般若心経

写経
四国八十八ヶ所

般若心経

2017-05-16 | Weblog
1708

団姫流 お釈迦さま物語 露の団姫《つゆのまるこ》 春秋社


露の団姫さん(30歳?)、天台宗の尼さんで、プロの落語家です。
天台宗のキャンペーンガールもやっています。

「団姫流 お釈迦さま物語」はこの3月に発行された本です。
お釈迦さまの生涯、教え、弟子たちなど分かりやすく書かれており、子供でも楽しめる本です。
この中にお釈迦さまの弟子賓頭盧《びんずる》さんの話がありました。

以下***までコピーです。
ピンドーラ(賓頭盧) テへぺロな仏さま
 「びんずるさん」お寺に行くと本堂の前で出迎えてくれる仏さまがいます。
この方、もともとはお釈迦さまのお弟子さんで、「ピンドーラ」という名のお坊さんでした。
 神通力をもち、法話もバツグン。どんなツッコミにも動じない布教の力をもっていたので、その強さから「獅子吼《ししく》第一」とも呼ばれました。
しかし人間、ちょっといい気になると、すぐに天狗になってしまうのが悪い癖。
実はピンドーラさん、素晴らしい神通力をもっていたがために、ついついそれを人々の前で、見せびらかすように使ってしまったのです。
 そのためお釈迦さまからお叱りを受け、「お前には、最高の悟りを得て涅槃に入ることは許しません。それよりも、この世でずーっと人々を救い続けなさい」といいつけられたのです。
 そこでピンドーラさん、現在では”びんずるさんの体を撫でると病気平癒のご利益をいただける”と噂されるほどの「なで仏」になったといいます。
 ところで、このピンドーラさん、どこのお寺にもたいがいいらっしゃる仏さんですが、その顔は赤く、舌をペロっと出しています。
これには、お酒が好きだったために酔っぱらっていてお顔が赤いという説と、お酒を飲んでいたことをお釈迦さまから叱られ、その後、改心して修行に励んだので、体にその熱意がみなぎり、赤くなっているという説があります。
 いずれにしても、お釈迦さまから叱られた際に「ぺロ」っと舌を出したので、このような姿になったとか。これには「ペコちゃん」もピックリ!
 ピンドーラさんは元祖・テヘペロな仏さまなのです。
 お釈迦さまから「本堂立ち入り禁止」を告げられたため、本堂の外にいるといわれるピ ンドーラさん。
 しかし、どこか愛矯のあるその顔は「人生、一度や二度の失敗なんて大丈夫」と、私たち庶民に優しく話しかけてくださっているようです。
***

どこかで教えてもらったようで忘れていた話、ああそういうことであったかというような話、おもしろく読ませてもらいました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 般若心経 | トップ | 般若心経 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。