野鳥・It's My Life

ビデオカメラで撮影しています。
多摩川中流域や近隣の里山での撮影記録です。
画像は動画からカットした静止画です。

20170320山のクマタカ(トビの谷、交尾と給餌)

2017年03月20日 | 野鳥
今日も儀礼的な交尾が見られた。この谷で交尾を見るのはこれで3回目となる。
そして、オスが獲物を持ち帰るのを確認した。メスはそれを受け取ったようだった。

朝、谷中の枯れ木に止まるメス。


暫くすると落ち着きが無くなり、しきりに鳴くようになり、交尾を受け入れる姿勢を取った。


やはり近くにいたオスが来て、交尾を行った。今日も7~8秒の短い儀礼的な交尾だった。






交尾が終わり、先にメス(右側)が離れて東斜面に消え、暫くしてオス(左側)が谷を出て行った。


オスが飛び去った後に、暫くしてメスが同じ枯れ木に戻ってきた。その後西斜面に消えた。


正午前、獲物を携えたオスが東尾根から現れて、谷中を飛んで、西斜面の樅の林に入った。
(オスの持ち帰った獲物は、メスに与える給餌ではなかろうか)


暫くして、東斜面に現れたメス。
このあと、オスが獲物を持ち帰った西斜面に急降下した。(そしてオスの給餌を受けたと思われる)


このあと、メスが西斜面から谷を横切って東斜面の営巣木の近くに消えた。
巣の中をうかがったが、そこにメスが居るか否かはよくわからなかった。

その後谷中は動きが無くなり、立ち去る1時半まで静寂が続いた。
もしかすると、メスの抱卵が始まっているのかも知れない。


この記事をはてなブックマークに追加

20170318山のクマタカ(トビの谷、儀礼的な交尾)

2017年03月18日 | 野鳥
日が経つに連れて、谷中ではペアの動きが多くなってきている。
午前中は、昨日と同じような儀礼的な交尾があったし、交尾を済ませたオスが枯れ枝を昨年の巣に運び込んだ。メスも巣に入った。
未だメスの産卵には至っていないが、今日も営巣の進展を思わせる行動が見られた。

朝陽を受けて西斜面の枯れ木で谷中を見守るメス




暫くして西尾根先端の樅の木に移動したメス。オスを探している様子だった。




飛び立って旋回するメス。






正午前に遠出から帰って、谷中の枯れ木に止まるメス。


谷中に飛び出したメス。


東斜面の樅の木に入るメス。


交尾(昨日と同じように7~8秒の儀礼的な交尾だった)


交尾を済ませたオスが枯れた枝をもぎ取り、下の営巣木に持って入った。


巣から出てきて東斜面を過ぎて遠出して行ったオス。


巣から出てきたメス。


縄張りに入ってきたトビを牽制して出てきたメス。



この記事をはてなブックマークに追加

20170317山のクマタカ(トビの谷の交尾)

2017年03月17日 | 野鳥
午前中にはオスのディスプレイ(波状飛翔)、午後は交尾と、遠いながらも普段はあまり目にすることができないシーンを見ることができた。

■午前
東斜面に現れたメス


西尾根を旋回するオス


東斜面に飛び出したメス


オスのディスプレイ(波状飛翔)






谷中の枯れ木に止まるメス


■午後
谷中に帰ってきて、午前中と同じ枯れ木に止まるメス


暫くすると、下を向いて鳴いた。


メスが頭を下げて受け入れる姿勢をとると、それに誘われるようにオスがやってきた。


頭を下げて交尾を促すメス


恐るおそる近づくオス


交尾






10秒足らずで交尾は終わった。



この記事をはてなブックマークに追加

20170312山のクマタカ(昨年の巣)

2017年03月12日 | 野鳥
昨日はいつもより低い場所(畑)から見たため、巣の様子が全く把握できなかったので、今日はいつもの高台に上がった。
一度だけメスによる営巣木の出入りがあり、昨年の巣を使う気配を確認することができた。
昨日のような賑やかさはなかったが、弱いものの鳴き声が聞かれ、谷中の枯れ木にカップルで並ぶシーンを見ることができた。
営巣が順調に進めば3月末前後の産卵となり、その後は抱卵のためにメスの出現は少なくなる。
このようにメスを見ることができるのも、もう直ぐ終わりとなる。

今日のスタートは10時過ぎ。西尾根の先端に現れたメス。


同上


同上


同上


同上


メスが入り込んだ昨年の営巣木の巣。幹の右側に白く光っているのが、巣の上にいるメスの胸。


営巣木を出て、同じ斜面の広葉樹に移動した。


その後、谷中に飛び出したメス。喉が膨らんでいるのは獲物なのか。


その後、谷中の枯れ木にメスを発見。


暫くするとオスが来て、並んで止まった。


オス


同上


メス



この記事をはてなブックマークに追加

20170311山のクマタカ(トビの谷、カップル成立)

2017年03月11日 | 野鳥
今までは確認出来なかったオスが出現し、メスとのカップルが成立していた。
谷中の東斜面の昨年の巣の近くで、二羽が並んでいるのを確認することができた。
鳴き声も頻繁に聞こえるようになって、俄然賑やかになってきた。
産卵はこれからだが、このまま順調に営巣が進展するのを見守りたい。

8時半頃、オスに続いて西尾根から出て谷中を渡るメス。


昨年の営巣木に現れた。


左がオスで、右がメス?


オス


メス


メス


メス


メス


メス


メス


メス


オス


オス



この記事をはてなブックマークに追加