 日記

今日は朝の会で「まだ雪が残っているところがあるか探しに出かけよう!」
と言っておさんぽに出発。

森の中では、あちらこちらにまだ雪が残っています。

森を抜けて、民家の裏道にまだ雪がありました。

まんなか組女子2人の口が、何かもぐもぐしています。
手には氷。
どうやらこれを食べていた様子。

そして、地面にはいつくばって雪をペロペロ。

食べてみたいよね~おいしそうだもんね~。
でもここはお散歩する人も多そうな道の上だよ。
大人から見たら、きれいとはとても思えない場所・・・。

「ねぇねぇおいしい?でも、あんまり食べるとおなか痛くなっちゃうかもよ。」
「えーっ、だいじょうぶだよ。ほら、こんなにきれい!」

全くやめる気はない様子。

「でもさぁ、犬がお散歩したりしてるかもよ、さっきの氷、おしっこの味しなかった?」
「しないよ~。おいしかったよ。」



そうかそうか。
難しいな~。あんまり食べてほしくないけど、必死にやめさせるほどでもないかな?
う~ん悩む。
どんな言葉をかけようか、悩みながら見守っていると、満足したのかそのうちにやめて別の遊びが始まっていた。

帰りのミーティングで報告。

「私も汚いツララ、こどもの時にかじってたわ~。」
「食べたくなるよね~。」
「そんなの絶対やめてー!ってお母さんもいるよね。」
「自分の経験値で、声のかけ方ってかわるよね。」

そうそう。
声のかけ方や、見守れるラインってみんな違う。
子どもたちは、いろんな考え方があることを知れたらいいんだ!
だから、自分の気持ちを素直に伝えたらいい。

森のたまごラインがあるわけじゃない。(安全管理には存在するけど)
服を汚されたら嫌だとか、平気とか。
お弁当残したら嫌だとか、しょうがないとか。

そういうことを、おとなもこどもも、我慢せずに自分の言葉で言える環境でありたいな。

ふーみん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月12日(木)冬をあそぶ

2017年01月19日 | たまごたちの1日
寒波到来、みぞれが降りました。
灰色の寒空の下、こどもたちはそれぞれの方法で体を温めます。
走り回ったり、手袋をつけてみたり、たき火を囲んで温かいものを冷めないうちに食べたり、
大声で叫んでみたり、気持ちを強く持つことだったりもする。
この寒さ、自分たちでどうにかするしかないものね。


寒さを忘れるほど熱中した凧あげ。
ゴミ袋、竹ひご、落ちてる小枝、凧糸、麻紐で作ったぐにゃぐにゃ凧。
風になんてまかせず走って凧をあげるので、途中で暑くなって上着を脱ぐ子もちらほら。
凧があがったときのこどもたちの顔、嬉しそうでした。「凧と一緒に空に飛んでっちゃいそう」だって!
大人も本気で作って本気で負けじとあげました。







焚火を囲んで食べるお汁粉。




分け合って食べたホクホクの焼き芋。


席の奪い合いでもめた2人を全員で解決しようとしたこと。どれもあったかくて楽しい冬の思い出。



新しい年になって初めての当番は、パーッと遊んで、ガツガツ食べて、たくさん笑ったら心も体もゆるむのがわかってあっという間に終わりの時間。寒さや不快なこともたっぷり味わいながらそれを超える楽しさを見つけるこどもたちからエネルギーをいっぱいもらいました。
こどもたちが少し会わない間にちょっとお兄さんお姉さんになっているようにも見えたなあ。
今年もよろしくね!



(みゆき)


==================
「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月18日(水)妊婦のお当番

2017年01月18日 | 保育
妊婦のお当番にはハンデがあります。

思いっきり走れない。
動きが遅い。
寒さに弱い。
お腹が張ったらすこし休憩。

ちょっと考えても、できないことがいっぱい。

でも子どもたち、できないこともちゃんとわかってくれてます。


ドーンってぶつかろうとして「あっそうだった」と向きを変え、違う大人へ。

「超はやいバイクだからねーついてきてー」「どうしよう、ついていけないよ」「じゃあ、ながーーいバイクってことね!」と一人ダッシュ。

「イス、すわる?すわったら?」椅子をずりずり持ってきてくれたり。

滑りやすい道では「気をつけてね」「気をつけてね!」何度もアドバイス。

「これね、あったかいんだよ。」「使っていいよ」手、入らないよっていう小さな手袋を差し出してくれたり。


どんどんお腹が大きくなってきて、今まであんまりわかっていなかった子たちにも伝わるようになってきました。
「ここにいるの?」
「どうやって入ってるの?頭はここ?」
「Fキちゃんがおねえちゃんになるの?」
「なまえは?」



まだ目に見えない命なのに、子どもたちはとてもあたたかく迎えてくれています。

お花を摘んできてお腹にあててくるので何かな?とおもったら
「赤ちゃんが産まれたらあげてね」って。
どうしよう。押し花にしとかなくちゃ!


赤ちゃんにもきっと聞こえてるよ。
感じてるよ。
たくさんの愛をありがとう。

ほかのお当番さんたちにもたくさん助けてもらって、なんとかの当番です。
動けないところをカバーしてもらったり
なるべく暖かいところで居られるように気を配ってもらったり・・・いつもありがとう。

ハンデがありつつお当番に入ること、ぜんぜん効率的ではないけれど、あたたかいものを感じます。
あたたかさでいっぱいの世界になりますように。


(くみ)
==================
「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1月18日(水) てくてく冬組2回目

2017年01月18日 | 親子組
今日は、ジャンパーもいらないくらい、暖かい一日でした。
「Sくんの枝を探しに、下に降りてみよう」から始まった、
落ち葉いっぱいの斜面での、すべり台。
途中からは、登りも、落ち葉いっぱいの斜面で、近道。
はじめは、慎重に、大人の手を借りていた子も、だんだんコツをつかんで大胆に。
後ろから来るお母さんに、アドバイスする余裕も。
何回も何回もやって、最後に、自分ひとりだけの力で登りきれたRくんの笑顔、素敵でした!

いろいろなご縁でつながった、てくてく冬組さん、来週も楽しみです。
  ( りえ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月17日(火)ベビーの遊び

2017年01月17日 | ベビー
今日のベビーは春から年少のJくんと1歳半の我が子のRト。

我が家ではミニカーやプラレールを使ってそれぞれ遊び込む。

御飯を食べたら、鉛筆削り。
くるくるハンドルを回すのがおもしろい2人。やりたくて仕方なくて、奪い合う!

J「Rトがやったら次はJくんね!」

R「うん!」
(最近、意味わからずでも返事はできるようになった)

J「うん!って言ってくれた〜」ニコッ

Rトが回すときはJくんが押さえてくれる。

何回も同じ会話を繰り返す2人。かわい〜

削る鉛筆がなくなって(笑)おしまい!


ピアノでも弾こうか〜って
3人で並んで弾く。

どんぐりコロコロが良くって、何回も繰り返し歌いながら弾く3人。

Rトは「もう一回!」の人指し指を出して何回もおねだり。

もう一回が、出来るようになったね。笑

10回くらいどんぐりコロコロを歌って弾いて。。


年齢差のある2人だけど、Jくんの成長も感じられて、遊べて楽しく嬉しかったです!





(ゆか)


==================
「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お問い合わせ

morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052