気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

入子点と盆点、そして逆勝手の花月を教わりました。

2018-02-21 19:33:58 | お稽古
昨日の昼過ぎからボランティアでの茶道サークル如月のお稽古、
しつらえは自宅の大炉の稽古場と同じ「草自生」土筆・スギナと

早蕨が描かれて「春来草自生」を、
花は西王母椿と満天星躑躅の花芽を活け、試別火に入られた
東大寺二月堂のお水取りに合わせ「糊こぼし」も飾りつけ、
 
お出での方は少なかったのですが、お一人づつお点前をして
頂き、ことのほか喜こばれたのですが・・・
良い天気で外気温は13℃まで上がり3月中旬の陽気、
瞬時ぼっとしてしまうほどに。
でも皆様の真剣な様子に、こちらも気を引き締め最後まで。
菓子はこの季節の「下萌え」等で


ところが今朝は一転して曇り空で陽射しがなく、寒いなか奈良
市内までお稽古に伺いますと、玄関先に奈良・樫屋さんの車が
停まっており、どんな主菓子が頂けるのか、楽しみになります。
その後直ぐに先生が椿を片手に持たれてお出でになり、準備が
済みますと、午前中のお稽古が始まりました。
大炉は先週済ませており、入子点に。新版茶道大辞典では、
”点茶法の一種。裏千家では小習十六ヶ条の一課目となっている
 が、流儀によっては仕込点・仕組点・組合点とも呼ぶ。
 木地曲の建水の中へ茶碗を仕組んで運び出すところからいう。
 棚物を必要とし、他の諸道具は荘り付けておく。”と
運びをするのに困難な人や、道具の持ち出しに危なげな人などが
客に気遣い等をさせないために行う点前になります。
本当に立ったり座ったりすることが一回だけで、御歳を召した方
にもお奨めで、取り入れたく思っていたところでした。

続いて盆点(ぼんだて)の客をさせて頂きました。
『盆点』とは”唐物茶入、拝領物を盆にのせて扱う点前をいう。
 三千家の相伝課目の一つ。
 武者小路千家では「ぼんてん」と呼ばれている。”と(同上)

なお楽しみな主菓子は、樫屋さんの「引千切( ひっちぎり)」に。
樫舎のHPより
これを見られた大先生から”少し早いのでは”とお言葉が
桃の節句は、三月三日ですからでしょうか。

お昼休憩前、先生から”午後は逆勝手の花月をしましょう”と
聞くと、私の好奇心が昼からの予定の記憶を消し去りました。 
”大炉での稽古がまだですので、午後三時から来て下さい”と
メールを入れていたのに・・・。

三時過ぎ相方からの電話で、大急ぎで帰りつくと、
炭を熾し・・・大慌てで準備に。でもお稽古は落ち着いて、
大炉の薄茶点前をしていただけました。
今は一息ついてフッーと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の朝の稽古に

2018-02-12 14:13:10 | お稽古
6時に目覚めると、ほんのりと薄明るく静かな朝を迎えました。
窓越しの椿がうっすらと雪化粧をしているではありませんか。
  7時30分
5時頃降り始め小一時間ほどで止み、積雪は0.5㎝とほんの少し、
 7時30分
でも奈良の最低気温は-1.7℃になり、玄関の階段は一部融けた
雪が凍りその上に雪が積る、滑りやすい積もり方、そこに経験の
ない孫の居候さんが滑べって痛い目に会ったそうです。
きっと踵で靴を踏んで履いていたからでしょう。
雪道の怖さを少しは経験したことで、歩き方には気をつけてね。

庭の小畑では糠を撒いたところに鳥(雀)がやってきたよう。
足跡がいっぱい、でも雪の下の小米は探していないよう。
7時30分
雪降りて鳥の足跡忘れ物
          愚句

この雪で、今朝の自宅稽古は10時からが11時からに。
大炉で逆勝手、少し戸惑いも見られましたが・・・
愉しんでいただけました。
まだ炭も熾ったままですが・・・
 
さあ、後片付けをしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大炉稽古は「春来草自生」と「下萌え」で

2018-02-11 15:39:03 | お稽古
昨日の雨は奈良では18㎜とこの季節としてはよく降りました。
豪雪の北陸ではこの雨では雪は融けず、積もった雪が重くなる
ばかり、そしてまた寒波が押し寄せ大雪の恐れが・・・。
大事になりませぬように。
今朝は曇り空で隙間から陽が射し始め、深夜から外気温も5℃
前後を示し暖かな朝に、早春の装いに、つい二度寝に・・・。

昨日から二月中は、「大炉」での自宅稽古になります。
二年前に大炉を切った八畳間はないない尽くし、
床の間もエアコンもありません。早めに隣部屋のエアコンと
電気ヒーターを点け、火鉢と大炉の炭を熾しておけば、
今日のお天気であれば大丈夫でしょう。


床として鴨居から軸を釣り、畳の上に花台を敷き、
その上に白梅と有楽椿を活けました。
 
軸は『草自生くさおのずからしょうず』
土筆、スギナと早蕨が描かれており、
春来草自生」を現されているのでしょう。
 
『春来草自生(はるきたらばくさおのずからしょうず)』とは
”春が来れば自然に草が生える。万法は皆自ずから然るように
 あるということを示す。時節因縁に応じて変化するのみで、
 春が来れば自然と草は萌え出すのだ、と言う意味。
 『景徳伝灯録』「兀然(こつねん)無事座 春来草自生」では
 仏法の大意を問われたことに対する回答として示されている”
           (充実・茶掛けの禅語辞典 淡交社)
自然の流れに逆らわず、・・・
この豪雪も、時期が来れば・・・
何事も、時期が来れば・・・

造った主菓子「薯蕷饅頭」は銘『下萌え』とし、
 
雪の中でも春がやってきていることでしょう。

自宅稽古が終わる昼には、黒雲がきて雨になりそして雪も
ちらつき、また寒気が降りてきたのですね。
もう少しの我慢、奈良はお水取りが終わらないと春は・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

如月の玄関の色紙は「鴛鴦図」

2018-02-09 17:32:08 | お稽古
今朝は-3.7℃と厳しい底冷えで、奈良までお稽古に伺う途中、
9時頃の車外温度計は0℃、見えだした若草山の頂上付近は靄を
通すも雪が降ったかのように白く見え、視線を下げると東大寺
大仏殿の鴟尾が目に入ります。
 
先生のお稽古は来られた方が多く、大炉点前で初炭から始まり、
お薄、お薄とお濃茶(点前をさせて頂きました)、お昼の休憩後、
後炭、もう一度お濃茶と濃密な内容でした。

鴟尾は中国漢代に天上の魚尾星をかたどり、火災よけの
 まじないから始まったとされ、の尾の形の飾りで、
 現存する最古は唐招提寺の金堂や法隆寺の玉虫厨子に。
 鯱(しゃちほこ)もその一種で、その後は鬼瓦に。
 昨秋の大仏殿 

午後3時過ぎ、帰る頃には気温も9℃と平年より高く、待ち
望んだ暖さで、立春を過ぎ、次候は「黄睍」そして
明日から三連休、自宅稽古もあり、玄関の色紙を替えました。
根津美術館蔵、松村景文筆『鴛鴦図(襖絵部分)』1992色紙

家康の花押の如き鴛鴦の羽根
           脇本千鶴子
 
仲睦まじい鴛鴦の様子が伺え、
鴛鴦に背中合せの温くもりが
           岡本師走

戌の置物も一つ新たに置いてあり、気付かれるでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筒茶碗と馬上盃で

2018-02-06 17:56:01 | お稽古
北陸は大雪で大変!、奈良では冷たい風が吹き氷点下の気温で
外回りの掃除に出ると耳や手先が痛い・・・
今朝一番の居間の気温は7℃まで下がり、先日開けた大炉での
自宅稽古は、続き部屋で温まるまで大炉でも時間が掛ります。
やはり南側の4畳半で炭の力と障子を通す立春の陽射しの力で、
気分的にも暖かさを感じてのお稽古をしていただくことに。
16時
床のしつらえになります。
軸は紅梅に『春嬉』、花は寒椿(山椿)と初嵐椿に、
節分の名残になりますが、お福香合を。
  
釜が湧き始め、お出でになると台子でお薄点前、
馬上盃と筒茶碗のお稽古に。
立春にて手にあたたかき筒茶碗
             愚句
  

菓子は「福ハ内」と「梅に鶯」
 
陽射しを浴びての今年初めてのお稽古になりましたが、
会話が弾み過ぎ忘れていたことが、絞り茶巾をすることで、
筒茶碗深き底より拭き上がり重ねて内へ手をやらぬもの
扱いの利休道歌を紹介するつもりだったのですが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立春は大炉のお稽古

2018-02-04 18:27:41 | お稽古
立春の朝、東の山の端から一段と明るくなったお日様が上り、
自然と頭が下がります。陰暦正月、春は立ちましたが寒ーい。
今週末まで立春寒波が居座りそうですね。
朝から初釜以来のお稽古に奈良市内まで伺いますと、山焼きで
若草山一段目の草地はきれいに真っ黒です。空には雪雲で雪も
舞い始めますが、大仏殿の鴟尾が目に飛び込んできました。
 
万葉集 巻20 4516で大伴家持が新春を詠んでおります。
新しき年の始めの初春の今日降る雪のいや重け吉事

お稽古は、厳しい寒さの折は裏千家独自の「大炉」で、
逆勝手です。初炭、濃茶、薄茶そして後炭手前ですが、なんと
最後の後炭をさせて頂けました。そしてお昼からは行の行で、
頭の切り替えは・・・。
なお主菓子は奈良・樫屋さんの「桝」、焼き印の〼形もすてき
昨年作った私の「満寿薯蕷」も上手に?・・・さすがでした。

帰宅すると、もう午後4時に、天候は晴れ渡っており、
気温はもう2℃台まで低下し、風も強くなり、
  
寒波がやってきたようです。
この立春寒波、無事通り過ぎてほしいもの。
実は6日から11日まで、第五回珠光茶会が開催されます。

「わび茶」の源流とも言える珠光が開いた奈良のお茶文化、
七流派(表千家、裏千家、武者小路千家、遠州流、石州流、
藪内流、宗徧流)が一堂に会し世界遺産を含む八社寺や、
「ならまち」のお茶室等を会場で、凛とした冬の古都の味わいを
楽しんで下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝山寺「御祈祷歳取豆」と「福ハ内」で節分のお稽古に

2018-02-03 18:11:10 | お稽古
今朝は氷点下0.1℃とやや冷え込むも、曇り空で穏やかな節分、
のんびりと・・・いう訳には。今日は朝と昼過ぎから自宅稽古、
昨晩からの準備の続きをしなくては・・・。昨晩のこと、
4畳半のお稽古場の軸を替え返えては悩んでいた時に顔を出した
相方から”今年の大炉はなし?”との皮肉な一声が引き金で、
大炉を開け、灰を入れておりました。ここまでしてしまうと
灰も舞いますし、最後まで。雪輪を入れて掃除を済ませて、

”これでいつでも大炉のお稽古が出来ますよ”の呼びかけに、
返答はなく、相方は寝室へと。もうそんな時間に・・・。

そんなこんなで今朝からバヤバタと自宅稽古の準備をしていると
急用が出来たとのことで、30分早くお出でになるとの連絡も。
大慌て、軸は紅梅が描かれた『春嬉』、
花入れには、紅白の椿(有楽と初嵐)と白梅を活け、
これで紅白の梅と椿がそろい、目出度い春に相応しいですね。
  
菓子は願いが通じたのか、奈良生駒の聖天さんと呼ばれる
生駒山『宝山寺』の福豆、「御祈祷歳取豆」が手に入り
有難く使わせていただきましょう。

鶴屋吉信さんの『福ハ内』とこの福豆を桝に。
茶釜沸く節分稽古福豆も
           愚句
 
お出でになられた方の中で、歳の数+一個余分に頂けたのは、
高校生、でも10個目以上からはゆっくりと味わっていて
家ではもう「鬼は外福は内」の豆蒔きは卒業しましたと。
私たちは、二桁目の数にしましょうね。
邪気を払い、厄除けと福を呼び込んで頂けたでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一つの種を蒔きましょう

2018-01-15 16:46:30 | お稽古
冬日が続いており、小正月の今朝はシーズン最低の-2.7℃、
太陽が上がるとともに寒暖計も上昇し、久しぶりに12℃に
なりましたが、遠望する大和高原の雪は融けておりませんね。

今週は寒波も一休みで暖かい日が続き、一年で一番天候の悪い
日ともされる?センター試験日が、ずれておれば良かったのに
と、つい思ってしまいます。

小正月の今日は、旧暦で『上元』とされ、正月が終わります。
唐の時代の中国では節日、7月15日(中元)、10月15日(下元)
の三元の一つで、元宵節(げんしようせつ)ともいい、人々は
提灯を燈し、新年最初の満月の夜を楽しむ日に(コトバンク)

この日に朝から自宅稽古で南側の暖かい4畳半、障子からの
柔らかな光を浴びてのお稽古、のんびりとそんな訳には・・・
  
あいさつに”新しい年を迎え、二つの種を蒔きましょう”と
いうお話をすると、「私は二つは無理でも、一つなら何とか」
とご返事が、さらに「上のお稽古に取り組みます」と言われ
この言葉に、私もわくわくしてきました。
 
昨年は四季を通じて茶箱を所望され、雪、花、卯の花、月、
和敬、御所籠と私も一緒にお勉強ができました。
今日の今年始めての自宅稽古、長板総荘濃茶をしましたので
次回はとの話に、”長板の薄茶をして、台子が終わったら・・
今年中級の許状を取得された方と一緒に月一回、茶通箱、
台天目、唐物、盆点、和巾とお稽古することにしましょう。”
と話がまとまりました。
本当に楽しみになりますが、より一層精進あるのみですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来年のお題は「光」に

2018-01-12 17:01:18 | お稽古
この大寒波による大雪、新潟では電車、北陸自動車道でも車で
一晩過ごされ大変でしたでしょうが、私も奈良に来る40年前の
敦賀越えでは三日三晩も閉じ込められたことを思い出しました。
機械化が進んだ今でも、どか雪の克雪は困難なのでしょう。
でも明日明後日はセンター試験、受験生に光あれ!。

ここ奈良でも-2℃の朝、東の若草山に雲が掛かるも8時過ぎには、
太陽の恵み「」が降り注ぎ、早春の予感
12時 16時
今日12日は皇居で『歌会始』があり、来年のお題は『』に。

歌会始、今年のお題は『』でしたね。
先の初釜の副題も『語』、語る七賢人の茶碗も、
あまりの賑やかさに、さぞかし驚いていたことでしょう。

天皇陛下の御歌は
語りつつ あしたの苑を 歩み行けば 
          林の中に きんらんの咲く

天皇陛下・皇后さまのご様子が浮かんできますね。


皇后陛下の御歌
語るなく 重きを負ひし 君が肩に
       早春の日差し 静かにそそぐ

天皇様を思われる気持ちが痛いように伝わります。


皇太子さまの御歌、
復興の 住宅に移りし 人々の 
      語るを聞きつつ 幸を祈れり

皇太子妃・雅子さまの御歌、
あたらしき 住まひに入りて 閖上(ゆりあげ)の
          人ら語れる 希望のうれし

 
お二人ともに、3.11大震災の被災地を訪れられ
復興の思いが伝わりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も餅つきの一日

2017-12-29 19:08:47 | お稽古
今朝9時に奈良市内最大の農産物直売所「旬の駅ならやま」へ
買い出しに。昨日から8時半開店だったため、車は道を隔て
反対側の臨時駐車場に、館内は沢山の人々で賑わっており、
皆さま思いは一緒、正月用に新鮮な野菜、果物や花々をお安く
買い求めるため、でも年の瀬料金なのでしょうか葉物野菜は
やや高くなっていました。仏壇用の花も買い、長い列のレジ
を済ませ、帰りを急ぎます。
昨日からお餅つきを少しずつはじめておりましたが、昨晩に
手伝いますと連絡があり、急遽もち米を洗い一晩漬けており、
帰るなり、笊にあげると、待つこともなく唯一の9歳になる
孫娘もやってきました。助っ人と思いきや、あんこを10個程
まるめて”もう疲れた”と休憩に。そのうち

お餅がつきあがり、あんこ餅を作るも手に餅がくっつき
上手く包めず、どうしたかというと、美味しいと言って
あっという間に口の中に、そして手を洗いに・・・戻ると
庭の大根を引いて作ったおろし餅を口に、辛くかったのか
持ってきた手造りのチーズケーキやジュースまで、
食べる方の助っ人でしたね。フフフ

働き手が二人いると、餅つき機を洗い次の準備と、餅を
丸める方に分かれられるので、有難いことに仕事は早くなり、
休憩を兼ね食べ終わるともう第二弾に、御鏡は三家族分
若い方は大きな鏡餅はいらないみたい。

次は小餅で餅つき器がついている間に、お節の黒豆の準備で、
丹波の黒豆を袋から出すと、一部がかびておりました。本場
丹波篠山産、兵庫陶芸美術館内のレストランで買ったのに
手で取っていると、孫娘がお手伝いに、気が利くこと!
でも、水が冷たいのか途中でママとバトンタッチ

そして「海老餅」海老は乾燥桜エビ、富士山を巡る旅にて
由比漁港販売所と朝霧高原の道の駅で買い求めたもの。
海老の香りが立ち上ります。
  
残り3升、「青のり」にしましょうと言ってはみたものの、
なくて近くのスーパーまで行ってくれた孫娘、役に立ちます。

蒸しがまだなのに、青のりを入れてしまい、蒸しから再度
慌てない慌てない。30分程ロスしましたが・・・
 
残りは2升、簡単に伸餅にしましょう。でももう午後4時過ぎ、
私は餅つきに専念して、夕ご飯を一緒にと餡かけ焼きそばを
作ってくれました。でも早く帰らないといけませんので
孫娘が食べ終わるや否や、車で帰って行きました。
二つの伸餅を最後に全部で7升にもなり、片付けを済ませば、
もう午後6時前。夜空に月が雲に隠れたかと思えば、
冷たい時雨が・・・酉年もあと残り二日、
忙しい日々でしたが、それもまだまだ楽しみ。強がりかな
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加