気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

修二会本行前の二月堂には籠松明の青竹が

2018-02-23 12:15:20 | 散策
今日2月23日は風呂敷の日だそうで「つ(2)つ(2)み(3)」
「包み」の語呂合せ。
国会でも包み隠さずお役人さんたちは話してほしいものです。

先日訪れた東大寺の話の続きになります。
東大寺の南大門から大仏殿にかけ、春節に合わせた外国からの
観光客の方々、日本からは修学旅行生の喧騒で大変。
  
でも一歩入った北側の大仏殿裏、礎石だけの講堂跡はひっそりと
しており、二人連れの中国の方?も写真を撮りながらのんびりと
このような光景を眺めながらふと視線を上げると大仏殿の鴟尾が

この二月堂裏参道は本当に人が少なく、白梅の香りも漂い、

寶珠院さんから青竹がニョキッと伸びています。
修二会の本行にお使いになるのでしょうか?
今年も南座衆之二としてご住職・佐保山曉祥も連行衆に

でも門には連行衆の印がまだ飾られておりません。

中性院さんの前から土塀と近づく二月堂と良弁杉を眺めながら
歩みますと、気分は上々ですね。
東側 西側
根付の青竹が目に飛び込んできました。
竹一本一本に墨で文字が書かれており、連行衆の先導役になる
籠松明に加工される根付きの真竹で、大きなものは周囲が20㎝
重さ100㎏h程にもなります。この真竹は京都・滋賀・奈良の
各地から奉納され、竹送りとして人力でも運ばれてきます。
 
もうすでに二月堂の廻りは竹垣が設置されており、籠松明の
上がる回廊の廻りにも延々と。修二会が待ち遠しいですね。

その回廊脇に、蠟梅でしょうか?満開でした。

石の回廊を上ると、手水前にベールを被られたイスラム教の
方々が珍しそうに写真を撮られておりました。さあ二月堂
何人も見られない秘仏の御本尊、大小二体の十一面観音像様
心の中で想像しながらご挨拶を済ませます。振り向くと
西方向には良弁杉と奈良市内そして生駒方面が眺められます。
 
本当にこの時間にお参りの方々は、外国からの方が殆ど。

あの「のりこぼし椿」が咲いていないか四月堂(三昧堂)横から
開山堂内を覗いてみることに。         (続く)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試別火中の戒壇院別火坊へ

2018-02-22 18:24:55 | 散策
今日2月22日は猫の日、鳴き声の「にゃん」が日本語の「2」
×3の語呂合わせ、海外はUSAで10月29日、ロシアでは3月1日
ヨーロッパの多くの国々でのWorld Cat Dayは2月17日に、
世界の動物愛護団体が制定したInternational Cat Dayは
8月8日と様々で、愛猫家は右往左往ですね。

右往左往といえば、ある証明書を市役所で発行してもらうのに
昔のことで、窓口を3つも移動させられたこと。
その後、数日前にパソコンで作成した確定申告書を税務署まで
提出するだけなのに、列に並び10分以上も待たされたこと。
でもこれで国民の義務の一つ納税、いえいえただでさえ少ない
年金等から引かれ過ぎた所得税の還付に。
僅かですが孫の服の足しにでもしましょう。

ここまで来たので、少し足を延ばし20日から始まったお水取り
「試別火」が行われている戒壇院別火坊へと、吉城圓前を通り

写真家・入江泰吉旧宅前から戒壇院への石段を望むと

門への登り口に「大界外相」と刻まれた石が
この石は、勧進所との境などにもあります。
 
さらに門の前に「大界内相」、
門の屋根には鬼瓦と唐獅子の飾り瓦
  
そして本堂の屋根にも龍の飾り瓦で守られております。
 

門を入り、戒壇堂そばに「戒壇外相

これは「戒壇石」という「結界石」の一つで、お寺や清浄な
場所の境界に立ち、「ここからは聖域ですよ」と伝えるもの

戒壇院は東大寺HPによると”754年(天平勝宝6)、聖武上皇は
 光明皇太后らとともに唐から渡来した鑑真(がんじん)から
 戒を授かり、翌年日本初の正式な授戒の場として建立された”

そして戒壇堂の左側へ廻り込むと、別火坊がありますが、
しーんとして物音ひとつ聞こえず・・・
 
修二会の本行前の場として戒壇院は最適なのですね。

そしてすぐ近くには、こんな歌碑が
大佛を要と月の東大寺
  
そして紅梅が咲きだしておりました。
  
そして二月堂裏参道には、梅ならぬ降る雪からの万葉歌碑が
わが背子(せこ)と ふたり見ませば 幾許(いくばく)か
             この降る雪の うれしからまし


光明皇后が雪を見ながら亡き聖武天皇を想って詠まれた歌に。

戒壇堂の仏様も見応えがあるのですが、大仏殿の鴟尾を見ながら
二月堂へと向います。(続く)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入子点と盆点、そして逆勝手の花月を教わりました。

2018-02-21 19:33:58 | お稽古
昨日の昼過ぎからボランティアでの茶道サークル如月のお稽古、
しつらえは自宅の大炉の稽古場と同じ「草自生」土筆・スギナと

早蕨が描かれて「春来草自生」を、
花は西王母椿と満天星躑躅の花芽を活け、試別火に入られた
東大寺二月堂のお水取りに合わせ「糊こぼし」も飾りつけ、
 
お出での方は少なかったのですが、お一人づつお点前をして
頂き、ことのほか喜こばれたのですが・・・
良い天気で外気温は13℃まで上がり3月中旬の陽気、
瞬時ぼっとしてしまうほどに。
でも皆様の真剣な様子に、こちらも気を引き締め最後まで。
菓子はこの季節の「下萌え」等で


ところが今朝は一転して曇り空で陽射しがなく、寒いなか奈良
市内までお稽古に伺いますと、玄関先に奈良・樫屋さんの車が
停まっており、どんな主菓子が頂けるのか、楽しみになります。
その後直ぐに先生が椿を片手に持たれてお出でになり、準備が
済みますと、午前中のお稽古が始まりました。
大炉は先週済ませており、入子点に。新版茶道大辞典では、
”点茶法の一種。裏千家では小習十六ヶ条の一課目となっている
 が、流儀によっては仕込点・仕組点・組合点とも呼ぶ。
 木地曲の建水の中へ茶碗を仕組んで運び出すところからいう。
 棚物を必要とし、他の諸道具は荘り付けておく。”と
運びをするのに困難な人や、道具の持ち出しに危なげな人などが
客に気遣い等をさせないために行う点前になります。
本当に立ったり座ったりすることが一回だけで、御歳を召した方
にもお奨めで、取り入れたく思っていたところでした。

続いて盆点(ぼんだて)の客をさせて頂きました。
『盆点』とは”唐物茶入、拝領物を盆にのせて扱う点前をいう。
 三千家の相伝課目の一つ。
 武者小路千家では「ぼんてん」と呼ばれている。”と(同上)

なお楽しみな主菓子は、樫屋さんの「引千切( ひっちぎり)」に。
樫舎のHPより
これを見られた大先生から”少し早いのでは”とお言葉が
桃の節句は、三月三日ですからでしょうか。

お昼休憩前、先生から”午後は逆勝手の花月をしましょう”と
聞くと、私の好奇心が昼からの予定の記憶を消し去りました。 
”大炉での稽古がまだですので、午後三時から来て下さい”と
メールを入れていたのに・・・。

三時過ぎ相方からの電話で、大急ぎで帰りつくと、
炭を熾し・・・大慌てで準備に。でもお稽古は落ち着いて、
大炉の薄茶点前をしていただけました。
今は一息ついてフッーと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玄関に「糊こぼし」と「飾り雛」を

2018-02-20 12:30:30 | しつらえ
今朝の奈良、最低気温も氷点下にならず良いお天気で、気温も
11℃まで上がるそうで、昼からボランティアでの茶道サークル
如月のお稽古もありますので、嬉しいことです。

今日二十日から東大寺修二会(お水取り)の試別火が戒壇院別火坊
にて始まりました。
先週の土曜日から玄関に飾った赤膚焼の飾り雛のそばにも
 
 ⇓    ⇓    ⇓
私が造った「糊こぼし」を飾りつけました。
  
飾り雛脇に控えし糊こぼし
            愚句

本物の造花の「糊こぼし」は二月堂の御本尊の十一面観音に
捧げられますが、今日から始まる試別火で連行衆にて作られ
ることになります。
この糊こぼし、赤色は紅花から月ヶ瀬のウバイを使い、
黄色は支子の実で染められており、白色を含む賛色の楮和紙は
染色家・吉岡幸雄さんの工房が提供されております。

さあ、茶道サークルの稽古に行ってまいります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校生の茶道への認知度は

2018-02-19 19:02:26 | 日記
今朝も-1.3℃と氷点下の朝、雲を通して陽射しもありますが
弱く、ピークを過ぎた寒さとはいえ、春が待ち遠しいもの。

奈良の春は東大寺のお水取り・修二会が終わらないと来ないと
されておりますが、行事としてはすでに始まっております。
昨日18日は二月堂での「油はかり」、修二会本行中3月1日から
15日朝まで使用される灯明油(菜種油)の納入に、堂司・
森本公穣(清凉院住職)さんが立ち会われ、そして明日20日から
戒壇院別火坊にて試別火、惣別火と二月堂での本行になります。
今年の厳しい寒さが気になりますが・・・。

さてこの土日、二日続けての自宅稽古、お雛様に見守られながら
の稽古は「大炉」、床の花は、西王母椿に満天星躑躅の花芽を
 
菓子は土曜日は「下萌え」を

一人の高校生は昼まで授業があり、下校途中に寄ってくれました
習い始め、痛くならない正座の仕方を教えた所、学校でみんなに
やり方を教授したことなど、色々と話しているらしいのですが、
この土曜日の話、学校で急いで帰ろうとすると、同級生から
”どこ行くの”、「これからお茶習いにいくの」と言うと、
”お茶飲むだけやのに、面白いの”と返ってきたのだそうです。
茶道って敷居が高いのか、知らな過ぎるのか?、
これからの若い人たちへの啓蒙にもなりますから、気を引き締め
間違ったことを伝えないようにしなければなりませんね。

始めての大炉、逆勝手で少し戸惑いも見られましたが、
こちらの注意点を一言一言聞き洩らさないように・・・、
稽古終わりに、「大炉での後炭手前」の準備をと、

炉中の灰仕切りの雪輪瓦の向こうに、輪胴、丸毬打、割毬打、
丸管炭、割管炭、枝炭三本を組むようすを、興味津々な顔で
見つめておりました。
後炭手前が出来られるようになるのは何時になるのでしょう。

でも来年度から入試のためお稽古がお休みに・・・あと何回?
足りない時間ですが、お茶の深さを味わってくださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加