競馬予想 競馬桜坂

2006年間馬券収入500万、G1的中率8割の競馬人がこの世界
に新たな境地を切り開くことを強く約束する。

【競馬 予想】 2017年 函館記念

2017年07月16日 15時02分35秒 | Weblog

ただでさえ難しいのに、これだけ雨が降っているようならば、
もう遊びでしか買えない。

良でも評価が必要だったアングライフェンが妥当だろう。


ヤマカツライデンはおそらく勝負がかかってないだろうが、
この条件で一気に化ける可能性はある。


◎ アングライフェン

○ ヤマカツライデン

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 ゼウスバローズ3着には納得

2017年07月15日 18時22分45秒 | Weblog

>名古屋人さん

お言葉感謝申し上げます。^^
予想は満足なんですが、馬券の方はまだまだ
しっくりこないのが自分らしさです。(^_^;)

名古屋人さんも好調なようで何よりです。^^
プロキオンSはその評価で抜けると堪えますね。(^_^;)
マイネルフロストといえば名古屋人さんですね。
鳴尾記念に続きお見事です!
まあしかしマイネルフロストの競馬は強かったですね。

そう明日のマイネルミラノも前回は真面目に走ってませんし、
今回は強気勝負でどこまででしょうね。
逃げ争いが激しくなるのは、返ってこの馬にはプラスに
なると感じています。

しかし、この函館記念は本当に難しい。
これから一杯?呑みに出て考えます。^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】2017年 ジャパンダートダービー

2017年07月12日 19時51分12秒 | Weblog

最近また馬券の調子も良くなってきたので遊んでみる。

サンライズノヴァの前走の圧勝は、個人的に予想の幅を
広げてくれて印象的だった。


今年の東京ダービー馬は数値的にそこそこやれるのではと見ている。
中央馬が揃って爆発しない限り十分チャンスがあるのでは。


拾いにいくならタガノディグオ


1800Mの数値で見るとリゾネーター

 

◎ ヒガシウィルウィン


○ タガノディグオ


▲ リゾネーター

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】2017年 プロキオンS&七夕賞

2017年07月09日 15時18分33秒 | Weblog

【プロキオンS】

先行有利が囁かれる中で、この脚質でこの騎手は怖いが、
それでも普通に回って馬券にはならないといけないキングズガード

ドバイ帰りのカフジテイクは帝王賞出走組同様、蹴飛ばしたいところだが
この距離このメンバーだと格好は付けられるか。

トウケイタイガーはすんなり行けるなら、逃げ残っておかしくない。

 

◎ キングズガード

○ カフジテイク

▲ トウケイタイガー

△ ブライトライン

× ベストマッチョ

 

【七夕賞】

マルターズアポジーが引っ張り、決着タイムはおそらく1分59秒5前後か。

先週のニシノアップルパイにはズッコケたが、今週も3分で本命は決定。
福島コースを極端に苦にしないのなら、能力的にはマッチするヴォージュ

ある程度の時計勝負で上がりも要すならばフェルメッツァ
前走ぐらい走って勝ち負けだろう。

 

◎ ヴォージュ

○ フェルメッツァ

▲ タツゴウゲキ

△ ゼーヴィント

× スズカデヴィアス

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】2017年 ラジオNIKKEI賞

2017年07月01日 17時21分13秒 | Weblog

帝王賞はお小遣いが貰えたので満足。

さて、夏競馬の始まり。

今週は泊まりで法事に来ているので予想はひと休み。ただ、週明けから気になる馬がいた。

この人気なら無条件でニンマリ買いだろう。

 

 

◎ ニシノアップルパイ

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 2017年 帝王賞

2017年06月28日 19時46分16秒 | Weblog

3分予想。
調教も馬場も全く見てないが、
この人気ならばクリソライトしか妙味なし。
近走の絶対値、ラップを見たら今日はしっかり走って当然。


◎ クリソライト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 宝塚記念が終わって

2017年06月26日 21時47分58秒 | Weblog

>名古屋人さん

宝塚記念もお疲れ様でした。^^

先週は天気予報をずっと睨めっこしていましたが、
結果的には想定外の馬場でしたね。(^_^;)
まああれだけカチカチに馬場を仕上げていた甲斐が
あったということでしょうか。
もし仮にぐちゃぐちゃになっていたら、ゴールドアクター
危なかったかもしれません。勝手な想像ですが。(^_^;)

上半期も有難うございました。^^

 

>wiさん

厳しい春でした。
競馬をやればやるほど、外すことが怖くなっているのかもしれません。
普通は外れ慣れていくはずなんですが。(^_^;)

渾身の予想で人気に反発する爆走馬を見出した時点で満足し、
女房役は流されて断然人気馬というパターンが自分も多くなっています。
アルアインに対しファンディーナも良い例でした。(^_^;)
また負けが続くとその傾向は更に顕著となりますね。
シンプルに今年の春競馬、特に5月のG1は展開を読むのが本当に
難しかったように思います。
出走馬を眺めた時、どうしても各馬の力量を測ることを優先しがちですが、
とにかくまずは展開・馬場を読むことが全てと痛感したものでした。

夏競馬は近年殆どおやすみ状態でしたが、今年は挑戦しようと思っております。
また夏も一緒に勉強させて頂ければ嬉しいです。^^
人気馬を指名していたら笑ってやってください。(^_^;)

 

>林間ジョッキーさん

お久しぶりでございます。^^
祭りは突然に終わりましたね。
連勝馬の老いは秋に来るイメージがありますが、
キタサンブラックは今後復活できるのか見物です。

今年の夏競馬ですが札幌記念は特にいい馬が集まるようですね。
自分は今、ヤマカツエース中距離では日本で一番強いと思っているので、
とても楽しみにしています。
また先の話過ぎですが、札幌記念を快勝したとしても天皇賞秋の
舞台はやや鬼門のような感じもしていますので、色々興味深いです。^^


武豊Jは中盤あと2ハロン突かれなければ、自分が先頭に立っていた
ように思います。
それが実現出来ていたら、キタサンブラックの結果は違ったでしょうか。
競馬はやはり面白いですね。^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 2017 宝塚記念 回顧

2017年06月26日 07時03分41秒 | Weblog

上半期最後の中央G1も早いもので無事終了。
その宝塚記念は馬場も保たれ上に、道中から
厳しいラップを刻む古馬最強馬決定戦に相応しいレースだった。
個人的にはこのレベルだと少頭数だからこそ価値を感じる。


サトノクラウンは完勝。
ゴールと同時に名トレーナーのプライドを感じるものだった。
中間からいつも以上のマスコミ応対、前走より細心の注意を払っての
関西入りと、無様な競馬を2度続けてお見せしない真のプロ。
また鞍上のデムーロもラップが緩みかけた瞬間で、前に牽制を入れる好騎乗。
これはダービーでのアドミラブルでの悔しさがここに生きたと見た。
サトノクラウンとしてもやはり今回は自分のリズムを最優先のため、
後方に位置したが、これは弥生賞の再現だろう。
もう狙うは凱旋門賞日本馬初制覇のみ。


ゴールドアクターは遂に究極の仕上がり。気性も良い時と同じだった。
位置を下げて内を回った時には厳しいと思ったが、後からラップを
見て素晴らしい騎乗だったと理解。
ラップが厳しくなる中でデムーロと共にスっと落ち着かせたのは、
やはり優れたベテランならではだろう。
この馬は高速決着でも天皇賞秋でこそ更に狙えるわけだが、
これから4ヶ月を考えると少し仕上げ方は難しいだろう。
距離延長はもう歓迎ではないはずだ。


ミッキークイーンにとって雨が早く上がったのと、立派過ぎる馬体は
少々誤算だったと解釈しているが、この時計かつ上がりであれば
これは完敗の3着だろう。
今後牝馬路線では更に危ない人気になるだろうだけに、
左回りだろうが天皇賞秋で早め勝負の方が面白い。


今回馬券の生命線はやはりシャケトラだったということだろう。
この4着がまた何とも紙一重を感じるものである。
戦績からまだまだ強くなる可能性はある。
現状、上がりが遅いので最大目標は有馬記念か。


成長がやや鈍化しているのと、斤量負けを感じるレインボーライン
ただ、まだまだ強くなる可能性がある4歳。


ミッキーロケットだけに関しては、まだよく個性が掴めない。
おそらく、ゴールドアクター同様まだ太いと見ておく。


生粋のステイヤーが天皇賞春から参戦して、このペースになれば厳しかった。
前半800Mからマジックをかけ始めたところで、デムーロに見破られてしまったのが
運の尽き。この春は実績上位馬で一番消耗しただろうから、ゆっくり回復して欲しい。


さて、キタサンブラック
当然、敗因は体調、ローテーション、ペース、馬場とどれも関係はあるのだろう。
でも、この手のタイプの馬が負ける時は、こういうポジション取りになった時だ。
決して内の馬をねじ伏せたり、叩き合いでねじ伏せるタイプではない。
スムーズに先行して基本ラチを頼りながら時計決着が個性。
また直線後ろから迫られた時の粘り腰も、この馬の才能である。
馬は幾ら強くなっても3歳500万下戦こそがあの馬のスタイルであり、一番目に焼き付いている。
ゾーンが崩れた時には、この馬に限らず生きるものは皆脆い。

 

wiさん、名古屋人さん、林間ジョッキーさん宝塚記念もお疲れ様でした。^^
あらためて、ご返信させていただきます。^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 2017 宝塚記念 結果

2017年06月25日 15時52分43秒 | Weblog

サトノクラウンは凱旋門賞初制覇で。

最後G1、馬券は的中。
ただキタサンサブラックを女房馬券にしてしまったのが、
自分の弱さ。
こういうレースこそ、もっと強気に買うべきだった。
7月からの課題。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 2017 宝塚記念 結論

2017年06月25日 14時21分18秒 | Weblog

大勝負をするので、今日は特にパドックと体重を
チェックしたいが最終検討へ。

造園課はお見事。
異常なまでに速かった馬場は、この事を想定してたのだろう。
馬場は昨年より速く、大阪杯より気持ち重いぐらいの性質。
直線は明らかに外が伸びる。


◎ ミッキークイーン

○ キタサンブラック

▲ ゴールドアクター


ミッキーロケットシャケトラは状態が良い方を選ぶ。

サトノクラウンはやはり凱旋門賞でこそ。

 

ほぼどの馬も今日は絞っての出走が良さそうだ。


wiさん、ゴールドアクターは全く競馬にならない不安も
正直どこかにあるのですが、今日こそが同じく
人気の盲点と思い狙います。とにかくスタートがどの馬より全てですね。
お互い良いゴール前となりますように。^^

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 2017 宝塚記念 各馬考察 LAST

2017年06月25日 02時57分10秒 | Weblog

【ミッキークイーン】 A

この馬の脚の遅さについては何度も触れてきたが、
使える脚の上限が綺麗に決まっているため、
物足りなさを感じるレースも今まで多かった。
らしさが発揮されたレースは時計勝負で各馬直線は
苦しくなった秋華賞や有馬記念である。
この馬の適距離はおそらく2000Mまでと見ているが、
地力が備わっているため辛抱も利くからこの距離でも、
例年通りL4からレースが動けば持続力勝負で真価発揮となる。
今のキタサンブラックは逃げ馬に関係なく、この馬自身が
レースを支配するわけだから、おそらく中間地点はややスローでも
後半はきっちりラップを締めて来るだろうから時計も求められる。
矛盾するようだがミッキークイーン有馬記念の数値は、
まだ少し物足りないところはある。
ただ、あの時は病み上がり2戦目かつ今回は距離が300M短縮ということで、
十分数値を伸ばしてくる可能性の方が高いと見るのが自然だろう。
また他馬より重馬場適性(経験)があるのもアドバンテージだ。
そして、この馬が1つ面白いのは一般的な重巧者とは少し違う。
多くの重巧者はやはり上がりを要して押し切るタイプが殆どだが、
この馬は走法から為せる業か水が浮くような馬場でも切れ味が鈍らない
特殊能力とも捉えられるような数値的側面がある。
キタサンブラックがバテなくても最後馬場に少しもたつくようなことがあれば、
頭まで十分期待できるのはこの名牝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 2017 宝塚記念 各馬考察 3

2017年06月24日 18時01分48秒 | Weblog

【ゴールドアクター 】 B

一般人が偉そうなことは言えないが、この馬は管理下が
違っていればもっと良い成績を残していたかもしれない。
ジャパンCは絶好調ながら体重を絞れない失態、
有馬記念は3着とはいえ前年以上の激走を見せたが、
その反動は大きく疲れがとれないままに出走した日経賞では凡走。
天皇賞春は着差こそついたが、前年や菊花賞などよりは十分に
走っているから、決して力落ちたわけではないと見ている。
夏場と輸送、そしてあまり得意とは思えない重馬場適性と
不安材料はまだまだ多いが、スムーズに先行できるようならば、
このベストの距離で巻き返す器の馬だろう。
仕上げが甘かったオールカマーでも58キロで十分G1レベル
走りだっただけに、寧ろ有馬記念より宝塚記念だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 2017 宝塚記念 各馬考察 2

2017年06月24日 06時23分40秒 | Weblog

平日ながら朝までコースをやってしまい、
3日酔い確定。
同じ失敗を何度繰り返せばよいのか。
まあしかしお陰様で今夜はおとなしく過ごせそうなので、
じっくり最後検討して勝負したい。

降水確率90%となり不確定要素たっぷりだが、
もうこれはしょうがない。
ただ1つ言えるのは特殊馬場の経験がない単勝1倍台の馬から
買うには度胸がいるということだ。
不良に近い重馬場となれば、適性だけではなく経験が大事だと思っている。


【ミッキーロケット】 C+

日経新春杯の内容を見れば絶対値、重適正が優秀でここでも
馬券になっておかしくない。
問題はこの近二走出脚がつかなくなったことだ
単純にスタートの問題ではなく、動きの鈍さを感じている。
原因はおそらく「体重」ではないかと見ている。
そんな意味でも、今回最も馬体重が気になる存在だが、
今週の過程を見ると更に増えて出てきそうな気配がある。
本来B評価と考えていたが、この調整面に不安があり評価を下げた。

 

【シャケトラ 】 C+

ミッキーロケット同様に日経新春杯の走りは強調材料
また日経賞の内容も有馬記念のアルバートに相当する絶対値、瞬発値と
評価している。
ただ、斤量面の補正なしでの考えだ。
今回は条件が好転、調教も良し、そしてルメールだから、
際どい争いをしてくるだろうが、有馬記念上位組が複数いることと、
この人気では少し勝負しにくい存在か。


【キタサンブラック 】 S

パーフェクトホースなので今更強調材料を記す必要はないだろう。
宝塚記念初制覇に向けて懸念されたのはヤマカツエースの存在だと
見ていたが、その心配もなくなった。
よってペース不問の今、問題は水が浮く馬場への適応力だろう。
パワー馬場は実績通り苦にしないが、これだけは分からない。
だから断然人気馬を軸として買うことだけは避けたい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 宝塚記念 降水確率80%

2017年06月22日 20時53分21秒 | Weblog

>REGさん

渾身の単勝は忘れられない思い出となりますね。^^
自分もスイープトウショウの宝塚記念、ソングオブウインド
菊花賞などは一生忘れることはありません。
しかし今の馬券ファンは上手くなりましたね。
昔は40倍前後の単勝でしたが、今なら10倍台かもしれません。
エイシンデピュティに話を戻して、あれは本当に驚異の粘り腰で
当時確勝級のメイショサムソンを振り切っての逃げ切りですから、
価値がありました。
今思えばかなり悪い馬場で2戦2勝だったわけですから、
基本能力含め絶好の狙い目だったんでしょうね。^^
しかし、あの時は前日まで速めの馬場でありながら、
日曜日に一気に悪化したのですね。
どうもその点は、今年とかぶりそうな気もしています。
今年の宝塚記念もREGさんにとって良い思い出のレースの1つに
なることを願っております。^^

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 2017 宝塚記念 各馬考察 1

2017年06月21日 06時28分13秒 | Weblog

シュヴァルグラン】 C

天皇賞春は当然のように絶好の軸馬だった。
調教も動くようになりスピードも増してきた。
ただ、やはりこの距離はどうだろうか。
JC、有馬記念でも強気な競馬を見せて頑張った反面、
限界を感じたのも事実。
今回に関しては後方からゆっくり行って、
キタサンブラックに挑戦した馬達を最後に捌くという
形の方が上位着順は拾えると見る。

 

【サトノクラウン】 C

血統通り、ヨーロッパらしいタイプである。
1000Mをゆっくり自分のペースで刻んで、
後は優れた持続力で勝負することに長けている。
だからおのずと距離は長い方を好み、重馬場適性も非常に高い。
今回は後方に位置し自分のペースで走れば必ず
脚を伸ばしてくるだろうが、おそらくそれでは計算的にも前には届かない。
ならば過去2年の京都記念のように前目に付けたいところだが、
キタサンブラックがいる以上、スローで支配するマジックを用いることも困難。
またどんな馬場でも絶対値の限界を少し感じるのも事実。
キタサンブラックの自滅を期待しながら、デムーロは最後方に位置して一発を狙うと見る。
馬場が2008年ぐらいの極悪になれば他が走れないだけに、大チャンス。

 

【レインボーライン】 C

決して脚が速いタイプではないだけに、この条件は向いている。
ただ個人的にも狙って好走した菊花賞後あまりピンとこない競馬が続いている。
どれも言い訳ができる3戦ではあるが、この馬の精神力を考えると
前走の惨敗は残念であり不安である。
またここでの鞍上スイッチはプラスにならない。
岩田Jが得意とする内ラチピッタリもこの条件では生かし難い。
ポテンシャルにかけるだけの価値はある存在とは思うが、
今回に関してはそこまで妙味は感じない。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加