Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

現代は高齢化が進んで、看護師は福祉施設でも需要が

2017年05月13日 | 日記
現代は高齢化が進んで、看護師は福祉施設でも需要が増加傾向にあるのです。


それに、大手の会社になると医務室等にも看護師がいて健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアをとり行っています。


このような時は、その企業の社員として入社するといったこともありえるでしょう。


看護職の人がジョブチェンジする動機としては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。


元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、待遇が良くなかったといった、不満を転職理由にしてしまったら、不本意な評価をされかねません。


実態としてはその通りだったとしても律儀に知らせなくても問題はないため、積極的な姿勢で求職していることを答えられるようにしておいてください。


国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、医療の立場から支援したいという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。


海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、困難を抱える人を救うことの出来る看護師という人材が要求されています。


当たり前の事ですが、海外では医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。


海外で看護師として活躍したいのであれば、きちんと英語を学んでおくべきです。


高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。


看護師の資格を持っていれば、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなどその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。


とはいっても、メインで勤務している職場が休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。


職場において、仕事のできる看護師を目指すには、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。


起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったような単純な業務とは言えませんから、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。


看護師の中には、向学心から転職を希望する場合があります。


大学病院など、高度な医療を行なうところで腕を磨きたいという気持ちからくる、とてもアグレッシブな転職になります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私がなぜ看護師になりたいと... | トップ | どのような仕事にも不満や悩... »