南大沢昆虫便り

八王子市南大沢より、昆虫に関する情報をお届けします。
昆虫の専門家ではないので、間違い等ありましたらご指摘ください。

昆虫学入門 -多様性を探る を受講

2018-08-09 10:28:30 | お知らせ

また、少し更新が途切れてしまった。

10日間ほど体調不良だったが、やっと少し回復してきた。

そんな中、どうやって見つけたのか今となっては分からないが、数日前にiPadで偶然面白そうなものに出会いやってみた。

 

 

「大規模公開オンライン講座」(MOOC=ムーク)というのは、なんとなく聞いたことはあったが、全く興味がなかった。

ところが、こんなサイトが出てきて面白そうなのでやってみたのが、MOOCの日本版というJMOOCだった。

https://www.jmooc.jp/

 

その中に、九州大学の丸山宗利先生の「昆虫学入門 -多様性を探る- Exploring Insect Biodiversity」があり、受講してみた。

https://open.netlearning.co.jp/lecture/index.aspx?cid=00027J11

 

これは以前から開講済みであり受講期間が8月20日までなので、まだ受け付けているのか分からなかったが、少しわかりにくいので苦労して会員登録・受講と進んで、あとは講義を聴くだけ。

そして毎週テストがあり、3周分で終了だが、ほとんど一日でやってしまった。修了証も出るようだ。

内容は以前紹介した、「昆虫はすごい」という本からや、好蟻性昆虫や、世界各地での採集調査についてであり、なかなか楽しかった。

まだまだ分からない点が多いのだが、おかげでいろいろな大学が参加している「大規模公開オンライン講座」の一端を知ることができた。

興味ある方は調べてみてください。

 

 

 

 

 

コメント (2)

微小甲虫 リンゴノミゾウムシ?

2018-07-29 15:33:14 | ゾウムシの仲間

先週の山梨の林道へ行った時のことです。

いろいろなカミキリが見られたのですが、ケシ粒だかゴミだかわからないくらいな小さな虫がいて、何となく気になった。

ルーペで見ると触角が怪しい。

ゾウムシかもしれない。

それにしても小さくて1.5mmくらいだろうか。

容器に入れて撮影し、拡大してみたが、それでも顔がよくわからない。

 

 

触角だけ茶色であとは真っ黒。

ゾウムシだろうか、他の甲虫だろうか?

何とか顔が見たいと、小枝に何とか乗せて横から撮影し拡大してみると、ゾウムシだ!!!

 

 

これほど小さいのは見たことがない。

もっとよく撮ろうとした瞬間、ジャンプ・・・・

 

この2枚を頼りにいろいろと調べてみると、リンゴノミゾウムシに行き当たったが、合っているのだろうか?

 

 

 

 

 

コメント (4)

ツノトンボ

2018-07-28 21:45:09 | その他の昆虫

台風の雨風のピークは過ぎたようだ。

市の放送で臨時避難所のことを言っていたので、ネットで八王子市の警戒情報を調べていたら、雨雲ズームレーダーというアプリが出た。

これが優れもので、雨雲の動きが見え、あと何分後に強い雨雲が来そうだと分かり、その通りに強く降り出した。

まあ、誤差はあると思いますが。

 

昨日、台風の前にと思って長池公園を回って昼過ぎに帰宅したら、入口の階段下の床にトンボがひっくり返っていた。

死んだものと思って表側にすると少し動いた。

エッ、でもこれはトンボではない。

 

 

 

 

ツノトンボだ。

前に見たのはいつだったか思い出せないくらいだ。

ちょっと触ったら、弱々しく少し飛んで壁にとまった。

 

 

 

 

家に持ち帰り、白バックで撮影してみたが、弱っていて先ほどのようには翅を開かない。

 

 

 

トンボの仲間ではなく、ツノトンボ科である。

ウスバカゲロウに近く、幼虫はアリジゴクのような形をしている。

 

我が家の入口や壁そして室内でも、何でここにいるのという虫がときどき見つかるが、ツノトンボまでやってくるとは。

台風が過ぎたら外へ逃がそうと思っていたら、残念ながら動かなくなってしまった。

 

 

 

コメント

〇〇ミドリシジミ??

2018-07-27 16:10:08 | チョウ

日本列島は強烈な暑さが続いていたのだが、やっと少し雲が出てきたと思ったら、一気に今度は台風直撃らしい。

何とも極端な天候となったものだ。

 

最近、撮影するのは昆虫関連の写真ばかりとなっているのですが、もう一つのブログ「南大沢季節便り」で、「南大沢を歩いてみると」という風景や建物の写真をシリーズで載せています。

これは、あまりの暑さに自宅にいることが多かったので、前から作ろうと思っていた南大沢の風景での小さなフォトブックを作ったので、その一部を載せたものです。

場所を明かさずに載せて次回説明というかたちですので、興味ある方は是非ご覧ください。

こんな場所知らなかったというのがきっとあると思います。  → クリック

 

ところで今週の初め、ついに八王子市で39℃を越えるという日がありました。

この日、4度目の山梨の林道へ行ってきました。

ノリウツギの花がちょうど良い時期で、カミキリムシなどの昆虫も沢山いました。

その中で、橋から沢を見下ろすとチラチラと緑色のシジミチョウが飛んでいた。

止まったところはかなり遠い。

 

 

何度か飛んでいるうちに至近距離に来た。

かなりくたびれているミドリシジミの仲間。

 

 

標高1,300Mくらいのところなので、何ミドリシジミなのだろう?

飛んだところも狙ったが、遠かった。

 

 

これだけの写真で種名がもしわかりましたら、お教えください。

 

夕方自宅に戻って八王子は最高気温更新だったと知ったのだが、林道でも30℃は越えていたのだが、まだ過ごしやすかった。

ちょうど良い日に行ったのかもしれない。

誘ってくれたMさんに感謝です。

 

 

 

コメント (6)

真夏のタテジマカミキリ

2018-07-16 11:42:27 | カミキリムシ

 

もう何年も前から、越冬中のタテジマカミキリを地元で探しているが、いまだに見つからない。
カクレミノは沢山あるし、ヤマウコギもあるし、タラノキやハリギリもあるのだが、見つからない。

横浜の公園で越冬中のを何度か見て、かなり見つけにくいとはわかっているが、やはり探し方が悪いのか。
小山田緑地では越冬中のを見たと聞いたが、尾根幹線を越えた八王子側は寒いので、成虫越冬ではなく材の中で越冬して春に成虫が出て来るのではとも考えてしまう。

ところが、今年になっていろいろと情報が入ってきた。
ひとつは、高尾で成虫越冬を見たという情報。
それなら南大沢でもできるはずと思ったら、さらに長池公園で今年成虫越冬を見たというのである。
やられた、一番乗りを目指していたのに。
でも、今度の冬が楽しみになった。
ところがなんと、Wさんはこの暑い中、先週長池公園で2頭も見つけたというのである。
越冬中以外見たことがなかったのだが、真夏にもみられるのだ、とびっくり。
それはそうだ、繁殖しなければならないのだから、夏だっているはず。

Wさんに教えてもらって、早速撮影に行った。

これは見つけにくい。

 

 

中央やや上にしがみついている。

違うところにいたのも見つけにくい。

 

 

良くも見つけたものだ。

これは、どうも枝をかじっているようにも見えるが。

 

 

触角は長いので、これで見つかることもある。

それにしても、キイロトラカミキリなど忙しげに走り回るカミキリばかり見ていると、何ともおっとりしていて動かない。

そこで、顔も撮らせてもらう。

 


その後別の場所にも複数いたということで、合計3か所で4頭いたことになるが、その後どこへ行ったのか2頭に減ってしまった。

でも、これでこの地域でも活動していることがわかったので、今後が楽しみだ。

 

 

 

 

コメント (8)