ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



VIDEOレイトセントラルサン

銀河の中心にある偉大な太陽。

銀河間連邦の一員としての大天使がいるところとも言われています。

宇宙の根元、神の心と称されることもあります。

宇宙の全てを構成するフォトン(光子)そのものとも言われています。

ギャラクティックセンターエナジー


銀河連邦 日本(Galactic Federationof Light Japan) 

(メンバーを公開承認制にしました。動画etc.は一般も閲覧可能です。)

公式コンタクト開始!

ファーストコンタクト2016(2016年ETコンタクト実行委員会)

世界初の公式コンタクトを実現しよう!

これからのファーストコンタクトプロジェクトは、ここで打ち合わせたいと思います。

日本のライトワーカーはぜひご参加ください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わくわくするアドベンチャーゲームの幕開け!
スペースシップが上空でわれわれを呼んでいます。あなたもぜひ搭乗して、一緒に宇宙旅行を楽しみましょう!
------------------------------------------------------
緊急ニュースはtwitter
♪BGMコーナー・・我が愛する日本
アセンション進行中!
☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★@ウエルカム
銀河連邦がサポートするエメラルドアースへの旅
銀河からのゲストはVIPルーム★m(_ _)m☆
では、準備完了?・・・いざ!(^~)
記事一覧
ページトップ
今日のニュースは

ふるやの森タイムズ

「不良星人」は(ここで勉強する場合を除いて)そういう星に移動してね!(^')ウインク!:>クラリ!!のらネコエルフ(*@)

ニセ宗教団体・街宣右翼団体の関係者による工作活動を固くお断りします

(コメント欄の早送りは右はじの▲の下の□を下にドラッグしてください)

コメント欄は閉鎖中です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

危険な原発は要らない⇒ 自然エネルギーで行こう!

真実を伝えない記者クラブは要らない⇒ 市民メディアで行こう!

国民の権利を護らない司法は要らない⇒ 国民審査で最高裁にバツを!
  

  

 脱原発!自然エネルギーでいこう!\(^o^)/新党市民:さくら革命 

 

 日本の天使たちが脱原発!を宣言

重要!闇の勢力はHAARPで人工雪害を引き起こしながら世界を破滅に導こうとしている

      『311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った!』 

 

画像

不正選挙、都知事選の得票、猪瀬x48%が舛添の得票と一致

richardkoshimizu's blog   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GFLJ11/23,2015:これから開始するイベントに備えてください

銀河連邦(宇宙連合)は大量デクローキング(宇宙船艦隊の大量出現)に向かう態勢に入っています。宇宙船天空に満つる日』がまもなく地球に訪れます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
コブラ レジスタンスとは何か?Cobra とは誰か? (コブラ抵抗運動の歴史)

COBRAとは、COMPRESSION BREAKTHRUGH の、CO+BR+Aを組み合わせたコードネームであり、地球表面が光と闇の間に挟まれ てCOMPRESSION(圧縮)を受けているが、このBREAKTHROUGH(打破)を目的とする、グループを意味する。

抵抗運動は、地球人の組織であり、悪意の地球外生命体であったが、数年前に光の側に転向したアヌンナキ、とその手下のレプティリアンによって組織された闇 の地球人のグループである、ブッシュ一族、各国の王室に代表される闇のカバールによって追われてニューヨークの地下トンネル深くに逃げ込み、宇宙人の協力 を得て組織されたグループである。

この時点以降、抵抗運動の目覚しい活躍と天の介入許可を得た宇宙人の支援によって、闇のカバールは、地下バンカーや海底基地を破壊され、全ての黄金を奪わ れて資力を失い、今では消滅寸前にはあるが、勢力を維持していた昨年末頃までは、政治家を賄賂で抱きこみ、あらゆる手段で脅迫、殺人を犯して、地球の全て のシステムを支配していた。

コブラは、したがって、闇のカバールに対抗するための地球人の精神的、物理的な支柱として機能している。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イベントのための瞑想へのご参加・情報拡散のご協力ありがとうございました。

これから開始するイベントはこれまで世界各国政府を裏側でコントロールしてきた闇の勢力を地球上から排除して、宇宙ファミリーとの公式コンタクトを経て古い地球文明が銀河文明へ飛躍する地球人類が史上初めて体験する重要な通過儀礼(イニシエーション)となります。

コブラ(Cobra)は、イベントの概略をこう伝えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

“イベント”抄訳 (2013年5月10日 コブラレジスタンス情報)

”イベント”のフラッシュ

” イベント”のフラッシュとは、ソースからの聖 なるエネルギーで、セントラルサンを通って、銀河連邦、特にプレアデスによって受け取られ、光の抵抗運動、LRMの内部のライトワーカーに知らされる。こ の情報を受け取ると、LRMの約300人の作戦従事者は闇の勢力に連絡を取り、彼らが協力するかどうかを確認する。彼らが協力したくないと言えば、彼ら は”イベント”には参加できない。

これら全ては極度に速く、フラッシュから”イベント”までは15分しかかからない。

これについて告知はなされない。メディアも無関係である。これは、ただ、”起こる”のである。これはカバールに対してのみではなく、全ての者にとって驚きである。これはいつでも起き得る。これが起きると、私たちは強力なエネルギーを感じる。

今はあなた方の直感に頼る時

” イベント”の初期には、あなた方が何をすべきかについて外部から言えることは何もなく、この時は、自分の真の感情と直感に耳を傾ける時である。あなた方は 何をすべきかが自然に分かる。自分を信じなさい。恐れと困惑に駆られる人が多いだろう。あなた方はこれらの人たちに対する強さの柱になるであろう。この変 化の時に必要とされる自分の洞察力を信じなさい。ライトワーカーに対するアドバイスは簡単なことである。

1) 静かにしていること。
2) 人々に情報を与えること。人々はあなた方に耳を傾けるだろう。

物事の順序(”イベント”の中での一連のイベント)

”イベント”の後には、物事はある順序で進む。

* 新しい公正でバランスのとれた金融システム
* 地球の真の歴史の開示
* 人間の飛躍的な変化と次元上昇
* 暫定政府の樹立
* 選挙
* 銀河ファミリーとのファーストコンタクトへのゆっくりとした準備
* プレアデス人々のファーストコンタクト
* 公式のファーストコンタクト
* 大量着陸
* 次元上昇をしたマスターの出現

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2015:ファーストコンタクト基本資料】

Ⅰ ファーストコンタクトとは

 1 ET(地球外知的生命体)とSS(スペースシップ)を正しく理解するための手引き(第1草稿) 

4 人類史上最大のイベント:ファーストコンタクトに備えるための資料集

5 公式ディスクロージャー開始!

 

用語集

Ⅰ 宇宙ファミリーとの再会を前に

1 はじめに

2 宇宙には高度な地球外文明が実在する

3 宇宙ファミリーとは

4 SS(スペースシップ)とは

5 先史文明とは

6 古代マヤのETコンタクト

7 南極ピラミッド発見の意味

Ⅱ 闇の勢力の人類支配の終了

1 はじめに

2 ET/UFO隠ぺいの陰謀とは

3 ディスクロージャーとは

4  9・11は核テロだった!世界核戦争の序幕なのである

5 闇のシナリオ(NWO)とは

6 3・11は日本破滅の序曲となる核テロだった!

7 東南海・広島・長崎・NY・福島 もうこれで終わりにしよう

Ⅲ 公式コンタクトに備えて

オープンコンタクトとは

 宇宙語「ナマステ」

世界を変えるケッシュ財団のテクノロジー公開

多元宇宙論

5 エーテル体・アストラル体 ・メンタル体

<必見!>

UFO DISCLOSURE PROJECT(日本語字幕)

スライヴ (THRIVE Japanese)

ポール・ヘリヤー元カナダ国防相TVインタビュー(日本語字幕)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファーストコンタクト2015開始宣言

オープンコンタクト2014開始宣言

新しい地球文明の幕開け

宇宙からのメッセージ Ⅰ サ・ルー・サ

宇宙からのメッセージ Ⅱ ブロッサム、他

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q

最新記事とサイトトップにもある重要記事を混在させる形って自分にはわかりにくいのですが。

わざわざ記事の公開日をまだ来ぬ来月の日付に設定されても
情報量が爆発的に増える今では混乱するばかりです。

クイーンの記事とサルーサのメッセージも
カテゴリーを分けて欲しいです☆

RECENT ENTRYの一覧が見れるページも追加してもらえないでしょうか?
少し前の記事を読みたくても場所が判らないです。

A

1 記事の日付を変更してある理由はブログ上部に掲載するためです。

2 GFLJ**の中にリンクしてある記事はその日の投稿記事と注目外部記事です。

3 メッセージはカテゴリーで区別してあります。

①サ・ルー・サ(マイク・クインシー氏経由)
宇宙からのメッセージ
②銀河連邦(グレッグ・ガイルズ氏経由)・シェルダン・ナイドルetc
ファーストコンタクト

4 RECENT ENTRYはブログ左上に掲示されています。

5 記事一覧も参照ください。

6 ふるやの森ブログ内検索

下のアセンションの代わりに検索したい事項を入力して検索マークをクリックしてください。

アセンションを検索

 

私たちは断固世界核戦争への道を拒否する  → 世界平和の確立

原子力エネルギーをすぐに永遠に放棄する    フリーエネルギーの公開

消費税増税・TPP加盟への策動を阻止する   → NESARA公布

銀河連邦日本(GFLJ)正式結成宣言


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不正選挙無効!安倍ニセ政権即時退陣!

公正な総選挙で新政府の樹立を!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 



コメント ( 1476 ) | Trackback ( 2 )




銀河社会の構成

銀河社会の構成

この図に示されているように、私たちが移行しつつある銀河社会にはこれまでの地球上に見られたような組織分裂と組織間の抗争は存在しません。中心にアシュタルコマンド(銀河連邦司令官)がいて、その周囲に太陽系スピリチャルハイアラーキー・銀河系惑星連合・次元間連合が一体となって活動しています。多次元宇宙の各次元に光の勢力が配置されていてその中心でアシュタル司令官が指揮をとっています。アシュタルコマンドは地球が属する銀河系宇宙の最高司令官なのです。

ネット上では「光の銀河連邦は危険」「光の銀河連邦(GFL)と銀河連邦は似て非なるもの」「光の銀河連邦はごくわずかの惑星で成り立っています。ほとんどはレプトイド=グレイのシステムです。」などの偽情報が流されていますが、これはこれから人類が公式コンタクトを開始する宇宙ファミリーへの間違った認識を広めて、銀河連邦日本(GFLJ)への不信感をあおろうとする情報工作活動ですので読者はご注意ください。

GFL(Galactic Federation of Light)を「銀河”連合”」と訳したのは、GFLサービスのたき(千野達吉)の独善で、読者の混乱を避けるために、シェルダン・ナイドルの日本語公式サイト「日本PAO」の用語に準拠して「銀河”連邦”」に訳語を統一するべきだという私の進言を千野は聞き入れすに「銀河”連合”」の組織名称を広めて混乱をもたらしました。

(PFCジャパンは、「地球の属する銀河系宇宙から”自発的”にプロジェクトに参加した”星団国家(スターネイション)」という意味で銀河”連合”という用語を翻訳で採用している」と伝えています。)

地球が属する銀河系宇宙とそれ以外の銀河系宇宙と内部地球(インナーアース)連合は宇宙連合に統合されて、霊的階層(スピリチャル・ハイアラーキー)と連携して、地球と地球人類のアセンション(次元上昇)をサポートするプロジェクトを展開していると伝えています。

宇宙連合内部の組織区分はペンディング(保留事項)として、公式コンタクト開始後の説明を受けるまで待つ段階にあります。

恐怖心と不信感をあおろうとする偽情報に惑わされないようにご注意ください。これから私たちの向かう高次元世界には、愛と真実以外の低次元のエネルギーは存在できないことを覚えておいてください。

☆F★

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2012年の衆議院選挙以来の国政選挙・都知事選挙で大がかりな不正選挙が行われてきた事実は、もはや9・11自作自演テロ・3・11核テロの真相と並んで、世界的な常識に定着したと言える。この不正選挙問題を正面から取り上げる追及の先頭に立ってきたリチャード・コシミズ氏は、その手口をこのようにまとめている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不正選挙手口についての考察6/24,2016


(1)期日前投票の改竄手口

些か、とりとめもないですが、とりあえず、ちょっと纏めてみましょう。

選挙区によって、不正の手口は様々であり、複数の手口を組み合わせるケースがある。

入院患者や寝たきりの有権者は、期日前投票で投票する以外、投票の術がない。これらの社会的弱者のリストが作られており、これらのうち、期日前投票しな かった人たちの票は、期日前投票終了と同時に、期日前投票箱に秘密で「追加」される。ここで裏社会候補の票が偽造され上積みされる。社会的弱者の数は、選 挙区によっては1-2割に達するゆえ、大きな票数となる。期日前投票の数が増えているのは、こういった不正が原因である。
この手口を実行するには有権者情報を入手することが必要だが、選挙管理委員会の職員が、有権者情報を持ち出した事件が発生している。一部はネット上に流出もしている。持ち出した全有権者情報は選挙活動にも使える。

電話作戦、ハガキ作戦などがかなり効率よく行える。これらの有権者情報は名簿として候補者に売ることができる。

(2)期日前投票のすり替え

期日前投票箱の中身を丸ごとすり替えているケースがある。「予備の投票用紙」が行方不明となる事件が起きている。行方不明の投票用紙数と期日前投票数がほ ぼ一致するとの指摘がある。予備投票用紙は、S価学会員が腱鞘炎になりながら書いた偽票、灰色がかった高速コピー票、印刷票に「加工」されている。期日前 投票が増えたと偽装することで、裏社会が当選させたい候補の票が、ここで水増しされる。

期日前投票箱のおいてある部屋には、夜通し証明がつけられ、中で作業をしていることも確認されている。毎
夜、改竄作業を行っていたと思われる。

北海道5区千歳市の補選で、夜10時以降に劣勢だった自民和田候補に13000票が入り、野党候補池田氏に1000票以下しか入らずに、和田氏が逆転したのは、上記の期日前投票箱のすり替えによるものであろう。最後に偽投票箱の期日前票を加算したのであろう。

(3)偽装トラブルを起こして票を操作

某選挙では、自治体の開票速報のHPが「不具合」で閲覧不能となり、30分ごとの途中データが発表されず、最終結果だけが公表された。システム運用会社が、不具合の解消のため遠隔操作を行ったとされているが「遠隔操作でデータを改竄した」が事実である。

(4)不正プログラミング

2015年の大阪W選挙では、不正プログラミングによる票改竄が行われた可能性が疑われている。都知事選でも指摘されているが、前回の候補の得票数や投票 者数に一定の係数を掛けて算出された機械的な数字が、どの選挙区でも得票数とされている。統計学的に見て人為的ねつ造データでしかありえない、異常な状態 である。選挙システムの管理・運用会社が同じであるばあい、複数の自治体で同じ手口で不正を行っている可能性が高いことも判明している。つまり、このケー スの場合、実際の票と開票結果には何ら関わりがない。再開票すれば、選挙結果と全く異なる事実が判明するはずだ。だから、裏社会は何としても再開票をさせ ないよう、裁判所にまでも手をまわして阻止するのである。

(5)バーコード不正

500枚の票の束の上にバーコードシールを貼り付けて、特定候補者の票であることを示すのであるが、このバーコードを別候補のものにすり替えても、見た目 では区別ができない。束を解いて、票の実物を目視できれば不正が分かるが、500枚の束は厳重に縛られており、捲って見ることもできないように配慮されて いる場合もある。その束の中身は、表と裏を除いては、白票かもしれない。

サーバーがダウンしたとの口実で、開票途中結果を公表しないのは、票の増え方・積み上がり方が、誰かの票をほかの誰かに付け替えたことが簡単に発覚してしまうからであろう。

(6)計数機のトラブル

機械トラブルが多発し、その都度、予備の計数機がジュラルミンケースから出されて交換されるが、この際に隠されていた偽票を開票所に持ち込む手口に使われ ていると思われる。また、大きめのリュックを背負った職員が、何の咎めもなく開票所に入場しているが、偽票を持ち込んでいると思われる。

開票所でも票のすり替えは行うが、票数の辻褄を合わせるため、「調整」が必要になってくる。諫早のケースで、開票が終わった後も選管が票を数える作業を隠れてやっていたのが、これであろう。

計数機のトラブルは、開票中に当日票の差し替えをする場合に使う手口で、時間稼ぎをするためである。


(7)不正プログラミング2

PCにA候補の正しい得票数を入力すると、自動的にB候補の票として記録されるよう不正プログラミングが組まれている。6月の沖縄県議選でこの手口が使われ、候補者陣営が疑惑を指摘して後、当選者が入れ替わっている。

日本の不正選挙には、まさしく、裏社会が関わっている。ヤクザの大きな利権となっている。選管などと癒着した裏社会は、不正選挙で当選させてやる代わり に、1票1万といった「不正代行料金」を徴収する。当選者は、信用保証協会から無担保で1億円を借りて裏社会に払う。もしくは、生命保険に加入させられ る。

当選者は、当選後、歳費から返済することになる。だから、いつも、資金に汲々としている。落選した場合、資産を売却して返済する。もしくは、裏社会が事件、事故に見せかけて●し、換金する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上の集計操作に加えて、これまでの不正国政選挙では、マスコミによる情報操作と選挙管理委員会の共謀が行われてきた。この共謀した手口については、以下の記事がわかりやすくまとめている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

選挙のしくみ考察

不正選挙はどのようにして行われたのか。まず投票前、開票前、開票中、開票後の4つのタイミングに分けて考えてみます。

それぞれのタイミングで、出来ることをまとめてみました。

●選挙当日の行列はなんだったのか?しかも行列は1ヶ所や2ヶ所の投票所ではない。おそらく戦後、最大級の投票率だったのだろう。有志で行った出口調査の 方々も午後3時の時点で報道の投票率は、実際より10%低かったと報告されている。国民はみんな選挙に行ったのだ。戦後最低の投票率は違和感を覚えずには いない!

投票前にできること

1、期日前投票の票を改竄。比例、選挙区とも生活の票を捨てる。投票率を維持する場合は、捨てた票数だけ自公の票を水増しする。

2、別の選挙箱を用意し、改竄したい票を仕込んでおき、投票後にすり替える。その選挙区の投票率を設定しその数に見合うトータル票数にしておく。各候補への票数は一定の%を決め、そのように配分しておく。

  a.票の作成に日数を要するので小沢氏は直前に党名を未来に変えてみた。このことを考えなければ、政治家が直前に党名を変える不利を実行するわけがなく。
  b.選挙用紙の管理がズサンな点もこのことを裏付ける要因となる。ある選挙区では日付等が印刷されていないものがあった。

開票前にできること

1、投票箱をすり替える。前項の2で説明した投票箱にすり替える。

  a.すり替えは、輸送車のすり替え等によって現体制では簡単にできる。

2、投票箱を開けて、中の票を改竄する。投票箱を秘密裏に開けるのは、すり替えよりも難しく、投票所から開票所までの間に何処かへもって行く必要がある。

3、投票箱の輸送を誰が誰に発注しているかがポイント。輸送人及び業者は、改竄グループの必要がある。

4、投票箱への善意の第三者の監視が困るので一部の警察も加担していると考えられる。

  a.投票率を低く設定したなら生活関連の票を捨てる。
  b.捨て票以外にも、自公の票を水増しする。投票率と合うように他票を捨てる。
  c.1項のようにあらかじめ用意しておいた票に全部すり替える。
  d.上記の条件としてトータル票数を変える場合は、選挙区、比例区の両投票箱の改竄が必要。

開票中にできること

1、ムサシを使った改竄。

  a.ムサシの機械の中で票の書き換えが行われ、票数を改ざんしている。
  b.機械に入れる前と入れた後と票をチェックする必要がある。
  c.抜き打ちでムサシへ入れる前にあらかじめ票を検収しておく必要がある。
  d.ムサシが正しいという前提で開票を行うのは、選管がムサシと癒着している。
  e.開票所においてグローリーやその他の開票機械と常に比較する必要がある。開票所によって機械を変える。

2、バーコードを使った改竄。500票の束に政党や候補者を特定するバーコードを付けるが、これを変える改竄。

137442395828713105075.jpg

  a.全バーコードを公表し、全開票所で同一のものを使用する必要がある。
  b.簡単なバーコード読み取り機を立会人側で用意し確認する必要がある。

3、500票の束の作成について

  a.束作成時に改竄がないか確認必要。
  b.開票所の隅々まで、後の確認のためにカメラ設置必要。
  c.開票所において立会人の中には、とにかく現状を容認し、
   余計なことに触れさせない人が多い。
  d.近接カメラ撮影を拒む、選管並びに立会人が多い。

開票後にできること

1、下記表のように各都道府県の集計にアクセスでき、集計表を時間単位で簡単に改竄できる、
  システム構成を作っていると考えられる。

  a.各開票所から中央集計所に票数が集められるネットワークに入り込み票数を改竄。
  b.現実の票数と架空の票数をあらかじめ設定された%で時間単位に入れ替える。
  c.各開票所とはまるで関係ない票数を入力しあたかもそれが集計のように演出する。
  d.各開票所では、カルトを使った偽装工作により、偽結果を信じ込んでしまう。
  e.舛添氏の場合は猪瀬氏の得票傾向の約48%で一致。得票傾向とは架空得票の時間ごとの実績。

2、大改竄のためのマスゴミの大きな役目

 
 a.維新のようなブームを作り、別の争点を用意し、本来の争点隠しを行い偽対立政党を作る。
  b.偽対立候補により、本当の受け皿政党の票を捨て、偽対立候補に票を水増し。
  c.選挙の投票率を低く改竄し、受け皿政党の大量の票を破棄。
  d.選挙の投票率が低いと浮動票より組織票有利に印象操作しやすい。
  e.偽出口調査であらかじめ決めていた一定比率の得票を紹介し印象操作する。
  f.事前に当選候補は決まっているので開票同時に当確が出せる。

開票後の改竄が本当なら

1、投票は全くのポーズで印象づくりである。

2、不正側は、不正選挙の偽結果の印象づくりで必死である。

3、はじめから決まっているのであれば選挙などやる必要がない。

4、総務省及び政府そのものが、改竄を指示している。

5、マスゴミの金太郎飴みたいな選挙結果報道は納得できる。

6、政治家は投票人に政策を訴えるようなふりをして、実は選挙の不正黒幕に媚している。

7、この改竄は、いつ頃の選挙から始まったのだろうか。

8、不正選挙に勝った政治家は国民の言うことより不正黒幕の言うことをきく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

選挙前の新聞やテレビの報道のほとんどは、選挙の本当の争点から国民の目をそらして、自分たちの未来を託すに足る候補者や政党に支援が集まることを妨げるためのキャンペーン(世論誘導)である。今回の選挙で問われるべき真の争点は、2012年以来の安倍ニセ政権の「成果」への評価とこれから計画されている憲法改定の是非であることは明白である。これから初めて投票所に足を運ぶ新しい有権者は、マスコミやネットを使った偽情報キャンペーンに惑わされることなく正しい政策を選択する識別力を働かせて投票を行うと共に、不正選挙の現実を直視して今回の参議院選挙が公正に行われるように監視の目を注ぎ続けることを期待したい。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




生活・山本太郎代表「なんて生きづらい世の中なんだ。あなたらしく生きてていい、という世の中を目指したい」(産経6/22)

生活の党と山本太郎となかまたちの山本太郎代表は22日午前、東京・新宿駅南口で第一声を行った。「安全性も担保されていない原子力が再稼働され続ける。いつ地震が来てもおかしくない状況にあるのに、どうして原発をとめられないのか」などと述べた。

第一声を行う「生活の党と山本太郎となかまたち」の山本太郎共同代表=22日午前、東京・JR新宿駅南口(鈴木健児撮影) 

第一声を行う「生活の党と山本太郎となかまたち」の山本太郎共同代表=22日午前、東京・JR新宿駅南口(鈴木健児撮影) 

詳報は次の通り。

新宿駅周辺をご通行中の皆さん、おはようございます。生活の党と山本太郎となかまたち共同代表の山本太郎と申します。よろしくお願いします。

  なんて生きづらい世の中なんだ。自分が生きてて、自分自身が生きてて、許されていると自分で感じますか。世の中からあなたが必要とされていると感じます か。なかなかそんなこと感じづらい。どうしてですか。役に立たなきゃ生きていちゃいけない。生産性がなきゃ生きてちゃいけない。そんなふうに思わされてな いですか。誰かの役に立て。会社の役に立て。国のためになれ。国の役に立て。そんな空気が流れている中、あなたがあなたらしく生きてて、それでいいんだ よ、という世の中を目指したい。じゃあ、そのためにはどうしたらいいのか。

 今、あなたの生活、苦しくないですか。生活が安定していなけれ ば、自分自身の中にバランスの取れた気持ちがなければ、前向きに生きることなんて難しいですよね。飢えることなく、住む所にも困ることなく、そして文化的 な暮らしができるような、少しでも演劇とか例えばライブとか読書とか、いろんな文化的なことにふれられるような余裕がなきゃ、生きている意味なんてないで すよね。ただただ働けってか。今広がっているのは長時間労働、低賃金。「これをどうやって是正するんだよ、国は」って話なんですけど、やる気はございませ ん。

続きを読む



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2012年不正衆議院選挙でねつ造された安倍ニセ政権は、国民のあらゆる抗議の声を無視して国民生活を破壊し、日本を世界核戦争に巻き込む策動をまっしぐらに押し進める狂気の暴走を続けて、今回公示された2016年参議院選挙でも不正選挙によって自公安定多数を維持して、「国民の信を受けた」という名目で憲法改定を強行しようとしている。

今回の参議院選挙の意義については、以下の記事を参照。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参議院選挙始まる

Hideki Tani

 参議院選挙が6月22日公示、7月10日投開票で行われます。今回の選挙は、①安倍政権の経済政策の行きづまりの内容や②安全保障県連法の是非、③消費 税増税の是非、④TPP大筋合意に対する是非、⑤ムサシやグローリーによる票計数器や票仕分け機による不正選挙を問います。  安倍政権は、ユダヤ金融の日本支配の傀儡として①安全保障関連法の成立を受けた防衛費の拡大や②株価上昇による景気の偽装、②中国との関係悪化を前提に したドル経済の防衛、③マイナンバー法による情報公開の制限と住民への監視徹底、④共謀罪規定を盛り込むためのテロ対策法案および刑法改定を進めてきました。

21世紀に入ってからの参議院選挙や衆議院選挙は、①共産党の都道府県の全て候補者の擁立や②民主党政権の崩壊のための第3極と称した傀儡政党の暗躍、③ムサシやグローリーによる票計数器や票仕分け機による不正選挙に肖った国会議員の確保とユダヤ金融に問って嫌悪している国会議員の落選、④与党Aチームと野党チームのマッチポンプによるユダヤ金融の日本支配のためのスピンの役割を進めるためでした。

 日本の選挙システムは、不正選挙で成り立っています。不正選挙の手口は、2012年の衆議院選挙や2013年の参議院選挙、2014年の衆議院選挙、衆議院北海道五区補欠選挙を通じて①システム機器メーカーのムサシの票計数機と票仕分け機による票の改ざん、②期日前投票による票の改ざんです。偽装の国会議員や偽装の地方自治体議員、偽装の首長の誕生は不正選挙のお陰です。【注】

 今回の参議院選挙では、20歳以上から18歳以上の選挙権の引き下げになりました。これらの若年層が不正選挙の餌食にされます。選挙権の年齢引き下げが、有権者意識の向上や投票率の向上のためを建前にして不正選挙に肖る国会議員の誕生に拍車を掛かりそうになっています。
 定数1の選挙区では、民進党と社民党、生活の党、共産党の野党4党が其々の公認候補の擁立をやめて①民進党公認や②無所属、③共産党公認の3つのタイプの何れかに収れんしました。共産党がいち早く全選挙区の擁立を断念して3つのタイプの何れかを選択しました。野党4党は、①安全保障関連法の廃止や②アベノミクスと言う名の経済政策の是正、③TPPや辺野古米軍ヘリポート基地建設などの安倍政権の政治に反対する3つの共通政策でそれぞれの候補者に合意を得ています。

 私は、①野党4党による共通政策による定数1人区での野党共闘の候補者の当選や②大阪選挙区(定数4)での民進公認の現職のおだち源幸と共産党公認の新人のわたなべ結の当選で自民党、公明党、おおさか維新の会の2議席確保をさせないこと、③比例代表での社民党の2議席確保、④ムサシやグローリーによる票計数機と票仕分け機による票の改ざん、期日前投票による票の改ざんを実施させないことを進めていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【注】

2000年・2004年のアメリカ大統領選挙で実行された不正選挙の手口は、日本の2009年の衆議院選挙・民主党代表選に持ち込まれて2012年衆議院選挙で全国の投票所で大掛かりに実行された。マスコミは一斉に「史上最低の投票率」と報道したが、各地の投票所から報告された画像と報告記事は、公式報道とは逆に史上稀に見る高い投票率であったことを証明している。「低い投票率」と宣伝する一方で、各地の投票所では「スピーディーな集計作業」を理由にして早めに投票所を閉鎖するという理不尽な措置を行った。これらを総合すると、2012年の衆議院選挙では、政府・マスコミ・選挙管理員会が一体となって、安倍晋三の持ち株会社である株式会社ムサシによる集計操作と創価学会員などを動員してねつ造したニセ票を入れた投票箱へのすり替えによる不正選挙が実行されたことは疑う余地のない事実であるとこの問題に関心を持つ多くの人々は考えている。

☆F★

参照

【資料室】不正選挙

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この道を。力強く、前へ。(DailyMotion動画)

ベンジャミン・フルフォード氏が安倍首相の逮捕が近づいていることを報道している。このニュースで注目すへき点は、安倍晋三・石原慎太郎・安倍晋太郎が、ブッシュ・ナチ勢力+北朝鮮テロ組織と連携して人口大量削減→NWO(新世界秩序)計画を推進し、3・11核テロと2012年12・16不正選挙・2013年7・21不正選挙を共謀した事実が明らかにされつつあるという点である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フルフォード1/14,2014:安倍首相がオウムサリン事件関与で逮捕される見通し

先週の間、さまざまな情報筋が、白龍会に安倍首相がオウムサリン事件に関与していた証拠を提供していた。この理由で、1月21日にスイスのダヴォスで開催される秘密結社の集会で安部首相がテロ犯罪関与の罪で逮捕される可能性があることを、中国・イギリス・日本とアメリカの情報機関が伝えている。

オウムカルト教団は、前東京都知事の石原慎太郎、安倍首相の父親の安倍晋太郎を含む極右グループによって設立され、安倍晋太郎はブッシュナチ勢力と緊密に連携して、大量破壊兵器の開発と普及を進めていた。

もし安部晋三がスイスで逮捕されれば、捜査の手が3・11核テロ関与と(2012年衆院選・2013年参院選)不正選挙犯罪に及ぶことになると警察の情報筋が伝えている。

関連情報:ベンジャミン·フルフォード - 2014年1月14日 英語圏版

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リチャード・コシミズ氏は2014年1月4日の東京講演会で、韓国統一教会の文鮮明が北朝鮮の金日成と義兄弟の契りを交わしている事実を公開している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014/01/07 に公開

kozi moto

この講演会で語られた内容の濃さ!素晴らしい講演会です。
是非とも全編でご覧いただきたいと思います。

今、私たちが直面している様々な問題の根本原因が全て語られています。
・数々の近代戦争の真実
・アポロ計画の嘘
・福島原発事故の真実
・極東アジア情勢の真実
・中東情勢の真実
・日本の支配構造と北朝鮮の関係

この講演会で語られた真実を知れば全てが理解出来ます。

最後のコシミズ大将の感動のお言葉に涙しました。

2014年の指標としてそこだけカット編集UPさせていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここにも巧妙な「ユダヤの両建て方式」が潜んでいる。世界を対立する2つの陣営に分けて、それぞれの間で戦争を起こして、両方に武器を売りさばきながら、人口を大量に削減する計画である。マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは世界革命行動計画で宣言している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最終的には、我々の運動に尽くす少数の金持ち、および我々の利益を守る警察と兵士と、 プロレタリアートの大衆が残ればいい。

ヴァイスハウプトの策略は求める。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

既存の宗教(神道・仏教・キリスト教)を破壊するために、オカルト宗教団体をねつ造して既存の宗教信者を吸収し、「世界統一宗教」に統合してそれ以外の宗教をすべて廃止することをめざして活動を進めてきた。したがって、敗戦後の日本で急速に信者を拡大して政財司法界に影響力を浸透した新興宗教団体のすべてはユダヤ金融資本の世界支配計画の一環をなす戦略であったのである。 ☆F★

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安倍官房長官 統一教会関連団体の集会に祝電

安倍晋三官房長官が今年5月、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の関連団体の集会に祝電を送っていたことが分かった。安倍長官側は「地元事務所が送った」と事実関係を認めるコメントを出した。統一教会は霊感商法による訪問販売や合同結婚式への参加強要が社会問題化している。

(毎日新聞)【青島顕】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界支配相関図(日本編) 

世界支配相関図(日本編)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中国の核に対して、日本も核武装すべきだ

中国は核兵器を持っており、いつでも「日本の主要都市に核兵器を使えます」と言って要求を突き付けてくることができる。戦後、日本は「日米同盟があるから、アメリカの『核の傘』で、日本が攻撃されたらアメリカが反撃してくれる」という前提で、「自分たちは何もしなくていい。最小限度の自衛隊だけ持っていればいい」と思ってきた。しかしこれからは、それでは済まない。

幸福実現党・立木党首「日本は核武装を」

「維新政党・新風」は、「核武装推進」を公約している。 

 VIDEO 創価学会は北朝鮮宗教である

創価学会の末端信者が知らないところで、創価学会は北朝鮮と深い関係を築き上げてい­るのです。創価学会は北朝鮮によって、いいように利用されているのです。創価学会は、­誰がなんと言おうと、北朝鮮宗教なのです。貴方が知らないだけなのです。貴方は、創価­学会の真実を知らされずに搾取され利用されて来たに過ぎないのです。貴方は宗教に隷属­する奴隷なのです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VIDEO  映像が証明する秘せられた驚愕の真実 ! ! ジェイ・エピセンター 氏

密かに米国で進行中の民主主義圧殺と軍事独裁体制への志向&石油に代わるエネルギー資­源「水」 !
- 映像が証明する秘せられた驚愕の真実 ! ! - 
ヒップホップアーティスト&国際情勢・新エネルギー研究家
ジェイ・エピセンター 氏

ワールドフォーラム2008年10月例会 ジェイ・エピセンター 氏

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Satoru Noumura

熊本→北海道“的中”の地震専門家 「次は首都直下」と警鐘

元前橋工科大教授の濱嶌良吉氏(地殻変動解析学)の予測です。ちょっと気になるので、お知らせしときます。濱嶌氏は「数年の間に、いつ巨大な首都直下地震が起きてもおかしくない」と警告しています。
このような列島全体の地震活動が激化しつつある時代に、東京五輪を開催するのは、とても無茶なような気がしますが‥‥

東京から各国政府と大企業が逃げ出している!?大使館が続々と西日本へ移転!モーターショーも名古屋に移動!

官僚の東京脱出が始まった : 文化庁、京都移転を明記=消費者庁は今夏判断―政府方針案

23区内の本社、地方移転で税制優遇 東京集中を緩和へ(朝日6/19,2015)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ここに深刻な関東圏放射能汚染の真実がある!

福島より放射能汚染が深刻な首都圏のホットスポットが判明!(週刊プレイボーイ3/24,2016)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GFLJ4/22,2015:小松左京氏が残した未来への警告

・・・・・・・・・・

「首都消失」に備えよ=国民の権利制限も必要―石破茂自民党前政調会長・震災1年(時事通信2012年 3月6日(火)17時31分配信)

―首都機能のバックアップに向けた整備が検討されている。

首都直下型地震が起きた場合、立法、行政、司法が機能停止に陥ることもある。バックアップという考えよりも(首都機能を)分散するという考え方を真面目に考えないといけない。

―首相が死亡などした場合、首相の職務を代行する継承順位は閣内で5人目までしか決まっていない。

対象を閣僚に限定する必要があるのかどうか。米国は上下両院議長も含めている。例えば(全閣僚が集まった場に)核弾道ミサイルが落ちたら全員死ぬ。その場合の規定は全くない。


小松左京さんが書いた「首都消失」という小説がある。首都そのものが消え、全国知事会が臨時内閣をつくるという話だが、そういうことも当然考えるべきではないか

・・・・・・・・・・

日本を代表するSF作家の小松左京氏は、『日本沈没』『首都消失』を発表することで、重大な警告を未来の世代に発信しようとしていたのだろうか?

沖縄戦で自分と同年齢の中学生の少年たちが、銃を持たされて多数死んでいるのを知り、「生き残ってしまったものの責任」を考え、文学をそして、将来SFを書く契機となったという(ウィキペディア)小松氏は、京都大学で冶金工学を専攻し三洋電機の技術者となった兄は、戦争のさなかでも科学書を読み漁り、小松に科学の知識を教えた。またこの兄は、広島に落とされた新型爆弾が原子爆弾であることを教えたという。(同)

第二次大戦の意味と原子力爆弾の投下が深層意識に強烈に焼き付いていた小松氏は、おそらく世界を裏側で支配する勢力が次の世界大戦を計画している危険を予感していたにちがいない。破滅的な災害と経済 恐慌の後に世界大戦が起きるというパターーンが繰り返されるのは決して偶然ではないことに小松氏は気づいていたのかもしれない。そして関東大震災のパニッ クに火を注いだのは「朝鮮人が武器を持って暴動を起こしている」、「井戸に毒を入れている」などといった流言であった。

タイター予測ではこのような恐るべき未来が実現することになる。

20** 年*月*日、中国・ 北朝鮮連合軍が韓国・台湾を侵略して併合する。*月*日、日本国防軍は米軍と連合して反撃を行うが、中国・北朝鮮軍の核攻撃と核テロによって国土は荒廃 し、国民はパニック状態に陥る。パニックに乗じて中国軍が上陸して日本を「東アジア連邦」に併合する。あらかじめ国内各所に潜入していたアジア移民が内部 から中国軍を支援して日本の反撃を妨害する。

このような恐怖の未来が実現しないことを祈るのみである。

☆F★

関連記事

大阪都構想と首都消失計画

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大阪市選挙管理委員会は30日、「大阪都構想」(5月17日投開票)の「投票公報」を公開。これは、通常の選挙でいうと、選挙公報にあたるもので、1日から市内の約140万世帯に配布していくという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
橋下徹大阪市長を中心とする大阪維新の会が遮二無二実現を推し進める「大阪都構想」。しかし、山積みする政治課題を放置して進める「都構想」に向ける国民の目は冷ややかである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の投票は、
 ①大阪市を廃止する
 ②その上で特別区を設置する
というものです。しかし投票用紙には②が書かれていますが、①の「大阪市廃止」は書かれておらず、「隠蔽」された格好になっています。

このままでは、多くの有権者が、大阪市が廃止されることに気づかず(!)、さながら大阪市が存在したまま特別区が設置されると「勘違い」して賛否判断を下す可能性が明確に存在します。

いわゆる大阪都構想の住民投票用紙に戦慄が走りました!

5月17日の都構想住民投票に向けて橋下徹があがいている。。

これまでの主張の曖昧さを指摘されて抗弁するのではなく、

    『俺を信用してくれ!』

という論理で誤魔化す。。と日刊現代が報じている(後段)。

    そもそも都構想じゃない!

            年金・医療・介護

       経済・エネルギー・防災などの諸課題の解決が先決だ!!

都構想じゃない!年金・医療・介護/経済・エネルギー・防災が先決だ!!(街カフェ5/3)

大 阪都構想。二重行政解消のため大阪市を解体して「大阪都」のもとで5つの特別区を作るというが、維新の党が公約とする「道州制」が実現し「関西州」ができ れば、今度は「大阪都」が解体となる。その結果、現在の大阪市には5つの特別区だけが残る。「大阪」を消滅させて、一体何をするつもりなのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「大阪都構想」の初期構想は「1953年の大阪府議会「大阪産業都建設に関する決議」に始まり、2000年頃、太田房江大阪府知事(当時)が大阪府と大阪市の統合を掲げた大阪新都構想を唱えて、2001年の「大阪府行財政計画」に「大阪都」という言葉が表現されている。2010年3月に、橋下知事(当時)を代表とする「大阪維新の会」が発表した行政構想で、大阪府全域を「大阪都」とし、大阪市・堺市の政令指定都市を解消させ大阪府と一体化させるというもので、2015年までの実現を目指すものとされた。(大阪都構想 - Wikipedia

しかし、2012年以来の不正国政選挙で安定多数をだまし取った安部ニセ政権が、世界核戦争への道を突き進む日本破壊路線との関連が、一般の国民には理解されていないと感じる。

これまでの研究で明らかになりつつあることは、3・11人工地震は1995年阪神人工地震に続く「日本沈没計画」の一環であり、引き続いて「首都消失計画」実施に伴う暫定的な首都移転を準備する策動を橋下維新の会は進めようとしているのではないかという推測である。

メディアは報道していないが、3・11直後から首都圏の放射能汚染は深刻化を増して、各国大使館が東京から機能移転を進めている状況が報告されている。

☆F★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照


 

「首都消失」に備えよ=国民の権利制限も必要―石破茂自民党前政調会長・震災1年

時事通信 3月6日(火)17時31分配信

自民党は、非常時に首相の権限を強化し、私権を制限する緊急事態条項の創設などを盛り込んだ憲法改正案を検討している。 

(国家的危機の)究極の形は有事だ。外国からの侵略に際して、権限を集中し、国民に義務を課し、国民の権利を制限することは独立国家を維持するために当然だ。全ての国にある規定なのに、なぜ日本だけないのか。

―首都機能のバックアップに向けた整備が検討されている。

首都直下型地震が起きた場合、立法、行政、司法が機能停止に陥ることもある。バックアップという考えよりも(首都機能を)分散するという考え方を真面目に考えないといけない。

―首相が死亡などした場合、首相の職務を代行する継承順位は閣内で5人目までしか決まっていない。

対象を閣僚に限定する必要があるのかどうか。米国は上下両院議長も含めている。例えば(全閣僚が集まった場に)核弾道ミサイルが落ちたら全員死ぬ。その場合の規定は全くない。


小松左京さんが書いた「首都消失」という小説がある。首都そのものが消え、全国知事会が臨時内閣をつくるという話だが、そういうことも当然考えるべきではないか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事

5月11日に第2の3・11人工地震が計画されているという予測

・・・・・・・・・・

5月11日は一応、用心をした方がよいかもしれませんね。キチ害シオニストが日本に大災害を発生させる危険性があります。ただ、2011年以来、彼らの計画は失敗し続けていますから、思うように世界をコントロールできていないのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の太平洋沖でM5.7の地震(ロシアの声2/25)

日本の太平洋沖でマグニチュード5.7の地震があった。米地質調査所より。

震源は本州南沖548km、深さ10kmの地点。
日本の気象台は地震について発表しなかった。被害情報はない。

「日本の気象台は地震について発表しなかった。」が事実なら、人工地震仕込み中の恐れあり。要警戒。(RK2/26)

「日本の気象台は地震について発表しなかっ た。」が事実なら、人工地震仕込み中の恐れあり。要警戒。この他に次の地震を発表していません。 2/24 04:05 マグニチュード4.2 深さ511キロ 2/25 12:42 マグニチュード4.4 深さ 42キロ 八丈島の南あたりに、無数の穴が開けられているかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

19年目に暴露されつつある阪神人工地震の真相 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1/14:フルフォード情報-日本の安倍はオウムのテロ攻撃を演じたことでスイスのダボスで逮捕される

先週様々な情報筋が白龍会が示した、日本の安倍首相がカルト宗教オウム真理教の地下鉄サリン事件に深く関与していた証拠を提出した。

その理由として、安倍が1月21日に陰謀団と会談するためにスイスのダボスに出向いた時に、彼がテロの容疑で逮捕される可能性が高まっていると、中国、英国、日本及び米国の諜報局は話す。

オウムカルトの審判の日は、元東京都知事の石原慎太郎及び安倍の父である安倍晋太郎を含む右翼過激派によって設定された。 安倍晋太郎は西欧で大量破壊兵器を開発し、拡散するブッシュ/シェルフナチの派閥と緊密に活動していた。

仮に安倍がスイスで逮捕されなければ、日本の捜査当局は、3.11核及び津波テロ攻撃に関与と同様に、不正選挙の罪で彼の逮捕を狙うだろうと、日本の警察当局高官は話した。

・・・・・・・・・・

先週ある人からの報告を含む筆者への書簡が送られてきた。 MI5からの引用:

「1990年1月、モスクワでの会議の間出席した時だった。 日本の派遣団のトップが外務大臣である安倍晋太郎(安倍首相の父)に導かれてソ連のゴルバチョフ大統領及びその側近である共産党政治局のメンバーであるアレクサンドル・ヤコブレフに会った。

彼らの意図は”2国間協力”を打ち立てることだった。更に1991年1月の会合で、ヤコブレフを通してゴルバチョフは、9億ドルで米国に対し地震を起こすことが技術的に可能なソ連の超秘密試作兵器を日本に提供した。

ゴ ルバチョフはまた、ロシアの兵器技術の第1世代に日本のマイクロチップやエレクトロニクスのノウハウを組み入れることによって、第2及び第3世代の試作 スーパー兵器を開発するために、両国の賢く若い原子物理学者の頭脳を採用して活躍してもらおうと、モスクワに日本-ロシア合同大学を設立することで山口敏 夫衆議院議員と合意した。

その大学はオウム真理教及びオレグ・ロボフによって運営された”カルチュラル・スタディーズ”に託けて直ぐに創設された。

ロボフは1991年後半のゴルバチョフを排除するクーデターの後、エルツィンのロシア連邦安全保障会議書記になった。

そのオームのメンバー達が1991年最初にモスクワにやって来た。」
また、米国上院議員(現在は退職した)サム・ナンの報告では、オウム真理教がロシアと密接に活動していたことを暴露している。

ナン及びその他の筋によると、これらの兵器は地震を引き起こす電磁パルス兵器を含んでいた。
調査員ハリー・メイソンは、オウムの科学技術省大臣である村井秀夫(原子物理学者)が”現存する最も知的な日本人”として認められたことをオーストラリア連邦警察から知らされた。

村井は試作兵器技術の前-オウムの背後の事情を知っていた。宇宙X線を専攻する宇宙物理学者として学位を得ようとして、鉄の常温成形に応用できる高周波及び他の試作/波向線技術を調査するために、彼は神戸製鋼に勤務していた。  彼の神戸製鋼の研究室は1995年の阪神・淡路大震災の震源地点となった。

従ってスイスでは現在安倍晋三を逮捕する正当な法的基盤ができているのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





 





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山本太郎議員の宇宙船映像の公開は、日本の政治の大きな変化の幕開けとなる。これから日本の政治家に、世界はもとより宇宙全体を視野に入れた政策の立案が求められる時代が訪れることになるからである。これまでの日本政府と政治家が宇宙文明に対する認識をどう発表したかを振り返ってみたい。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

GFLJ9/23,2014:日本政府に宇宙の真相公開を求める活動を始めよう

フリーエネルギー研究所所長の井出治さんは、2012年に公開された対談で2007年9月14日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げた月探査船「かぐや」が、さまざまな建造物や宇宙船を撮影していた可能性が高いと述べている。

「かぐやの調査結果が全く(ほとんど)公開さ れていない理由は、一般に知られては困る多数の建造物(や宇宙船)が撮影されていたためだと思われる。かぐやが打ち上げられた直後に町村元官房長官が国会 で山根議員のUFO質問に対する答弁を行い、国会後の記者会見で”個人的にそういうもの(宇宙船)はあると思う”と答えている。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国の探査船が撮った月面映像 (陽毬) 2012-02-19 19:05:52

これは、ディスクロージャーを導くための、良い資料になると思います。というのは、中国が撮った月面映像と日本が撮った月面映像が異なるという点です。

同じ月面を撮った映像なので、中国の映像にはあるが、日本の映像にはない、ということはあり得てはなりません。日本の映像に手を加えられている(消した?)可能性もあるということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

政府は18日、未確認飛行物体(UFO)について「存在を確認していない」とする答弁書を閣議決定した。山根隆治参院議員(民主)への答弁。UFOに関する政府の公式見解は初めてという。

UFOを巡っては、仏国立研究機関が今年3月、ウェブサイトで目撃情報を公開したほか、米航空宇宙局(NASA)は65年の「墜落説」に関する部内文書の存在調査に乗り出している。

山 根氏が「近年、目撃情報が後を絶たない。我が国の安全上の観点からも、情報収集は喫緊の課題だ」とただしたのに対し、答弁書は「特段の情報収集や外国との 情報交換、研究はしていない」「わが国に飛来した場合の対応も検討していない」などと、つれない回答に終始。ただ、町村信孝官房長官は記者会見で「個人的 には絶対いると思う」と述べ、こうしき見解と「対立」する見方を披露した。
(毎日新聞2007年12月18日)

○町村信孝官房長官は18日午後の記者会見で、未確認飛行物体(UFO)について政府が存在を確認していないとの答弁書を作成したことについて、「政府答弁は政府答弁であり、私は個人的には、こういうものは絶対いると思っております」と語った。会見の詳細は以下の通り。

--先日民主党の参院議員から未確認飛行物体(UFO)に関する質問主意書が出され、本日、政府としては存在の確認していないなどとする内容の答弁書が出されたが、この質問の内容や答弁書の内容について長官の考えは

-- 「うーん、まあ、あのー、政府のそれは公式答弁としてはですね、UFOの存在は確認していない。だから、対策なども特段検討していないという極めて紋切り 型の答弁しかないだろうと思いますけれども、あのー、私は個人的には、こういうものは絶対いると思っておりまして。個人的な、個人的な意見でありまして、 政府答弁は政府答弁であります。そうじゃないと、いろんなところにあるね、ナスカ(の地上絵)のああいう、説明できないでしょ。と、思っているんですけれ どもね。ま、ちょっと、これ以上広げないようにします。どうも。毎回、こういうご質問をお願いいたします」
(産経新聞 2007.12.18)

○【山根議員のUFO質問主意書】

質問第八四号
未確認飛行物体に関する質問主意書
右の質問主意書を国会法第74条によって提出する。
平成19年12月10日
山根隆治
参議院議長 江田五月 殿

未確認飛行物体に関する質問主意書

近年、我が国のみならず、各国において地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体(通称UFO。以下「UFO」という。)を目撃したという情報が後を 絶たないが、我が国の安全上の観点、国民的な不安と関心からもこれに対する情報収集と確認作業は喫緊の課題であると考える。
そこで、以下質問する。

1 政府としてUFOについてどのような認識を持っているのか明らかにされたい。
2 政府及び関連機関等でこれまでUFOに対しどのような情報収集や研究、対応を行ってきたのか明らかにされたい。行っていないとした場合、それはどのような理由からか明らかにされたい。
3 UFOが我が国に飛来した場合に想定される対応について、政府の見解を示されたい。
4 航空自衛隊がUFOを探知してスクランブル(緊急発進)をしたことがあるのか明らかにされたい。
5 アメリカを始めとする友好国等との間で、UFOについての情報の交換をこれまで行ってきたのか明らかにされたい。
6 国民や民間団体から寄せられた情報の整理、分析、確認作業は、国のどの機関で行うのか明らかにされたい。

右質問する。

「UFO存在確認していない」政府が公式見解(2007年12月18日)質問主意書

民主・海江田代表驚きの「告白」 「UFOの存在を信じている」

民主党の海江田代表は「UFOの存在を信じている」らしい...

民主党の海江田万里代表が「UFOの存在を信じている」ことを明かしたのは、東京スポーツ(2014年11月27日付)のインタビューでのこと。海江田代表は「いつ聞いてくれるか待っていたんだよ(笑い)」と、まだかまだかと待ちかまえていたかのように、こう答えた。

「UFOの存在は信じている。古代文明には、宇宙人が(地球に)来ていたんだと思っている。ぼくは『ディスカバリーチャンネル』(米国のテレビ局で放送される世界最大のドキュメンタリーチャンネル)でUFO、宇宙人の特集のときはずっと見ているよ」

   東スポはこの答えに、「意外な反応が返った」としている。

GFLJ9/6,2014:闇の勢力と異星人の共謀は戦前から続いている

上の動画では日本防衛庁の国家秘密文書が紹介されている。それによると1954年(昭和29年)5月1日に自民党香川連合会に届いた防衛庁の書類で、アメリカ海外調査局の支局長とおぼしき人物から防衛庁幹部に与えられた極秘の情報をメモしたものと思われる。

(内容の一部)

54年5月1日 OSI ミスター・ヤマダ

一時CIAからの申し入れで中止されていた米空軍によるUFO情報・資料の収集が再開された。

これは国連の宇宙科学委員会の要請に基づくものとされているが、実際は最近(4月26日?)メキシコとの国境付近で原型に近い(アダムスキー型)UFOの墜落物が発見されたためである。航空自衛隊ではUFOを専門に取り扱うセクションはないのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お名前を明記してよいですかとお聞きしましたら、山本太郎氏も、山本乃夫子氏も、いい­です。「事実は事実ですから」と。その勇気に敬意を表し、感謝します。で、みなさんに­、2015年05月03日、憲法記念日のその日に、横浜、みなと・ミライに現れたUF­Oを紹介します。そのとき山本太郎氏は、何人かのクルーとともに、ヘリコプターに乗っ­ていました。そのとき、画面の背景に、UFOが写りこんでいたというわけです。

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまで表立って姿を見せることの少なかった銀河連邦(宇宙連合)の宇宙船(SS)のデモンストレーション飛行が2015年5月3日に山本太郎議員のヘリコプター中継放送に登場した。

銀河連邦は、これまでのマシューメッセージやサ・ルー・サのメッセージを通して、とりわけ3・11以降の日本国民の脱原発市民活動への支援の意思を伝えてきた。

平和的・合法的に原子力エネルギーの放棄を実現する日本国民の政治活動は、宇宙文明全体の強い要請でもある。日本の数多くの市民活動家の中心として、山本太郎氏の果たしてきた役割には世界はもとより、宇宙全体からの注目と賞賛が寄せられていることを、銀河連邦は憲法記念日という歴史的な意味の深い日を選んで、山本氏が中継するライブ放送に宇宙船の姿を見せることで示そうとしたのだと考えられる。

2015年8月・・・今、日本国民は戦争と平和という大きな分かれ道に立っている。日本国憲法の平和原則は軍事力による国家間の紛争解決を放棄することを明確に宣言しているのであり、一つの内閣の閣議決定だけで憲法の原則を「解釈改憲」して、自衛隊の海外派兵を認める行為は明白な違法行為である。

加えて、2012年の衆議院選挙以降の都知事選などの主要選挙で大がかりな不正選挙が行われた可能性が高いことを数多くの証拠と証言が証明している事実がある。本来、国民に意思を公正に反映するための選挙で、不正が行われたとすれば、それは民主主義の根幹を否定する重大な犯罪であるにもかかわらず、日本の裁判所は100件を超える申し立てを無視して、提出された証拠についての審査を完全に放棄している信じがたい状況がある。

SEALDs(シールズ:Students Emergency Action for Liberal Democracy - s)が、問いかける「民主主義とは何か?」という問いに日本政府は答える能力を備えていないので、私が代わりに答えよう。

民主主義とは、納得ずくで道理に照らして国民の誰もが正しいと考える判断を選択する政治姿勢であり、判断が大きく分かれる案件に対しては、決定を留保して充分な論議を重ねる誠実な態度である。さらに、国民が判断を行うために必要とする情報を隠すことなく公開する公正さを報道機関に要請する政府の適切な指導が前提となる。

したがって、およそ日本には民主主義は存在しないし、これまでも存在しなかったのである。

☆F★

PS 18日から私用でしばらくアクセスを中断します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フリーエネルギー研究所所長の井出治さんは、2012年に公開された対談で2007年9月14日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げた月探査船「かぐや」が、さまざまな建造物や宇宙船を撮影していた可能性が高いと述べている。

「かぐやの調査結果が全く(ほとんど)公開されていない理由は、一般に知られては困る多数の建造物(や宇宙船)が撮影されていたためだと思われる。かぐやが打ち上げられた直後に町村元官房長官が国会で山根議員のUFO質問に対する答弁を行い、国会後の記者会見で”個人的にそういうもの(宇宙船)はあると思う”と答えている。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年2月にふるやの森のコメント欄で、読者からJAXAが月面の画像を修正して発表している疑いが強い点が指摘されて、公開質問状を送付する提案がなされた。

JAXAへの質問状の件

中国の探査船が撮った月面映像 (陽毬) 2012-02-19 19:05:52 

これは、ディスクロージャーを導くための、良い資料になると思います。というのは、中国が撮った月面映像と日本が撮った月面映像が異なるという点です。

同じ月面を撮った映像なので、中国の映像にはあるが、日本の映像にはない、ということはあり得てはなりません。日本の映像に手を加えられている(消した?)可能性もあるということです。

JAXA宇宙航空研究開発機構に対して、質問状を送り付けるというのはどうでしょうか?
ことの成り行きによっては、ディスクロージャーを導けるかも知れません。

日本の月周回衛星「かぐや」には我々の税金が使われているのですから、この件に関して知る権利がある筈です。

もし仮に、画像の修整が行われているのであれば、それは即ディスクロージャー(公的機関が隠ぺい工作をしているという証拠)に繋がります。そうなれば、芋づる式に、未公開(隠ぺいされている)情報を引き出せるかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本政府とJAXAが共謀して国民に知らせるべき情報を隠ぺいしてきた可能性は極めて高い。2007年9月のかぐや打ち上げの直後の、2007年12月に国会で史上最初のUFO答弁が行われたという事実は、かぐやの非公開の探査結果に重要な発見が隠されている可能性が高いことを物語っている。私たちは、国民のサイドから政府とJAXAに宇宙情報の公開を求める取り組みを始めるべき段階にあるのかもしれない。

(この活動については銀河連邦フォーラムで打ち合わせたいと思いますので、読者は会員登録の上ぜひ議論にご参加ください。)

☆F★ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

注1

かぐやSELENE, Selenological and Engineering Explorer、セレーネ)は、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の周回衛星SELENEはギリシア神話の月の女神セレネ (Σελήνη, Selene) にちなんだ名称である。

この衛星を利用した月探査計画SELENE Projectセレーネ計画)と呼ばれ、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のアポロ計画以降、最大の月探査計画とされる(日本初の月探査は1990年打ち上げのひてん)。主衛星と2機の子衛星で構成され、14種類の観測機器を搭載していた。

かぐやの愛称は、JAXAの行った一般公募によって決定された。後に子衛星2機にも愛称がつけられ、リレー衛星は「おきな」(OKINA)、VRAD衛星は「おうな」(OUNA) と命名された。それぞれ、竹取物語の中で月へと帰るかぐや姫と、育ての親の翁(おきな)、嫗(おうな)にちなむ。

当初は2007年8月16日に打上げが予定されていたが、コンデンサの取り付けミスや天候悪化などのため9月14日に延期された。打ち上げ後は順調に飛行を続け、予定通りに月周回軌道に入り、2機の子衛星を分離後に月面から高度100kmの月周回観測軌道に投入された。

かぐやはその後の中国嫦娥1号)・インドチャンドラヤーン1号)・アメリカルナー・リコネサンス・オービター)と続く一連の月探査機群の先陣を切るプロジェクトとなった。太陽系探査はもともとアジアでは日本が大きく先行していた分野だったが、すでに中国が米ロに次ぐ宇宙大国と認識されていた当時、かぐやは日本が中国に追い付くものとして日本国外メディアからも注目された。

2009年6月に月面に制御落下させられるまで、約1年半にわたり月を周回しながら様々な観測を行った。NHKハイビジョンカメラを搭載し、 かぐやの周回に伴って月に隠れていた地球が見えてくる「地球の出(アース・ライズ)」なども撮影されている。

かぐや - Wikipedia

注2

嫦娥1号(じょうがいちごう/Chang'e I)は、中華人民共和国初の月周回衛星。中国の神話の中の人物嫦娥から命名された。嫦娥1号は、高度約200キロメートルのところを1年間にわたって周回し、科学的な探査を行った。探査機の運搬ロケットには長征3A型が使用され、2007年10月24日18時5分に四川省西昌衛星発射センターから打ち上げられた。衛星の総重量は2,350 kg。大きさは2000mm×1720mm×2200mm。太陽電池パネルを展開すると全長18m。嫦娥一号は中国嫦娥計画の最初の段階のプロジェクトである。2004年1月に始まってから、このプロジェクトに14億元が費やされた。

嫦娥1号 - Wikipedia

注3

政府は18日、未確認飛行物体(UFO)について「存在を確認していない」とする答弁書を閣議決定した。山根隆治参院議員(民主)への答弁。UFOに関する政府の公式見解は初めてという。

UFOを巡っては、仏国立研究機関が今年3月、ウェブサイトで目撃情報を公開したほか、米航空宇宙局(NASA)は65年の「墜落説」に関する部内文書の存在調査に乗り出している。

山根氏が「近年、目撃情報が後を絶たない。我が国の安全上の観点からも、情報収集は喫緊の課題だ」とただしたのに対し、答弁書は「特段の情報収集や外国との情報交換、研究はしていない」「わが国に飛来した場合の対応も検討していない」などと、つれない回答に終始。ただ、町村信孝官房長官は記者会見で「個人的には絶対いると思う」と述べ、こうしき見解と「対立」する見方を披露した。
(毎日新聞2007年12月18日)

○町村信孝官房長官は18日午後の記者会見で、未確認飛行物体(UFO)について政府が存在を確認していないとの答弁書を作成したことについて、「政府答弁は政府答弁であり、私は個人的には、こういうものは絶対いると思っております」と語った。会見の詳細は以下の通り。

--先日民主党の参院議員から未確認飛行物体(UFO)に関する質問主意書が出され、本日、政府としては存在の確認していないなどとする内容の答弁書が出されたが、この質問の内容や答弁書の内容について長官の考えは

--「うーん、まあ、あのー、政府のそれは公式答弁としてはですね、UFOの存在は確認していない。だから、対策なども特段検討していないという極めて紋切り型の答弁しかないだろうと思いますけれども、あのー、私は個人的には、こういうものは絶対いると思っておりまして。個人的な、個人的な意見でありまして、政府答弁は政府答弁であります。そうじゃないと、いろんなところにあるね、ナスカ(の地上絵)のああいう、説明できないでしょ。と、思っているんですけれどもね。ま、ちょっと、これ以上広げないようにします。どうも。毎回、こういうご質問をお願いいたします」
(産経新聞 2007.12.18)

○【山根議員のUFO質問主意書】

質問第八四号
未確認飛行物体に関する質問主意書
右の質問主意書を国会法第74条によって提出する。
平成19年12月10日
山根隆治
参議院議長 江田五月 殿

未確認飛行物体に関する質問主意書

近年、我が国のみならず、各国において地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体(通称UFO。以下「UFO」という。)を目撃したという情報が後を絶たないが、我が国の安全上の観点、国民的な不安と関心からもこれに対する情報収集と確認作業は喫緊の課題であると考える。
そこで、以下質問する。
一 政府としてUFOについてどのような認識を持っているのか明らかにされたい。
二 政府及び関連機関等でこれまでUFOに対しどのような情報収集や研究、対応を行ってきたのか明らかにされたい。行っていないとした場合、それはどのような理由からか明らかにされたい。
三 UFOが我が国に飛来した場合に想定される対応について、政府の見解を示されたい。
四 航空自衛隊がUFOを探知してスクランブル(緊急発進)をしたことがあるのか明らかにされたい。
五 アメリカを始めとする友好国等との間で、UFOについての情報の交換をこれまで行ってきたのか明らかにされたい。
六 国民や民間団体から寄せられた情報の整理、分析、確認作業は、国のどの機関で行うのか明らかにされたい。
右質問する。

「UFO存在確認していない」政府が公式見解(2007年12月18日)質問主意書 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Amazing Footage shows UFOs flying over people in SOUTH AFRICA !!! May 2016

UFO Confirmed! BEST UFOS OF MAY!! Something is Going On Worldwide! (2016 UFO Events)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アシュタル・コマンド5/2,2016:私たちは世界の至る所に現れ、政府は真実を隠せなくなる

私は皆さんがアシュタルと呼ぶ者です。再び皆さんの中へ入って、これまで何年にもわたってお約束してきたことが実現するプロセスにあることをお伝えできることに喜びを感じています。

皆さんはまだ自分たちの世界で起きていることの全体像をつかんでいません。さらに私たちの宇宙船の規模を知る可能性にも考えは及んでいません。

しかし、私たちはそのタイミングが訪れたと判断して、ますます多くの宇宙船を地球の上空に出現させる予定でいます。まだ備えができていない一部の人々には戸惑いを防げませんが、多くの皆さんが待ち望んできた瞬間が訪れようとしています。

その瞬間が訪れる時、皆さんは宇宙で孤独ではないことを実感します。皆さんの無数の光の兄弟たちが無限の愛を地球の皆さんに送るために来る日送も来る日も準備を続けてきました。ですから地球の皆さんは、何が起きようとも恐れずにいてください。

皆さんはまもなく私たちについて知らされるこ とになります。世界各国の政府はもはや真実を発表することを延期することはできません。私たちはこれからますます多くの宇宙船を地球上空に出現させます。 皆さんが現在手にしているテクノロジー(訳者:インターネットによる情報の共有?)は政府の発表を急がせるだけではなく、私たちの実在を受け入れる手助け になるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月2日にアシュタル・コマンドが宇宙船出現宣言を発表して以来、銀河連邦は世界の各地で大がかりなデモンストレーションを展開して、いっそう地上に接近して世界の市民に宇宙船の規模の大きさを示そうとしているようである。

地球上の変化が加速を続けて、闇の勢力は金融崩壊を防ぐ手立てを持たず、隠されてきた不正が暴露されて裁きを受けようとしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月7日:シェルダン・ナイドルニュース

私 たちマスターは、闇の秘密組織が行ってきた事を知り、非常にぞっとしました。これは暗黒の時代で、1776年に私たちが設定した計画が完全に無視され始めた時でした。それ以来、憲政の当初の装いを取り戻す為にその影響力を利用した大統領が登 場するのに90年もかかりました。しかし、その大統領の暗殺によって、アメリカ政府内の闇とそこに張り巡らされた不正の網を排除できる時代にはまだ到達し て無かった事が浮き彫りとなってしまいました。

や がて、NESARAは法となり今この瞬間こそ、それを実施する時がきました。私たちは毎 度ながら、この崇高なミッションを大いに助けて下さっている、みなさんの素晴らしいエネルギーに感謝しています。1990年代以降、私たちの所有する繁栄のための資金はこの新NESARA共和国の正式な発表とセットとなっています。私たちの目的は、これらの資金が新しいアメリカ共和国及び地球中の大規模な 浄化にしっかりと繋がる事を確かにする事です。ハレルヤ!ハレルヤ!ハレルヤ!

み なさんの中で、新しい意識の上昇が起きています。今こ そ、長い間闇の存在らがみなさんをだまし続ける為に使ってきた、嘘やごまかしをきれいさっぱり掃除する時です。船団がようやく到着し、あなたがアガルタの 歴史を学んだ後からはこのプロセスの次の段階が始まります。こういった新しい情報の開示によってみなさんはガイアがどう誕生したかについて、何故私たちが 一人一人が地球の入植者として選ばれ、やがてこの最も神聖な球体である地球の守護人となるに至ったかについての詳細を学ぶと、今まで考えていた自分の起源 とは違っていた事に気が付くでしょう。私たちが長い間持ち続けてきた地球のクジラやイルカたちとの関係性についてはまず最初に私たちから、そして教師たち からみなさんにお伝えする予定です。

新 しい統治が始まれば、多くの事が素早く展開するようになるでしょう。こういったいくつかのイベント によって、みなさんの現実に対する認識がどれだけ大幅に変わるのかについては、まだ多くの方が知らないままです。自由にみなさんと過ごし、共に美しく純粋 無垢な新しい領域を創造できる時を楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本でも、不正選挙でねつ造された安倍ニセ政権はその命運は尽きようとしている。

不正選挙と人工地震の真相が広く知れわたるにつれて、日本を裏側で支配する闇の勢力はこれまでの破壊活動を続ける力を失っているのかもしれない。不正選挙に加担してきたカルト宗教内部に起きている混乱が、その兆候である。

銀河連邦は、これからますますデモンストレーションを拡大して、世界各地への大量着陸に備えていくと伝えている。

Ashtar:  "We Are Here Because You Called!"  Ashtar On The Road Teleconference - May 24, 2016

公式ディスクロージャーはまもなくオバマ大統領が任期中に実施する見通しであると伝えられている。

これから私たちの前に明らかにされる真実は、単に高度な地球外文明が実在するなどという科学的な報告をはるかに超える衝撃的な事実の暴露になるだろう。高度な地球外文明はこれまでも地球上に存在して、人類の遺伝子に操作を加えて人類を奴隷支配して人類の歴史に関与し続けてきた。私たちが排除しなければならない闇の勢力の正体は、ネガティブな異星人と地球上のユダヤ教秘密組織が共謀するET・軍産複合体(EMIC)なのである。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ライトワーカーのブログより)

Selamat Jalwa! みなさんが長らく待ち望んでいた事が、形を成し始めています。人道的そして繁栄のための資金の大部分を解放するよう指示が出されました。闇の秘密組織とそ の無数のごろつきどものいる現実をなくす為の新たな計画が出来ています。闇の存在らは終わりの時が来ている事、そしてその鍵となる存在たちの一連の逮捕が 始まっている、もしくは実行中である事に気が付いています。

新しい資金輸送のシステムが採用されると共に、幾つかの工程に訂正がありまし た。新しいNESARA政府が正式に宣言される事で、アメリカの選挙が延期される事が期待されています。こういった進展が実現すれば、いくつかの声明が一 般に発表されるでしょう。情報を広める為の鍵となる人物たち一人一人が、今何が起きているかに気が付き始めた結果、こういった事柄がインターネット上でド ンドンと出ています。こういった情報はみなさんに、何がまだ準備段階で何が実現寸前であるかを知らせる為に広められています。長きに渡った地球に対する闇 の影響力は終了間際です。この過程は、私たちが当初予測していたよりも長くかかりましたが、私たちが期待していた事は今現在展開中です!

資 金の配布は、地球上にいる私たちの仲間たちによって特別な厳戒態勢の中で行われました。次に目指すのは、闇の秘密組織の主要な人物たちが正式に逮捕される 事です。急に逮捕の数が増加したのは、闇の存在らがこのプロセスを可能な限り延期させようとした結果として起きた事です。闇の存在らは私たちの拘束施設を 非常に恐れていました。私たちはただ、彼らが所有していた拘束施設のいくつかを手に入れ、私たちの目的に合うように改装しただけです。これらの拘留セン ターは、私たちの中の教師的存在たちが到着するまでに彼らを留めておくためのものです。

その後、彼らは完全意識を持つ光の存在へと変わる べく、その準備を進めるのに相応しい施設へと移送されます。制限された意識下での時間というのは実際は“ゲーム”であり、元々はアヌンナキらによって指揮 されていました。私たちの目的はこの現実を天の助言を得ながら、神聖なタイミングで変えていき、その上でみなさん全員を完全意識へ移行させる事です。そう なると、現在の“ゲーム”は既にその役目を失い、新しい完全意識に相応しい現実へと置き換わります。何層もある新しい意識というゴールへの到達が、みなさ んにとっての日常となります。

こういった、みなさんの意識の変化というのは、全体がどうなっていくかにとって非常に重要なポイントとな ります。みなさんの意識が上昇し成長するにつれて、みなさんの現実がこういった‘層’から出来ていた事に気が付くでしょう。天はアトランティス人とその仲 間たちが地球の表面を去った後に、より意識の詰まった存在たちがどのように下降するかのあり方に細工をしました。その結果、人間はアヌンナキらの目的に適 わない利用価値の無い構造となっていたのです。そこから天は、今のみなさんの体験へと繋がるような基礎を徐々に築いていきました。

私たち はアヌンナキらと違って、みなさんが光のクリスタル部屋(クリスタルライトチェンバー)に3日間滞在している間に、この現実をすばやく変える為の必要な鍵 を持っています。私たちは、みなさんの意識に新しい‘層’が加わると同時に、それと同じ変化がこの現実の‘層’にも起きているのを目撃しています。そし て、この現実が明るく/軽くなると共に、天はガイアの表面現実と内部現実が再会する為の調整をゆっくりと実行しています。

私たちが到着し、私たちの中の教師的存在をみなさんに紹介した後からようやく、私たちによるこの現実の特別な再調整を開始する事ができます。お分かりの通り、楽しみはこれからです!

こ のプロジェクトは始まるまでにも、時間がかかりました。どうか知って頂きたいのは、私たちがこのミッションに携わる事ができたのは1990年代からです。 みなさんの太陽系の悲劇は1970年代初頭に始まったので、天は約20年待ってようやく1990年代の初めに私たちの大規模な船団の派遣を依頼したので す。このブランクは、アヌンナキの大君主からのクレームを受けて、天が最初の20年間でさまざまな変更をせざるを得なかった為でした。

私 たちが到着した際には、一種の既成事実が存在していました。私たちは特別なミッションのために呼ばれているので、物事のバランスについては深く関わらない ようにと、天にハッキリと言われました。その最初の10年間で特筆すべきは1990年代中盤に始まったアンチャラとの和平です。私たちの当初の目標は、地 球上に点在していた様々な光の勢力と同盟を組む事でした。その過程で、数十年の間に何度か私たちのミッションをいつ/どのように展開させるかという点に変 更を加えなければなりませんでした。どちらにしても、現在このミッションはフル稼動しており、世界中のさまざまな光の存在たちの仕事の手助けをしていま す!今こそ、全世界的な意識改革の時の到来です!

ナマステ!私たちはみなさんのアセンデッドマスターです!私たちの様々な神聖な秘密社会 は今現在いくつかの鍵となる逮捕及び、1871年に不法に形成された事実上のアメリカ政府の排除に繋がる予備工作を完了しつつあります。この暴政の終了は NESARAの意図を汲んだ共和国のさきがけとなります。友人のみなさん、この新しい統治は私たちの真の憲法を合法的に取り戻し、一番必要とされている慣 習法への回帰を可能にする力となってくれます。

南北戦争以前、アメリカはアメリカの歴史及びワシントン氏、ジェファーソン氏、マディソン 氏らの賢明な説諭によって導かれてきました。しかし、南部諸州の離脱そして南北戦争自体の苦悩や苦戦を受けて、それは微妙に変わっていったのでした。アメ リカという国家は、のちの1871年に改組運動へと繋がる開拓に関する不公平なシステムを押し付けてきたごろつき集団と偽の愛国者らが始めた、いかさまな 運動に無防備にもさらされる事となったのです。

私たちマスターは、闇の秘密組織が行ってきた事を知り、非常にぞっとしました。これは暗黒 の時代で、1776年に私たちが設定した計画が完全に無視され始めた時でした。それ以来、憲政の当初の装いを取り戻す為にその影響力を利用した大統領が登 場するのに90年もかかりました。しかし、その大統領の暗殺によって、アメリカ政府内の闇とそこに張り巡らされた不正の網を排除できる時代にはまだ到達し て無かった事が浮き彫りとなってしまいました。

やがて、NESARAは法となり今この瞬間こそ、それを実施する時がきました。私たちは毎 度ながら、この崇高なミッションを大いに助けて下さっている、みなさんの素晴らしいエネルギーに感謝しています。1990年代以降、私たちの所有する繁栄 のための資金はこの新NESARA共和国の正式な発表とセットとなっています。私たちの目的は、これらの資金が新しいアメリカ共和国及び地球中の大規模な 浄化にしっかりと繋がる事を確かにする事です。ハレルヤ!ハレルヤ!ハレルヤ!

みなさんの中で、新しい意識の上昇が起きています。今こ そ、長い間闇の存在らがみなさんをだまし続ける為に使ってきた、嘘やごまかしをきれいさっぱり掃除する時です。船団がようやく到着し、あなたがアガルタの 歴史を学んだ後からはこのプロセスの次の段階が始まります。こういった新しい情報の開示によってみなさんはガイアがどう誕生したかについて、何故私たちが 一人一人が地球の入植者として選ばれ、やがてこの最も神聖な球体である地球の守護人となるに至ったかについての詳細を学ぶと、今まで考えていた自分の起源 とは違っていた事に気が付くでしょう。私たちが長い間持ち続けてきた地球のクジラやイルカたちとの関係性についてはまず最初に私たちから、そして教師たち からみなさんにお伝えする予定です。

新しい統治が始まれば、多くの事が素早く展開するようになるでしょう。こういったいくつかのイベント によって、みなさんの現実に対する認識がどれだけ大幅に変わるのかについては、まだ多くの方が知らないままです。自由にみなさんと過ごし、共に美しく純粋 無垢な新しい領域を創造できる時を楽しみにしています。

本日私たちは光の存在たちのおかげで、状況が解決に向かっている件についてレポー トを続けさせて頂きました。長い間みなさんにお伝えし続けている変化のきっかけとなるイベントの数々については、間もなくみなさんに目撃して頂ける事と期 待を膨らませています。みなさんにお願いしたいのは、この新しい光を抱いて頂き、新しい統治及び終わる事の無い繁栄を歓迎して頂きたいという事です!どう か知ってください、無限の供給と終わる事の無い天の繁栄は実にあなたのものであるという事を!そういう事です!ひとつであれ!喜びの中にあれ!

訳:JUN

Sheldan Nidle's update June 7, 2016



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2001年の9・11事件のメディア報道への不信が高まり、ブッシュ政権が日本を含むNATO諸国をイラク侵略戦争に巻き込んで、イラン核攻撃の危機感がピークに達した2008年8月に、銀河連邦はインターネットを通して10・14ファーストコンタクト公示を発表し、世界に大きな反響を呼び起こした。

ファーストコンタクトのお知らせ:銀河連邦08,01,2008

この時期に、日本ではまだインターネットが普及し始めたばかりで、地球外文明の実在についても、ほとんど知られてはいなかった。そのために、銀河連邦はブロッサム・グッドチャイルドさん、スーザン・ワードさん、マイク・クインシー氏、シェルダン・ナイドル氏、などのチャネラーを経由して大量のメッセージを発信してイベントの情報の信ぴょう性を保障して、情報を広めようとする各国のライトワーカーを励ました。

10・14資料集

結果的に、このイベントは延期されて期待された宇宙船の大量出現は実現されなかった。その理由については、マシューメッセージ10/22,2008が代表して説明している。

【再投稿】マシューメッセージ10/22,2008:10月14日の光の宇宙船未出現の理由と反応

銀河連邦は2008年に予告したイベントを、時期を2年延期して2010年10月13日にニューヨーク市のマンハッタン上空で実施した。

ファースト・オープンコンタクトの幕開けとなる10・13UFOショー

2008年の10・14から2010年の10・13にかけての期間に、サ・ルー・サ、シェルダン・ナイドル、マシュー・ワ-ドなどの多くのソースから膨大な数のメッセージがチャネラーを通して発信されて、メディアが報道しない世界の動きや宇宙文明の真相などのさまざまな情報を伝えて、地球上のライトワーカーの活動を大きく励ました。この時期のチャネラーと翻訳者の活動やメッセージを広める活動に参加したメンバーは重要な役割を果たした。

2010年の10・13を境にして、世界を裏側で支配する闇の勢力の勢力は後退して、公式ディスクロージャーと公式コンタクトへ向かう変化が大きく加速していった。

・・・・・・・・・・・・・・・・

特に2010年以降、銀河連邦が伝える情報を混乱させるために闇の勢力は、影響力を持つチャネラーやライトワーカーをターゲットにしてマインドコントロール兵器を用いた攻撃を加えて情報の信頼性を失わせる戦略を実施した。

・・・・・・・・・・・・・・・・

[解説] 光の勢力と闇の勢力:コブラ情報2012年4月17日付

銀河連合(盟)【注】

銀河連邦とも呼ばれています。この銀河にあるポジティブな文明――プレアデス、シリウス、アークトゥルス・・・――の緩やかな連合体です。リーダーはアセンデッド・マスター、即ち、悟りの意識状態で生きている存在です。アシュターコマンドは、惑星地球を闇の勢力から解放することを主な任務としている、銀河連合の部署です。

地 球軌道には彼らの多数の物理的母船が、タキオンの膜でクロークして存在しており、カバールのいかなる光学/レーダー機器からも検知されません。彼らの主な 動機は、自分たちがスピリチュアルな成長を遂げて得られた幸福と愛を、あまり幸運でない地球の住民と分かちあうことです。

カバールは、 銀河連合がカバールのニュー・ワールド・オーダー計画を本当に脅かすものだと気付いたので、'90年代半ばに銀河連合に対する激しい偽情報キャンペーンを 行いました。銀河連合の、多数の地上のコンタクティーが、モナーク・マインドプログラミングを強く施されました。実際、「アシュターコマンド」という言葉 は、強い拒絶感を抱く引き金になる言葉にされました。また、このプログラミングによってほとんどのチャネラーが連合との繋がりを失い、アストラルの中身のないものをチャネリングし 始めました。そのためチャネリングは、次第に高次元の情報源としての信頼を失っていきました。今日では信頼できるチャネラーはほとんどいませんが、銀河連 合が非常に強力かつ信頼できる勢力であることに変わりありません。そのことはファーストコンタクトのときに自ずと知られることでしょう。

Galactic Confederation. Also called Galactic Federation. This is a loose confederate union of positive civilizations within this Galaxy, such as Pleiadians, Sirians, Arcturians… Its leaders are ascended masters, beings that live in enlightened state of consciousness. Ashtar Command is a section of Galactic Confederation which primary function is to liberate planet Earth from the grip of the dark forces.
 
They have many physical motherships in Earth orbit that are cloaked with tachyonic membrane and are thus non-detectable for all optical/radar instruments of the Cabal. They have prevented nuclear war on Earth many times over. Also, they have prevented many earthquakes as they stabilize tectonic plate activity. Their main motivation is to share happiness and love they have achieved themselves as a result of their spiritual growth, with not so fortunate Earth population. 
 
There is a strong disinfo campaign against Galactic Confederation that started in mid-90s as the Cabal realized that Galactic Confederation is a serious threat to their New World Order plans. Many Earth based contactees for the Confederation were subjected to intense Monarch mind programming and in fact “Ashtar Command” was made to be a trigger word to activate strong denial alters. This programming also resulted in most channels to lose contact with the Confederation and they began channeling astral shells instead. This served to additionally disprove channeling as a reliable source to get higherdimesional information. Today there are very few reliable channels but that does not change the fact that Galactic Confederation is a very strong and reliable force that will make itself known at the time of First Contact.

【注】

コブラ情報では、地球が属する銀河宇宙の組織名称:銀河連邦(Galactic Federation)と銀河連邦の中から自発的に地球解放プロジェクトに参加したスターネイション(星団国家)の連合体:銀河連合(Galactic Confederation)を区別している。コブラの日本サイト:PFCJapanでは、この区分に準拠して「銀河連合」を翻訳に用いていると伝えている。

GFLJ(銀河連邦日本)では、読者の混乱を避けるために地球が属する銀河宇宙の組織名称をGFL(銀河連邦)に統一して、組織区分については公式コンタクト開始後に直接説明を受けるまでは保留事項とすることを提唱している。

・・・・・・・・・・・・・・・・

影響力を持つチャネラーたちの発信する情報が、他の信頼性の高い情報と矛盾して混乱をきたすケースが少なくない理由の1つは、上のマインドコントロール兵器による攻撃がかけられている場合が考えられる。長い期間、サ・ルー・サのメッセージをチャネルして大きな支持を受けてきたマイク・クインシー氏がチャネリングを2015年10月15日に中断した理由の1つもその点にあるのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・

マイク・クインシー氏からチャネリング中止のお知らせ10/25,2015

皆 さんこんにちは。チャネリングの継続を中止する決断をしました。最近の自分が伝えるメッセージの内容に満足感を感じなくなっているためです。前のような調 子が回復したらぜひまたチャネリングを再開したいと思います。それまでの期間はシェルダンナイドル氏がチャネルするメッセージを参照することをお薦めします。

では・・

Hi Friends,
I have decided that I am not going to continue channelling, as just of late I have not been happy or satisfied with my messages. I can only match them against how things were before I had my stroke, and they are not working as smoothly as I would like. When I started up again I was pleased with the way I got back into it, but it has dropped off lately.

For anyone who may be looking for a similar source of messages, there is to my knowledge only the one website, and that is Sheldan Nidle’s which is strongly recommended, it is very professionally set up and a mine of information. Go to: http://www.paoweb.com

https://sirianheaven.wordpress.com/2015/10/25/from-mike-quinsey-all-change/

・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょうどマイク・クインシー氏がサ・ルー・サのチャネリングを中止した時期から、それに代わるようにコブラ情報とコズミックディスクロージャーの情報活動が開始している。この2つのソースが、チャネリングと異なる点は、テレパシーによる間接的な情報ではなく、ソースが直接情報を発信して、読者の質問に的確に答えているために、闇の勢力の情報を混乱させる攻撃を受けにくい点にある。

しかし、これまでに保存された膨大なメッセージが伝えてきた情報の価値とその正しさが否定されることは無いし、現在も続くシェルダン・ナイドル氏らのチャネリング活動の意義は今後も失われることはない。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




世界を裏側でコントロールして世界核戦争を画策してきた闇の勢力=ET・軍産複合体の正体と策略が暴露され始めている。

次々に公開されるアメリカ軍部やNASAの元職員による内部告発がアメリカ政府と異星人が共謀して進めてきた秘密宇宙プログラム(SSP)の存在を証明している。

(動画の解説より)

ビル・ユーハウス(当時71歳)はエリア51に勤務していたエンジニアで、そこで異星人グレイと共同で活動していたことを明らかにした。彼が共に働いていた異星人はJ-PODと名づけられた異星人で、地球外宇宙船の操作方法をビルが理解するのを援助していたとされる。ビルは(この内部告発の後)2009年に他界した。

ビルの証言は、これまでの多くの内部告発者の証言と一致している。そのいくつかは、次の点である。

1 基地と付設設備で構成される広大な地下施設が建設されている。

2 これらの秘密地下施設は、トルーマン政権(1945-1953)の終わりごろにかけて建設された。

3 そこでは数種類のヒューマノイドタイプの異星人が活動している。

 3種類のグレイタイプの異星人がいる。(1)背の高いタイプ(2)背の低いタイプ(3)平均的な人間と同じ身長のタイプ

5 大きな目をした北欧型(ノルジティック)

6 多くの人々に「レプティリアン(爬虫類人)」と言及されるタイプ

 それぞれのタイプの異星人は現在の地球より数千年進化した文明を備えている。地球人類は銀河社会のまだ新しいメンバーである。

8 アイゼンハワー政権(1953-1961)の時期にグレイたちと協約が締結されて、アメリカ政府はテクノロジーの提供を受ける見返りに一定数の地球人を提供して、絶滅しかけている彼らの種を救うために人類との混血種(ハイブリッド)を作る活動を承認した。

・・・・・・・・・・・・・・・・

2016/01/17 に公開

Bill Uhouse, then a 71 year old man, claimed to have been a Area 51 engineer and revealed that he use to work in collaboration with a Grey Alien at the Area 51 site. Bill Uhouse claimed to have worked with an alien he dubbed “J-Rod” who helped him in understanding how to control the alien vehicle. Bill Uhouse passed away in 2009.Many people in the past have come forward with information and many have a lot of things in common. Here are some of them...

1. There is a massive underground system composed of bases and compounds. These facilities contain labs, work shops for reverse engineering and secure "rooms" for the "Extraterrestrial Biological Entities" or EBEs for short.
2. In relation to number one, these bases were constructed toward the end of the Truman Administration.
3. Multiple humanoid races exist.
4. A race of "Greys". Three types: Tall or "Large" Greys. Short Greys and Greys the average human height as well.
5. A race of tall "Nordic" Human Extraterrestrials with large eyes.
6. There is even mention of a "Reptilian" race by many as well.
7. Each race is thousands of years more advanced than us. We are basically newborns in the galactic community of intelligence.
8. A treaty was signed between the U.S. and the Greys during the Eisenhower administration and a trade began. We would receive alien technology in exchange for a certain number of humans. The Greys use humans for biological research and possibly attempting to create hybrids to save their dying race.

・・・・・・・・・・・・・・・・

ネガティブな異星人(アヌンナキ)と地球上の闇の勢力(ユダヤ教徒組織)の共謀関係は、最近の歴史では1920年代のナチスドイツの裏側に組織されたブリル協会の活動に始まる。

ブリル協会(ブリルきょうかい、Vril Society)はエドワード・ブルワー=リットンの小説『来るべき種族』(The Coming Race)に触発されて結成された20世紀前半のドイツオカルト結社である。1918年ドイツ・ベルヒテスガーデンで創立。神智学協会の影響を強く受けていた

(ブリル協会 - Wikipedia

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブリル協会(Vrill Society)の実体は上のウイキペディアの言うような「オカルト結社」などという範疇(カテゴリー)をはるかに超えるアヌンナキ(ネガティブなET)と闇の勢力(ユダヤ教徒組織)が結託して人類破滅=世界支配の秘密計画を共謀して推し進める秘密結社で、その起源は数万年前のレムリア・アトランティス文明の破滅の時代にさかのぼる。

コブラ7/7,2014:衰退するキマイラグループは、ナチスドイツを裏側でコントロールした秘密組織をこう説明する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キマイラグループについての機密情報を、さらに公開するときが来ました。ある人にとって、この情報には信じがたいような部分もあるかもしれません。しかし、事実は小説よりも奇なりです。

このグループには、アンドロメダ銀河から来た闇の勢力のリーダーたちがいます。彼らは25,000年前にヒューマノイド型の肉体を持って地球にやってきました。そして地球を隔離状態にしました。彼らは地球の周りにスカラー電磁フェンス(ベール)をめぐらせ、効果的にポジティブなETのコンタクトを妨げ、人類を孤立させてきました。次に彼らは広大な地下都市のネットワークを、奴隷使いであるドラコニアンと奴隷であるレプタリアンを使いながら、築きました。そしてそこから地上の住民を支配しました。

当時、彼らの主な本拠地はアフリカ、中国、チベットの地下にありました。20世紀初めまでは、彼らが直接地上の文明に関わることはありませんでした。その20世紀初めに、興味深いオカルトが発達しました。まず1917年、光の勢力がドイツにツーレソサエティ(Thule society)を形成しました。時をおかず、アルコン支配下のロスチャイルド工作員、その名をアドルフ・シックルグルーバー(ヒトラー)が潜入しまし た。ツーレソサエティは闇の手先になり、さらにブリル協会(Vril society)に姿を変え、秘密裏にドイツの宇宙プログラムを発達させていました。
http://www.bibliotecapleyades.net/sociopolitica/sociopol_vril08.htm


これを見たキマイラグループは、地表の住民が星々に到達したり、ベールを突き破ったりするだけの技術的な発展を遂げたことを悟りました。これを抑え込むために、地上の住民とのファーストコンタクトを、チベットへの旅の途上にあったカール・ハウスホーファーを通じて行いました。そのコンタクトの後、キマイラ支配下のハウスホーファーが、ナチスドイツの背後の主なオカルト勢力でした。
http://www.gnosticliberationfront.com/Karl%20Haushofer%20Geo-Politics%20and%20the%20Occult%20Third%20Reich.htm


ナチスが第二次世界大戦で負けると、彼らはペーパークリップ作戦により米国に移されました。彼らはそこで軍産複合体の屋台骨を作りあげ、秘密の宇宙プログラムを継続して発展させ、地下深くに軍事基地を築き始めました。財源は山下ゴールドです。背後でキマイラグループは、米国軍産複合体の動きを注意深く監視し、地球の隔離状態が確実に維持されるようにしていました。


ネガティブな軍部の核兵器保有量が大きくなることを、銀河連邦勢力は大変憂慮していました。そこで彼らは、水素爆弾の核威力を最小限にする働きかけを、1954年のキャッスル作戦クーン実験のときに試みました。(訳注:キャッスル作戦の6回の実験のうち、クーン実験が不完全核爆発で失敗となっている。1回目のブラボー実験で第五福竜丸が被爆)。
http://en.wikipedia.org/wiki/Castle_Koon


銀河連邦が爆弾の核威力を90%近く落とすことに成功すると、軍産複合体は「トールホワイト」を認識された脅威として恐れ、対抗するために一つにまとまりました。これこそがキマイラグループの望んでいたことでした。なぜなら彼らは、隔離状態を維持するという共通目的を持って作業を続ける、世界規模でまとまったネガティブ・ミリタリーを有することになったからです。非 常に厳密な秘匿プロトコル(手順、実施要綱)が確立され、隔離状態を乱す「深い事件」については、一切情報が漏れることを許しませんでした。


このため、あなたはET文明の存在を本当に証明するものを、どこにも見つけられないのです。そしてほとんどの「証拠」は、重要な点をわかりにくくするために、CIAがでっちあげたものです。このため、やはりあなたはインターネットで深い秘密情報を見つけられません。その代わりに、周知の事実の使い回しばかりです。あなたはもうすでにお気づきかもしれませんが、UFOについてのほとんどすべての機密情報と地下深くの軍事基地は、数十年前のものです。


あなたがキマイラグループに言及しているのを見いだせるのは、ジェームズ・コズボーのインタビューだけです。彼は高度な機密情報を公にした、非常に数少ない人たちの一人です。ここに書いてあるすべてが正しいわけではありませんが、読むだけの価値があります。
http://educate-yourself.org/mc/casboltagent6chap.shtml


キマイラグループは黒い太陽を崇拝しています。それはギャラクティック・セントラルサンの彼らのシンボルです。彼らのリーダーは、いまだに一個のブラックストーンを持っています。それは重いトップ/アンチトップ・クォークの凝縮物の塊で、1996年にリゲルから地球に運ばれました。ブラックストーンは、闇の初期宇宙異常の中心で、ストレンジレット爆弾よりもはるかに危険です。トップクォークはストレンジクォークよりもずっと重いからです。
http://cerntruth.wordpress.com/2011/12/14/how-it-will-happen-earthquakes/


キマイラグループのリーダーたちは、電磁気のヌルゾーンの監視者です。レジスタンスが最近になって掃討するまでは、キマイラグループには自分たちだけの地下基地ネットワークがありました。このような基地は、高速列車システムで結ばれていました。


状況を明らかにしますと、最近まで三つの地下列車システムがありました。一つは地下深くのネガティブ・ミリタリーの軍事基地を繋ぐもの、一つはキマイラ基地を繋ぐもの、そして一つはレジスタンスの基地を繋ぐものです。レジスタンスの列車システムは、遡ること1977年に私が見たものです。ネガティブ・ミリタリーの地下列車システムの存在は、このRAND文書を通して地上の住民にリークされました。
http://www.thelivingmoon.com/45jack_files/03files/The_Tubes.html


目下、レジスタンス唯一の地下列車システムはフル稼動しています。キマイラグループは、地上の軍事基地の地下部分の最上部、およそ100フィート(30 メートル)よりも地表に近いところに、ほとんど封じ込まれている状態です。現在彼らは以下を主要拠点として、地上を支配しています。


ボルゴ・サント・スピリト(ローマ)
アヴィアーノNATO基地(イタリア)
ある機密にされている場所(中央ヨーロッパ)
別の機密にされている場所(中央ヨーロッパ)
ラムシュタインNATO基地(ドイツ)
フェアフォード空軍基地(イギリス)
モントーク(ニューヨーク)
ライト-パターソン空軍基地(オハイオ)
サンディア/ロスアラモス(ニューメキシコ)
ホワイトサンズ/エリア6413(ユタ)
ネリス空軍基地/エリア51(ネバダ)
エドワーズ空軍基地(カリフォルニア)


上記のテリトリー内には、それぞれストレンジレット爆弾が配備されています。ストレレンジレット爆弾は極めて危険なものであり、ポジティブな軍隊がいまだにイベントへ動き出せない主な要因になっています。
http://cerntruth.wordpress.com/2010/03/29/open-letter-to-science/
http://cerntruth.wordpress.com/2011/12/27/119-terrorists-will-start-production-of-strangelets-irony-or-destiny/


モントークのそばの入り口/出口ポイントはコールド・スプリング・ハーバーです。いくつかの未確認情報によれば、キマイラがトップカバールメンバーのクローンを製造する遺伝学研究所です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Cold_Spring_Harbor_Laboratory
http://alcuinbramerton.blogspot.com/2008/01/bilocation-of-hillary-clone-clinton.html


銀河連邦勢力は、絶えずその施設を監視しています。そして状況が調ったとき、クローニングプログラムを終焉させます。
http://www.ufostalker.com/
ufostalker/UFO+Landing+in+Cold+Spring+Harbor+New+York+United+States+on
+September+4th+2013/50441


キマイラグループは、この10年間のうちに、中央銀行の手から世界の金融システムを乗っ取りました。PROMISソフトウェアと高速取引プログラムを用いてそうしました。レジスタンスとオーガニゼーション(その先駆け)は、だいぶ前からそのプログラムに気づいており、カバールのブラックファンドから約70兆ドルを吸い上げ ることができました。

そのお金はリセット後、the collateral accounts(国債担保勘定?)を通して人類に返却されます。キマイラグループが分離した文明に困惑することはないはずです。分離した文明はナチスのオカルト宇宙プログラムに端を発し、ブラックプロジェクトをたくさん抱えている軍産複合体へと成長しました。実はキマイラグループが、背後で分離した文明を推進させた勢力です。それを操りながら、地球惑星の隔離状態を維持するのに利用しているのです。

(読者の混乱を避けるために地球が属する銀河宇宙の組織の名称は銀河連邦:GFLに統一します☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アヌンナキと共謀するナチス・ドイツは裏側でイギリス・ソビエト・アメリカのシオニスト(ユダヤ教徒組織)と連絡を取り合いながら、アヌンナキの支援を受けて軍事技術を異常なまでに進歩させて、宇宙船を製作して月面や火星上に秘密宇宙基地の建設を開始していた。

●【資料室】秘密宇宙プログラム(Secret Space Program)

ドイツ・日本の敗戦は予め決定されたシナリオで、日本への原爆投下はすでに終戦前の1944年のハイドパーク協定で連合国間で合意されていた。

日本の軍部・政界はすでに明治維新からロスチャイルド一族の支配下に入り、北朝鮮マフィアが中枢に浸透して、関東人工大震災とテロ事件で混乱を引き起こして、日本を戦争に巻き込む工作活動を展開していた。日本の軍部はナチスドイツを経由してETテクノロジーの提供によって第二次大戦中に宇宙船をドイツと合同で建造して、1946年に火星のシドニア地区に着陸した。

秘密宇宙計画(SSP)には、ナチスドイツからアヌンナキとの共謀関係を引き継いだアメリカ政府だけではなく、日本を含む各国の政府が参加して、国民には真相を隠したまま、表向きの宇宙開発(アポロ計画・他)を公式発表して、1960年代に宇宙開発が開始したかのように見せかけていた。世界に建設された秘密地下基地と月面や火星上の秘密宇宙基地でネガティブな異星人グループと世界の裏側の支配者グループの共謀するNWO計画の立案と実行が現在に至るまで進められてきたのである。

☆F★

参照

【資料室】日本の真相

・・・・・・・・・・・・・・・・・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ