馬鹿も一心!

表題を変えました。
人生要領良く生きられず、騙されても騙されも
懸命に働いています。

前立腺癌 小線源治療 孫抱っこ出来ない。

2017-04-27 17:26:09 | 日記

4月22日(土)

息子夫婦が生後19か月孫を連れて来た。

 

孫は私を見て、ニコニコしながら

近づいてきた。

 

すかさず、妻が孫を抱きあげ

私に近づけない。

 

海賊船

小線源治療により、体内に放射線が微量に入っている。

治療後、医師より説明があり。

赤ちゃんには、治療後、1年間は近づくこと

抱っこすることは止めるように。

 

小線源治療法治療者カードを

1年間携帯しなればならない。

 

カードに以下が記載されている。

「万が一、交通事故等により出血、死亡の場合

線源を摘出する」

 

外見は、普通の爺さんだが

放射能を内因した体。

 

皮膚一枚の表と裏側。

防護壁だ。

 

北朝鮮が、人類を皆殺しする放射能をばら撒こうとしている。

 

私は、放射線により生きようとしている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前立腺癌 小線源治療後2

2017-04-26 21:52:28 | 日記

 

前立腺癌 小線源治療後、続き2

 

 

4月20日(木)

午前10時 妻は、孫娘が高熱を発したので手伝いに行く。

 

私は寝不足でヨタヨタ歩くのは、正しく認知症老人。

血尿が酷い。

 

銀行2店、郵便局を回り昼帰宅。

一人 パスタ作って食べ、ソファで痛みに耐えながらでまどろむ。

 

4月21日(金)

終日 動けず。

排尿痛、排便が辛い。

尿管カテーテルを装着では

夜 眠れず。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽ペン ガラスペン ゴールデンウイーク前 間に合った。

2017-04-26 10:52:28 | 日記

 

前立腺癌治療後、自宅引き籠り状況だが

仕事してるよ。

 

弊社の人気商品。

イタリア ダライッティー  ステーショナリー類が

トスカーナから届いた。

 

3月 入学祝い、社会人祝いシーズンに

欠品状態になり、大変ご迷惑をおかけしました。

 

プレゼントのとして一番人気

ガラスペン 羽ペン が入荷しました。

     

他に

スケルトンカラー 万年筆 ボールペン。

 

ゴールデンウイークに間に合いました。

アマゾンショップ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

前立腺癌 小線源治療後、続き。

2017-04-25 20:10:26 | 日記

前立腺癌最先端医療 続き

 

4月18日(火)

 

午後2時  尿管カテーテルを装着して頂いた病院へ

紹介状を取りに行く。

 

 

レッグカテーテルを装着して、ガニ股でそろりそろり3,5キロ歩き駅へ。

歩行中、尿意切迫感が起きる。

脳は排尿しようと意識するが、尿道は開いているので

蓄尿袋に意識とは別に落ちていくのだ。

立ち止まって、溜まるのを待つ。

何とも不快な気分。

通りすがる人からは、突然、老人が道中央で

ガニ股で立ち止まりじっとしているのは

奇異だろう。

認知症老人と勘違いするだろう。

歩くことには自信がある私にとっては屈辱。

 

4月19日(水)

午前9時 医療センター 泌尿器科に電話を入れた

 

15日に別の病院にて尿管カテーテルを装着したと伝えた。

 

受付担当看護師から、その状態で

5月12日の再診まで待つようにとの指示。

 

電車に乗り新日本橋下車。

銀行、郵便局に寄る。

 

道行き途中、以前 事務所を借りていた

同じフロアにあった会社の方とばったり。

事務所に寄れと言う。

 

80歳 老人二人で狭い事務所で商売している。

老人病もなく、長い商売歴と人脈を活用して

異業種企業間ジョイントにより、手数料を戴いている。

 

お二人とも、小太り、色艶が良い。

健康のシグナル。

  

老いてもこうでありたい。

午後、桜上水に向かう。

 

桜上水の事務所で事務処理するが

集中できない。

尻が痛くて長く座っていられないからだ。

数分おきに立ち上がる。

寝不足もある。

血尿もある。

 

18時、京王線新宿線、京成電鉄を乗り継いで

20時自宅着。

 

しんどい!

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前立腺癌 最先端医療 小線源治療。

2017-04-24 20:27:23 | 日記

しんどいが、書かないと ふっ“!

 

 

救急車その後

 

4月11日(月)

午後2時 月一の診療所に向かう。

2月半ばに血圧降下剤を貰って以来ご無沙汰。

老先生に、前立腺癌 小線源療法をしたことを説明。

先生のお客(患者)には、今まで小線源療法を

受けた人はいないそうだ。

女性看護師二人も興味深く

私が受けた治療に聞き入る。

放射線による最先端医療技術である。

「治療後、緊急事態が生じると

近場に医療設備と専門医師がいないのが困る」

老先生は呟いた。

 

18時 TVニュースで前立腺癌治療 最先端医療特集があるとの

連絡を知り合いから連絡を受けた。

  

自営業者に方が、大学病院にて前立腺癌 小線源療法を受ける。

2時間程の治療で翌日には退院可能。

 

2日後には、仕事ができる。

ネットで治療受けた方のコメントが掲載。

 

京慈恵会医科大学附属病院

東京府中市の建設業を営む今定雄さんは前立腺がんの患者。しかし今定雄さん自身は自覚症状がないという。今さんは東京慈恵会医科大学附属病院で治療を行うことにした。妻の今恵子さんによれば夫の癌は放置すれば3年で死ぬと言われたという。前立腺は膀胱と直腸に挟まれた位置にある栗くらいの大きさで排尿と生殖に関わる男性特有の器官である。今さんのガンは幸いにも早期の時点で発見された。主治医の三木健太医師は前立腺がん治療のエキスパート。三木医師によれば前立腺がんは進行が遅く、症状も出ないために気づかない内に骨やリンパ節に転移し命に関わる事もあるという。患者の殆どが高齢者で70代で3割、80歳以上で約4割が前立腺がんにかかるという。天皇陛下も03年に前立腺の全摘手術を受けられた。今さんが受けるのは前立腺の中に放射線を出すカプセルを埋め込む「小線源療法」だ。

治療の日を迎え、不安げな今さん。治療は手術室ではなく、放射線治療室で、局所麻酔を使って行われる。小線源療法は前立腺に放射線を出す極小カプセルを埋め込む。ピンポイントで治療するために副作用や他の臓器への影響が少ないという。小線源カプルセルは純チタン製で4.5ミリほどの大きさで中には放射性物質が入っている。カプセルを注入するために筒状になった針を使用する。位置を確認するプレートを通しながら針を指し前立腺にカプセルを埋め込む。治療後に埋め込まれた線源カプセルは半年間放射線を出し続け、そのまま体内に残る。治療後、今さんは痛みを感じなかったという。小線源療法の費用は保険適用で今さんの場合は約28万円かかった。翌日、今さんは退院することができた。小線源療法では一度カプセルを埋め込めば普通の日常生活を送ることができる。二日後に仕事に復帰した今さん。ただし小線源療法は5年かけて効果が分るという。三木健太医師によれば前立腺がんは早い段階で見つかれば命の危険はないという。年齢を重ねるとかかってしますかもしれない前立腺がんだが、早期発見がなによりも重要といえる。

 

私の治療後の体調不調とは、真逆で仕事していた。

 

年齢は私より少し上。

余命三年と告げられたそうだ。

 

治療の違いは、患者で知識もないので、うかつなことは言えないが。

 

私は小線源カプセル84本。

この方は、12本。

何で?

私のように、7年以上

前立腺肥大による頻尿治療を続け

前立腺癌発症に至った。

 

ライフスタイルが違い、健康への意識が違い

生活習慣病への予防に留意していたのか。

年齢、体質、治療時の健康状態。

様々な要因があってのことだろう。

 

TV報道を鵜吞みにして、小線源治療を選択するのは

考え物だ?

 

友人から、間接的に小線源治療をした方が

かなり、辛い療養生活だったと聞いた。

 

その後に、ブログ書く苦悶に大袈裟と思わないでいただきたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加