カメラとともに自然を友に

多摩丘陵の自然を写し撮った写真を中心にしつつ、日々の暮らしのなかで目に触れたものを記録してゆきます。

川苔山

2017-05-23 | あちこち
ヤマツツジは今回のコースでは最もよく見られた花のひとつ。ミツバツツジも二回見られたが、このツツジの花期を過ぎていたようだ。
 
 クワガタソウ。あまり目立たない花だが名前の方は一度聞いたら忘れない。
 
 下山路は登りのコースと比べると奥多摩名物の杉の植林帯が多いのだが、標高を下げてくると益々杉林が多くなってくる。それでもこのコースを下山路に選んだのは他のコースに比べれば比較的自然林が残されているから。
 
 恐らく標高500メートル位の所まで下った所だと思うが、登山道が土砂に流されて消えかかっている場所が断続的に数十メートルにわたってあって、急な斜面になっているので通過するのに少し緊張した。まさか麓に近い所でこんな思いをするとは思わなかった。
 古里の駅には15時半頃着いたが、コースタイムより30分近く余計にかかった。元々左足の膝に故障を抱えていたが、下山を始めると痛み出した上に予想外に発生した爪先の痛みをカバーしようと余計に足の筋肉に負担がかかってしまって、これまでになく足を使い切ってしまった。膝の痛みと爪先の痛み、それに筋肉痛に苦しんだので駅に着いたときはほっとした。帰宅後、足を見ると右の薬指に豆ができていた。それでも次に行くとしたら紅葉の時期がいいと思っているのだから、山とは不思議なものである。
 確認した鳥を挙げておこう。ミソサザイ、オオルリ、キビタキ、ウグイス、アオバト、ツツドリ、アオゲラ、センダイムシクイ、ヒガラ、シジュウカラ、カケス。以上11種。
 新しく買ったペンタックスの17~70mmレンズは画面を3分割してみると中央部分が最も画質が良く、右側の1/3もごく周辺部を除けばよいのだが、左側1/3が甘い描写で右側1/3とはだいぶ差があることがわかった。絞りを変えても関係はないようでF8でも甘いまま。レンズは当たり外れがあると言われているが、たまたま外れ玉だったのか全部がそうなのかはわからないが、ちょっと期待外れな画質。ただ、接写をした写真では比較的画面全域にわたってむらがなくよい写りをする。それとやや暗い場所ではピントが迷いAFではピントが合わせられない場面が多かった。これまでに使った他のレンズでもなかったわけではないが、これほど頻繁に起きたことはなかった。

この記事をはてなブックマークに追加

川苔山

2017-05-22 | あちこち
 下山はいったん東の肩という小広くなった尾根に下り、そこから赤久奈尾根を辿って古里に降りるのだが、立派な道標にはその方向を指す表示がなかった。鳩ノ巣への下山路は表示していたので、その方向に歩いてゆくと古里への道を示す古ぼけた小さな看板があったが、うっかりすると見落としてしまいそうだった。要注意である。
 歩き進むとシロヤシオの花に出会った。西丹沢の山ではよく見る花だが、この山で見るのは初めてだったのは5月下旬というこの時期にこれまで登ったことがないからに違いない。
 
 川苔山を振り返る。遠くでアオバトの鳴き声が聞こえる。
 
 下山を始めると爪先の方が窮屈な感じがして痛みを感じるようになった。登山靴は長年履いてきたものでこんなことは初めてのこと。ただ、家で試しに履いたときに少し窮屈な感じがしたので、靴下はいつも2枚重ねて履いているが、その内の1枚を薄手の物に換えたのだった。登っているときも最後の方になって少しきつくは感じていたのだが痛みを感じるほどではなかった。何が原因かはっきりとはわからないが、足が大きくなったはずはないので年季の入った登山靴なので皮革が劣化していることと関係しているのだろうか。
 フデリンドウを見つけた。この花を見るのは数年ぶりのことだ。
 
 シロヤシオの大きな株があった。70mmレンズを持ってきていながら一度も使っていなかったのでレンズ交換して撮った。やはり単焦点レンズは切れ味の鋭い描写をする。
 
 双眼鏡を持ってきたのに使う場面がなかったが、下山途中でヒガラが現れたのでやっと使うことができた。芋虫を捕まえて食べるという場面だった。下山路ではキビタキの囀りを頻繁に聞くことができたが、姿は見つけられなかった。
 ヤマシャクヤクがあったが、残念ながら散り始めていた。大輪の花なので咲いているところを見たかったが咲いて3日ほどで散ってしまうのだそうだ。
 
(続く)

この記事をはてなブックマークに追加

川苔山

2017-05-21 | あちこち
 登山口から1時間半ほどで百尋の滝に着いた。偶然にもコースタイムぴったり。新緑に囲まれた百尋の滝は見ごたえ十分で何度見ても素晴らしい。釣り人がひとり釣り糸を垂れていた。
 
 標高を上げてゆくと葉脈の白い筋が特徴的なスミレが目につくようになってきた。花の大きさはとても小さくて1㎝もないくらい。図鑑を見るとフモトスミレとわかったが、山麓でも見られるスミレで特に山地性ではないようだ。
 
 標高が上がるにつれて若々しい新緑の色合いになってくる。
 
 ジロボウエンゴサクと思って撮ったが、図鑑を改めて調べてみると葉の形が違っていた。今のところ種名は不明。17~70mmレンズは接写でのピントはなかなかよいようだ。ただし、70mmにしても画角が広く近距離では実際の焦点距離は50mmもないように感じる。従って大きく撮ろうとするとかなり被写体に近づかなくてはならない。
 
 ハウチワカエデと思われるが赤い花を付けている。
 
 急登もあり次第に足が重くなってくるが、歩幅を小さくして筋力の回復を図りながら登高を続けると山頂に達した。滝からは1時間50分かかったが、写真を結構撮ったわりにはコースタイムよりもわずかに早く着いた。それでも同じバスで来た人の中ではビリから3番目の遅さである。写真を撮ったり鳥を見たりしながら登るのでいつももっとも遅い部類になる。
 山頂には日陰がなく日差しが強くて暑い上に虫がうるさくつきまとうので、食事を摂ると早々に下山にとりかかった。万一の寒さのときのためにウィンドブレーカーを持ってきたが、最後まで着ることはなかった。
 
(続く)

この記事をはてなブックマークに追加

川苔山

2017-05-20 | あちこち
 昨日は奥多摩の川苔山登山をしてきた。川苔山に登るのは何年ぶりかと調べてみるとちょうど30年ぶりのことだった。近郊の山では20代から30代にかけては奥多摩の山によく登っていたが、次第に丹沢山系の山に登ることが増えていった。奥多摩の山でもっともよく登ったのは大岳山と川苔山だった。どちらの山もアプローチが便利で登山コースも色々選べる。今回登った川苔山も様々なコースを歩いたが、一番のお気に入りのコースは川乗谷林道から入り赤久奈山尾根を下って古里に至るというもの。多摩川の源流のひとつとなる渓流を辿るので渓流の景観が楽しめるし自然林も豊富に残されているので、特に新緑と紅葉の季節は楽しみが大きい。
 川苔山は標高1364メートルという低山ではあるが、登山口の標高が300メートル台なので標高差1000メートル以上を登ることになるからそれほど楽に登れる山ではない。以前は三脚を持参していたので、撮影機材が5㎏に達することもあったが、もうそれほどの体力はないので三脚なし、カメラはペンタックスK-5、レンズは先日購入したばかりの17~70mmと70mm単焦点レンズの2本のみとした。これで重さは1,5㎏ほどと1/3の重さに収まった。
 平日にも関わらずバスは満員で座ることはできなかったが、登山口までは15分の乗車なので苦はない。登山口には新しい立派な標識が立っていた。
 
 渓流沿いの道なのでミソサザイとオオルリの美しい囀りが出迎えてくれる。
 季節の花が次々と現れる。まずはガクウツギ。
 
 こちらはマルバウツギ。
 
 林道の幅広い道から登山道に変わると鬱蒼とした緑の中に苔むした岩と倒木の世界が広がる。
 
 かなり暗いので手ぶれを起こしている。
 
 ヒメレンゲが岩に張り付くように咲いている。わかりにくいが右側は水面。
 
 (続く)

この記事をはてなブックマークに追加

砧公園

2017-05-18 | あちこち
 ペンタックスの標準ズームを購入したのでテスト撮影を兼ねて砧公園へ。レンズは17~70mmF4でこれまでこれに近いレンズとしては16~45mmと18~135mmを使っていた。16~45mmは広角側が16mmからなのが気に入っていたが、今となっては望遠側の45mmというのはいかにも物足りなかった。そんなわけで広角側が18mmというのがやや不満ではあるが望遠側が135mmまでという18~135mmを買ったのだが、18mmでは周辺の画像が流れるし望遠側のピントが甘いという弱点があって、写りの点では16~45mmの方がよかった。そこで17~70mmというわけ。現在ペンタックスでは16~85mmというレンズも出していてこれが最新のレンズで、それだけに価格も高め。焦点距離の点では16mmからなので魅力的だが、望遠側ではF5,6とちょっと暗い。それに対して17~70mmはF4通しで接写もこちらのほうがきく。
 まだそれほど撮っていないので確かなところはわからないが、17~70mmの全域にわたってまずまずの写りをしてくれるように思ったが、70mm側の遠景は少しピントが甘いかもしれない。重さは16~45mmより120gほど重いが結構この差は大きくて持つとずっしりする感じ。愛用のK-5に装着するとカメラのストラップも込みで1,280gになるからミラーレスカメラとは別次元の重さになる。
 ソメイヨシノのサクランボが赤く熟していた。これは100mm単焦点レンズで。
 
 スイカズラの花。
 
 バラ園に近づくと風に乗って甘い香りが漂ってきた。バラの花は最盛期を迎えていた。
 
 鳥の方はエナガの巣立ち雛を見ることができた。数羽はいた様子で成長度合いが少し異なる個体が混ざっていたが、もう自分で芋虫を見つけ出して食べていた。他にはアオゲラの鳴き声も聞こえた。

この記事をはてなブックマークに追加

東高根森林公園

2017-05-16 | あちこち
 このところ雨や曇りの日が多く撮影に出ない日が多くなった。そんなわけで少し前に撮った写真から。
 この日は鳥の方ではキビタキを確認した他、エナガの巣立ち雛を見ることができた。複数いたことは間違いないが、繁みの中にいて数はわからなかった。アオゲラの鳴き声やドラミングを何度も聞くことができた。
 ムラサキシジミを発見。シイやカシが食草だが、この公園にはシラカシがたくさんある。
 
 ハクウンボクが咲き始めたところだった。連休中に撮ったので今頃は散り始めているかもしれない。
 

この記事をはてなブックマークに追加

三ッ池公園

2017-05-13 | あちこち
 鳥の方はアオゲラの鳴き声が聞こえた程度でこれといった収穫はなかった。キンクロハジロがまだ3羽も残っていて、この夏はここで過ごすつもりなのだろうか。
 エゴノキは早くも満開で地面にはたくさんの落下が散らばっていた。
 
 モノクロームで植物写真。
 
 いずれもペンタックスの60~250mmレンズで撮影。このところは軽いのでオリンパスの14~150mmレンズを使うことが多かったが、少し気合を入れて重いレンズを持ち出したものの20コマほど撮るのがやっと。
 帰路は気温がぐんぐん上がって汗をかきながらペダルを踏んだ。

この記事をはてなブックマークに追加

宝来公園

2017-05-11 | あちこち
 多摩川台公園のエナガは新たに見つけた巣も結局何ものかに襲われて繁殖は失敗に終わりました。巣があった場所にはたくさんの羽毛が散乱していました。エナガの鳴き声も聞こえなくなったので、しばらく行っていなかった宝来公園に行くとキショウブが見ごろを迎えていました。
 
 怪我をして渡れないのかマガモが1羽だけ取り残されていました。
 
 早くもエゴノキも咲き始めています。
 
 撮影を続けているとエナガのペアに出会いました。どこかに巣をかけているのかもしれませんが、すぐに見失ってしまったので不明です。

この記事をはてなブックマークに追加

都筑中央公園

2017-05-08 | あちこち
 一昨日は久しぶりに横浜市の都筑中央公園に出かけた。いつも書いているが、この公園に向かう中原街道は道幅が一部狭い所が何か所かあり、自転車で走るにはかなり神経を使うので、つい足が向かなくなる。現在その内の1か所は拡幅工事中であと1年ほどの内には広がるかもしれないが、まだその先に狭い所が残っている。
 キビタキの囀りが聞かれるのではないかと期待したのだが、残念ながら聞かれたのはセンダイムシクイのみだった。野鳥の撮影をしているという人と会ったので尋ねたところ、昨日はキビタキの囀りを聞いたし、オオルリも来ているということだった。自転車で5分ほどの所に住んでいるとのことでうらやましい限りである。
 タツナミソウが咲く時期なので探したが見つけることはできなかった。下を向いて探しているとイヌシデの幼木を見つけた。まだ高さが10cm余りという可愛らしさ。
 
 木にからまる蔦も新緑の季節からか一層生気を感じる。
 
 この公園の竹林はよく手入れされている。モノクロームで造形的に撮ってみた。筍の季節は過ぎていて伸びすぎたものが目立った。
 
 帰路は南風が強くなり追い風となったので、あまり強く踏まなくてもスピードが上がったが、先日のようにとんでもない運転をするドライバーがいるので、細心の注意を払って走った。

この記事をはてなブックマークに追加

生田緑地公園

2017-05-04 | あちこち
 川崎市内の公園としては自然度の高い生田緑地公園へ。着くとすぐにアオゲラの鳴き声のお出迎え。続いてオオルリの囀りが聞こえてきた。なかなか姿が見つからなかったが、しばらく粘ってやっと瑠璃色を見ることができた。距離はややあったものの目線に近い角度で見えた。オオルリは数秒間見えただけだったが、その後、キビタキの方はたっぷりとみることができ、美声も堪能した。鳥用のレンズは持って行かなかったので撮影できなかったが、持って行ったとしても距離が遠いなど条件が悪かったので、満足な写真は撮れなかっただろう。
 写真はキビタキがいた森。

 その森の林床に咲くツボスミレ。

 生田緑地民家園の民家の屋根には早くもアヤメの花。


この記事をはてなブックマークに追加