弁理士の日々

特許事務所で働く弁理士が、日常を語ります。

ウイルスバスター2007

2007-02-08 22:58:08 | サイエンス・パソコン
当方は事務所でも家でも、ウイルス対策ソフトにウイルスバスターを使っています。ウイルスバスターは1年に1回バージョンアップがあり、各年の後半に次の年のバージョンが発表になります。
発表直後は不具合が出ることがあるので、従来は年が明けてからバージョンアップしていました。
今年の新バージョンについては、ひょっとした行きがかりで、4台のパソコンについて昨年のうちに2007にバージョンアップしました。ところがその直後から、パソコンの動きがおかしくなりました。ネットでのページの表示が極めて遅くなります。
そこで「ウイルスバスター 遅くなる」で検索したところ、やはり世の中で多くの人が困っていました。ウイルスバスター2007インストール後に処理が重く(遅く)なる問題と対処法のページが特に詳しかったです。
どうも緊急避難としては2006バージョンに戻すしかないようです。上のページにバージョンダウンの方法が詳細に説明されていたので、それを参考に4台のうち2台は2006に戻しました。

残り2台は2007のままで不自由を忍んでいたのですが、1月30日に問題が解決することになりました。トレンドマイクロ社がWindows Vista対応を銘打って2007の新しいバージョンを発表したのです。やはり上のページで解説されています。私はこの解説にしたがって2007の従来バージョンを新バージョンに置き換え、その結果としてパソコンの動きは俊敏になりました。
一応我が家ではウイルスバスター2007問題は解決した模様です。

ウイルスバスターは、今まで1セットでパソコン1台だったのですが、2007からは1セットでパソコン3台までインストールが可能となります。一方で年会費が値上げされるので、2台以上のパソコンにウイルスバスターをインストールしている人はこの際ライセンスの数を減らすことが必須です。
私のところで2台のパソコンについては2006にバージョンダウンしていなかったのは、1つのライセンスで2台のパソコンにインストールしていたからでした。この1年のうちに、1ライセンス当たり3台に統合し、ライセンスの数を減らす予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加