Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

高齢者はケガや病気のリスクが高く

2017年12月16日 | 日記
高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、このところ次第に治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。


そうなってくると、医師と看護師も大勢が働いているべきなのに、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。


しかし、人材が不足している、ということはつまり、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、看護師にとっては、転職がやりやすいといった助かる点もあります。


最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、異業種に比べると高給です。


それと関係があるのか、ファッションに敏感な人が多いと思います。


そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。


病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけと耳にすることがあります。


収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最高でしょう。


ハードさで知られる看護師の仕事です。


そのため、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。


二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちにたいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。


昼夜にわたる、大変な仕事によって疲れは身体から抜けることなく、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。


そして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと自覚したりします。


社会に出たばかりの新卒看護師や、別の医療機関から転職してきたばかりの看護師に多いのですが、病院によりますが、残業代が払ってもらえないことがあるようです。


残業代の未払いは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せずはっきりと労基法に違反しているのです。


就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。


看護師が転職しようとする理由は、人間関係という人が大変多いです。


女性の多い職場ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。


その中には、パワハラ・いじめが転職する発端となる人も少なくありません。


厳しい環境の中で無理して働いていると、体を悪くしてしまうので、すぐに転職した方が良いでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

専門職である看護師として働いている人が転職を考える際で

2017年12月16日 | 日記
専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、違った職種に転職を考える人も少なくないです。


ですが、苦しみながら看護師資格を得ることができたのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。


全然違う職種でも、看護師の資格がプラスにはたらく仕事はいくつも存在します。


一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、使わないのは損になってしまいます。


医療施設で看護師として働いていた知人は、ある病気の治療のためにいったん退職しました。


でも、体調が良くなったら、早速現場に戻って、看護師として今も病院で働いています。


ブランクがあっても、資格を持っていたら復帰も早いと思います。


私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。


高校に進むときに衛生看護科に入学すると、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、一番早く看護師の資格を得ることができるでしょう。


ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは大変です。


さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが期間が短いことが理由で試験に向けた勉強や実習が不足するために合格が難しいという欠点もあるでしょう。


パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる看護師業ですけれど、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。


看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、多くの場所で、看護師資格を持つ人材は求められています。


例を挙げると、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。


こうした職場で看護師として腕を振るう人も大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。


こうして、病院に限らず看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。


結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。


数年間、専門機関で学んで資格を取得する看護師は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。


自身の結婚、出産あるいは転居など単に私事からの転職もよくあるものの、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。


そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。


そうでなければ志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。


なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。

この記事をはてなブックマークに追加

出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職

2017年12月15日 | 日記
出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。


ただし、そうしてうまく、職場復帰が可能かどうかについては、どういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。


よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。


こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。


それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして出戻ってきて、働く人も増加中です。


一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、一般的には課長の役職に近いと言えます。


課長職の年収とはいえ企業によって違うように、勤める病院の規模が、看護師の年収の差異に影響しています。


そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。


例えば、公立病院の場合、およそ750万円程度だとみられます。


仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。


けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、強いストレスを感じることはよくあります。


そういう看護師の仕事を続けていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、そのうち、自身の身体や健康のことなども状態を自覚したりできるようになります。


看護師の人間関係は、構築が難しいということも、しばしば言われるようですが、どうやら、単純に看護師の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。


なにしろ、女性はすぐにグループを作ってあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。


そんな職場の人間関係がわかってくるとあまり良い気分もしないでしょうが、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、とわかっておけば、冷静でいられるでしょう。


国外で助けを求めている人に、日本の医療を提供できたらという考えを持った看護師の方が増えています。


海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、看護師は常に求められているのです。


当然ですが、海外では患者とやりとりをするうえで英語が必要になります。


本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

看護師になるための手段として、大学と専

2017年12月15日 | 日記
看護師になるための手段として、大学と専門学校という二つがあります。


それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。


最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。


それに対して専門学校は、実習など現場に即した内容が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。


そして、必要とされる学費については専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。


一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。


病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。


会社によって給料が変わるもので、看護師も同様でしょう。


総合病院と町医者とでは給料も変わってくるでしょう。


ですから、一般的な看護師の平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。


病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。


患者に不信感を与えないためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておくことが大切です。


メイクをする女性の場合、派手な化粧はなるだけ控えておいて、印象の良いナチュラルメイクにするのがおススメです。


すっぴんとは異なり、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象がガラッと変わると思います。


看護師の職場といえば、病院という想像が一般の考えでしょう。


でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は病院の他にも色々とあります。


保健所で保健師と協力し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の務めです。


それから福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく大概の医療行為を看護師が行います。


他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、平均年収という一点では明らかに看護師の方が多いです。


慢性的に人手が不足している医療分野では常に需要が高い傾向が見られますから、景気に関係なく、収入が安定しているといった得難い長所もあるわけです。


さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。

この記事をはてなブックマークに追加

病院には多くの科が設置されて

2017年12月14日 | 日記
病院には多くの科が設置されていますが、勤めている科が違えば、看護師の仕事や処置の方法も異なります。


看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、看護師として全体的なものの見方が出来るようになり、総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。


看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、やる気も上がります。


実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。


その方法は、病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。


もともと、看護師という職業が専門職で長く勤務することが出来る安定した職種の一つであるとして勉強する人も多いのですが、公務員のメリットを生かす事も出来ればもっと安定性が高まりますよね。


安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点はなによりも嬉しいメリットですよね。


あと、結婚するときに転職しようとする看護師もかなり多いです。


配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職を選択した方がいいでしょう。


いつか子育てをしたいと思っているならば、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職をすると生活しやすいですね。


ストレスが多くあると妊娠しにくくなりやすいので、注意しましょう。


交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、申し送りを行なうことにしている病院は多いです。


患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、業務を行なう上で必要な事柄を勤務終わりの人が勤務始めの人に話します。


患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話す努力が必要です。


あまり時間をかけず、要領よくこなすということも大事なことになります。


他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職員の方が別な仕事場を検討するとして、苦心するのが申込理由です。


どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのは簡単ではありません。


高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが労働条件のメリットを出すよりは、ナースとしてスキルアップしたいといった、転職の理由に発展的な要素をもたせたものがパスしやすくなるでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加