Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

看護師の資格を手にするには、何通りかのコースが挙げ

2017年02月28日 | 日記
看護師の資格を手にするには、何通りかのコースが挙げられます。


看護師の資格を取るためには、国家試験を受ける必要がありますがすぐに受験することは認められません。


試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護について学習するという条件があります。


産業看護師は従業員の健康が保てるように保健指導をしたり、うつ病防止のためのメンタルケアもします。


産業看護師の求人というのは一般に公開されていないので、ハローワークで見つけようとするのは難しいでしょう。


興味を持たれた方は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。


そういったサイトでは、産業看護師の求人も多数紹介されています。


将来、看護師として働くための教育を受けられる機関として広く知られているとは思いますが、看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。


学習内容にそう変わりはありませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。


そして、専門学校の利点は何でしょうか。


それは、学費が大学に比べて安いということと実習に多くの時間を割き、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。


私が看護師になった理由は中学での職業体験でのことでした。


介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた看護師さんに感動したのがきっかけです。


大人になったら、こういった職業で働いていきたいと思って看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。


大変なこともあるのですが、おおむね満足した日々を過ごしています。


24時間交代の勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。


職場が外来の看護師であれば、日勤になることもありますが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、まだ経験が浅ければ、ほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。


実際に、私の妻もまだ子供が小さかった時に看護師としてシフトに入っていたために、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって大変でした。

この記事をはてなブックマークに追加

夜勤シフトもあって、看護師の勤務時間は一定しません。

2017年02月28日 | 日記
夜勤シフトもあって、看護師の勤務時間は一定しません。


規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、なかなかハードではあります。


そして、結婚や出産といった機会に退職する看護師も多く、人手不足の一因となっています。


結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、それこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。


しかし最近になって、子育てが済んだということで再び看護師として働きだすようになる人もいて、そんな例がじりじりと増えていっているようです。


何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、職場においての有用性、必要性は高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。


病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。


なので、どこの病院でも日勤、夜勤と人員を交代させながら業務につくことになります。


夜勤業務があるので、睡眠時間をうまく調整できない場合は思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。


転職活動を行う時には、ご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、その際、注意点があります。


何に気を付けるべきかと言いますと、その履歴書で最も重要な志望の理由の書き方です。


具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、成長に繋がるといったことや、過去の経験を生かせそうだからというような、やる気に満ちたような内容がいいと思います。


新卒や既卒で看護師としての就職先が見つからず、上手くいかない場合は、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。


求人サイトなどには年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、病院が裏で採用年齢を決められていることも、珍しくないのです。


中でも、30歳以上で未経験の場合、厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。


要資格の専門職である看護師ですが、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。


きっかけが結婚や出産だったり諸事情による転職も多いですが、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。


転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。


なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、大病院で最先端の治療に接したい、というように看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。

この記事をはてなブックマークに追加

皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千

2017年02月27日 | 日記
皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。


あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。


給料は勤めている会社によって違うものですが、もちろん、看護師も同様です。


地域の診療所と総合病院とでは、やはり年収にも差が出てきます。


こうしたことを踏まえても、一口に看護師といっても、平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。


高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは拡大してきているのです。


それに、大手の会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを手がけています。


こういった場合には、社員としてその会社に入社することもあるでしょう。


給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、詳しく見てみると純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が増えているという状態です。


あなたがもしも、良い給料で看護師をしたいというのなら仕事探しの段階で、日勤だけの職場ではなくハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。


夜勤帯に働くかどうかで給料の額は違ってきます。


勤務中の看護師というのは神経を張りつめていることが多く、こうした生活が続くと自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。


つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。


自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を知り、実行しているかということも、看護師というハードな仕事を続けていくためには大事な点になるでしょう。


私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、病気になってしまって、その療養のために退職したそうです。


しかし、完治させた後は、早めに復職して昔と変わらず看護師として勤務しているのです。


多少のブランクでも、有利な資格があれば復帰も早いと思います。


やはり資格が大切なことが改めて分かりました。

この記事をはてなブックマークに追加

改めて言うまでもなく、医療関係の

2017年02月26日 | 日記
改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、二つの間には大きな違いがあります。


分かりやすい違いは、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、予防のためのアドバイス、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。


そして看護師については、医師の指導の下、医師が診療を行う際に、その補助をすることや心身ともに患者のケアするのが主な業務です。


看護師の勤務先は、確かに病院が多いですが、他にもあります。


グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても看護師の活躍が期待されています。


グループホームで介護サービスを受けている方というのは、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、十分留意したうえで関わらなければなりません。


介護関係に携わりたいという看護師の方は、グループホームに就職するという選択肢も考えてみると良いでしょう。


看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。


肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、勤務時間の問題もあります。


24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。


そういったことをわかった上で、看護師という仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに大きな満足感も得られる仕事なのです。


皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。


「看護師」と言えば特殊な仕事と認識されることが多いですが、他職種と同じように、労働者の権利を訴えるような組織がなければ状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。


ストライキを起こすことも看護師は難しいので、看護婦を雇う側が考慮することが重要だということは言うまでもありません。


自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も世の中にはいます。


能力を磨いておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。


看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分が合うと思える職場を見つけられるといいですね。


内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。

この記事をはてなブックマークに追加

日本での看護師の年収は平均すると437万円ほどで

2017年02月26日 | 日記
日本での看護師の年収は平均すると437万円ほどです。


しかし国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため年収は平均して593万円ほどになります。


公務員看護師は給料UP率も民間病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。


準看護師だと、看護師より平均年収が約70万円くらい下がります。


シフトを組んだ交代制勤務などでハードな仕事を強いられる看護師でも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。


担当の患者の状態や処置についてを理解して、その情報を交代する看護師に伝え、スムーズに看護業務を行えるようにしなくてはなりません。


簡単な伝言で済むレベルのものも多いとはいうものの、症状に対する重要な処置の方法などに関しては安易な気持ちで申し送りできないものです。


専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、違った職種に転職を考える人も少なくないです。


ですが、苦しみながら看護師資格をゲットしたのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。


全く異なる職種だとしても、有利となる職場は多くあります。


努力して得た資格なのですから、利用しないのは損です。


キャリアアップを志して転職する看護師も世の中にはいます。


看護師としての技量を高めておくことで、高収入を狙うこともできます。


職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分に適した場所を検討することは必要でしょう。


内科の外来が合うと感じる人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、進んで転職するのも良いかもしれません。


気になる看護師資格の難易度ですが、どのくらいのレベルになるのでしょうか。


受験生全体の看護師国家試験合格率は毎年90%前後のようです。


内容も学校の授業を普通に勉強していた人だったらそれほど苦労なく合格できるものですから、それほど取得が難関な資格という訳でもないようです。

この記事をはてなブックマークに追加