競馬予想 競馬桜坂

2006年間馬券収入500万、G1的中率8割の競馬人がこの世界
に新たな境地を切り開くことを強く約束する。

【競馬 予想】 第77回 東京優駿(GI) 展望

2010年05月30日 15時35分57秒 | Weblog
ダノンシャンティが故障したせいもあって、完全に馬券妙味が無くなって
しまったダービー。

ペルーサは強い。


ただ馬券的には、ルーラシップの内から強引な競馬、皐月賞組みでは
ローズキングダム、一発3着入りを期待したところ。


良いダービーを。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 第15回 NHKマイルカップ(GI) 展望

2010年05月09日 15時01分22秒 | Weblog
非常に不思議なワクワク感があるレースではあるが、ここは2強が出走を
決めた一ヶ月前から馬券を控えることを義務付けられた。


2強は人気通り強く、鞍上も文句ない。
ただ強いて重箱の隅をつつけばサンライズプリンスは前走も強過ぎかつ
もっさり感があり、ダノンシャンティは彼にとっては周囲は未勝利馬のような
集まりだが、臨戦過程を考えると勝ち切るにはロスが生じてもおかしくない。


割って入れば東京のイカサマ馬場と、このレースで毎年好走する短距離質の馬、
ガルボダイワバーバリアンエイシンアポロンとなるが、頼りない上に
人気があるだけに少し魅力が湧かない。


ならば人気でも注目はリルダヴァル
若駒に疎い自分だが、クラシックシーズンに向けてレース集計を始めた頃最初に
目が付いたのが野路菊S。
この世代、既にレベル高いと認定出来るレースは10を超えたが、最初がその
レースだった。レースの性質も今回に大体マッチしている。
あのマルカシェンクのように、若い内の故障で能力減退が感じられるのが
寂しいところだが、ここ2戦は明らかに苦手の変化球。
だが、ここは待ちに待ったストレートだから強く打ち返したい。
調教もこれまでに一か八かの負荷を掛け、早いがこの馬にとってはここが最大の勝負だろう。
前走は中距離でハイゾーンに位置している観点からも、内枠の福永Jで
強気に直線早く先頭に立ちたい。母父サンダーガルチも結構効いている馬だけに、
あまり溜めても良くないのは明らかだ。
ダノンシャンティとの馬間距離は2馬身は開いておきたい。




◎ リルダヴァル


○ サンライズプリンス


▲ ダノンシャンティ  ※松国










注 エーシンダックマン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 久々の日曜日らしい日曜日朝

2010年05月09日 09時35分35秒 | Weblog

4月は想像以上の激流に飲み込まれて、デスクワーク中心の毎日ながら
10キロ近くの体重減・・・これは馬体重でも嫌になるくらいだから管理不足。
5月は更に過酷となるだけにダービーとW杯を人参として踏ん張らないと。




>hollykさん


勿体ないお言葉有難う御座います。^^
ただ、早速もう皐月賞、天皇賞春とサボっているので罰は回ってきそうです。(^^;


ショウリュウムーンは順調に調整されているようですね。^^
鞍上もウチパクへのスイッチなのでしょうか。しっかりした馬なので、
これはプラス材料となりそうですね。
キングカメハメハ×ダンスインザダークの牝馬となれば、実は短距離馬という
気がしないでもないですが、期待したいと思います。^^
今年はダービーが堅そうなので、オークスは波乱でなく大波乱を期待したいのですが・・・


今日からの難易度高い東京G1での奮闘陰ながら応援しております!^^



>林間ジョッキーwith大木優紀さん


引き続きG1の時計は速いですね。
馬券を多く売るためには、物理的に時計を速くするのが競馬と認識してからの
最近はもう諦めています。(^^;
そんな意味では、賢くなった多くの馬券者は少し馬場が重くなった時に
勝負するのが鉄則になりつつあるのかもしれません。


ワイルドラズベリーは平坦第一、1400Mなら尚良しとして捉えておきたいと思います。


ラナンキュラスの故障は可愛そうでしたね。馬券的にもオークスで穴と感じていただけに
選択肢が減ってしまいました。(^^;


オークス・・・林間ジョッキーwith大木優紀さんに並べて頂いた馬を見てしばし考えましたが、
確かにやはりどれも不安材料が先行してしまいそうです。
アパパネショウリュウムーンアプリコットフィズなどが地力だけで来てしまうのが
オークスといえばそれまでですが、これぐらいなら東京2400M適性だけで
うっちゃる馬が居てもおかしくないという願望もあります。やや強引ですが。(^^;
ダービーを考えなくて済む分、こっちに回しておこうと思います。^^


良い日曜日をお過ごし下さい。^^



>ママシタさん、風吹けば名無しさん


お心遣い本当に有難う御座いました。^^
今は競馬に向ける情熱が制限されている中、一言頂けただけでも気力が湧いて
くるものであり感謝申し上げます。


引き続き素敵な春競馬をお過ごし下さい。^^




>鳩山由紀夫さん


あまりに同じ相手に負け続けると許せなくなるのと一緒で昨年のアルナスライン
必死でした。(笑)今年もジャガーメイルが頑張ってくれたので、今後しばらく
馬場などに変化無ければ、この天皇賞春は行けるという勝手な感触も
生まれてきましたが、そこは自分に言い聞かせて来年も素直に法則的に
アプローチ
したいと思います。^^


多くの方にとっては、今日までがGWのようなものだと思います。^^
締めくくりの一発、頑張ってください!^^



>wiさん


少し心配させて頂いておりましたが、お元気そうで何よりです。^^


天皇賞春、期待した馬はみんな頑張ってくれましたが、
馬券は5年ぐらいは振り返りたくありません。 (笑)


トーセンクラウンは復調もしていますし、今回の経験でより今後活路が
見出せるのではと感じています。
有馬記念を逆算して欲しいものです。


後から分かったことですが、やはりかなり綿密な打ち合わせが行われて
いたようですね。
騎手任せで通用するような世界ではなくなって来たわけであり、
厩舎の優劣がはっきりと感じるようになって来た最近です。


ダノンシャンティは今年相性の良い1頭ですし注目しております。
厩舎、鞍上ともに凄い自信でそれだけで買えてしまいますが、
今回だけは人気、過程的にあえて引いて見てみたいと感じています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【競馬 予想】 第141回 天皇賞(春)(GI) 展望

2010年05月02日 14時28分45秒 | Weblog
hollykさん、林間ジョッキーwith大木優紀さん本当にご返信が遅くなっており
誠に申し訳御座いません。
予想更新は適当でも、ご返信は特に大事にしたいということが、今の状況下
更に空回りしているようで・・・あらためまして、ご返信させて下さい。
hollykさんの一点勝負はお見事。自分には到底出来ません。(^^;
林間ジョッキーwith大木優紀さんの今回の狙いは少し見当が付き難いですが、
実はかなり自分と似た線ではとも思っております。^^
よい天春をお迎えください。^^



さて出走馬もろくに把握していない状況だが、ほぼ2ヶ月前には勝手に
思い描いていたレースだけに、その通りに逆らわず馬券を買っておきたい。


とにかく全G1の中でも、最も苦手だったこのレース。
昨年ようやくアルナスラインで活路が見出せたが、今年はどうだろうか。
結果が残せないのは、菊花賞と同じように捉えていたことが
最大の悪要因だったとされる。ダンスインザダーク産駒の成績だけを持ち出しても、
それぞれ全く異質の競馬であることは明確、それに気付くのが遅かった。


圧倒的一番人気のフォゲッタブルは確かにいい馬であり、この程度が知れた
メンバーでは軸としては最適だが、少し疑ってみても悪くはない。
有馬記念終了時でも少し書き記した記憶があるが、とにかくここ3戦がスタミナ
漬けの競馬である。一昔前までは宝塚記念がこの手が危惧されていたが、
今となっては天皇賞春でもこの手は不甲斐ないケースが目立つ。


阪神大賞典は、順当な1,2着でメイショウベルーガはやはりイマイチだった。
今回はそのメイショウベルーガがコース、斤量を考えてもこの組では
最先着を果たす可能性高いと普通は考えたい。
ただ、これもある程度予知出来ていたこととはいえ、昨年同様このステップレースは
タフとなっており、中間の調整内容に明らかな異変を感じる。
地力でどこまでだろう。


ナムラクレセントはあの菊花賞でも評価していたように融通性がある。
また、このレースに向けて考えれば菊花賞で最後ガス欠したようなタイプ程好ましい。
中距離でフォゲッタブルメイショウベルーガなどを影踏ませることなく完勝した
実績は無視できない。


そしてこの2ヵ月程競馬に唯一と言ってもいいぐらい興味があったのが、
ジャガーメイルの存在。
以前にも記したことがあるが、正確には鞍上の行方。
早くからこのレースに目標を置いている実績馬が、いつになっても意図的に
国内騎手に落ち付かせないところで想像は膨らんだが、やはりのお知らせだった。
理由の詳細は今はどうでもいいとして、事実この馬は外人騎手が跨ると
パフォーマンスが高く、今年は昨年より体調も良く前進可能だろう。
※この人気だと理想の外人騎手と言ってもテン乗りを疑ってもいいが。
スタミナ不足は確かだけに、あとはレースが昨年より緩くなることが大事な好走条件。





◎ ジャガーメイル



○ ナムラクレセント


▲ フォゲッタブル



△ マイネルキッツ


注 トーセンクラウン



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加