気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

「建国1100年高麗・金属工芸の輝きと信仰」展

2018-10-19 20:46:57 | 大和文華館
先日訪れた大和文華館、台風21号で苑内の木々も大きな被害で
先月の散策路は通行止めもあったが、今は表面的には元通りに。


館では10月6日から11月11日まで1100年前に朝鮮半島に誕生した
高麗ー金属工芸の輝きと信仰』特別展が開催中。


高麗は918年~1392年と長く、隣国中国の政情に影響を受けるが
文化・美術に成熟した時代で仏画、金属工芸、螺鈿や青磁に仏教
文物が制作され、国の安泰や個人の信仰なども願っていました。
展示総数92件、2件の重要文化財と1件の重要美術品を含み、
展示は4章から成り、教えて頂いたのは、瀧朝子先生です。

いつもの如く、展示室内に入ると、正面には三つの展示箱が・・・
左側:16如来鏡像と17水月観音・宝塔鏡像、
   心の目で見ると浮かび上がって来ます。
中央:59『鉄地金銀象嵌鏡架』愛知県美術館(木村定三コレクション)
   黒いのは鉄で錆が出て二年かけて保存修理、日本では唯一、
   鏡を掛けるハスの蕾で花の中心が金、白っぽいのは銀、
   黄色味を帯びるのは同時に金メッキが  
鉄地金銀象嵌鏡架

右側:33銅製銀象嵌柳水禽文浄瓶 漆黒の銅肌色で、線で銀象嵌
   柳の下の水で鴛鴦(おしどり)が遊ぶ
 銅製銀象嵌柳水禽文浄瓶

Ⅰ.花開く高麗の文化
2.大方広仏華厳経巻第四 高麗後期 徳川美術館

3.大方広仏華厳経 巻第三十五・六 高麗後期
   紺地に金泥の上に、朱や群青の彩色が 前田家伝来 
大方広仏華厳経巻第三十五

 大方広仏華厳経巻第三十五と冶金を   

8.螺鈿菊唐草文小箱:丸みを帯びた形、菊唐草文に続く線は
    銅線が用いられ、牡丹唐草文や鋸歯状文も。
    化粧箱として作られたが、伝来した日本では茶箱に。
螺鈿菊唐草文小箱

Ⅱ.信仰の美ー舎利容器の系譜
9.金銅飛天形飾金具、鳳凰に乗る人物が鳳凰の尾は鉄芯が
金銅飛天形飾金具

10.金銅舎利容器 4点 統一新羅時代 東京国立博物館 重要美術品
12..銀製層塔形舎利容器
銀製層塔形舎利容器

13.金銅八角舎利容器 「至治三年」銘 高麗美術館

Ⅲ.信仰の美ー高麗の荘厳具・梵鐘
18.銀製鍍金観音菩薩・毘沙門天像小仏龕:東京国立博物館
   個人の願いを


28.羅漢図 高麗・「乙未」1235年 
   1231年元が高麗に侵略、国家太平を願い五百羅漢像を発願
   その残服で、両手を結び険しい顔を。衣に朱や白、淡緑を
羅漢図

29.銅製銀象嵌梵字宝相華唐草文香炉:根津美術館

30.銅製銀象嵌梵字唐草文香炉:長谷寺


31.水月観音図:補陀落山で右下に水面井浮かぶ蓮弁で善財童子が
    うねる波は水墨で、静けさと厳しさも
水月観音図

39.梵鐘 「峻豊四年」銘 963年 広島・照蓮寺 重要文化財
   北宋の年号で、やや雑なつくりだが、飛天はふくよか
40.梵鐘 「太平十二年」銘 1032年滋賀・園城寺 重要文化財
   契丹の年号で、飛天は細見で、パルメット


41.42.梵鐘は金の年号

43.阿弥陀八大菩薩図 高麗後期:やや硬い表現で高麗仏画の佳作



Ⅳ.装いの美ー装身具・鏡・飲食器
45.金製垂飾 八対 三国(新羅):亀甲文
一部


50~54.金製蓮に、亀文、梅文、鳥文、菊文など
亀 梅  

57.銀製鍍金針筒

60.高麗唐草文鏡 京都国立博物館 :小さくて薄い
高麗唐草文鏡

80.龍樹殿閣文鏡 :兎とヒキガエルが
82.波涛船舶文八稜鏡
波涛船舶文八稜鏡

鏡だけで28点もそろっており、見事としか。
でも館内は本当に空いていました。
コメント

『日々是好日』映画鑑賞行ってきました

2018-10-17 12:25:32 | 日記
平日朝一番の上映に行ってきた『日々是好日』。
日々是好日HPより
いつとはなしに茶道に魅せられ、はまって行く女性のお話ですが
最初のシ-ンはフェデリコ・フェリーニ監督作品『道』と言う映画を家族で行き、
不満いっぱいの主人公の女の子は「デイズニ―の方がよかったのに・・・」
10年後大学生になった時、同じ映画を観て心から胸を打たれる
子供の時は、同じ映画を観ていても暗い、可哀そうと思うだけで・・・

日々是好日HPより

茶道も一緒ですね、始めた時は、
『お饅頭が好き』『着物が着たい』『お行儀作法』『物々しい感じがいい』とか・・・
それでも年を経ていくと、その年、その年で変わって行く茶道を感じます
いいものは、自分の成長と共に、心に訴える奥域があるのですかね
そんな事を思いながら・・・
その中で先日、壮絶に生を全うした樹木希林さんが
日々是好日HPより

お茶の先生(武田のおばさん)で出演されており
自然体で肩に力が入っていない演技に感動いたしました。

頑張るとついつい肩に
お茶のお点前をしていてもついつい肩に力が入りますね。
どんな時でもどんなお点前でも自然体で取り組めたらいいですね。
これは、『和敬静寂』の寂?
コメント

中置大板で初炭のお稽古を

2018-10-16 12:20:49 | お稽古
寒露に入り、この秋始めて火が恋しくなる日、着物を着ても汗知らず
嬉しいような、何故か もの悲しいような・・・

中置で初炭のお稽古を、香合は『砧』  
 
炭斗、灰器の準備は風炉の初炭とかわりませんが
畳の中央に風炉がくるので
客側に釜を下ろす場所がありません
それで勝手側に釜を下ろしますので
自動的に釜敷を懐中する時はわさが奥になります
(懐に入れる紙釜敷のわさは常に釜を下ろす方に)
又、手狭なので鐶、火箸は使い取りです。
と言う事は、釜の前に座ったら
『羽、香合、釜の蓋、鐶かけ、釜敷、前に出る』
 
風炉の初炭は、中置になるとちょっと変わるので
やはり10月に一度はしたい手前ですね。

コメント

寒露菊花開日に秋明菊を

2018-10-14 19:27:23 | お稽古
昨日は、孫の小学校の運動会
朝起きたら『寒!』でも気持ちよく晴れて運動会日より 
お稲荷さんに海苔巻き巻いて・・・
しっかり防寒して出かけたのに
カンカン照りの一日でもっと日焼け対策していけばよかった
と後悔・・・でも子供達の成長が嬉しい運動会でした。

今日のお稽古は、庭に花がない
木槿、萩は終わり、ホトトギスは咲き誇っていますが、菊は未だ
どうしましょうと思っていましたら、鉢の秋明菊が咲いていました
紫式部の実とさんしゅゆの実と水引と一緒になんとか形になりました。
   お菓子は、栗きんとん
 末富さんの行雲流水と高山武藤杏花園の麦落雁
さあ名残の月のお稽古は一か月だけの『中置』です。
コメント

18’長月中旬から今日までの玄関のしつらえ

2018-10-08 19:26:09 | しつらえ
今日から二十四節気の第17「寒露」、晩夏から初秋にかけて
野草に宿る冷たい露のことでなのですが、朝から良いお天気、
祝日の「体育の日」を迎えました。

でも朝から薬師寺で天武忌のご奉仕に伺っておりました。

帰ってTVから今春訪れた「名古屋ボストン美術館」が今日8日で
閉館となるため、朝から大勢の方々が訪れられている映像が。
場所的には良いのに、残念なこと。

長月中旬からの玄関のしつらえも、今日までになりました。
この春に名古屋の美術館巡りをしたことが思いだされます。
10/6  
       平安時代12世紀 徳川美術館

色紙は徳川美術館で求めており、
源氏物語絵巻四十三の内「宿木三絵」部分になります。

秋の夕暮れ、久方ぶりに身重の中君のもとを訪れた匂君は、
中君の心を粉らわせようと端近に座し琵琶を弾き聞かせます。
『秋果つる野辺の毛色も篠薄 ほのめく風はつけてこそみれ』
            続きがあり『わが身一つの』
訳「秋の終わりは 野辺の景色の篠薄に吹く 仄かな風によって
        知られます。自分一人の秋ではありませんが」
中君が離れていく二人の心を歌に詠む場面ですね。


    三省堂 辞書ウェブ編集部による ことばの壺より

なお今年も虫籠には、孫の作の蟷螂
有馬籠」さんの竹細工の鈴虫が仲良く、鳴くのかも。
コメント