Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

夜勤が必須なのも辛いもの

2015年11月23日 | 日記
正職員やパート、派遣といったように、看護師の働き方も色々ではありますが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。


看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、実は看護師がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、介護施設、保育園、大きな企業内などです。


こういった所で看護師として働く人は多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。


つまり看護師であれば、病院ではなくても働ける場所は色々あり、自身の生活が変わっていくのに合わせてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。


看護師のための転職サイトの中に、お祝い金があるところが存在しています。


転職をすることで祝い金を出してもらえるなんて嬉しくなりますよね。


しかし、祝い金を受け取るための条件がないことは少ないので、事前にしっかりと確認しておくようにするのが良いでしょう。


それから、お祝い金のないところの方がその他のサービスが充実している場合もあります。


産業看護師とは一般企業に勤務する看護師です。


看護師といったら病院あるいはクリニックの印象が強いですが、医務室などを設置している企業もあってそこで仕事をしている人もいます。


具体的な仕事内容やその役目は働く会社によって異なりますが、社員の健康を守りそして管理するというのは基本的な仕事でしょう。


現在わが国では、EPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。


とは言っても、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、仮に、3年かかっても不合格だった時には、自分の国に帰らなければなりません。


勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、あわせて、国家試験対策をしなければならず、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。


激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。


それから、患者さんの家族の人たちに笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。


生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、看護師の仕事はとても大変です。


なので、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、看護師を辞めることを考えてしまうはずです。


現在、私は病院事務として働いています。


看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですがどの方もいつもせわしなく働かれています。


夜勤でも働いている方は、家庭、特に育児もこなすことは並大抵のことではないだろうなと感じます。


しかし、案外、上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、自分の子供と一緒に参加している看護師さんが結構たくさんいたんですよ。


参加されていた先生方からも歓迎されていてアットホームな雰囲気でした。


看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般企業においては課長の役職相応でしょう。


課長職につく人物の収入が中小企業と大企業では全く違うのと同様に、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。


そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。


例えば、公立病院の場合、大体750万円くらいになると見られています。


医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。


日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。


そしてまた、外来勤務では嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。


勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと待合室に患者があふれるようなことにもなって、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。


外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。


看護師にも、子育てのために転職を考える人は多くいます。


看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、外が明るい時間帯のみの勤務ができたり、休みの日が多い職場で働いたりすることが探せると良いと思います。


育児に専念する間のみ看護師をやめるという人もかなりいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探してみましょう。


一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。


ただ、それ程スムーズに、出戻りがしやすいかどうかというのはどんな辞め方をしたかによって決まりそうです。


結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。


こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。


それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして出戻ってきて、働く人も増加中です。


何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、職場においての有用性、必要性は高く、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。


病院は24時間休みなく動いていますから、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。


なので、日勤業務と夜勤業務に分けられて交代しながら働く形になります。


こうした交代制の勤務では、上手に生活のメリハリをつけないと思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。


看護師さんとお医者さん。


この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。


分かりやすい違いは、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、予防指導を行ったり、薬を処方することが仕事とされています。


そして看護師については、医師の指導に則って、診療時に医師の補助を行って、患者の看護を行います。


多忙な業務に追われる看護専門職が違う職場を探す手立てとして、今はネットサービスを役立てるのがメジャーとされるようになってきています。


ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、支払いは発生しませんし、見たい時に、見たい場所で最新オファーを確認することができるのです。


華麗なる転身のためには、多くの情報を比較することがポイントになりますから、ジョブチェンジが頭をよぎったらとりあえずサインアップしてみましょう。


新卒で勤め始めた新人看護師や、転職によって新しく働きだした看護師に、残業したことによって支払われるべき給金がきちんともらえないケースがあります。


残業代の未払いは、新人だということは何の言い訳にもならず労働に関する法律に、明らかに違反しています。


勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、労働した時間分はきっちり、手当として支払われなければなりません。


仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場における対人関係や不規則な勤務形態です。


看護師の中には女性が多く、複雑な人間関係がつくられているところも実は多いのです。


他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。


辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職してもっと環境の良い職場で働くのもアリだと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

二交代制や三交代制の勤務を続けていくと・・・

2015年11月22日 | 日記
同じ病院に長く勤務していると出世していきます。


例えば、婦長という階級は一般的にも分かりやすい役職だと思います。


しかし、他にも役職があるのです。


いまは、学生やパートの看護師が珍しくありませんので、正看護師も役職的には上の立場に立っているという訳です。


一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。


看護師の仕事を選択する、外せない理由の一つに「給料が高い」ということがあります。


新卒の給料を見てもほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも多くもらえていることがわかると思います。


しかし、そんなに高いお給料ももらえるのですから、自分の腕を磨いて、患者さんに貢献していかなければなりません。


看護師が上手く転職するためには、将来の自分のことを想像して迅速に行動することが大切です。


また、どんな点を重視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。


未来の自分の姿を明確に思い描いて、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めてください。


年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も考慮しておきましよう。


たくさんの人と出会える街コンですがこれに参加を申し込む看護師は多数います。


職場では女性が多数で、男性との出会いというものが少なくて、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。


街コンの場面でも、看護師は人気があります。


ただし、もし、恋人同士になれたとしても、仕事が規則的でないということが原因で、駄目になってしまうこともあるようです。


看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。


事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、実地に経験していくしかない、ということです。


人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として転職を考え始める人もいるようです。


救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで腕を磨きたいという気持ちからくる、とてもアグレッシブな転職になります。


看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊である上に職場によっても違ってきます。


一般に、勤務が2交代あるいは、3交代のシフト制になっていることが多いです。


2交代制が3割そして3交代制が7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。


ですが、2交代制の方が休みが取れるため2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。


皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。


料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。


そうはいっても、近年では看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。


過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは悲しい気もしますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。


看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。


特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、外が明るい時間帯のみの勤務ができたり、働く日の少ない仕事だったりが良いでしょう。


子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もかなりいますが、育児にはお金が必要ですから、看護師の資格を無駄にしない転職先を見つけられるといいですね。


正職員やパート、派遣といったように、看護師の働き方も色々ではありますが、そのほとんどはやはり、病院で勤務しています。


看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、実は看護師がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、介護施設、保育園、大きな企業内などです。


こういった所で看護師として働く人は増えていて、競争率の高いところもあるようです。


どうしても病院でなければ働けない、ということは全くなく看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。


結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。


看護師として外科で働く際の良い部分と、悪い部分について知っておきましょう。


手術を目前に控えているような患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、スキルアップに繋がります。


考えられる短所はといえば、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、長い間落ち着いて患者の看護を実践するのが難しいことです。


あまり一般的ではないかもしれませんが、看護師が働ける職場として保育園もあるのです。


実際に保育園で働くとなると、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、最適な職場でしょう。


ちなみに、どういった仕事かというと医療従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする必要不可欠な仕事なのです。


どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつにエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。


この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、働いている他の人にわかってもらう目的で使用している現場は多いようです。


ちなみにエッセンとは何かといいますと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。


昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、そんな習慣が業界用語として残っているのです。


ともあれ今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。


時に人命に関わることもある看護師という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。


しかしながら、その一方で困難もまた様々なのです。


なかなかきつい仕事であることは確かですし、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。


大変だと知りつつ、看護師という職業を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、難点を補って余りある大きな満足感も得られる仕事なのです。


入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。


ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。


または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。


また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。


大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。


看護師の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、辛いと感じることも多いでしょう。


二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、たいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そのうちに体調を崩すこともあるのです。


ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと当然のように疲れを蓄積していき、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと思い巡らすようなことになるのです。

この記事をはてなブックマークに追加

福祉施設でも看護師のニーズは増してきているのです

2015年11月21日 | 日記
交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、申し送りというものが必要になります。


担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を勤務終わりの人が勤務始めの人に報告説明する決まりです患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話す努力が必要です。


業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も当たり前のように期待されます。


日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、日本の医療を提供できたらと考えている看護師の方も多いのではないでしょうか。


実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。


当然ですが、海外では患者との円滑なコミュニケーションのために英語が必要になります。


本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、英語を身に付ける事を優先しましょう。


「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。


それぞれ漢字表記にすると、どちらかで書き表されます。


過去には「看護士」が男性、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。


それが、2001年に法律が改正され、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な看護師の表記にまとめられることになったわけです。


私の勤め先は病院の事務です。


通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、常にみなさん忙しく働かれています。


特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。


しかし、案外、柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。


看護師さんの中で、子連れで来ている方が少なくないんですよね。


先生達も、歓迎している様子でしたし、和やかで楽しい会となりました。


誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。


あの帽子というのは、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。


よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。


しかしながら、近年では少しずつ看護師の制服も変化してきており、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。


単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうこともなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、これも世の中の傾向なのでしょうね。


給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、実は夜勤手当があることによって給与が高くなるといえるでしょう。


仮に「いいお給料で看護師をしたい」というのならば日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。


夜勤帯に働くかどうかで給料の額は違ってきます。


人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。


というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くて何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。


慣れていないと、そんな環境にやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、とわかっておけば、冷静でいられるでしょう。


将来、看護師として働くための教育を受けられる機関として主に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。


カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。


その一方で、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習をすることに重きを置いているのですぐに戦力として使える人材になれることだと思います。


看護師のためだけにある転職サイトの中には、祝い金を出してくれるサイトがあります。


転職をしてお金を受け取ることができるのはラッキーですよね。


しかし、祝い金を受け取るための条件が大抵はあるため、事前にしっかりと確認しておくようにした方が吉です。


また、祝い金を出してくれないところの方がその他のサポートが良いこともあります。


職場において、仕事のできる看護師を目指すには、答えは簡単です。


経験を積む、これだけです。


起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなシンプルな仕事でもないため、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。


向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を希望する場合があります。


最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院で働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、意義のある職場変更と言えるでしょう。


キャリアアップを目指して転職を考える看護師も世の中にはいます。


看護師の能力を向上させることで、収入を増やすことも目指せるでしょう。


看護師のやらなければならない仕事は職場次第なため、自分に合う職場を探すのは大事なことです。


内科の外来が適しているという人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。


皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。


「看護師」と言えば特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、とはいえ、労働組合がないと状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。


看護師というものはストライキをすることも難しく、雇用する側の人達がきちんとした配慮を行うことが最も大切です。


他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職員の方が別な仕事場を検討するとして、苦心するのが志望の理由付けです。


どういう訳でその勤務場を選んだのかを肯定的な雰囲気で表明するのは簡単ではありません。


高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが勤務条件の利点を並べるのに比較して、看護職の能力をさらに深めたい等、やりがいを求めているような応募理由のほうが通過しやすいようです。


やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。


でも、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。


挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。


そして、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、その上に、医療現場という緊張感もまた並大抵ではなく、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。


大変だと知りつつ、看護師という職業を希望し、勉強に励む人が多い訳は、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいにメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。


昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは増してきているのです。


また、大手の会社になると看護師は医務室にもいて健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを行っております。


このようなケースは、社員としてその会社に入社することもありえるでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

看護師に必要な力

2015年11月18日 | 日記
新卒で勤め始めた新人看護師や、他の病院から転職してきた看護師の場合、残業したことによって支払われるべき給金が払ってもらえないことがあるようです。


残業代の未払いは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働に関する法律に、明らかに違反しています。


勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、働いたらその分はちゃんと、対価をもらう権利があります。


看護専門職が職場を移る根拠としては、キャリア開発としておくのが賢明です。


過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、否定的な事由だったりすると、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。


この場合は、仕事を変えたい本当の訳を真意は胸の内だけでよいので、ポジティブな印象を与える応募動機を言えるように準備しておきましょう。


止まらない少子高齢化の影響。


病院などの医療の現場で働く人々がより多く輩出されなければならなくなるでしょう。


したがって、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。


毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、いまだに看護師不足が叫ばれているのは変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも一つの理由といえるでしょう。


妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事として極力、放射線を浴びないようにすることです。


エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、注意するに越したことはありません。


同様に、薬にも身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。


立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。


自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。


必ず適度な休憩を取るようにします。


看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、大半の人は賞与が出てから退職するため、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。


たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。


緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで静観することを推奨します。


看護師となるための国家試験は、年に1度開催されます。


看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには喜ばしいことに、直近数年における看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を示し続けています。


看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができればパスできる試験です。


卒業後、看護師の受験資格を取得できる機関には医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。


大学の特徴を挙げると、最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。


対する専門学校については、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。


さらに学費に関していえば専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。


国外で医療的な支援を求めている人々に、看護師として役に立ちたいと考えている看護師の方もいると思います。


現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、看護師は常に求められているのです。


海外で看護師になる場合、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。


海外で看護師として活躍したいのであれば、きちんと英語を学んでおくべきです。


キャリアアップを目指して転職を考える看護師も存在します。


スキルを高めることで、収入を増やすこともできるでしょう。


看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分に合う職場を探すことも大切でしょう。


内科の外来が適しているという人もいれば、特養が適している人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。


看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、年間を通した平均収入の額ですと看護師の方が上なのだそうです。


看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく需要が途切れることなくあります。


そのため、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような役得もあるようです。


ただ、良い面ばかりではありません。


高給取りなのは間違いありませんが、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。


勤務中の看護師というのはなかなかリラックスできる暇などなく、そうしたことにより常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。


ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、メンタル面にもつらい部分があると言えます。


そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を知っているかどうかということは、看護師というハードな仕事を続けていくためには見逃すことのできない点になるでしょう。


看護師は良い給料をもらってはいますが、よく見てみると、夜勤の分の手当てによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。


ですから良い給料で看護師をしたいというのなら日勤しかない職場に勤務するよりもハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。


夜勤の有無によって給料の額は違ってきます。


主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般的には課長の役職に近いと言えます。


課長職といっても年収も勤める企業の規模で全く違ってくるように、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。


そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。


ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、大体750万円くらいになるとみられます。


働く時間を、自分である程度調整でき、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを多くの中から選べるのが看護師という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。


単発の仕事あり、短期のものもあり、長期で働ける方歓迎、というものもあって派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。


ですから、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて仕事を探すと、選択肢がとても増えます。


外科勤務の看護師の、考えられる良い側面と良くない側面を説明しましょう。


手術を受ける前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、看護師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。


考えられる短所はといえば、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期に渡って落ち着いて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。

この記事をはてなブックマークに追加

一度は辞めた職場にもう一度戻って働く

2015年11月12日 | 日記
全国において、看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。


けれども国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので年収は平均593万円ほどになるのです。


公務員看護師は給料が上がる率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。


準看護師だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。


夜勤を含めた交代勤務が必須など大変な仕事を抱える看護師ですが、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。


入院中の患者さんについての状態を全て理解して、責任を持って次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。


それほど重要でない情報も少なくないですが、病状や処置に関する情報についてはしっかりと申し送りする必要があります。


何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、必要とされる度合いがとても高いですし、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。


入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。


なので、日勤業務と夜勤業務に分けられて交代しながら働く形になります。


他の交代制のお仕事と同様、多少強引にでも時間の調整をしなければ思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。


往々にして大変だと思われる看護師ですが、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。


二交代制の病院勤務の一例を挙げると、合間で休憩はあるのですが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。


こういった長時間労働の現実も世間的に、看護師として働くことがハードだと思われやすい理由になっていると思います。


離職率が高い職業として看護師が有名ですが、結果的に転職率が高いと言えます。


ですから、転職サイトによっては看護師のみに対象を絞ったものが存在しているのです。


こうした看護師専用の転職サイトであれば、手間なく希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。


たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを合わせて活用すると、さらに便利だと思います。


24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。


どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。


なので、育児と仕事の両立を図りつつ、それ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。


子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。


なお他業種同様、8時間勤務が基本です。


全国的に看護師が不足している現状は大きな問題です。


代表的な要因として看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。


看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため仕事量が増加し勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。


交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、看護師の職を離れる人も珍しくないのです。


世間から見ると、看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。


もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなどハードな職業ですが、給料で見れば平均的に高水準を維持できることが分かっています。


景気に左右されないのも強みでしょう。


こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。


看護師として外科で働く際の良い部分と、悪い部分について理解しておきましょう。


まず第一に、術前の患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、看護師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。


マイナス面としては、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、長期に渡って落ち着いて患者のケアを行えないことが挙げられます。


看護師になるための手段として、大学と専門学校という二つがあります。


大学の特色は何かというと最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。


それに対して専門学校は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。


さらに学費に関していえば専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。


朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。


もちろん休みはとることができますが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースがかなり多い、というのが問題となっています。


例えば出産して、小さな子供を抱える身になったら24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合はそもそも夜勤などはできないものです。


ですが、近頃は子供に手がかからなくなったためもう一度看護師として働くことを希望する人も増えてきており、大きな戦力となっています。


高校入学時に衛生看護科に進むと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最も早く看護師として働けるようになるでしょう。


ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは簡単ではありません。


また、最低5年で試験を受けられますが短い準備期間のために勉強したり実習をこなす量が少なくて簡単には試験に合格できないという面もあるようです。


病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、勤労条件についての要望を始めにはっきりさせておきましょう。


日中だけの勤務がよい、充分な休みが欲しい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、リクエストには個性があります。


ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、負担になる労働環境で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。


ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。


特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいてこの人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。


それから、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも看護師の仕事です。


いきなり緊急手術が行われたり、スタッフの数が少ない夜間にナースコールに何度も応答することになったり等々、めまぐるしく立ち働くことになります。


一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。


そんな風に、戻ってこられるかどうかは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。


多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。


こういった事例は増加しています。


子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。

この記事をはてなブックマークに追加