徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”

タイガース、水彩画、鉄道などの、僕の気ままな”独り言”

京都 一般公開の迎賓館を見学

2016年07月30日 10時57分44秒 | 旅行・観光

先日、友達と京都で昼食のあと、今から京都迎賓館に行かないかと話があり、友達が電話を入れると、とりあえず、2時半ごろに受付に来るようにとのことでした。

申し込みには、事前申し込みと当日申し込みがあり、当日申し込みは、当日整理券を配布するのですが、余裕があれば、随時入館出来るようです。
なお、整理券の配布は当日11時から定員700名で、当日の混雑状況や天候などのより変更されるようです。

  
       見学者の入口             賓客の入口  正面   

また、自由参観方式とガイドツアー方式があり、詳細は、下記内閣府HPを参照してください。
 http://www8.cao.go.jp/geihinkan/kyoto/koukai-kyoto.html   

さて、京都迎賓館は、海外からの賓客を心込めてお迎えし、日本文化の理解と友好を深める目的で、平成17年(2005年)4月に開館した国の迎賓施設です。

日本建築の長い伝統の粋と美しさを現代の技術と融合させる「現代和風」の創造を目指して設計されました。
館内には伝統芸術を活用した多くの調度品を配置しています。
と、京都迎賓館のパンフレッドに記載されています。

 

  
   桐の間                 庭園  
 
  
    和船と錦鯉          

  
   聚楽の間              夕映の間   

 

一般公開は、成長戦略として「観光立国」の推進の一つとして、京都観光の振興につなげることが目的だそうです。
東京の迎賓館はすでに一般公開していますが、通年公開は、他に京都御所、仙洞御所、桂離宮、修学院離宮、栃木県にある御料牧場、埼玉、千葉県にある鴨場なども検討されていますが、一般公開とか通年公開と言ってもそれぞれ時期や期間などが異なりますので、実際にはそれぞれのHPで確認してください。

   

 

 清和院御門から入り 左に仙洞御所を見て、この奥、右に迎賓館の入口があります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 7 26 ヤクルト戦の動画

2016年07月27日 18時46分11秒 | 野球・タイガース

スタメン発表からラッキーセブン、西川貴教の六甲おろし他

2016 7 26 ヤクルト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラ、逆転勝ち、 泥沼を脱する気配か??

2016年07月27日 10時17分39秒 | 野球・タイガース

甲子園球場での勝利は8試合目、6月25日 DeNAに勝利して以来で、7月では初。
ウルトラの夏ということで、球場360度は黄色一色となり、否が応でも、トラの士気を上げる効果は満点でした。
そして、3点差を逆転勝利は、観客を酔わせるには十分な演出でした。

 


昨日、久しぶりの甲子園球場を観戦してきましたが、運が良かったとは思いたくはありません
今までの経緯から、必然的に連勝となったと思いたいのです。

先発の岩貞は、立ち上がり山田の30号3ランを浴びましたが、その後立ち直り、4回には連打で同点に追いつくと、7回までこの3失点に押えていただけに勝利投手になって欲しかった。

 


8回、ゴメスが西浦の当たりをハンブル、エラーではと思ったのですが、内野安打となり、この回藤川が押え、その裏、そのゴメスの2ランが出て、勝利しました。

まだまだ、本調子ではありませんが、今までのどん底からは一抹の光明が出たように思います。

 


一つの契機は、やはり鳥谷のスタメン落ちだったのでしょうか?
これを、不振脱出の契機にしなくてはなりません。
これで首脳陣、本人だけではなく、ナイン全体に、ある種の緊張感と同時に安堵感も生まれたのではないでしょうか・・・

超改革は、中堅、ベテランのバックアップがなければ、なし得ません。
チームを牽引する選手がはやく、元に戻り、それを若手が追随してゆき、チームが盛り上がり、勢いに乗る・・・勝つことで自信を取り戻すのではと期待しています。

自信を持つのは、鳥谷であり、ゴメスであり、なによりも監督やコーチ陣が自信を取り戻して欲しいものです。

    以下の写真は、ヤフーより転載しました。

  
    ゴメス15号2ラン        藤川 日米通算1000奪三振
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラ、泥沼から這い上がることが出来るか・・・

2016年07月25日 13時27分26秒 | 野球・タイガース

久しぶりの打撃戦を制し、連敗を5で止め、対広島戦の連敗を9で、止めました。
そして、スタメンから鳥谷を外し、総力戦?で勝ち取った?勝利となりました。

遅きに喫した鳥谷のスタメン落ちですが、これで本人も監督も、そしてなによりチーム全体が少し肩の荷が下りたのではないでしょうか・・・

  
    
鳥谷のいない24日のスタメン     ベンチでグランドを見つめる鳥谷 
                         (デイリースポーツから)

開幕当初から、今年はある程度勝敗にこだわらず、若手の育成と2,3年さきを目指すことが主目的でした。
若手の育成も、ベテランや中堅が普通に働いて勝っていくことによって出来るのですが、そのベテランが福留以外全く機能しませんでした。
ここが、監督の想定外なところであり、それが今の成績になっているのです。

  
    
先発メッセの救援した島本は、1球投げて勝利投手に・・・
   (写真は デイリースポーツから)      3安打3打点の原口がヒーローに  

 

心配なのは、今までこれだけ内容のない負けが込むと、負け根性が定着し、育成どころか自信喪失に陥ることです。
その自信喪失と思われる場面は、多く見られますが、一つの打席、一つの守備でボールを追う時に表れてきています。
それが打ちそこないであり、ストライクを見送りボールを打つ、守備でも球際が悪く記録にないエラーがあります。

  
  24日 2回 原口同点8号HR  2回 新井が逆転となる3号HR  

 

昨日の試合でも、トラとコイの違いは、大和と鈴木誠也との差が端的に表しています。
つまり、1アウト満塁で、ゲッツーを打つか、タイムリーを打つかの差なのです。
結果論と言えばそれまでですが、そのような場面が多いように思われます。
11年目の大和に対して、4年目の鈴木ですが、これが両チームのチームの勢いの差でもあり、自信の有無の差でもあるのです。
このような若手をトラは育成出来るのでしょうか・・・

勝負強い選手を育成できるかどうかが、育成の成功のカギを握っています。
連打を打つ、相手をかき回す、追い打ちをかける、これが出来るチーム造りが希望なのですが、昨日は、なんとか勝つことが出来たのですが、もっともっと勝利に対する執着心が必要ではないでしょうか・・・

 

 

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トラ、巨人の練習台になって、3連敗・・・・

2016年07月21日 10時22分39秒 | 野球・タイガース

甲子園球場で7連敗。内、巨人に6敗1引き分け。
ホームで勝てないのはなぜか・・・

この3連戦、典型的な負けパターンで試合が進み、勝てるような雰囲気がありません。
何か委縮しているように見えるのは考え過ぎでしょうか・・・

一体、何が原因なのでしょうか・・・

3戦目青柳も、何とか抑えておりながら、如何せん打線がモタモタしている内に崩れ、おまけに救援投手もキズを深くしました。
同点にするも西岡がアキレスけん断裂で今季絶望、あまりにもケガが多すぎます。
この点も、西岡だけではなく、身体のケアについて考えていかない課題の一つです。
 
  20日結果

  
   第3戦目 20日の先発メンバー   今季、初登場の選手       
   これが今のベストオーダー?     この中から来季、レギュラーを取る
                     選手は誰だ・・・        

第2戦目は、先発の能見が誤算で、同じ相手に同じ満塁機に長打を浴びての敗戦。
3回で6点を取られては、それを追いつく元気が今のトラにはありません。

第1戦目は、ミスのオンパレード・・・
先発 メッセンジャーは好投するも、援護がありません。 いつものパターンです。
高山の走塁ミス、鳥谷の送球ミス(記録はフィルダーチョイス)ゴメスの捕球ミス、送球ミス、メッセのバンドミス・・・
中でも、鳥谷の3三振(それもマイコラスに17打数無安打)では、進塁打も打てず、2番の役目どころか試合の勢いをつぶしています。

  
18日、好投メッセを見殺し・・・8回4被安打、8奪三振、1与四球 1自責点
これで、何試合、貧打に泣いたのでしょうか・・・でもこの試合、安打数6は両チーム同じで、20日は、トラの方が安打数は多かったのですが・・・・            



ともかく打てないことが、チームに勢いを奪っています。
と言っても、打つのは何も安打だけではないのですが・・・。
進塁打とか、バンドとか、ヒットエンドランとか、盗塁とかで相手をかき回すことが出来ません。
前から思っているのですが、打つにしても、打者は配球の読みとか絞り球を決めているのか疑問に思っています。


先日、監督が言っていたように、甘い球を待っているだけでは、到底打てないのではないでしょうか?

同じ負け試合でも、内容がなく、次に繋がるものがないのが寂しい限りです。

今季、90試合を消化した現在、借金13、首位まで16.5.
今年は、今更優勝などはゆめゆめ思いませんが、せめて来期に繋がる、一抹の光明が見える試合をして欲しいのですが・・・。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加