Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

看護師のためだけにある転職サイトの中には、お祝い

2016年08月31日 | 日記
看護師のためだけにある転職サイトの中には、お祝い金があるところが存在しています。


転職することでお金をくれるなんてハッピーですよね。


ですが、お祝い金を出してもらうための条件を満たしていなければならないことが多いので、チェックを事前にきちんとしておくようにした方が吉です。


そして、祝い金のないサイトの方が充実したサポートを提供している場合も少なくないです。


高齢化が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが広がってきているのです。


それに、大手の会社になると医務室等にも看護師がいて健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアをとり行っています。


このような時は、社員としてその会社や企業に入社することもありうるでしょう。


現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。


ハードな通常業務だけでなく、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残って仕事をしなければならないことがよくあります。


それでも、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。


直前まで愚痴を言っていても打って変わって笑顔になるのです。


時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。


医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いて夜勤をこなしていくことになります。


日勤と違って夜勤は医師や看護師など、人の数がかなり減り、また、夜中になって眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。


当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。


数年前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、近頃では男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。


看護の際、患者を移動させたりお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、力のある男性看護師は重宝されます。


女性と年収に関しては同じですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、より高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

高校進学時点で衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資

2016年08月30日 | 日記
高校進学時点で衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、看護師の資格を得るのが一番早いでしょう。


ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更するのは簡単ではありません。


また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが短い準備期間のために試験に向けた勉強や実習が不足するために試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。


国外で助けを求めている人に、医療従事者として手助けしたいと思案している看護師の方もいるでしょう。


実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。


海外で看護師とし働くためには、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語を話せることが絶対条件になります。


本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。


病気になって気落ちしていると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。


でも、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、覚える必要のあるいくつもの作業やチェックを繰り返し、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。


こうした仕事のストレスから、看護師の中にはうつ病になっている方も今では珍しくありません。


看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやこれといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。


毎日、看護師として頑張っている中、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。


どこが一番楽のできる診療科か、ということを真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。


なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできる診療科としては、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。


とはいっても、病院にもよりますし、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、ハードさの度合いは違ってくるはずです。


よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。


以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、不満を転職理由にしてしまったら、相手側の心証を悪くしてしまいます。


要因として現にあったとしても真意は胸の内だけでよいので、積極的な姿勢で求職していることを言えるように準備しておきましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

総合病院から介護施設まで看護

2016年08月30日 | 日記
総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、看護師が働く現場として保育園もあるのです。


保育園を職場にするのは、子供好きの看護師には、最適な職場でしょう。


仕事の内容は、園児の体調管理と共に、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする働きがいのある仕事です。


看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは極力、放射線を浴びないようにすることです。


放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、注意するに越したことはありません。


もう一つ、薬のことも薬品に触れることは大変に多い訳ですし、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。


立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。


仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。


病院には多くの科が設置されていますが、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術や処置もまた違います。


配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。


また、多くの意見を参考にしながら多くの知識を身に付けることが出来ます。


将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、新人看護師の前向きな気持ちも湧きやすいようです。


看護師の勤務しているところといえば、病院だと思うのが一般の考えでしょう。


でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は病院の他にも色々とあります。


保健所では、保健師と連携し地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の職務です。


それと福祉施設には医師常駐のところは少なく大概の医療行為を看護師が行います。


看護師といったら、昔は女性が担うものというイメージがありました。


でも、今では一般的に「看護師」という名称が使われているように男女共に働く職業となってきました。


看護師に求められる能力を考えてみると、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。


本来女性が持っているような優しさだけでなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、看護師にとって大事なポイントになっています。

この記事をはてなブックマークに追加

実際どんなことをきっかけにして看護師になりたいと思った

2016年08月29日 | 日記
実際どんなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。


転職の場合、その理由はいい印象を与えられるものにしましょう。


前の職場の批判や陰口はナースが仕事を変えるキッカケとしては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。


たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、待遇が良くなかったといった、マイナス要素をあげてしまうと、不本意な評価をされかねません。


それがいくら事実であろうと真意は胸の内だけでよいので、未来志向であることを印象付ける志望理由を答えられるようにしておいてください。


例外もあるかもしれませんが、看護師として働いていると、もちろん辞めたくなることも往々にして起こります。


重要な仕事で失敗してしまったり患者さんとのトラブルなどもあるのです。


しかし、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいという風に思う日も多いです。


元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。


看護師の仕事といっても、配属先の科によって、看護技術やケアなど、看護の方法が違います。


配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修はひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。


今後の進路を考える事もできますから、新人看護師の意欲も上がります。


少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。


労働環境は、決して整っているとは言えず、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。


では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。

この記事をはてなブックマークに追加

スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、

2016年08月29日 | 日記
スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、一にも経験、二にも経験となります。


起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなことは、看護師という仕事柄あり得ません。


なので、実地に経験していくしかない、ということです。


そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で転職を希望する場合があります。


大学病院など、高度な医療を行なうところで看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、チャレンジ精神からきた動機です。


看護師がかぶる帽子というのは、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。


よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。


しかし、ここ最近においては徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。


特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。


貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。


グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても特に看護師は重宝されているのです。


グループホームで介護サービスを受けている方というのは、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、特別な配慮が必要となってきます。


様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師は勤務先にグループホームを選択することも視野に入れてみてください。


看護スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。


看護スタッフ募集のお知らせは、ハロワやアルバイト情報誌などには紹介されないことがたくさんあります。


看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、仕事場のカラーといったこともチェックできます。


できれば避けたい勤労条件に関するやりとりを依頼することも可能です。


看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、病院によりますが、残業代が払ってもらえないことがあるようです。


残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず労働に関する法律に、明らかに違反しています。


就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、せっかく働いたのならその時間分、働いた人に支給されるべきでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加