徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”

タイガース、水彩画、鉄道などの、僕の気ままな”独り言”

トラ、投手陣の”超変革”と整備が急務だ・・・

2016年05月27日 10時27分53秒 | 野球・タイガース

ヤクルトに連夜のサヨナラ負けの原因は、ここ一番で打てなかったこともそうですが、先発、中継ぎ、押えともすべての投手陣の弱体化が暴露されました。
マテオ劇場とか藤川劇場はもう見たくありません。
打たれる気がしても、打たれない気がしないのは、どうしてなのでしょうか・・
特にマテオは、あの3イニングから崩れたのではと思いたくはないのですが・・・

26日の藤浪は、7回、被安打11、奪三振9、自責点5、内被本塁打が3本で先発投手として失敗でした。
これで6試合連続勝ち星がありません。
エースと言われてる投手が、同点に追いついても突き放されては、意欲が希薄になると同時に、打撃陣に対しても、同点まで追いつくが、リード出来ないという、投打の信頼関係とかバランスが崩れてくるのではないでしょうか・・・・

  26日の結果

  26日、福留、3号ソロで
                                日米通算1000打点達成

 
25日は、先発横山が初回に3失点し出鼻をくじかれ、3回に逆転するも再逆転され、先発投手が3回で早々に交代。
そのリリーフした田面も追加点を奪われますが6回と8回に、打撃陣の奮起で4点差を追いつきます。
ここで追越せなかったところで、9回に藤川が打たれサヨナラ負け・・・

  25日の結果

 

24日は、先発の能見の踏ん張りもあったのですが、中継ぎが打たれ、辛うじて逃げ切りました。

  
  24日の結果                 24日のヒーロー原口   

 

この3連戦の勝敗は、先発の出来不出来が大きく左右されており、今後は、投手陣の”超変革”と役割の変更も含めての整備が必要です。
先発、中継ぎ、抑えの見直しも必要ではないでしょうか?


金本監督も掛布2軍監督も打者としては”超一流”です。
しかし投手についてもはどうなのでしょうか・・・
今後、コーチとも相談の上、若手の掘り出しだけではなく、中堅の育成や役割の見直しにも力を注いでほしいものです。

           
        24日のスタメン   25日 スタメン   26日 スタメン
  この3連戦では、3,4,5番は固定化されています。
  あとは1,2番の固定化と鳥谷の8番が変わらなくては、打線の安定化は望めないのでは
  ないでしょうか・・・・
   忘れたころのタイムリーのヘイグもそろそろ見切りをつける時では・・・・     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月26日は、ラッキーゾーンの日・・・・とは・・・

2016年05月25日 21時01分10秒 | 今日は、何の日

5月26日は、ラッキーゾーンの日だそうです。
こんな記念日があるとは、思いもよりませんでしたが、世の中、出来事があればその日が記念日になるようです。

1947年(昭和22年)のこの日、甲子園球場にラッキーゾーンが設置されました。
1932年にベーブルースが来日した時、この球場は広すぎるといったとか・・・
要は、ホームランが多く出るように、外野フェンスのフィールド側に設けられた柵に囲まれた場所のことです。

  
   在りし日のラッキーゾーン 

 それも1992年(平成4年)に撤去されました。

では、なぜ、このように球場によって大きさが違うのでしょうか・・・
これほど、大きさの違うグラウンド競う競技は、ゴルフ以外思いつきません。

が、考えようによっては、陸上競技でも、その他屋外の競技では、気候や高度など厳密に言えば同じ条件というのは、ないのではないでしょうか・・・

野球の場合、2チームが争うのには、同じ広さのグラウンドで戦うので、この1試合を見る限り同じ条件なのです。

  
  これもラッキーゾーンです。 左はヤフオクのホームランテラス、
                右はKスタ宮城の「Eウイング」  


野球は、ホームランの数を争うゲームではないので、ある程度の規格に沿えば良いとされているようです。

両翼は320フイート(97.534m)、中堅は、400フイート(121.919m)以上あることが望まれるとされていますが、これを満たしていない球場は、明治神宮球場、横浜スタジアム、そして両翼と中堅に限れば甲子園球場も。
甲子園は、左右中間の膨らみは、一番大きい球場です。

 

距離だけではなく、形状や広さも野球する上で大きな影響を受けます。
ホームランの出やすい球場だとか、この球場は大きいとか言われますが、実情はどうなのでしょうか?
そこで、次の機会に考えてみたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラ、 サヨナラも後は乗り切れず、ホームランに圧倒される

2016年05月23日 11時18分48秒 | 野球・タイガース

パンチ力の差なのでしょうか・・・
集中力の差なのでしょうか・・・
広島の大砲攻撃に、トラのピストル打線はかないません。
ホームランも風のためかも知れませんが、それを計算して投げるのも投球術なのでは・・

今更言っても仕方がないのですが、メッセンジャーの先発は中4日で、順番なら能見と思ったのですが・・・

  22日のスコアー


ここ一番に長打が出るカープに対して、トラはランナーが出てもタイムリーが出ません。
広島のホームランは風を上手く利用したというなら、それがトラは、ホームでなぜ出来ないのでしょうか・・・などと言うのは簡単なのですが、ファンとしてはイライラが募ります。

この広島3連戦は、久しぶりに2桁安打するも安打数のわりに得点が少ない。
22日の広島の得点10点の内、長打による得点は9点、トラの得点は、すべて単打によるもので、その差をまざまざと見せつけられました。

 広島戦        得点   安打数   四球数   本塁打数   残塁数
 7回戦  20日  1(4) 12(7)  3(3)  0(0)    14(8)
 8回戦  21日  4(3) 15(6)  4(5)  0(1)   13(7)
 9回戦  22日  5(10) 12(14)  8(8)  0(3)   13(9)     
                           ( )内は、広島の実績数 



以上より、得点は、安打数や四球数だけではないのですが、その分残塁数が増えます。
つまり、この3連戦に限って言えば、ランナーを貯めてのタイムリーが出ず、出ても単打で最少得点になっています。
特に22日の9回戦の広島は、3本のホームランはすべてランナーがいて7点、3回の安部の3塁打もランナー二人を置いて2点を上げています。

トラは、ランナーは出すのですが、返せず、残塁が増えるばかりで、攻撃の効率が悪いです。

21日のサヨナラ勝ちの余韻が残るのか、22日は、初回は2点を先取。
後は、若手がチャンスを作るも、中堅、ベテランがつぶすという悪いムードが漂います。
特に4番ゴメス、7番俊介のランナーをおいての凡打は、若手がタイムリーを打っているので余計に残念に思います。
8番に降格した鳥谷は、ここから這い上がることが出来るのでしょうか・・・
それの時期は、悠長には構えられないのではないでしょうか・・・


明日から関東遠征(24日〜ヤクルト、27日〜巨人、31日〜楽天)で交流戦を含めて9試合を、勝ち越して甲子園に戻ってきて欲しいものです。(6月3日からは甲子園で西武戦) 

  
   21日  サヨナラ打の高山のヒーローインタビュー

 21日は、高山のサヨナラ打、板山の3安打とか22日の1番にはいった北条が3安打1盗塁、20日は、岩貞が7回を無得点に押え、若手の活躍が目立ちました。

   
     超変革の申し子たち・・・成績は5月19日現在   
     この中から誰が飛びぬけられるか・・・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪急電車のあれこれ ー神戸阪急ビルの建て替え計画−

2016年05月21日 18時52分04秒 | 鉄道のよもやま話

1995年の阪神・淡路大震災によって被災した旧神戸阪急ビル東館(地上6階)は。今は暫定的な建物(地上3階建て)ですが、新しいランドマークとして地上29階に建て替える計画が発表されました。

       
       新ビルの外観イメージ        新ビルのフロアー計画図 

 

ここは、神戸の中心地である三宮地区にあり、阪急神戸三宮駅、阪神神戸三宮駅、JR三ノ宮駅、ポートライナー三宮駅が隣接する鉄道網の結集地点に位置しています。

もともと、旧神戸阪急ビルは、1936年(昭和11年)3月に、神戸線の延伸にあわせて、現在の阪急神戸三宮駅(当時は神戸駅)と一体で建設され、当時から三宮のシンボルとして親しまれていました。

      
           震災前の神戸阪急ビル東館        周辺地図   


新ビル内には、商業施設、オフィスの他、阪急阪神ホテルが展開する宿泊体形ホテル「remm(レム)」が入居する予定で神戸を訪れるビジネス客や旅行客のホテル需要にこたえることになります

最上階29階には展望フロアーやレストランを設け、港町神戸の景観を楽しむことが出来るようです

なお、この新ビルは、2021年の竣工予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラ、 サヨナラ勝ち、これで乗らなくては・・・ドラに連勝

2016年05月20日 10時11分15秒 | 野球・タイガース

先発の藤浪は、コントロールが悪く、アップアップの状態で初回から2失点。
でもその後は、良く抑え、それも救援の石崎、育成からの田面も続き、18日に続いての藤川もランナーを出すもゼロに押えたのが、サヨナラに繋がったと思います。

 

  
   原口のサヨナラ打        ヒーローインタビューで雄たけびを・・・
                   この元気さ、明るさが、トラには必要です。


最近の試合は、このようにもつれる試合が多く、ここ一番の決め手に欠いていました。

最近のトラの試合の傾向として、拙守拙攻で自滅的な様相で、重たい試合が続いています。

17日の中日10回戦は、エラーで負けました。
ゴメス、鳥谷のミスは、プロとして恥ずかしいエラーで、集中心の欠如とか、特に鳥谷には技術的な衰えとも言われています。
そして、とうとう、この負けで5割を切りました。

若手の頑張りが、画面を通して分かるだけに、ベテラン主力のふがいなさが目立ちました。
前回も鳥谷の攻守とも、色々書いたのですが、心配事があたり、改善されていませんでした。
「明日、頑張ります」が鳥谷のいつものコメントですが、いつまでもファンは待てません。
復調の兆しが見えては、消え、なかなか安定さが見えません。
19日は、鳥谷、福留とベテランが同点にし、若手勝負を決め、この状態が続くように願うばかりです。

18日、11回戦もヒヤヒヤの連続で、あわや17日の二の舞と思われる8回でしたが、9回に藤川が4年ぶりのセーブを上げました。
藤川は、往年のスピードこそはありませんが、全部直球勝負で三者凡退に押えました。
それを、このまま評価して次に繋がるのでしょうか・・・。

  
  18日のヒーローは2勝目の横山(2014年ドラ1位)と好救援の石崎(2014年ドラ2位)


19日は、9回に投げ、1回5打者1被安打1与四球で無得点に押え、勝利投手になりました。
今後は、1回限定で投げるのではないでしょうか?

何はともあれ、5月5日以来2桁安打がなく、打撃の不振が投手を苦しめています。

     3,4月30日まで          5月1日〜5月19日まで
  30試合 14勝14敗2分         14試合 7勝6敗1分
  得   点  1試合当たり 4.27     3.36      
  失   点         4.0      3.28 

      
     得点も失点も減っており、僅少差の試合が多いということです。
  でも、広島は、すこぶる打撃好調で、果たしてトラは打ち勝つことが出来るのか、
  または、打線を押えることが出来るのか・・・
 ちなみに、広島の打率は、0.278 総得点 230(1試合あたり5.23)
   対してトラの打率は、0.242  〃  175(   〃  3.98)
                    両チームとも44試合を消化


本当は、19日の藤浪の好投、若しくは完封で勢いをつければと期待したのですが、それは叶わず、その代わり、原口のサヨナラ勝ちという絶好のムードを盛り上げてくれ、これで今日からの広島戦に乗ってゆかなくては・・・・

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加