書く仕事

ご訪問ありがとう!!日々の雑感,読書,DVD,映画の感想等を書き散らかしています.

4月27日(木)のつぶやき

2017年04月28日 02時24分01秒 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「サロメ」原田マハ

2017年04月27日 12時39分04秒 | 読書
「サロメ」原田マハ



19世紀末のヨーロッパ。
オスカー・ワイルドによって書かれた戯曲「サロメ」にまつわる、淫靡で不気味な物語。
登場人物はほぼ全て実名で、多くが史実なので、どこからが架空の物語なのか、実に巧みに隠されている。
「サロメ」は、物語もさることながら、その挿し絵が衝撃的なことで有名らしいが、その挿し絵を描いたオーブリー・ビアズリーが重要な役どころとなる。
語り手となるのは、オーブリーの姉で女優のメイベル・ビアズリーである。
メイベルは弟のオーブリーに対して、かなり異常な愛情を抱いており、結構不気味な描写もあり、私のように健全な心の持ち主は、覚悟して読み始めねばならないだろう。
メイベルに限らず、出てくる人物が皆さん、ちょっとオカシイ。
だから、小説になるんだけどね。
オスカー・ワイルドもしかり。

普段まじめで品行方正な人生を送っている人が、たまにちょっとあちらの世界を垣間見たいなと思った時には最適な小説。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月19日(水)のつぶやき

2017年04月20日 02時22分51秒 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「探偵は女手ひとつ」深町秋生

2017年04月19日 14時06分29秒 | 読書
「探偵は女手ひとつ」深町秋生



ヒロインの留美はシングルマザーで元警察官だが、わけありで、今は私立探偵をしている.
探偵といいつつ、舞台が山形なので、雪掻き等の力仕事もやる「何でも屋」だ.
元の職場(警察)の元同僚から、いろいろな調査依頼が入ることもあり、その場合は本来の探偵業務となる.
そんな留美を中心に描く,いわば女探偵ハードボイルド小説である.
依頼元は一人暮らしのお年寄りから,怪しげな会社の社長まで様々だ.
大体,最初は簡単な調査と思うようなものばかり.しかし,良く調べたら,実は,ヤクザとのいざこざや,ストーカー事件やら,難儀な事件に発展してしまう.
しかし,トラブルが起きてからの留美の快刀乱麻の活躍が小気味いい.
ある意味スーパーウーマン的活躍でスパッと小気味よく解決に導く.
山形が舞台ということで,大部分のセリフが,コテコテの山形弁である.
この山形弁のおかげで,留美の活躍がいっそう強調されるような気もする.
昔,留美が捕まえて更生させた暴走族の頭だった逸平君が何とも良い役で留美を補佐する.
非常に面白かった.
続編が出れば是非読みたい.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月13日(木)のつぶやき

2017年04月14日 02時17分57秒 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「サイレンス」秋吉 理香子

2017年04月13日 12時06分55秒 | 読書
「サイレンス」秋吉 理香子



北国の離れ島「雪之島」で育った深雪は,東京にあこがれ一刻も早く島を出たかった.
中学の時,母譲りの美貌を武器に東京の芸能事務所のオーディションを受け,見事合格し,芸能界への道が開けた深雪だったが,頑固で封建的な父から一方的な反対を受け,断念せざるを得なかった.
このことが深雪の将来に大きな苦悩と不幸を呼び寄せることになる.
この「雪之島」には,島に生まれた若者たちを,島にくくりつける何かがあった.
それは何か?
ミステリーといえばミステリー.
ドロドロの恋愛劇といえば恋愛劇.
ホラーといえばホラー.
いずれのカテゴリーにも当てはまらない不思議なストーリー.
ファンタジーかな.
やはり違う.
島全体が巨大な生き物というか,島に住む人々をコントロールしているようにも思える摩訶不思議な物語でした.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月7日(金)のつぶやき

2017年04月08日 02時18分52秒 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「人生に七味あり」江上剛

2017年04月07日 21時48分10秒 | 読書
「人生に七味あり」江上剛



人生は七味唐辛子.
ヒリヒリと辛いことが7種類もある.
何味かというと,うらみ,つらみ,ねたみ,そねみ,いやみ,ひがみ,やっかみ,
の7つの「み」である.

樫村は,銀行マンとして充実した人生を送っていたが,ある日,突然,彼が務める銀行が,超大手のメガバンクに吸収合併されることになり,エリートの座から引きずり降ろされる.
明らかな左遷である子会社への出向を命じられたため,会社を辞め,外食産業の役員に再就職する.
役員と言えば聞こえはいいが,要は居酒屋のおやじのような仕事だった.
今までのエリート街道から一転して,地を這うような仕事に苦戦する樫村.
しかも,その居酒屋チェーンは赤字店が続出し,このままでは債務超過に陥り,倒産の危険もあることがわかる.どうする樫村...

銀行とのからみがたくさん出て来て,しかも嫌味な銀行マンが憎たらしいセリフを吐きまくるところは,半沢直樹の再来を思わせる.
しかし,こちらの方が,より大人の判断,大人のセリフが多く,落ち着いた感じがする.
その結果,現実味のあるお話に聞こえる.

泣かせる展開もあり,読後感は非常に良い.
半沢直樹の場合,溜飲は下がるが,そこまでやらなくても,と思った記憶がある.

この「人生に七味あり」は,大人の経済エンタテーメントという印象だ.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月1日(土)のつぶやき

2017年04月02日 02時20分44秒 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「危険なビーナス」東野圭吾

2017年04月01日 14時58分01秒 | 読書
「危険なビーナス」東野圭吾



東野圭吾さんのミステリーにしては割とシンプルな構成でしたが,逆に物語としては頭を悩ませずにストレートに入って行けて,楽しめました.

雇われ獣医をやっている手島伯朗は,忙しくも充実した生活を送っていたが,ある時,楓と名乗る義理の弟の妻という女性の訪問を受ける.
伯朗は母が再婚しており,新しい父親との間に生まれたのが義理の弟,明人であり,楓はその妻だという.
楓から,新しい父親が危篤なので来てくれという連絡を受けたのだが,明人が行方不明になってしまい,一人では不安なので,一緒に来てくれという.伯朗は実家とは絶縁状態にあり危篤の連絡も受けていなかった.
楓の女性としての魅力に戸惑いながら,正確には惹かれながら,同行する伯朗に,次から次へと意外な事実が明らかにされる...

てな具合です.

まあ,ハッキリ言って,エンタテーメントそのものの小説です.テレビドラマになりそうな感じ.でも,こちらもその娯楽性を求めて手にした一冊なので,狙い通りの楽しさを満喫できた一冊ということで.めでたしめでたし.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月19日(日)のつぶやき

2017年03月20日 02時17分47秒 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「第五番」久坂部 羊

2017年03月19日 18時47分40秒 | 読書
「第五番」久坂部 羊




医療システムの維持と発展を狙う世界的かつ巨大な陰謀と,それに対して格闘する日本人医師の奮闘を描く,ミステリー.
現役の医師が書いただけあって,病院や医療の専門用語がビシバシ出てくるが,分かりやすく描写しているので違和感はない.ただし,新型カポジ肉腫の描写がかなりグロテスク.
グロがダメな人は読むのは避けた方がいいかもしれません.
医療は深刻な伝染病などが蔓延しそうなときは,大いにその存在価値を発揮できる一方,深刻な病気がなくなると,その価値がなくなるという矛盾を抱えている.
医療は,自分が不要になることを目指して奮闘しているわけです.
そこがこの小説の世界的陰謀の発想の原点です.
話は大変面白いし,この病気がどうやって日本に侵入したかを解き明かすのも面白い.ミステリー好きな人なら,後半でわかると思うけどね.
ただ,やはり描写のグロテスクさはね,う~ん.
食事時はやめた方がいいかも.
あと,風邪ひいてたり,熱がある人も読まない方が良いかもしれません.
体と心の両方が健康だと自負する人にはお勧めです.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月6日(月)のつぶやき

2017年03月07日 02時15分03秒 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「本バスめぐりん」大崎梢

2017年03月06日 10時10分35秒 | 読書
「本バスめぐりん」大崎梢



公立の図書館が、少し離れた団地のために提供している、バスの移動図書館サービス、「本バスめぐりん」がお話の舞台。
ある会社を定年退職し、このバスの運転手を始めたテルちゃんこと照岡久志が主人公で、相棒の司書さんは、未だ若いけど、テルちゃんの上司のウメちゃんこと梅園菜緒子。

この二人と、本バスめぐりんを楽しみにしている団地の人々との、心暖まる5つの交流の物語。
ただし、心暖まるまでには、それぞれ、厄介なトラブルや謎解きが絡んでおり、ミステリー好きの私が気に入ったわけもここにある。

本に対する愛情と、本をより多くの人々に読んで欲しいという思いが行間から溢れる。

本の好きな人に悪人はいない、と思わせてくれる一冊。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月14日(火)のつぶやき

2017年02月15日 02時21分38秒 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加