馬鹿も一心!

表題を変えました。
人生要領良く生きられず、騙されても騙されも
懸命に働いています。

一周忌。

2014-03-31 00:12:19 | 日記

3月30日(日) 去年4月1日92歳で老衰した義母の一周忌。

午前10時、スカイツリー下の寺に親族9人が集まった。

 

手元に置かれた小冊子の般若心経を、坊さんの唱えに従って黙読。

先代住職の説教は長かったが、息子住職の説教は短いが下手だ。

10時40分 寺を出た。

京成線に乗り船橋駅下車。

10分程、雨中を歩き割烹料理屋で会席。

  

新潟出身の義母は、大家の生まれだが家傾き

上京した。

貧しかったが温和な母親であった。

贅沢もせず。娘二人、息子一人を育てたのだ。

意外にも子供達に幾ばくかの金も残してあげたのだ。

私の実兄弟も諍いもないが、妻の妹弟とも仲が良い。

  

周囲で聞き及ぶ、家族間の醜い争事は生じない。

年齢を重ねると

このことが一番の幸福なのだ。

 

坊さんの法話で、なるほどと得心したのが

 

シャバ・娑婆(しゃば)の意味するところだ。

 

娑婆とは自分の思うようにはいかない世間。

私が思っていたのは刑務所のような世界から

自由な世界に出ることだと感じていた。

 

娑婆の社会で浮世の煩悩でもがいているな!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二兎追う者だけが、二兎を得る。

2014-03-30 18:13:16 | 日記

3月28日(金)17時47分 JR渋谷駅に下りた。

 

黄昏前の交差点は久しぶりだ。

 

3月末金曜日と消費税アップ控えてなのか

街角の道は人で溢れている。

掻き分けて東急109を抜けて

文化村を通り、山手通りに向かう坂道に出た。

途端に静かだ。

 

出る杭は打たれ強いの看板がある煙草屋にきた。

シャッターが下りていた。

シャッターにも大きな文字が

 

「二兎追う者だけが、二兎を得る」

さらに一つ

「木を見て、森も見る」

 

下には煙草の注意書き。

 

去年12月13日(金)

出る杭は打たれ強いのブログを書いたが

 

シャッターを閉じれば、こんなこと書かれていたんだ。

 

私が若者だった40数年前からビッグバンが加速度を増し

時間スピード、人間関係の複雑拡大、

決断の早さはネット社会になってから格段要求される。

複線的な考え方で、身構えしないと生き残れないか?

 

パリの街角漂う、カフェ通りを上がり

 

  

 

山手通りを右折して介護病院に18時に着いた。

お袋はベッドに横たわり、大きな目で天井を見詰めていた。

私の名前を掠れ声で言った。

まもなく、弟もやってきた。

 

一昨年末には余命一ヶ月だろうと大学病院副院長の義妹が告げたが

元気になった。

看護が行き届いているのだ。

お袋は弟の腕を掴み「家に帰りたい、帰りたい」泣声。

「帰ったら、直ぐに死んでしまう」と説得するのだが

 8月30日が来れば90歳だ。

3月30日は義母の一周忌だ。

カーテンで仕切られた隣のベッドは昨日亡くなったのだ。

数ヶ月に一度、4人部屋から召される老女がいる。

遺漏で食べること、水を飲むこともできない。

それでも生きたいと言う。

 

私は先にロビーに下りて弟を待つ。

二人一緒に退室するとベッドを叩いて止めるからだ。

 

19時半、井の頭線 神泉駅で弟と別れた。

弟は一度会社に戻り車で帰宅。

 

私は銀座線で三越前で総武快速線に乗車。

市川駅で会社からメールが入った。

私の新しいパソコンエイトをアップをしてもらっていたが

終わらないので事務所に戻って欲しいとの要望。

 

既に市川駅、柳橋には戻れない。

 

午前0時を過ぎたが娘はまだ帰宅しない。

今日は娘の誕生日でもあるのだが

霞ヶ関の職場を出たのは0時だった。

母親に「料理は作らないで寝てください」のメール。

冷蔵庫には、バースディーケーキ待っている。

嫁さんに行って欲しいが

現実は二兎も追えないのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車内の異邦人。

2014-03-29 22:41:04 | 日記

3月28日(金) 17時 総武線浅草橋駅から乗車。

代々木で山手線に乗り換えた。

車内にブルネットの太った眼鏡かけたお母さんと金髪と青い目の2歳位のベビーを

膝に抱えていた。

女の子は可愛い微笑みで周囲を見ながら何やら話している。

混雑してない車内は一斉に女の子に注がれた。

その前に黒髪のスラリとした日本人美少女が吊り革に右手をかけ

真正面を見詰めている。

原宿駅から、金色の髪と眉毛、目は茶色の小柄なティーンが二人乗った。

フィギュアのロシア15歳少女リブツカヤに似ていて

どうやら姉妹のようだ。

女の子達はお互い見合った。

一塊の見知らぬ国の少女達が目で交わした

シグナルはどのように感じたのだろうか?

 

束の間の数分、車内光景に私も周りの人達も

声も出さずに見詰めた。

まるでジオラマかドールハウスを見ているようだ。

 

私も彼女達も渋谷駅で下りた。

雑踏に紛れ見えなくなった。

取立て何でもないことだが

普通に普通の場所で出会う異邦人

日本が豊かで平和で優しい国なんだと感じた。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リバーシブルシャツを買う。

2014-03-29 09:27:46 | 日記

3月27日(木)人形町のそこそこうまいラーメン屋を通り過ぎて

取引金融機関近くのワイシャツ専門店を見た。

路面にハンガーで特価販売ワイシャツがぶら下がってる。

妻に「シャツの襟が擦り切れているのでシャツ買いなさい」と

度々言われていたので、ちょいと覘いた。

シャツボタンがホックになっていたシャツがあった。

面白そうなので、1790円で買った。

 

自宅で着てみた。

西瓜腹なので腹囲がきつい、座るとホックが

はじけそうだ。

 

妻が大笑い。

裏は赤縦縞でポケットがある。

ひっくり返した。

リバーシブルシャツであることに気付いた。

 

翌日 その店を通りかかったので、再度違う柄を買った。

店の女主人に「これはリバーシブルシャツですね」と言った。

女主人は驚いた顔で「そうなんですか」

販売商品のディーテルを知らず売る側。

知らないで買う客側。

 

互いに苦笑い。

 

大店舗だったらクレームだが

小さな洋品店のひとコマ。

このような商売したいな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そこそこうまいラーメン屋!

2014-03-29 08:49:10 | 日記

3月27日(木)ランチ チャーハン。

 

少し午睡して人形町へ向かう。

 

いつものルートを歩いた。

信号待ちで斜め対面を見ると

立ち食い蕎麦屋だった店の看板を変わっていた。

信号渡り看板を見た。

 

「そこそこうまいラーメン屋」

店名だ。

 

数年前、地元 船橋に「千葉県一 旨いラーメン」の看板があった。

食べてみた。

二度と行かないと思った。

まもなく千葉県一のラーメン屋の看板は外され

うどん屋になった。

 

今度 食べて見るか?

不味いか旨いかは客が決めることだが

そこそこ文句も言えないな!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加