Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

現代は高齢化が進んで、福祉施設で

2016年12月31日 | 日記
現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は広がってきているのです。


さらに、大きな会社になると医務室等にも看護師がいて健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアをとり行っています。


このようなケースは、この会社の正社員として入社することもありうるでしょう。


休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第で一応、土日祝日を休みにするようにもできます。


病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。


何か急な事態によって呼び出されたり、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。


それから個人経営の病院で、入院施設のないところなら、そういったところは高い確率でちゃんと土日休みになっているはずです。


一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と接する場合が多いので、髪形にも注意しておきましょう。


患者からどう見えているのかを考えながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いでしょう。


勤務先によって、ルールがそれぞれ異なるケースがあると理解しておきましょう。


どういった場合に、看護師がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。


そしてまた、患者さんのご家族に笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、しみじみとやりがいを感じられます。


よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、退職したいと願ってしまうでしょう。


看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが応募理由です。


何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのは簡単ではありません。


高収入、休暇が多いといった労働条件のメリットを出すよりは、ナースとしてスキルアップしたいといった、やる気を印象付ける言い方をしたほうが合格へ近づきやすくなります。

この記事をはてなブックマークに追加

普通、注射や採血は看護師が行うものです。

2016年12月31日 | 日記
普通、注射や採血は看護師が行うものです。


普通、好んで注射をされに行くような人は少数派でしょうが、注射されるなら痛くないよう、上手に打ってくれる看護師にお願いしたいですよね。


とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、上手に刺してくれる人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。


たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。


看護師の転職で失敗しないためには、未来のことを考え迅速に行動を起こす必要があります。


それに、どのような条件を重視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。


将来の自分の姿を明確にして、その希望に合った転職先の情報を集めてください。


給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件もリストアップしておきましょう。


看護師の職業は、白衣の天使と呼ばれている通り、世間一般では印象良くとらえているという人が多いでしょう。


けれども、看護師がどのように働いているかを考慮してみると、収入としては決して少なくはありませんが、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。


肯定的側面を見るだけではなく、看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。


看護師の人間関係は、構築が難しいなどと、言われることは多いですが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。


というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。


あまり健全ではない、そんな空気の中にいてやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。


知人が看護師として働いていたのですが、病気を治療するため退職したそうです。


でも、体調が良くなったら、すぐに現場に戻り、看護師として今も病院で働いています。


多少、仕事をしていない期間があっても、資格があればそこまで苦労なく復帰できますね。


やはり資格が大切なことが改めて分かりました。

この記事をはてなブックマークに追加

「看護師」という書き方と、「看護士」という書き

2016年12月30日 | 日記
「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。


双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。


それぞれ漢字表記にすると、こうして二種の字で表せます。


過去には看護士というと男性のことで女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。


それが、2001年に法律が改正され、女性にも男性にも使うことができる「看護師」を使うことで一元化しました。


様々な病気を患い心細い患者にとっては笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。


ですが、現実には看護師の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のあるいくつもの作業や繰り返しのチェックなど相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。


そのため、うつ病を患う看護師も今では珍しくありません。


看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプや趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。


たくさんの人と出会える街コンですが街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。


女性の多い職場であるためどうにも男性に出会うことが難しく、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。


街コンの場面でも、看護師は人気があります。


とは言え、もし、恋人同士になれたとしても、仕事が規則的でないということが原因で、破局をむかえることが多いと言われています。


どうしても、看護師という職業においては喫煙者があまり居ないというイメージですが、そのイメージ通りに喫煙率は平均より少ないようですね。


医療施設で働く職業上、煙草の臭いを漂わせまいと意識している人が多い職業であるということが分かるのではないでしょうか。


看護師になろうと思っていました。


でも、家庭の都合から、企業に就職して会社員として働くことになりました。


しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。


思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働く事も出来ますが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。


すると、医療施設で看護助手として勤めながら資格も取れるそうなのです。


諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。

この記事をはてなブックマークに追加

色々とある中で、看護師という資格の一

2016年12月30日 | 日記
色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、なんといっても看護師として勤務していない時間があっても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。


なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と人が足りていないことが根拠として挙げられます。


どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は極端に言えば五十代でも復帰できます。


子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。


特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、仕事をする日が多くない仕事だったりが選べると良いですね。


育児に専念する間のみ看護師をやめるという人もいますが、育児をするにはお金がなくてはならないので、看護師の資格を有効利用できる別の職を見つけられるといいですね。


病院で病棟勤務に就いている看護師なら病院によりますが、2交代制か3交代制で夜勤をこなしていくことになります。


日勤と違って夜勤は職員が大きく減ってしまい、それなのに、夜半に容態が急変した重体患者が出たりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。


そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおおむね日勤よりも多くなるのが普通です。


給料についてですが、看護師の場合は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。


退職する時に出る手当である、退職金については、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。


一方、個人経営の病院になると、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。


つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。


将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も世間にはいます。


能力を磨いておくことで、収入アップを目指すこともできます。


看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分で自分にピッタリな職場を探すのは大事なことです。


内科の外来が適しているという人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

昔から、看護師は比較的稼ぎの良いイメージがつき

2016年12月29日 | 日記
昔から、看護師は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。


現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など大変な仕事ですが、別の業種の給料と比較してみると高収入を続けやすいことが見て取れます。


景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。


これらの高給や安定性を重視するならば人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。


医療施設で看護師として勤務している人の中には勤務する時間が不規則な上にハードな仕事内容であるということを理由に違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、「看護師資格を持っています」という事実は、意外にいろいろな職種において有益であるケースが多いのです。


考えられるのは病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。


看護師が転職を考える時に、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。


ですが、苦しみながら看護師資格を得ることができたのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。


かなり異なる職種であっても、プラスになるところは多くあります。


頑張って得ることのできた資格ですから、活かさないのはもったいありません。


病院などで看護師という仕事に就いていると、やはり辞職を考えることも少なからずあることと思います。


仕事上のミスや、心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。


ただ、やりがいがあるという風に思う日も多いです。


元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。


毎日、看護師として頑張っている中、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。


そしてつい、楽な病棟はないか、などということを考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。


他と比べるとまあまあゆったりしている病棟として知られているのは、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。


ですが、どういった病院か、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、業務のハードさについては差があります。

この記事をはてなブックマークに追加