Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

産業看護師とは一般企業で働く看護

2017年09月30日 | 日記
産業看護師とは一般企業で働く看護師のことを指します。


看護師といったら病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室などを設置している企業もあってそういう場所に勤務している人もいます。


仕事の中身及び役割といったことは勤務する会社によって色々ですが、社員達の健康を維持し管理することは基本的な仕事と考えてください。


全国の看護師年収は平均して437万円ほどです。


ですが国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務であるため年収は平均すると、593万円くらいになります。


公務員看護師は給料の上昇する率も民間の病院より高く、福利厚生も充実しているのです。


準看護師の場合ですと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。


看護職の人がジョブチェンジする動機としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。


以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、負の動機であった場合、不本意な評価をされかねません。


それがいくら事実であろうと素直に明かす意味もありませんので、建設的にキャリアを積もうとしているということを述べるようにして下さい。


医師の仕事と看護師の仕事の間の、この二つの異なる点といえばなんでしょう。


明らかな違いといえば、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防指導を行ったり、そのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。


他方、看護師の場合は、医師に指示されたときに、診療時に医師の補助を行って、患者さんのケアをするということが中心です。


それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとして外せない理由の一つに年収が高いということがあります。


新卒の給料を見ても同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、高めだといえるでしょう。


そうはいっても、そうやって高いお金をもらって働くということは、その分、自分自身も精進に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。

この記事をはてなブックマークに追加

病院の統廃合続きにより、看護師の不足が浮き彫りと

2017年09月30日 | 日記
病院の統廃合続きにより、看護師の不足が浮き彫りとなっています。


夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに勤務先によっては、急患にも対応する等、看護師のほとんどがものすごい激務に追われているのです。


男性看護師の割合も増加しているのですが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、ストレスに悩まされたり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは頷けます。


常日頃、看護師とて奮闘していて、つらいこと、大変なこともあります。


そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。


他と比べるとまあまあゆったりしている診療科としては、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。


ですが、どういった病院か、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、ハードさの度合いは違ってくるはずです。


男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは多くが女性ですので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。


さらに、勤務時間が一定でないこと、ハードな仕事内容であることが原因で離婚率についても高くなっているようです。


自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。


様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意する事を忘れてはいけません。


女性のケースでは、派手な化粧はなるだけ控えておいて、印象の良いナチュラルメイクにするのが一番良いでしょう。


すっぴんとは異なり、患者に与える印象もガラッと変わると思います。


他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、平均年収という一点ではなんなく看護師が上回りました。


看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく需要が途切れることなくあります。


そのため、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの大きなメリットがあるといえます。


さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。

この記事をはてなブックマークに追加

看護師の当直というのは、16時間

2017年09月29日 | 日記
看護師の当直というのは、16時間にも及ぶ長い時間の勤務で勤務中でも仮眠をとることが可能です。


国の指針では月に8回までとされていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。


仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活ができなくなったり体調を崩しやすいのも長続きしない看護師が多い理由の一部と思われます。


毎日、看護師として頑張っている中、大変な目にあったりもします。


楽ができる病棟はどこだろう、と真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。


他と比べるとまあまあゆったりしていると考えられている病棟は、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。


ところが、専門性の高さですとか、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、仕事の内容は全く変わってきます。


看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。


病院以外の働き口も看護師には多く、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、Wワークをしようと思えばできるのです。


しかし、メインの方の職場で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。


そして、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。


修学旅行やツアーなどに連れ添って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。


結婚していて、子供がいたりする人は土日が休みになっていたり、夜勤がない職場を望んでいるものです。


病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。


ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる看護師の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。


それから、患者さんの家族の人たちに感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、大変に感動したりします。


看護師の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。


そういう訳で、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、退職したいと願い、悩んでしまうと思うのです。

この記事をはてなブックマークに追加

不安や悩みを抱えている患者か

2017年09月29日 | 日記
不安や悩みを抱えている患者から見ると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。


ですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。


多くの覚える事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため実は常に緊張状態という事もあるのです。


このような仕事のストレスで、こころの病に侵される看護師も少なくないそうです。


責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。


看護婦はハードな仕事と言われていますが、看護師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。


病院は24時間休みなく動いていますから、看護師も病院に24時間いることになり、日勤業務と夜勤業務に分けられて交代しながら働く形になります。


夜勤業務があるので、生活リズムを上手にコントロールできなければ結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。


他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、少なくとも平均年収においては明らかに看護師の方が多いです。


医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多く常に需要が高い傾向が見られますから、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という役得もあるようです。


ところが、高給を得られる職業ではありますが、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。


看護師が上手く転職するためには、未来のことを考え迅速に行動を起こす必要があります。


そして、どんな条件を重要視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。


将来の自分をはっきり想像して、その希望に合った転職先の情報を少しずつ収集してください。


給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も考慮しておきましよう。


看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえず明らかにしておきましょう。


夜間に働くのは避けたい、プライベートの時間は十分確保したい、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、リクエストには個性があります。


看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、ストレスのたまる勤務場所で限界を待つ意味はありません。

この記事をはてなブックマークに追加

ハードワークで知られる看護師です

2017年09月28日 | 日記
ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。


中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、検温や血圧測定、動けない人の介助もすべて看護師の仕事となっております。


予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、人手の少ない夜間に限って患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、時間が経つのを忘れてしまうほどてんやわんやと忙しいこともあったりします。


昔から、看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。


場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、辛いことも多いですが、収入に面に注目すれば、他の職業より安定的に待遇が良いのが見て取れます。


また、景気や経済に左右されにくいことも、看護師の安定性に一役買っています。


高給が約束された安定した業種としては看護師はメリットの多い職業だと言えます。


多くの看護師は、病気を患っている患者やその家族と関わらねばならないため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに注意しておきましょう。


看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、清潔感を第一にすることが良いでしょう。


とはいえ、職場の環境や方針次第では、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを覚えておきましょう。


看護師というものは毎日の勤務時間がばらばらであり、キツい仕事だということも原因となり、他の仕事に移る人も結構いるということですが、「看護師資格を持っています」という事実は、意外に看護師以外の職業でも役立てられることがよくあるといいます。


例を挙げると、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。


例外もあるかもしれませんが、看護師として働いていると、もちろん辞めたくなることも少なからずあることと思います。


仕事そのものの失敗のみならず心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。


ただ、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと実感することも多々あるのです。


先輩からの励ましや優しい言葉など、周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。

この記事をはてなブックマークに追加