ひつじが一匹ひとりごと

自然的生活楽術
 ナチュラルでハッピーな食いしん坊生活 

手前味噌

2016-04-30 05:15:56 | 日々の食卓


月に1度の確認で開けたら、水分が上がってきていました。

今年は酒粕で蓋をしています。

表面の酒粕を一旦取り除き、ボールに入れます。

容器の底から味噌をすくうようにして、表面の水分とお味噌全体をよく混ぜ合わせ、再び酒粕で蓋をしてラップで表面を覆います。

良い状態に発酵が進んでいたので、重石をはずしました。

美味しくなあれ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

頼る

2016-04-29 11:32:34 | 子育て
1年10ヶ月の間に少しづつ母としての日々を積み重ね、迎える1歳のお誕生日。

この日の前後は、特にいろいろと思うことがあります。

「もう1年!早い!!」とおっしゃるママさんが多いですね。

先週バースデーカードを送った方から嬉しいメールをいただきました。

ありがとうございます。


ひつじは保育士でしたが、子どもとずーっとずーっと一緒は初めてでしたし、「ダブルケア」に近い状況も経験しました。

叱られたこともあったけど、自分の思い通りにできなかったおかげで、いろいろな優しさにも出会えました。


子どもの成長は、ひとりひとり違います。

泣いて、驚いて、喜んで、また泣いて・・・。

ひつじは今までも何度も何度も、繰り返してきました。

親としての成長も、またそれぞれなのだと思います。


誰かに頼る

何かに頼る

頼ることは甘えでなく、ステキな出会いと受け止めたいです。


今日からゴールデンウィーク。

帰省の方、お気をつけて。

ステキな出会いを楽しみましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新兵器

2016-04-28 12:02:06 | 日々の事
12年使ったドラム式が壊れたので、新しい洗濯機を買いました。

ひつじ家の洗濯回数は、どうやらとても多いようなので、頑張ってくれた洗濯機には大満足です。

愛用旧洗濯機さんとも、1週間のコインランドリー通いとも、おさらばです。

ありがとう。バイバイ。

壊れてからの1週間はお仕事も超忙しかったのですが、車があったおかげと、「汚れもの、あんまり出さないで!」と戒厳令を出し、
協力してくれた家族のおかげもあって、何とか乗り切れました。

通ったコインランドリーが、いっぱいの洗濯物でも短時間に洗えて、あっという間に乾かせたのはとても助かりました。

新聞でも取り上げられた店舗がなかなか便利と体験できて、ラッキーでした。

やっと今日から平常4時半起き生活です。



新兵器の取り扱い説明書に、「粉石けんを使うとき」というページを発見。

やった!

「やっぱりいまどきは石けん生活よね~」と、一人にやにやページをめくり、雨だけど、早速試運転をしております。


「このモーターは群を抜いて静か」と電気店の店員さんがいうだけあって、脱水音が静か過ぎます。

これならおふろの残り湯が冷めない夜のうちに洗っても、ひょっとしてご近所迷惑にならないかも!



2016年の新型!

たった今知りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

増上寺周辺散歩

2016-04-27 06:46:10 | 散歩


「一日くもり」という天気予報の先日、お散歩に出かけました。

八重桜をよく見ると、白花が混ざっていたり、色の濃い薄いと様々に見えます。








石の上のゴミを手で払って側面の仏様を見ていたら、

「仏足石に必ず魚が描かれている訳がわかりますか?」と近づいてきた女僧が尋ねました。

夜も目を閉じないお魚は日夜修行に励むとの意味で、世界共通に描かれているのだそうです。




増上寺はお仕事でも5~6回程訪ねていますが、仏足石をじっくり見たのは初めてでした。

緑がいっぱい、深い呼吸で散歩を楽しみ、三田方面へと足を伸ばしました。

午後はお日様と青い空も見えました。

帽子を持って行って良かったです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記憶

2016-04-26 08:30:24 | 日々の事
いとこ達と懐かしい場所ヘ行った時、2つ年上のいとこが、

「このあたりが昔のおじいちゃん家の玄関でさ~」と話してくれました。

当時は生まれていなかった弟、海外で暮らしていたT君は「へえ」と驚いていました。

ひつじには、祖父母宅の長い長い廊下と「新しいお家になって、ちっちゃくなった」と思った確かな記憶があります。



里の母に尋ねたら、入院した父方の祖母のお見舞いの前後に一度古い家に泊まったそうで、それが一緒に行った最後だと。

祖父母宅は、ひつじが北海道から横浜の家に引っ越す少し前に建替えたそうです。

だとしたら、あれは1歳前の記憶?

鮮明に記憶に残るには、何か訳があったのだと思います。

北海道では平屋の小さな社宅で暮らしていたから、離れのある祖父母宅が記憶に残っていたのでしょうか。



大人になると、子どもの頃に大きいと思っていたものが意外と小さかったり、

広いと記憶している場所が思いのほか狭かったりします。


里帰りでホッとした母の腕の中から、あの長い長い廊下を見ていたのだとしたら、幸せな記憶のひとひらかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝!お弁当卒業

2016-04-25 17:26:22 | 子育て
食物アレルギー児のママさんからコメントをいただきました。

コメントを読み、泣いてしまいました。

嬉しくて嬉しくて。

ママさんもどんなにホッとしているでしょう。

「食べてもちょっと肌が痒くなる程度」と思う方もいるかもしれません。

でも、命に関わる重度の方もいらっしゃることを知ってください。


いくつもの食物アレルギーがあるのは本当に大変で、安心安全に食べることに何倍も手がかかります。

肌が整うこと、

食物アレルギーが治ること

やっぱり関係があるのだと思います。


ママさんは、もちろん「まだまだ!」と高い目標をお持ちかと思います。

ひつじから、心からのお祝いを申し上げます。

おめでとうございます。

これからも一緒に取り組むアロマスキンケア仲間として、どうぞよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頂きました

2016-04-25 06:23:43 | 日々の食卓


仕事でお会いする方からのおすそわけです。

ごちそうさまです。

ひつじは1度だけ千葉の夢の国へ行きましたが、年に何度も行く方がいるようですね。



母方の祖父が退職記念か金婚式の記念かで、祖母とともにカリフォルニアのディズニーランドに行った時、たぶん土産話をしてくれたのだろうけど全く覚えていません。

写真を見せてもらったのは、なんとなく記憶にありますが。

「おじいちゃんって英語も話せたんだ」と自分がひどく驚いたことは記憶に強く残っています。

祖父に対しての印象は、その時から変わりました。

それまで、ひつじは祖父がとても怖かったのです。

幼い頃、祖父の電話中に騒いで

じゃかぁしいいい~っ!!!

と叱られました。

それまで、ひつじの周りに大阪弁を話す人はいませんでしたが、言葉の意味はすぐに分かりました。


祖父への印象が「怖い」から「尊敬」へと変わったきっかけがディズニーランドです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雑穀米

2016-04-24 17:19:17 | 日々の食卓


雑穀米は、食事を改善したい時に手軽で便利です。

お米に混ぜて炊くだけで、彩にもなり、冷めたご飯が硬くなりにくいのでお弁当派の強い味方。

送料無料で半額540円は、お試しにぴったりです。

食いしん坊のひつじらしく、被災地くまもとを美味しく食べて応援します。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工夫

2016-04-24 11:12:38 | アロマ&ハーブ


シアバターやゼラニウム・エジプト精油など、アロマスキンケアに欠かせない商品が日本に入荷しない状況が続いています。

アトピー性皮膚炎の家族を持つので、薬に頼らないホームケアに欠かせないものが長く手に入らないのは本当に困ります。

紫外線防止効果を持ち、保湿効果が高く、肌を柔らかくし、かつては携帯食用バターだった安全性の高いシアの代わりを考え、

肌の水分量と皮脂バランスを整える精油は・・・と精油箱をのぞきこみ、

海外の症例報告を読み直します。

こういう時こそ、工夫と実践のチャンスと考え、学びを生かさなければなりませんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまたばったり

2016-04-23 06:05:48 | 子育て
近くのスーパーで、ピーターグループ時代のお友達とばったり会いました。

幼稚園から武道を続けていたお子さんは、高校では軽音部だそうです。

しかもギターを弾くつもりだったのにドラム担当。

あらまあ。

「ドラムなんて高校入ってから叩けるようになるの?」と心配そうなママ友。

大丈夫。バンド仲間にも、高校からドラムを始めた子はたくさんいたし、

ピアノが弾ければ、基本的なビートを体で刻むのはそう難しくないと思うもの。

そのうちいつか、素敵な女子高生姿に会ってみたいなあと思います。

おひさまと風と土と火と水にたくさん触れて育てられた子ども達は、大きくなりましたね。

泥だらけになって、お外でご飯を食べて、一緒に遊んだお友達のことを覚えてる?と、こひつじちゃんにお名前を言ったら、ちゃんと覚えていました。

さすがの記憶力。



ピーターグループで遊び始めた頃は、病院でのフォローアップに通っていました。

グループメンバーでハイハイは、こひつじちゃんだけでした。

ママ友が「うちの子より1つ歳下だっけ」と記憶違いをしていたのは、それをみていたからか、体が小さかったからでしょうか。

目で見た記憶の方が強く残っていたのかもしれません。

ハイハイで土のお山を登ったり降りたり、落ち葉をシャカシャカ手で触ったり、

どこにでもパタパタと四足歩行で進んでいく我が子の姿を、とても嬉しく誇らしく感じていました。

虫がいると驚いて大きな声で泣いて呼ばれたけど、うちだけまだハイハイで悲しい・・・なんて一度も思わなかったです。

異なる年齢が集まったグループだったので、ほとんどの子が年上でしたし、

「ご機嫌ね」「ニコニコね」と声をかけてくれる母メンバーに、この子が生きる楽しさを味わっていると知ってもらえて満足でした。

できることがゆっくり少しづつ増えていくこと、日々の成長を近くで見守れることが本当にうれしかったのです。



行きたいところを自分で見つけ、自分で進む。


ひつじ君も、こひつじちゃんも、今も自分で見つけた目標に向かって進んでいます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本地震災害義援金寄付

2016-04-22 18:08:18 | 日々の事


昨日の講座オイル代としていただいた参加費、

カモマイル・ジャーマン鉢の売り上げ代金、

アロマテラピー商品代金のお釣りを寄付金に

と集まった金額は8001円。

本日、郵便局に開設された受付窓口から送金しました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンコインベビーマッサージ・ベビーヨガ終了

2016-04-22 17:41:13 | ベビーマッサージ


昨日、2016年度第1回目の子育て支援講座を開催しました。

「お天気が心配」と、当日キャンセルもありましたが、講座の開始前後は曇り空で、雨は開催中に少しだけ。

スタッフさんには「晴れ女」の印象をまた強くされてしまったようですが、ひつじもだんだんその気になりそうです。

何よりあの風の中、赤ちゃんとママさんが濡れずにすんで良かったと思います。

熱でお休みの方々、どうぞお大事にしてください。

キャンセル待ちがなかったため、予約のない方もご参加いただけ22名で開催しました。

11年目12年目は産後のママの体を整え、育児不安やストレスを軽減し、赤ちゃんの出産時の疲れを癒し、母と子の呼吸を深くすることなど、とても欲張りな目標でした。

ハワイアンの子守歌を流し、赤ちゃんとママの集まるお部屋に最適な香りでお迎え。

ストレスを軽減し便秘の解消、安眠に有効と言われる香り、

無農薬自家栽培のレモングラス茶は、いかがでしたか。

最初から最後まで全くできなかった母子は1組もいませんでしたし、終了後に熟睡のベビーがたくさんでした。

短いお子さんは10分のマッサージ。

ママは「10分位しかできなかった」とおっしゃっていましたが、ひつじは初めての挑戦で「10分もできた」と思います。

ほんのわずかでも「来てよかった」と思える時間をお過ごしいただけたでしょうか。

私たち親子が感じた本物のマッサージの素晴らしさをお伝えできて、とてもうれしく思います。

ご参加ありがとうございます。

母と子の肌と肌との触れ合いを、どうぞ楽しんでください。

追記:11年目を12年目に訂正しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お詫び

2016-04-22 17:33:31 | 日々の事
ご指摘をいただき、記事の削除及びタイトルの変更をいたしました。

大変申し訳ございません。

心よりお詫び申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アジア太平洋ディスレクシアシンポジウム2016(改訂版)

2016-04-21 09:13:05 | 障がい



先週の土曜日、「はじめのに間違いがあったので」と改訂版のフライヤーをいただきました。

ディスレクシアは、発達障害の中でLD=学習障害(読んだり、書いたり、計算したりするのが難しい)の中心的な症状です。

最近、1クラスに1人以上いることが分かってきました。

丹野さま、遅くなりましたが貼らせていただきました。

来週開催のカフェにも持参します。

追記:カフェはご登録済みの方、または登録者からのご紹介者のみご参加いただいております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

等覚院

2016-04-20 18:15:31 | 散歩









お仕事帰りに行ってみたら、今年は少し早めに見ごろを迎えていました。

つつじの見ごろに合わせて、今月25日から15分程の法話があるそうです。

詳しくは等覚院ホームページでご確認ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加