競馬予想 競馬桜坂

2006年間馬券収入500万、G1的中率8割の競馬人がこの世界
に新たな境地を切り開くことを強く約束する。

【競馬 予想】 セントウルS&京成杯AH&朝日CC 回顧

2009年09月13日 19時06分59秒 | Weblog
以前のようにいつも細かくお浚いすることは、難しいが日記を
記したレースぐらいは大事にしておきたい。


【セントウルS】

レースの流れは極度のスローゾーンで前有利。
ただ、高速決着のため、高い先行力が問われた。

スリープレスナイトのレース振りに迫力は感じなかったが、
斤量とあの体重を考えれば、強しと言えるものだろう。

アルティマトゥーレは前走の展望でも評価した馬だが、
それでも想像以上にまた強くなったという解釈だ。
この内容であれば、本番も無様な競馬はしなそうだ。

コスモベルが強いのは分かっているが、とにかく買い辛いタイプ。
外枠からの好走もあまり記憶にない。暫くは無条件で買っておく
必要がある、馬券的には厄介な存在だ。

カノヤザクラは明らかに脚を余したが、もうこれはこの馬の特徴とも
いえるもの。

ローレルゲレイロの惨敗は体調面に尽きるのだろうが、どこまで
短期間で立て直せるか。また中山1200Mは好条件と言えないだろう。

マルカフェニックス少しでも重くなった馬場で最後狙い撃ちしたい。
距離は1400Mがベスト。


【京王杯AH】

幾らこの時期とはいえ、ほぼ全頭揃っての体重大幅減は印象的だった。
秤がおかしかったのか、それとも輸送に何かがあったのか考えて
しまうぐらいのもの。

レースの流れは例年通りの息が入らない、ミドルゾーン競馬。

体重減が確かならヒカルオオゾラは連戦続きで、体調的に苦しかったのか。
とはいえ、この惨敗は今後に向けてかなり暗い材料。

ザレマは基本スプリンターと考えるだけに、この高速決着の野芝は
やはり絶好だったのだろう。
小倉2000Mや秋の中山芝などののダンスインダーク産駒は依然脅威。
スプリンターズSに駒を進めても、無様な競馬はしないはずだ。
問題はスタートがズブいところだが、今日は鞍上が上手く操った。
虐待のように中距離を使われている兄マルカシェンクだが、この兄弟は
短距離ならまず崩れない。

アップドラフトは内を上手く掬ったとはいえ、この激走には参った。
時間をかけてエルコンドルパサー産駒と野芝の関係などを調べたい。

マイネルスケルツィサイレントプライドタマモナイスプレイなどは
あんなものだろうか。
しかし、サイレントプライドの58キロを見ても、馬の本当の状態(厩舎情報)は
JRAのみにはキッチリ伝わっていることが分かる最近だ。


ケイアイライジンは殆ど評価していなかった今回だが、あの競馬で
4着かつしっかり4番人気に支持されているのは驚きであり反省点。


【朝日CC】

レースの流れはスローゾーン競馬。

キャプテントゥーレが皐月賞馬の貫禄を示し、春散々馬券的に痛い目にあった
ブレイクランアウトが復調したのは見事だった。
ただ、この2頭が今後どのような過程を歩むのかは個人的に想像し難い。

トーホウアランは経緯を考慮すれば健闘だが、3着以下は凡戦だろう。


さて話が飛ぶが半シーズンに1度ぐらいは、ここぞという勝負時があって
しっかり回収出来る場合がある。

当然、今年も菊花賞は楽しみだが、それ以上に年明け時点から狙いを
定めているのが、このレースにも出走したモンテクリスエス
日経賞の後にも少し触れたが、その前のダイヤモンドSを見ても、
この馬の適鞍は非常に限られており、これら2つのレースで強過ぎたことが
逆に今年の成績を納得させるものである。
少し馬場が荒れて、ミドルゾーンが希望材料ではあるが、今年の有馬記念での
モンテクリスエスは馬券者にとって大きなプレゼントになる。



今週の3重賞は馬券購入なし。
再来週はまず買いに走るだろうが、来週も攻めたいところ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 セントウルS&京成杯AH 展望

2009年09月13日 15時22分53秒 | Weblog

随分と久しぶりの競馬日記。


【セントウルS】

1200M戦での牝馬の57キロは極めて過酷だが、それでもこの相手と
この仕上がりならスリープレスナイトは順調な滑り出しを見せてくれるか。

カノヤザクラは昨年の覇者とはいえ、本来この条件がプラスと思えないが、
やはり相手を見渡した時には上位。

ローレルゲレイロは仕上がり不安が囁かれるが、この条件で
あのスタートダッシュはかなりのアドバンテージ。
1400M以下では人気以上に走る隠れた美味しいタイプ。

ソルジャーズソングも割って入る力はあるが、まだ仕上がり途上なのと、
さすがに毎度前が開くとは思えない。



◎ スリープレスナイト

○ カノヤザクラ

▲ ローレルゲレイロ



結果、人気上位を高く評価するに至ったため、馬券は購入しない。





【京王杯AH】

野芝と想像以上に後ろから行った時に不安があるが、息の入らないラップでの
高速決着は、ヒカルオオゾラの得意舞台。

相手の取捨は非常に難しい。

軟弱レースの三宮特別辛勝、阪神1400Mを前々で押し切り、そして新潟で
イマイチとタマモナイスプレイは兄同様スプリント色が強いが、
野芝の開幕週でチャンスあり。
実力値もまずまずで、内を上手く掬いたい。

今回の仕上がりは少し良くないと思われるが、ハンデ58キロは
競馬になると解釈するべきのサイレントプライド



◎ ヒカルオオゾラ

○ タマモナイスプレイ

▲ サイレントプライド

△ マイネルスケルツィ


馬券は見送りの方向。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加