野外保育 とよた 森のたまご

愛知県豊田市2010年度森のようちえん開園

野外保育 とよた 森のたまご

森の中で一日を過ごす『森のようちえん』

小さな草にも、大きな木にも、一つ一つに役割があり、私たちの生活に欠かせないものを、
小さな手で触れ、いろんな気持ちをいっぱい感じ、育ってほしい。
子ども同士の関わり、時間を大切にし、満足感や、達成感をたくさん味わってほしい。
大人たちは少し口を閉じ、子どもたちが何をどう選ぶのかそっと見守り、
必要な時には知恵のエッセンス。
大人も子どもも育ち合い、自分らしく生きる・・・
『森のたまご』にしか出来ない、手作りようちえんを創っていきたいと思っています。

★1日体験のお知らせ★

昨年度から、保育の部分にスタッフ制を取り入れることになった森のたまごも、7年目を迎えました。 日々進化していく森のたまごで、1日一緒にすごしてみませんか?

・体験可能日は、9/8.13.27.29. 10/4.13.18.27. 11/8.29. 12/6.8 (2017年度の願書受付は10/1~20となっております。)
・火曜日はおさんぽ、木曜日は広場での活動
・対象は未就園児(入園対象年齢優先)
・参加費は親子で500円+保険代50円(1人)
(兄弟、父親の参加がある場合は1人増えるごとに200円です。)
・体験は1日3組まで

申し込み、質問、問い合わせお待ちしてます。 メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp (ヤフーメールがはじかれることがあるので、受け取れるように設定をお願いします。)

活動場所を探しています!!

旧豊田市内で空き家、空き地を探しています。
一般的な相場の賃貸料は出せませんが、相談させてください。
長らく使われていないお家でも、草木が元気すぎる土地でも、母ちゃん父ちゃんで整備します!
情報提供だけでも大歓迎!!!
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp 電話:080-5122-1052 (遊佐)

賛助会員募集

「2016年度 賛助会員募集」 とよた森のたまごの活動に賛同し、応援して下さる仲間を募集致します。この会費は、子ども達の活動支援のため、大切に活用させていただきます。 個人会員 一口 3.000円 団体会員 一口 5.000円 申し込み、お問い合わせ :morinotamago2010@yahoo.co.jp 代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052 ☆2015年度会員 ・税理士 行政書士 岡本庄平 他3名 ☆2016年度会員 ・木南有希 ・安藤さち子 ファシリテーター事務所 ・伊藤啓助 ・小迫五三夫 ・安藤順(ひゃくようばこ) 他3名

2月22日(水) てくてく冬組6回目

2017年02月22日 | 親子組
昨日の北風は何処へやら??
今日のてくてくも青空&無風!ポッカポカ。
なのに今日は遅刻が多くゆっくりな集合。

朝の会にいつも参加できない、顔ぶれも今日は一緒に出来ました。
SO君、自分の絵本を持って来て、りえちゃんに読んで欲しいとリクエスト。

子ども達が大好きな電車の絵本「せんろはつづく」。
誰もがじーっと聞き入ります。静かな朝の会で今日はスタートです。



YU君のお兄ちゃんが、園をお休みして参加してくれました。
いつも頑張ってる園生活、色々あって気分転換です。

1歳~3歳までの子がいる冬組さんに、6歳のお兄ちゃんは刺激的!
ブランコもウンテイも木登りも走る事も、何もかもが凄いの眼差し!
弟YU君はお兄ちゃんのようにやりたくって、出来なくって・・・。

「赤いドングリだよ」と、茶色の皮を剥くと赤い実が出てきました。
それを聞いたAちゃんは、ビニール袋に集める、集める。。。



お兄ちゃん、お昼からは葉っぱと枝を使って魚釣り屋さん。
IちゃんとA君がお客さんです。



お母さんお父さんではなく、お兄ちゃん!
この存在がいつものてくてくに広がりを与えてくれました。ありがとう!!
またいつでも遊びに来てちょうだいね。

また来週~    (べつ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月18日(金)和紙で卒園証書作り

2017年02月18日 | 年間行事

2月18日中日新聞豊田版に、昨日の和紙漉きの様子をご紹介して頂きました。

中日新聞WEB版はコチラ

(くらら)

==================
「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月15日(水) てくてく冬組5回目

2017年02月15日 | 親子組
冬組のてくてくは本当によく晴れます。
晴れ子どもが大勢いるのでしょうか??

1週間空いてのてくてくは、久しぶりの嬉しさでしょうか
皆がググッと朝からまとまって遊んでいました。

Oちゃんの「アイスクリーム屋さんだよ~」の掛け声に、わらわらとお客さんが
集まってきました。椅子の上に、松ぼっくりやドングリ、コケや小枝。

「抹茶アイスに、チョコレートアイスもありますよ~」

最初はお客さんだった子ども達は、今度は自分がお店屋さんになりたくて。
YO君は、コケを松の枝でかき回し、ひたすら何かを作成し、
SO君は、ドングリをチョコレートアイスにみたて、ひたすら売りまくり、
A君は、オレンジ色の木についたキノコを商品として並べ、
SN君は、みんなの様子を見て、まねっこの売り子さん、



お母さん達は、お客さんになってたくさんアイスクリームを食べました!!

いつもはお母さんと一緒に遊ぶのが楽しいSO君ですが、今日は友達とお店屋さんを
するのがあまりにも楽しかったのか、お母さんの声掛けに「あっち行ってて」と。
言われたお母さんは、ええっ~とビックリ顔。たくさん近くで甘えてきたから
離れる時は、さーっと行ってしまうんでしょうね。こうやって、一つずつ大きくなるんだね。


お昼ご飯の後は、かくれんぼをみんなで一緒にして(鬼だらけの変なルールでしたが・・・)


ツルを電車にみたて、2両の車両を発車させ(運転手が大人気!)


たくさん走り回りました。

春はもうすぐそこ!!また、来週もいっぱい遊ぼうね🎵
(べつ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月3日(金)鬼はここ!

2017年02月12日 | 年間行事
今日は節分、豆まきの日。
冬と春の隙間にやってくる鬼をやっつけろー!
登園するなり、「鬼はまだ来てないね」と口にする子が数人いた。
「こわいの?」「全然こわくないよっ」(「こわいんだね」)なんてかわいいのだろう。

鬼を迎える準備に豆を炒ると、えぐかった豆がだんだん甘くなりおいしくてつまみぐいがとまらない。




豆をつまみながらこどももおとなもあちらこちらで井戸端会議に花をさかせながら鬼を待つ。
どことなくソワソワして、いつもの遊びにも集中できず和やかなんだけどいつもとは違う雰囲気。
箱にためてある豆がこころの支え。


そして午後...やさしい青鬼がやってきた!

頑張って豆をぶつける子、慌てて逃げる子、机の下で泣きまくる子、視界が悪いのに追いかけまわす鬼、笑いをこらえきれない大人、それぞれに必死の形相。


しばらくして鬼が代表みえちゃんの靴をはいていることに気づいたこどもたち。
鬼の正体がわかり緊張がほぐれたところで帰りの会。
みえちゃんが鬼のお母さんから預かったメッセージをひとりひとりに話してくれました。
半信半疑ながらも真剣に聞いている姿がやっぱりかわいい。
(今日はたまごに来るはずだった鬼の赤ちゃんが風邪をひいてしまったので鬼は来れなくなり、みえちゃんが代役を頼まれたというシナリオ)


こどもたちやお母さんたちのいろんな表情が面白かった豆まき。
心の鬼も退治してスッキリと、元気に楽しく過ごせるね。
おとなもこどもも山あり谷ありでためされることもあると思うけどけどのりこえる強さを持ちたいな。
もうすぐ新しい春がやってきます。


(みゆき)


==================
「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月7日(火)棒が1本あったとさ

2017年02月10日 | おさんぽ
散歩の途中で、YゴとKメで、棒の取り合い。(アレアレどうした?我が子Yゴじゃーん!)

どうやら。。
Kメ「退園したAヒにもらった大切な竹の棒だから誰にも渡したくない。」

(そりゃそうだ!Kメに返そうよ〜)

だけど、うっかりYゴに「順番順番でつかおう」と話してしまった。

(ワオ!)

それはなかったことにしたいKメ。
「順番って約束したから返さない」と渡さないで頑張るYゴ。

(そっか、そうだったんだ…)

たたき合いになりそうだったので、なおちゃんが、近くに行って話を聞いてくれた。

Kメが泣き出すと、みんなも心配して二人を囲む。

(みんなが他人事じゃなくて、集まってきてくれて、嬉しいな)

先に行きたそうだったYに「大切なたまごの友達が困ってるから私は話をきくね」となおちゃんが話すと、戻ってきて話を聞いてくれてた。



ちいさい組は「けんかはだめなんだよ」。

(ちいさい組でも意見言えるんだ!)

Sナは、Aヒからもらった棒だと聞いて「もりのたまごはみんな平等だから、小さい子が譲ってもいいんだよ」

(色んな意見が出るな!)

他の子もそうだそうだという雰囲気になって、Yゴ苦しくなったので、「でもYゴはさっき約束したのにって言ってた。約束って何?」となおちゃんが切り出してYゴが話せるようにしてくれた。

話し合いが少し間延びして小さい組が早く行きたくなったので、私とみんなは先に行った。
(終結が気になるけど、なおちゃん、お願いしまーす)

----なおちゃん談----

Yゴに「どこまで行ったら代われる?」と私が聞いたら「公園」。

Kメ「公園まで行ったら僕のだよ」と話すと、Yゴ「いいよ!」

それから何か冗談で笑いあって、公園では棒は邪魔だから「棒預かっといてー」と(笑)



自分の気持ちを話せる様に丁寧にかかわってくれてありがとう。

そして、こどもたちが自分の思いを自分の言葉で話せる場所になってきて嬉しいな。

たくさんケンカもするけれど、たくさん遊んでくれるともだち。ありがとう!


(ゆか)


==================
「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お問い合わせ

morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052