競馬予想 競馬桜坂

2006年間馬券収入500万、G1的中率8割の競馬人がこの世界
に新たな境地を切り開くことを強く約束する。

【競馬 予想】 第57回 有馬記念(GI) 展望

2012年12月23日 12時36分11秒 | Weblog

いよいよ有馬記念。
昨年ほど特に展開面を考査出来たわけじゃないが、
久しぶりに検討を楽しめた。
昨年に続いて今年も、しっかり馬券は取りたい。


レースの流れは、抽象的だが今年はさすがにある程度
流れるものと推測する。
ビートブラックは少しでもスタミナ勝負に持ち込みたいタイプだ。
JCの内容を見ても小回りなら尚更と考えたくなるものが、
この馬は実は平坦巧者という側面も見受けられる。
ともあれ、今年はやや持続力が問われる展開と仮定(希望)
して予想を組み立てたい。


隙がないと思われるエイシンフラッシュはどうだろうか?
天皇賞春でも実績があるように、距離の融通性は確かに認められる。
ただ、あのレースはスローゾーン競馬であり、この距離で
ある程度流れた場合には、昨年のようには行かないとも考えられる。
また、本日急遽の鞍上変更。。
乗り方が難しいこの馬には厳しい状況となったか。


ルーラーシップにしても、この距離この馬場で流れた場合には、
不安が出てくる。
今年の春頃から急激に精神力も逞しくなった印象を受けるが、
基本的にはスピードが勝ったタイプと感じるだけに、
過度の期待は禁物だ。
外から伸びる体力がどこまであるか。


ゴールドシップが今日の条件で1頭でのタイムトライアルを
行えば、まあ他を寄せ付けないだろう。
でも、当たり前だが競馬ではその通りとは中々行かない。
テンは遅く、馬群を捌くのもかなり運に左右されるかと
思うが、乗り慣れたウチパクに期待したい。


そして、今年最大に注目するはスカイディグニティとしたい。
中山2200Mの実力値は、ナカヤマナイトと肩を並べる程度であり、
全盛期のネヴァブションの足元にも及ばない。
ただ、今日の条件ではその才能が爆発する見込みが十分ある。
良くも悪くも綺麗なブライアンズタイム産駒だ。
全く走らなければ、それは間隔が開いたことが敗因だろう。
最近、ここ一番に脆さを感じるクリストフ・スミヨンだが、
ここには相当の意気込みを持っていると見ている。
4角5番手以内が絶対条件。3番手以内ならVロードが見えてくる。
積極的な競馬でアッと言わせたい。

 


◎ スカイディグニティ

 

○ ゴールドシップ


▲ ルーラーシップ

 


よい有馬記念を!^^

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 有馬記念が今年もやって来た 須田鷹雄さんと遭遇

2012年12月21日 22時31分28秒 | Weblog

林間さん、サンキューサックさん、wiさん、さとるんさん、
遅くなりましたがJCの際にも有難うございました。^^
早いもので、今年も有馬記念がやってきましたね。
毎年断然人気が居ると、正直心のどこかで回避してくれと
願ったりしていたものですが、今年は適ったようです。(^^;
オルフェーヴル自身も、有馬記念をまた勝ったところで
株が上がるわけでもありませんし、日本競馬の唯一の
希望として、凱旋門に向け万全な逆算を願いたいものです。


JCに関しても、簡単に回顧を。
レースはミドルゾーンの競馬だが、多くの馬達は
必要以上に脚を溜めすぎての瞬発力、速力勝負。
物議を醸した直線の攻防は、個人的にはアウト。
ただ根っこにあるのは、以前から触れてきたように
府中でも未だにウチを回らないといけない馬場を
作っているいうことだろう。
春には高速ダービーで将来を担う多くの有力馬が
力尽き、またJCは日程の問題だけではなく、
海外馬にとって可能性が極めて低い条件だけに、
その存在価値はもう無いに等しい。
何の為の造園課か、疑問ばかりである。
ギャンブル性ばかり突き詰めて、本末転倒になりつつある。


少し話がそれたが、ジェンティルドンナは見事。
有力馬で唯一事前にこの馬を取り上げなかったのは、
まあ自分のパターンである、この馬が本命予定
だったからであるが、人気を見て意気消沈。
皆、考えることは一緒である。。
2、3着馬を固定してるから一見同じに思うが、
実際その時の賭け方は変わってくるわけだから、
詰めが甘かった。あの配当ではどうにもならない。
これだけの実績に対し失礼ではあるが、基本は
東京専門だけに今後のローテは難しいはずである。
まあしかし鞍上は直線の攻防は全く褒められないと
しても、もう一人次元が違うように感じる最近である。
これでもかというぐらい、あらゆるジャンルのスポーツを
愛するが、ここまでメンタルが強いアスリートは
この岩田康誠、レスリングの伊調馨ぐらいしか
思い浮かばない。

オルフェーヴルはあれだけ走れば流石であり見事。
有馬記念を回避したのは自分も賢明と感じる。

ルーラーシップはもうペルーサになってしまって、
どうしようもない。
内容は強い競馬と評されるだろうが、もうあんな
競馬しか出来ない現状に失望した方が、
今後の馬券対策には良いのかもしれない。
道中は内を狙って、直線は外で頑張った内容に成長と
迫力は感じるが。。惜しい。


そして、今日21日昼間頃面白い出来事があった。
住宅街から繁華街に入るところで、どこかで
見た顔の人が・・・でも、まさかな。。
とても気になったので、少し先回りし確認しようと
思ったところ、電話をし始めてその声で確信。
お急ぎの感じだったけど、ちょっと声を
掛けさせてもらったのが須田鷹雄さんだった。^^
1分程だったと思うが立ち話で、紳士的かつ
気持ちよく接して頂いた。

ちなみに須田さんの有馬記念の予想は

◎ナカヤマナイト
○エイシンフラッシュ
▲ルーラーシップ

明日のグリーンチャンネルで予想が異なれば、
偽物だったということだろう(笑)

 

さて、有馬記念どうしようか。。
エイシンフラッシュには、マイナス点が見当たらない。
でも2年連続同じ本命にしたくないという、無駄な
葛藤が生じている。
JCが終了した時点から、今年の焦点は多頭数と
なった場合、ゴールドシップとルーラーシップは
いつもの競馬で通用するのか?である。
明日土曜日は仕事を早く切り上げて、今年最後
じっくり数値を出して検討したい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加