野外保育 とよた 森のたまご

愛知県豊田市2010年度森のようちえん開園

野外保育 とよた 森のたまご

森の中で一日を過ごす『森のようちえん』

小さな草にも、大きな木にも、一つ一つに役割があり、私たちの生活に欠かせないものを、
小さな手で触れ、いろんな気持ちをいっぱい感じ、育ってほしい。
子ども同士の関わり、時間を大切にし、満足感や、達成感をたくさん味わってほしい。
大人たちは少し口を閉じ、子どもたちが何をどう選ぶのかそっと見守り、
必要な時には知恵のエッセンス。
大人も子どもも育ち合い、自分らしく生きる・・・
『森のたまご』にしか出来ない、手作りようちえんを創っていきたいと思っています。

2017年度 新入園児募集!

【2017年度 新入園児について】

募集:年少児・年中児

4月  新入園児募集 受付開始
6月〜9月  一日体験
9月 入園説明会(予定)
10月1日〜20日 入園願書受付
11月1日     入園決定

【研修・体験について】
学生の方、森のようちえん、保育関係の方の、体験・研修は6月以降に受け付けます。
ご連絡をお待ちしています。

「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052  

★1日体験のお知らせ★

昨年度から、保育の部分にスタッフ制を取り入れることになった森のたまごも、7年目の春を迎えました。 日々進化していく森のたまごで、1日一緒にすごしてみませんか?

・体験可能日は、6/2・9・14・28・7/5・7・12(9月以降はまたご案内します。)
・火曜日はおさんぽ、木曜日は広場での活動
・対象は未就園児(入園対象年齢優先)
・参加費は親子で500円+保険代50円(1人)
(兄弟、父親の参加がある場合は1人増えるごとに200円です。)
・体験は1日3組まで

申し込み、質問、問い合わせお待ちしてます。 メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp (ヤフーメールがはじかれることがあるので、受け取れるように設定をお願いします。)

活動場所を探しています!!

旧豊田市内で空き家、空き地を探しています。
一般的な相場の賃貸料は出せませんが、相談させてください。
長らく使われていないお家でも、草木が元気すぎる土地でも、母ちゃん父ちゃんで整備します!
情報提供だけでも大歓迎!!!
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp 電話:080-5122-1052 (遊佐)

2017年度園児募集 1日体験のご案内

2016年05月30日 | 1日体験
昨年度から、保育の部分にスタッフ制を取り入れることになった森のたまごも、7年目を迎えました。
日々進化していく森のたまごで、1日一緒にすごしてみませんか?



・体験可能日は、6/2・9・28・7/5・7・12(9月以降はまたご案内します。)
・火曜日はおさんぽ、木曜日は広場での活動
・対象は未就園児(入園対象年齢優先)
・参加費は親子で500円+保険代50円(1人)
(兄弟、父親の参加がある場合は1人増えるごとに200円です。)
・体験は1日3組まで

申し込み、質問、問い合わせお待ちしてます。
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp
(ヤフーメールがはじかれることがあるので、受け取れるように設定をお願いします。)

========================================
「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月20日(金)竹を使ってごっこ遊び

2016年05月20日 | 保育
木曜金曜の活動場所では竹を切り出してきて、子どもたちがのこぎりで切って遊んでます。

年少さんが難しくてできないと言ってると、大きい組さんが助けてくれます。

私たち大きいから小さい子たちを助けるよね!私たちも小さい時そうやってしてもらったもんね!と話してました。なんて優しい連鎖なんだろう。聞いてる私の心があったかくなります。


みんなで輪切りの竹を望遠鏡にして、火起こししてる代表みえちゃんをのぞいて「みえみえみーえた!」と叫んでました(笑)



今度は鼻が大きくなっちゃった(笑)

竹の輪っか一つでも子どもたちは喜んで遊んでました。



こちらはお店やさんです。

「いらっしゃいませー!」
一際大きな声なのは、最近まで登園の時泣いてたIトちゃん。
年長もりぐみのSナちゃんもいたのに、もりぐみUちゃんが「いれて!」と声をかけた相手はIトちゃん。この遊びのリーダーだと思ったようです(笑)


子どもたちは思い思いに花や草をごちそうやジュースに見立てていました。

ちいさい組Mトちゃんは、りんごジュースです、みかんジュースです、キウイジュースです、ももジュースです、にんじん、野菜、と多分10杯連続ぐらいで私に振舞ってくれました。

おいしいですよーどうぞ!なんで昨日来なかったのー?昨日わたしはこんなことがあってね、わたしのおうちではね、あのねあのね、とごっこの続きでいっぱいお話してくれました。


信頼関係ができたようでうれしかったです。
大人と一緒に遊びたい子は、安心できる大人に心を開いて思いを出す心地よさを十分味わってくれたらいいな〜と思います。そしたら自分のタイミングで大人の手を離れて子ども同士で安心して思いを出し合えるようになってくれるかなと思っています。


まんなか組Yイちゃんは、お店やさんの時の言葉遣いが本当に丁寧で優しい!大人や大きい組の様子をよーく観察しているんですね。

「いらっしゃいませ。こんにちは。何にしますか?大きいほうがいいですか、小さい方がいいですか?はい。こちらが小さい方になります。どうぞ〜」

という言葉を相手の呼吸に合わせてゆったりと話していました。去年からごっこあそびが大好きだったYイちゃん。ごっこ遊びを重ねる中で、生活の中でも思いをぶつけるのでなく相手の呼吸に合わせて伝えている場面が多くなったなぁと成長を感じます。

当番だったYイちゃんのママゆかりんに持ってきていたごちそうは、お花が彩りよく飾ってありとても美味しそうでした。

思わずお花から食べようとしたゆかりんに、それは飾りだから食べちゃだめと言ってて、そのこだわりがいいなぁと思いました。


竹を使ったごっこ遊び、楽しみに見守っていきたいです。

(なお)

========================================
「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月18日(水) 親子組の話し合いで

2016年05月18日 | ベビー
今日はベビー当番で、2歳のJウのおあずかり。

同じ歳だけど一足早く3歳になったうちのAピと3人で、秋から始まる予定の
森のたまご親子組の話し合いに顔を出しました。

とある公園の駐車場からお散歩してお弁当を食べる予定の東屋までは、
大人の足でほんの5分程度。
集まった2〜3歳児4人は歩けるのか!?

途中、色んな所で立ち止まったりして寄り道。
ひとりが始めた遊びを次から次へと皆が真似しては笑う。
何かを見つけたら、大きな声で教えてくれる。



お弁当が食べたくなったJウが、道の途中で弁当箱を引っ張り出す。
東屋まで行ってから食べよう!と声をかけると、必死で自分の物が
入ったバックを引きずりながら歩きだす。
かと思えば、植え込みと植え込みの狭い隙間を、トンネルのようにくぐって元来た道へ。
そして、お腹が空いたことをすっかり忘れてまた後戻りして遊びだす。

小さいながらも子ども達同士のやり取りは面白いし、何より好奇心にあふれて
活発に動くのには驚きました!
駐車場から東屋までを30〜40分かけてお散歩し、着いたらすぐにお弁当。
そこからまためいっぱい遊びました!

この階段はちょっと高いな〜



茂みの中も探検!



ムカデがいたよ〜



帰るころにはもうふらふら。
それでもなぜか走り出すAピにつられてJウも!



黄色いお花畑でちょっと休憩。



今日は暑い一日でした。

(シマ)

========================================
「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5月18日(水) されどフライパン

2016年05月18日 | 
水曜日は畑の日。じゃがいもの葉が大きくなり、里芋の苗が新たに仲間入り。
里芋の苗を見て、こどもの頃に里芋の大きな葉っぱを傘にして遊んだ雨の日のことをを思い出しました。こどもたちが大きくなっても、何かの瞬間に今日のことがつながっているとうれしいな。

この日はトマト、バジル、かぼちゃ、とうもろこしなど夏野菜を植えて、真っ赤ないちごと大きな玉ねぎをたっぷり収穫。

こどもたちはいちごを収穫して満たされたのか畑の隣の田んぼやカエルが気になって、ひとりまたひとりと泥水の中へ。はじめはゆっくり歩き、感触になれてくると走ったりジャンプしたり畑仕事は目に入ってない様子。




畑から離れた場所では年少女子たちがキッチンコーナーを作って熱心におままごとをはじめたが、気がつけば数人で何やらもめている。みんな同じフライパンが欲しくなったのだ。


とられたものをどう取り戻そうか、返してもらえるまで態度で言葉で伝え続ける年中Mビ。
自分が手にしたいものをどう貸してもらおうか泣きながら大人に訴えつづける年少Iト。
周りの気持ちを察しつつ、それでも返したくない思いであふれる年長Uノ。
「(このいざこざを)解決するためにはどうしたらいいと思う?」と大人びた言葉でMビとIトの気持ちをUノに伝えた年長Sナ。

小さなフライパンをめぐってたくさんの感情が渦巻き、意見がぶつかった。みんながお弁当を食べはじめても続く静かで長い攻防戦。ケンカなんだけど、大好きなままごとがしたい、みんなと一緒にいたい、が根底にあるんだなと傍にいて感じました。なんてかわいいのだ、こどもたち。
大人からしたら、どこかで上手く折り合って仲良く遊べばいいのにって思うことも正直あるけれど、
湧き上がる素直な気持ちを出してほしいからこどもたちの想いの伝え合いは丁寧に見守りたいと思う。


このいざこざ、ひとり残ったMビが念願のフライパンを手にして、少し遊んで「もういいや」と言い残しそれは清々しい顔でみんなのいるテントに戻っておしまい。
暑い1日で口の中も水筒もカラカラだったけど、心のどこかは潤ったよ。
今日もありがとう。

(みゆき)

========================================
「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5月17日(火) きんかん!

2016年05月17日 | 保育
散歩道の途中で鈴なりのきんかんが!
子どもたちとご挨拶に行くと、おうちの方のご好意で「いっぱいどうぞ」と言ってもらえました。

子どもたちはおおよろこび。
帽子にいっぱい!


行きは一番先に駆け出していったMビが
帰りは最後。
「わたし、15個もとったんだからね!」と誇らしげ。
(15個どころじゃないですけどね)

前も後ろもパンパン!の
ズボンのポケット。

急ぐとズボンがずりおちて・・・

ぐいっとひきあげる仕草にも
「わたし、とったわよ!」オーラがわいていました。

(くみ)

========================================
「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お問い合わせ

morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052