真夜中のドロップアウトカウボーイズ@別館
ピンク映画は観ただけ全部感想を書く、ひたすらに虚空を撃ち続ける無為。
 



 「痴漢電車 濡れるまで待てない」(1998/製作・配給:大蔵映画/監督:渡邊元嗣/脚本:波路遥/撮影:下元哲/照明:伊和手健/編集:酒井正次/助監督:高田宝重/監督助手:片山圭太/撮影助手:小山田勝治/照明助手:小田求/スチール:佐藤初太郎/録音:シネキャビン/現像:東映化学/出演:しのざきさとみ・西藤尚・熊谷孝文・久須美欽一・小西綾花)。
 特に意欲も感じさせない住宅街遠景を噛ませた上で、塚原雅哉・千晶の表札。千晶(西藤)がシャワーを浴び、リストラされた雅哉(熊谷)は求人誌とにらめつこ。風呂上がりの嫁に欲情し、飛びつくも出勤する千晶にケロッとかはされた雅哉が、クローゼットに激突してタイトル・イン。額に間抜けに絆創膏を貼つた雅哉は、まんまと面接に撃沈。雅哉が求人誌を放つた川に、花飾りの添へられた灯籠が流れて来る。流れて来るや辺りは日が暮れたが如く俄かに暗くなり、雅哉が灯籠を川の流れに戻すと、日もまた元に戻つた。そして漸く電車、かと思つたら。家計をイメクラ「ドリーム☆ルームス」で働き支へる千晶と、風俗遊びを経費で落とす常連客・藤崎宏(久須美)の電車痴漢プレイ。一方、雅哉が揺られる本物の電車。雅哉は当時と変らないセーラー服姿の、“故郷の初恋の人”落合真樹(小西)と再会、吸ひ寄せられるやうに軽く絡む。
 配役残りしのざきさとみは、転居の理由が別段見当たらないが何と塚原家の隣に越して来た、藤崎が夜な夜なの直線的な夫婦生活の求めに往生する妻・香織。乗客要員の中に、高田宝重は確認出来ず。
 DMMの新機能に薦められるまゝに、洒落てるのかぞんざいなのかよく判らないタイトルに惹かれて見てみた渡邊元嗣1998年第三作。前年に初上陸を果たしての、大蔵三戦目に当たる。ついでに西藤尚のみに注目すると1998年といふのはルーキーイヤーながら、実はその以前に田中真琴としての活動時期があつたりもする。
 話を戻して、勧められては、みたものの。デビュー当初の第一次と、2006年に火蓋を切つて以来、今なほワン・アンド・オンリーに快走する第二次黄金期。要はその間の大体二十年を、渡邊元嗣が長く概ねマッタリしてゐたイメージの枠内から時には出て呉れて全然構はないのに、出かけて出損なふ漫然とした仕上がり。最初のアップでは左半分をフレーム外に隠した―直前のロングでは、ギッリギリ見切れなくもない―姉妹のスナップを改めて抜き、完全に油断してゐただけなのかも知れないが、全く予想外の世間の狭さが明らかとなつた瞬間。ナベが猛然とアクセルを踏み込んで来る気配は、確かになくはなかつた。とはいへ、あるいはそもそも。吉村すももに劣るとも勝らず、口元から下がぎこちない主演―の筈の―女優のエクセスライクに関しては、いふてもせんないことと一旦さて措くにせよ。土台が想ひ人に姉を抱かせて成仏する妹の気持ちが、光の速さでも何年かゝるか見当もつかないほど理解に遠い。未練を残して死んだ女が兄貴に抱かれてゐたとなると、多分俺なら猛烈に地団駄を踏む。といふか、姉とか兄といふ問題ですらないな。雅哉にとつて千晶の風俗勤めはよもやか何時の間にか既知の事柄で、挙句に成仏したんぢやなかつたのかよ!なキュートでポップな狙ひが、グダッた右往左往にしか帰結しないラスト。そこかしこがボロッボロで、凡そ物語の体を成してゐない。結局最も心が動いたのは、西藤尚でさへなく、まさかのしのざきさとみがど頭に飛び込んで来るビリング。クレジットが最大のチャームポイントといへば、なかなか珍しくはある一作といふのが、当サイトに吹かせられる限りの与太、もとい南風。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 愛欲の罠/DMM戦 巨乳水着未亡... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。