元・副会長のCinema Days

映画の感想文を中心に、好き勝手なことを語っていきます。

2014年の映画ベストテンを気ままに選んでみた。

2014-12-31 07:57:12 | 映画周辺のネタ
 2014年の個人的な映画ベストテンを選出してみた。



日本映画の部

第一位 そこのみにて光輝
第二位 こっぱみじん
第三位 福福荘の福ちゃん
第四位 日々ロック
第五位 百円の恋
第六位 小さいおうち
第七位 夢は牛のお医者さん
第八位 ぼくたちの家族
第九位 WOOD JOB! 神去なあなあ日常
第十位 ジャッジ!



外国映画の部

第一位 罪の手ざわり
第二位 ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
第三位 ダラス・バイヤーズ・クラブ
第四位 インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
第五位 her 世界でひとつの彼女
第六位 ぼくを探しに
第七位 ブルージャスミン
第八位 キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー
第九位 郊遊 ピクニック
第十位 マダム・イン・ニューヨーク

 なお、以下の通り各賞も勝手に選んでみた。まずは邦画の部。

監督:呉美保(そこのみにて光輝く)
脚本:藤田容介(福福荘の福ちゃん)
主演男優:綾野剛(そこのみにて光輝く)
主演女優:大島美幸(福福荘の福ちゃん)
助演男優:坂田聡(百円の恋)
助演女優:黒木華(小さいおうち)
音楽:ジム・オルーク(私の男)
撮影:飯岡聖英(こっぱみじん)
新人:門脇麦(シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸)

 次に、洋画の部。

監督:アレクサンダー・ペイン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
脚本:ジャ・ジャンクー(罪の手ざわり)
主演男優:ランビール・カプール(バルフィ!人生に唄えば)
主演女優:シュリデヴィ(マダム・イン・ニューヨーク)
助演男優:ジャレッド・レト(ダラス・バイヤーズ・クラブ)
助演女優:ヘレン・ハント(セッションズ)
音楽:クリストフ・ベック(アナと雪の女王)
撮影:フェドン・パパマイケル(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
新人:ブリット・マーリング(ザ・イースト)

 さて、以下はついでに選んだワーストテンである(笑)。

邦画ワースト

1.舞妓はレディ
 粗悪な脚本、大根演技、ポンコツ演出と三拍子揃った救いようのない駄作。ミュージカル仕立てなのに作り手に音楽センスがゼロという惨状で、存在価値は皆無。
2.紙の月
3.渇き。
4.TOKYO TRIBE
5.蜩ノ記
6.超高速!参勤交代
7.白ゆき姫殺人事件
8.小野寺の弟・小野寺の姉
9.春を背負って
10.青天の霹靂

洋画ワースト

1.それでも夜は明ける
 題名とは裏腹に、ちっとも“夜は明けない”モヤモヤした展開に終始。どうしてこの程度の映画がアカデミー賞を取れたのか、理解不能である。
2.ウルフ・オブ・ウォールストリート
3.アデル、ブルーは熱い色
4.6才のボクが、大人になるまで。
5.アクト・オブ・キリング
6.エレニの帰郷
7.チョコレートドーナツ
8.ダイバージェント
9.トランセンデンス
10.エージェント:ライアン

 日本映画の企画力の貧困ぶりはどうしようもない。そこそこ名の知れた漫画やお手軽な読み物の映画化、あるいはテレビ番組の拡大版ばかりが目に付く。そこそこ客は入るのだろうが、明らかに“守り”のマーケティングでしかなく、作っていて何が楽しいのかと思ってしまう。中長期的な視点を欠いた運営では、ジリ貧になるのも仕方が無い。

 外国映画に関してはあまりコメントすることは無いが、インド映画の再評価は印象に残った。アメリカ映画一辺倒の興行も、少しは考え直す余地があるとは思う。

 2014年は高倉健や菅原文太などの大物が相次いで世を去ったが、あらためて彼らの存在の大きさを感じずにはいられない。機会があれば、旧作を再チェックしてみたいものだ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「蝿の王」 | トップ | 「寄生獣」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aq99)
2015-01-14 20:40:08
今年のブロガーベスト10ができました。いつも通りの結果ですが、個人的には自分の好みと違う部分が散見して、感覚がズレてきたのかと驚いております。
コメント、ありがとうございます。 (元・副会長)
2015-01-15 06:04:20
いつもながら、集計まことにお疲れ様です。ありがとうございます。

「好みと違う部分が散見」とのことですが、私なんか昔からそうですから(^^;)。ただし、個人的にはブロガー諸氏諸嬢と比べてどうだというより、キネ旬ベストテンとの乖離が大きいですね。何しろ、名前も知らない映画がランクインしていますしね(笑)。

それでは、今後ともどうかよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
My Best Movie 2014 (西京極 紫の館)
年賀状も書き終わり、大掃除も終わりました。 と云う事で、そろそろ2014年の総まとめをしておきましょう。 まず今年観た映画。 今年劇場で観た映画は67本。 奇しくも昨年とまったく同じ本数でした。 ☆5つ満点評価が4本は昨年と同じですが、 ☆4つが21本と昨年よ...
2014年Nakajiの映画ランキング (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
今年もいよいよ終わりですね~!! 今年は早めに記事も書き終えたので、ランキングにかかってみます。 年度末にパスポートに変えたのですが、あまり見れなてない・・・ で書いてない、消えた画クメール・ルージュの真実をいれると110本になりました。 見てないようで....
2014年ベスト10&ワースト10&more...(短評付き) (銀幕大帝α)
【2015年謹賀新年】 2014年銀幕大帝αベスト10 (1/1~12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出) 1位:『ゼロ・グラビティ』(レンタル開始日:2014-04-23) 短評:2Dで観ても圧倒の映像クオリティ。一人ぼっちの大宇宙。最後まで緊張の...
2014☆ベスト&ワースト映画 /2014 BEST&WORST MOVIE☆ (我想一個人映画美的女人blog)
今年で17年目 独断と完全なる好みで選ぶ、年末の映画ランキング 毎年言ってますが、個人の選出によるものなので映画の出来の良さではなく、 面白かったもの、好きというのを重視 ちなみにつけた得点数順というわけではありません。  対象となるのは 2014...
[ナカデミー賞2015'・作品賞] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・昨年は映画館で113回観ました(作品数は109本)。  ナカムラの選ぶ映画賞だから、ナカデミー賞!!  《ナカデミー賞2015'・作品賞》  ・・・全て、私の独断と偏見のベストである。  当然に入るべき作品が入ってないのは、私のこだわりでもある...
2014年の映画ベストテン and more. (Akira's VOICE)
ベスト&ワースト,他いろいろ!
2014 Movies Best 10 (宇宙のめいぐると)
初挑戦の映画検定1級はボロ負けでした…
2014年振り返り (勝手に映画評)
さて、今年も残すところ、あと僅かとなりました。 と言う事で、2014年鑑賞映画の振り返りです。 2013年の観賞数ですが、 1月:4本 2月:5本 3月:6本 4月:3本 5月:6本 6月:9本 7月:4本 8月:6本 9月:6本 10月:5本 11月:7本 12....
My Best Movie of 2014 (映画!That' s Entertainment)
My Best Movie of 2014 ■口上 今年は映画館で23本を含め221本の映画を鑑賞しました。最近減り気味だったので ちょっと復活したかな、という感じです。 その中から★を8つ以上獲ったものを抜き出して並べてみたのですが、映画館はさて おいて、WOWOWを中心とし...
2014 Best Movies (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
1年間のまとめです。 今年も一応ピックアップしてみました(去年のベストはコチラ) タイトルは当ブログ内のレビュー記事に、画像は(DVD化されているものに関しては)アマゾンにリンクしてあります! 1) インターステラー
2014映画、私的ベスト5!! (馬球1964)
2014年に観た全映画作品から選んでみました。今年は観た作品自体が少なかったですね~!!
2014総括マイベスト映画レビュー (オールマイティにコメンテート)
2014年もいよいよ4日あまりとなってしまいました。 2014年度鑑賞した60作品と9年連続60本以上鑑賞する事ができました。、 今年はギリギリまで鑑賞作品が伸びた ...
2014年の映画マイベストテン (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ)
1位 『6才のボクが、大人になるまで。』(リチャード・リンクレーター) 2位 『エレニの帰郷 』(テオ・アンゲロプロス) 3位 『ゼロ・グラビティ』 (アルフォンソ・キュアロン) 4位 『アデル、ブルーは熱い色』 (アブデラティフ・ケシシュ) 5位 『グランド・プダ...
2014年のワースト10です。 (こねたみっくす)
浅はかな知識や熱意だけで製作された映画が多かった2014年。アニメの実写化をすれば失敗し、ニッチなテーマを採用すれば愛のない脚本に退屈し、期待していた監督たちでさえ駄作を撮 ...
2014年度、年間マイベスト10+α (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
2014年度のマイベスト10発表です。
2014年映画鑑賞記録 (FREE TIME)
2014年も多くの映画作品を鑑賞しました。 今回は自分が2014年に鑑賞した映画を振り返ります。
「2014年ベスト・ワーストな作品、ランキングはかなり悩みましたスペシャル」 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
また今年もやって参りました2014年の総決算ともいうべきベストワーストランキングでございます。
2014年 ブロガーが選んだ映画ベスト10 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
キネ旬や、映画秘宝、ましてやヒットランキングもののベストテンにな~んかしっくりこない方、お待たせしました。 今年も調べてみましたよ。 (過去のベスト10 2013年 2012年、2011年、2010年、2009年、2008年、2007年、2006年、2005年、2004年)。 今回は68ブログと....
2014年my映画ランキング (Nice One!! @goo)
映画祭・特集上映・日本未公開部門編ランキングに引き続いて、こちらが一般公開編のランキングです。 個人ランキングのTB、集計用はこちらを使って下さい。 選出対象となる本数ですが、 308本(2014年劇場公開総鑑賞本数) - 10本(複数回鑑賞) - 83本(映画祭...
2014年面白かった映画マイベスト10 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
今年も色々ありがとうございました(^○^)  また来年も宜しくお願いします!      2014年 面白かった映画ベスト10です
2014年ベストシネマ15(洋画編) (京の昼寝~♪)
2014年ベストシネマ15(洋画編)   2014年は洋画61本、邦画62本と意外に終わってみれば僅差の鑑賞でした  邦画同様、洋画の作品もバリエーションに富んだ1年だったように感じました。  最近は、年末年始に洋画も邦画もビッグタイトルが少なくなり、...
2014年ベストシネマ15(邦画編) (京の昼寝~♪)
2014年ベストシネマ15(邦画編)   2014年は総本数で123本、うち邦画は62本観ることが出来ました  その中には、TOHOシネマズの貯まった6,000マイルをフリーパスポートに  交換して、18本は無料で鑑賞することができました 一昨年もこの...
映画2014 総決算! (たいむのひとりごと)
2014年の映画鑑賞も一応終了。鑑賞総数(リピート含まず):59本。内訳は外画:43本、邦画:8本、アニメ:8本。昨年が83本(外:57 邦:26)だったと思うと鑑賞が激減、特に邦画が半分に減っており