Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

学校を卒業したばかりの新人ですとか、他の病院から

2016年04月30日 | 日記
学校を卒業したばかりの新人ですとか、他の病院から転職してきた看護師の場合、通常支払われるはずの残業代について払ってもらえないことがあるようです。


ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、新人だということは何の言い訳にもならず労基法違反であり、犯罪です。


行なった残業は、労働には違いありません。


なので、働いたらその分はちゃんと、手当として支払われなければなりません。


看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は求人が途切れるようなことはありません。


そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。


近頃ではインターネット上に転職や求人を看護師に特化したサイトがかなりの数があるのです。


なので、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりしてぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。


平均的に離職者の多い看護師という職業は、転職率も同じように高い傾向があります。


ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども増えています。


これらの転職サイトを積極的に活用すれば、もっと簡単に希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、仕事で忙しく働く看護師にはうってつけのサイトです。


それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを参考にしてみるのが良いでしょう。


高校進学の際に衛生看護科に進むと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、一番早く看護師の資格を得ることができるでしょう。


でも、在学中に進路を変更したくなっても変更するのは簡単ではありません。


また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが短い準備期間のために試験に向けた勉強や実習が不足するために試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。


看護師の資格を得るための国家試験は、1年に1回あります。


看護師の人数の不足が問題視されている日本にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を保っています。


看護師資格取得のための国家試験は大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格できる国家試験です。

この記事をはてなブックマークに追加

いつ看護スタッフが別の仕事先に動けば

2016年04月29日 | 日記
いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。


たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、より良い雇用環境に就くためにも、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。


すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで控えるのがよいでしょう。


数年前までは一般常識として、看護師イコール女性の職業でしたが、昨今は男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。


看護の際、患者を移動させたり入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、力のある男性看護師は重宝されます。


年収については、女性の場合と一緒ですが、産休や育休がないので、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。


看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊であり就職先によっても異なってきます。


体制は一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているというケースが多いでしょう。


約3割が2交代制で約7割が3交代制なので、3交代制を導入している病院が多いのです。


でも、2交代制の方が休みが増えるので2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。


産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健指導とかウツ病を防止するための精神的なケアも行います。


産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、ハローワーク等で見つけるのは無理かもしれません。


興味のある方は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。


そういったサイトでは、産業看護師の求人も多数紹介されています。


医療施設で看護師として働いていた知人は、病気を治療するため一度看護師を辞めています。


でも、病気を治したら復職して病院で看護師としての仕事を続けているのです。


数か月間、仕事から離れていても、資格を取得しておけば比較的復帰が楽になりますよね。


普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。

この記事をはてなブックマークに追加

ナースが仕事を変えるタイミングとして

2016年04月29日 | 日記
ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。


ナースの手が足りない職場はたくさんありますが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、熟慮していくのがよいです。


1日でも早く別な勤務先に行きたいといった状態でないなら、就職情報が活気付いてくるまで様子を見るのがベターです。


看護師が転職を考えるきっかけは、人間関係がうまくいかないことなのが少なくないです。


女性の多い職場ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。


一部には、パワハラやいじめが転職を考える理由という人も存在します。


厳しい環境の中で無理して働いていると、体調を崩しやすくしますから、できるだけ早く転職すべきです。


看護師という仕事が激務であることには異論の余地がありません。


特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて容態の急な変化もありえますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も仕事の一つです。


また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、少々混乱してしまいそうなくらいにゴタゴタする夜を過ごすこともあります。


働く時間を、自分である程度調整でき、やりたい仕事をかなり自由に選択可能、というのが派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。


勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、もしも看護師の仕事を探している最中ならできれば、派遣で働くということも考えて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。


治療の補助や患者の各種ケアなど、看護師の業務は多岐に渡り、看護師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。


入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。


そのため、日勤業務と夜勤業務に分けられて交代で勤務することになっています。


こういった勤務形態ですから、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力

2016年04月28日 | 日記
昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関して、最近ではこれを行っている病院は多いです。


ちゃんと個人個人の能力について測ることを目的に、指標をはじめから作っていったところもあります。


月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、年に一度だけ、という病院もあるようです。


なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、高いモチベーションを保てます。


看護師の中でも国家試験をパスした正看護師になるには、看護の専門学校や大学等を卒業することが必須です。


看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。


とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通って受験対策をする人もいるようです。


正看護師の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、看護学校が行っている通信教育課程が幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。


なんといっても、看護師という職業は他職種と比較して高いお給料をもらえます。


だから、というわけではないかもしれませんが、着飾った人が多く見受けられます。


なのですが、多忙を極める仕事です。


病院によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だと聞くことがあります。


給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最高でしょう。


昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師の必要性は増してきているのです。


さらに、大きな会社になると看護師が医務室などにもいて健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しております。


このような事例の場合は、この会社の正社員として入社することもあることでしょう。


病棟勤務の看護師は病院によりますが、2交代制か3交代制で誰もが夜勤を経験します。


日勤と違って夜勤は人手がだいぶ減ってしまい、夜中の少人数体制の中で眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。


そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おそらく日勤を超えるでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

看護師であっても転職している回数

2016年04月28日 | 日記
看護師であっても転職している回数が少なくないと良くない印象となるのかというと、絶対そうであるとは言えません。


自己PRの方法を工夫すれば、意欲が高くて経験が豊富にあるというイメージをつけることもできますね。


しかし、勤務の期間がほんの少しであると、採用後、すぐやめると思ってしまう場合もあるでしょう。


出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする看護師は結構多いようです。


ただし、そうしてうまく、出戻ってこれるのかどうかは辞めた状況により変わってきます。


よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。


こうしたケースは、実際にとても多いようです。


様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。


何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、必要とされる度合いがとても高いですし、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。


病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、看護師も病院に24時間いることになり、日勤業務と夜勤業務に分けられてシフトを組んで交代でこなしていきます。


夜勤のある仕事ではどうしても、睡眠時間をうまく調整できない場合は充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。


看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。


その時、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。


さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、どうしても転職したい、と強く思ったのです。


それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。


頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりしてこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだと理解できて、いい勉強になったと思っています。


シフトを組んだ交代制勤務などで看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、特に油断できない仕事が申し送りです。


受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、きちんと次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。


それほど重要でない情報もよくありますが、病状や処置に関する情報についてはしっかりと申し送りする必要があります。

この記事をはてなブックマークに追加