Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

看護師の人間関係は、構築が難しいと、当たり前のように囁

2016年05月31日 | 日記
看護師の人間関係は、構築が難しいと、当たり前のように囁かれたりしていますが、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。


というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くて何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。


そんな職場の人間関係がわかってくると少々げんなりすることもあるかもしれませんが、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と納得しておくと良いかもしれません。


一昔も二昔も前の話になりますが、看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると世間的に認知されていた節があります。


しかし、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能であるといった事実について、急激に周知されてきているようです。


イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。


看護師の給料と言えば、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。


要するに看護師は給料の高い専門職だということです。


看護士だと、求人はたくさんありますが希望に見合う条件の求人があるとは限らないものです。


看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。


できることなら給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がない病院などに勤務したいとほとんどの方が思っています。


理想的な転職先で働くためには、たくさんの情報を収集することが大切です。


よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。


そして、3ヶ月は使ってじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。


先走って次の仕事へ行くと、次の職場でもすぐに辞めざるを得なくなりかねないので、自分の条件に合う職場を注意深く確認し探すようにしましょう。


そのためには、自分の希望を明確にしておきましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

二年ほど前から、病院事務として勤務しておりま

2016年05月31日 | 日記
二年ほど前から、病院事務として勤務しております。


日常的に、仕事上で看護師の方と接することはあまりないのですが皆さんいつも忙しそうです。


夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。


けれど、私の心配とは無縁に、「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。


お子さん同伴での看護師さんの参加が少なからずいらっしゃるんです。


参加されていた先生方からも歓迎されていて和やかで楽しい会となりました。


看護師という仕事をしているのは大半が女性なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、比較的離職率が高い職業です。


さらに、勤務時間がばらばらであることや、労働環境の大変さによって最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。


収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点ももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。


一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と関わらねばならないため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮することをおススメします。


看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大事です。


とはいえ、職場の環境や方針次第では、ルールがそれぞれ異なるケースがあると覚えておいた方が良いと思います。


以前は疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、昨今は男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。


実際の看護の場面においては、患者の移動、入浴介助等、力仕事も少なからずあるので力のある男性看護師は重宝されます。


給料の点からみると女性と変わらないのですが、産休や育休がないので、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。

この記事をはてなブックマークに追加

看護職員の方が新しい勤務先をリサ

2016年05月30日 | 日記
看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、はじめにどのような労働条件を求めているかを明らかにしておきましょう。


日中だけの勤務がよい、プライベートの時間は十分確保したい、できればお看取りの場は避けたい等、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。


看護職員の価値は市場では高い状態なので、条件のそぐわない勤務先で我慢して勤める必要はないのです。


一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、よく見てみると、どちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、総額が上がっている場合が多いです。


たとえば看護師としてより多く稼ぎたければ、職場選びの際、日勤だけではなく夜勤で働けるところにしましょう。


夜勤で勤務できるかどうかで給料の差は大きくなります。


高校に進むときに衛生看護科に入学すると、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、一番早く看護師の資格を得ることができるでしょう。


しかし、途中で違う進路を考えだしても変更は困難です。


また、最低5年で試験を受けられますが試験までの期間が短いために試験に向けた勉強や実習が不足するために簡単には試験に合格できないという面もあるようです。


私が看護師になった理由は中学の時の職場体験で、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた看護師さんに感動したのがきっかけです。


大人になったら、こんな風に働きたいと思って看護学校へ進み、晴れて看護師になりました。


確かにつらいこともあります。


しかし、それなりに充実していると思います。

この記事をはてなブックマークに追加

景気に関係なく求人が途切れることの

2016年05月30日 | 日記
景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。


転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、雇用する側との面接になるでしょう。


これまでの経験や職務について、志望動機など話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、看護師としての能力と同様に、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところも観察されることになるはずです。


実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。


土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。


病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、基本的に土日は休みになります。


まったく予想外の呼び出しによる出勤や、休日診療の当番が回ってくることもありますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。


それから個人経営の病院で、入院施設のないところなら、そういうところでは大体は土日祝日は休みをとれるでしょう。


言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、辛いと感じることも多いでしょう。


特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに生活が不規則になってしまい、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。


立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ疲労はたまる一方であり、腰痛や頭痛に苦しむことになり、ようやく「少し無理をしているのかも」などと感じる事になってしまうでしょう。


看護士の求人情報は何件もありますが、希望に沿う条件での求人がある訳ではありません。


看護師資格の保有者で就職できれば良いと思っている方はあまりいないものです。


なるべく給料が高くて職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと大抵の方が思っているでしょう。


求める条件に合う転職先で働くためには、たくさんの情報を収集することが大切です。

この記事をはてなブックマークに追加

改めて言うまでもなく、医療関係の代

2016年05月29日 | 日記
改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、二つの間には大きな違いがあります。


はっきりした違いは、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防のためのアドバイス、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。


そして看護師については、医師の指導に則って、医師が行う診療の補助を行い、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。


看護師の転職で失敗しないためには、未来のことを考えて早めに行動することが重要です。


それに、どのような条件を重視するのかを決めておく方がいいでしょう。


将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望に沿った転職先の情報をちょっとずつ集めてください。


年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件もピックアップしておきましょう。


高校入学時に衛生看護科を選ぶと、他の方法よりも早く国家試験の受験資格を与えられるので、最速で看護師になれるでしょう。


でも、在学中に進路を変更したくなっても変更するのは大変です。


また、最低5年で試験を受けられますが期間が短いので勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格するのが難しいともいえます。


看護師の資格というものは日本の法律では医師の診療を補助する役割を担うということが決められています。


医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。


しかしながら、急変時や、切迫した状態では、経験を積んでいる看護師に限り、医療行為も少しぐらいは許可されてもいいのではないかと考えています。

この記事をはてなブックマークに追加