Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

看護職の人のジョブチェンジにおいて適時として

2016年06月30日 | 日記
看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、6月、1月あたりが狙い目です。


実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、焦らず比較検討するとよいでしょう。


すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、転職情報が多くなる時まで様子を見るのがベターです。


それに、結婚する際に転職を検討する看護師もかなりの数います。


配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職する方が良い選択でしょう。


今後、子育てを頑張るつもりならば、結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職をしておくと生活に余裕ができますね。


イライラしがちだと子どもを授かりにくくなるので、要注意です。


仕事を続けながら、妊娠を継続させている看護師は大勢いますが、気を付けてほしいことは絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。


エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、慎重に行動してください。


薬品についても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。


一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。


自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。


必ず適度な休憩を取るようにします。


昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある看護師はほぼ確実に夜勤があります。


夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。


それは、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。


普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。


3交代勤務の夜勤は時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。


就職しようとしている病院が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか調べておいた方が、実際の勤務に向けた心構えが出来ると思います。


看護師が転職を考える時に、違った職種に転職を考える人も少なくないです。


けれども、努力して看護師資格をゲットしたのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。


違った職種でも、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は少なくありません。


一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、活かさないのはもったいありません。

この記事をはてなブックマークに追加

看護師の夜勤は16時間などの長い拘束

2016年06月30日 | 日記
看護師の夜勤は
16時間などの長い拘束時間となっていて仮眠を勤務時間中にとることができるのです。


月に8回までと国の指針で定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。


勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり体調を崩しやすいのも長続きしない看護師が多い理由の一部と思われます。


修学旅行やツアーなどに連れ添って、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。


既婚で子供のいる人は土日を休みにできたり、夜勤なしの職場を希望しているものです。


病院ではないところで働くには、そこに適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。


国外で医療的な支援を求めている人々に、医療の立場から支援したいという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。


海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。


当然ですが、海外では意思疎通をはかるためにも、英語を話せることが絶対条件になります。


もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、きちんと英語を学んでおくべきです。


国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、ここ数年でどんどんお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。


そうなってくると、医師と看護師もさらに多く必要とされていますが、実際には、人手不足が深刻です。


しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の良い面もあるのです。


看護師にも、子育てのために転職を考える人は多くいます。


特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、日中のみ働くことができたり、出勤する日の少なくて済む職場で働いたりすることが見つかると良いですね。


子育ての期間だけ看護師を休業するという人も多くいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を利用できる別の仕事を見つけた方がいいでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

なぜ看護師をやるのかといわれたときに、欠か

2016年06月29日 | 日記
なぜ看護師をやるのかといわれたときに、欠かせないものにお給料を多くもらえるということがあると思います。


初任給で考えても、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、収入が高めだといえるはずです。


しかし、そんなに高いお給料ももらえるのですから、その分、研鑽に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。


最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。


外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、看護師経験が浅い間は殆どの人がシフト勤務になるはずです。


実際に、私の妻も看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。


ですから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって苦労した覚えがあります。


誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。


あの帽子というのは、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。


看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。


そうはいっても、ここ最近においては少しずつ看護師の制服も変化してきており、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。


ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら悲しい気もしますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。


看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使と呼ばれている通り、世間一般では印象良くとらえているという人が多いでしょう。


ですが、実際の看護師の働き方を見てみると、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている看護師も少なくないのです。


肯定的側面を見るだけではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。


産業看護師は健康に働けるように従業員に保健指導とか鬱病防止のメンタルケアも行います。


産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、職業案内所で見つけるのは無理かもしれません。


興味がある場合は看護師転職サイトを活用してください。


転職サイトなら、産業看護師の求人も多数紹介されています。

この記事をはてなブックマークに追加

育児のために転職する看護師も少なくありません。

2016年06月29日 | 日記
育児のために転職する看護師も少なくありません。


看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、昼間のみの勤務だったり、休みの日が多い職場で働いたりすることが探せると良いと思います。


育児の大変なときのみ看護師をやめるという人も多いですが、育児をするにはお金がなくてはならないので、資格が活用できる転職先を探してみましょう。


皆さん想像がつくと思いますが、看護師は多くが女性ですので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、比較的離職率が高い職業です。


その他にも、働く時間が規則的でないこととか、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚率についても高くなっているようです。


自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。


実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。


その方法は、国公立病院や公立機関で働くという方法です。


そもそも、看護師は知識や経験を積みながら長く働ける業種で勉強する人も多いのですが、さらに公務員の待遇が付加することでさらに安定した職業になると言えます。


安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は最大のメリットだと言えるでしょう。


働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に求人が途切れるようなことはありません。


ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、その際に気を付けてさえいれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。


幸い、ネット上を少し見てみると専門的に看護師の求人などを支援するサイトもかなりの数があるのです。


なので、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。


看護師となるための国家試験は、年に1度あります。


看護師の人数の不足が問題視されているわが国にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を推移しています。


看護師の資格のための国家試験は大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定のラインを超過できれば合格可能な国家試験です。

この記事をはてなブックマークに追加

看護士を目指す理由は本当に何をき

2016年06月28日 | 日記
看護士を目指す理由は本当に何をきっかけにして看護師を志望するようになったのかをこれまでに経験したことを活かしたい以前の職場への批判などは看護師になろうと思っていました。


でも、事情があって就職を選んで会社員としてしばらく働きました。


ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。


無資格でも看護関係の仕事に就くという選択肢もあるのですが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら資格も取れるそうなのです。


諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。


修学旅行やツアーなどについて行って、イザというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。


子供のいる既婚者は土日に休むことができたり、夜勤なしの職場を望んでいます。


病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。


職場を変わられるときには看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。


注意すべきこと、それは特に履歴書の中の志望の理由の書き方です。


どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。


看護師の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。


よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。


ですが、昨今では、徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。


ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたらなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、これも世の中の傾向なのでしょうね。

この記事をはてなブックマークに追加