露地サクランボ

2016-06-08 03:29:32 | 日記

 梅雨前線の影響でそろそろ雨マークの週間天気予報。佐藤錦も赤く色づいて来た雀、ムクドリの格好の餌になり集団で賑やかに食いあさっている。まだ完熟でないが初物で青果市場に出荷するとそれなりの値段で販売が出来る。雨除けハウス内のサクランボは雨が降っても濡れないので実割れは心配無くまだ収穫はしないで完熟してする。

 園地全面積を雨除けハウスを建てれば良いのだが建築資材等の経費が掛かる。パイプ等の資材が高騰して10アール当たり資材代金300万円を超す。それに毎年ビニール被覆の危険な高所作業で大変。熟期が一斉に始まり短期期間の収穫作業なので他所からの雇用者探しが大変。

 早い収穫の路地サクランボから雨除けハウスのサクランボと長い期間働けるので雇用者にも良い。気予報を気にしながら赤い実だけ選んで収穫する。まだ早もぎなので収穫作業は捗らない。今年は双子果が多く選果作業には手間がかかり面倒。

 1回収穫が終わると今度は簡単な葉摘みをしなければならない。なかなか面倒な収穫前の作業が待っている。雇用者も熟練者で安心して任せていられる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加