黒猫のつぶやき

法科大学院問題やその他の法律問題,資格,時事問題などについて日々つぶやいています。かなりの辛口ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旧司法試験と新司法試験の異様な格差

2006-09-15 05:12:03 | 法曹養成関係(H25.1まで)
 9月21日の新司法試験最終合格発表を控え、既に法務省のHPで発表されている短答式試験の結果発表などをもとに、新司法試験と旧司法試験の「格差」について検討してみました。

 まず新試験のデータを以下に示します。
出願者数 2,125人(受験資格を得られなかった12人を除く)  
実受験者数 2,087人(途中欠席4人を除く)
短答式試験合格者数 1,684人(合格率約80.7%)
合格ライン 210点/350点(正答率60%以上)
 以前実施されたプレテストの短答式試験はかなりエグイ問題でしたが、本試験の問題は一見したところかなり平易化されており、出題形式や出題範囲の違いなどがあるので一概には言えませんが、少なくとも旧試験よりそれほど難しい問題であるとはいえないと思われます。その問題について、6割以上取れば択一試験は突破できるわけです。
 そして、論文試験の合格者数は900人~1100人前後とすることが予定されているわけですが、これを約1000人と仮定すると、択一試験の合格者のうち、約6割が論文式試験に合格できる計算になります。
 論文式試験の結果はまだ発表されていませんが、論文式試験の採点基準は旧試験・新試験いずれも「優秀」「良好な水準」「一応の水準」「不良」の4段階に大別され、その中で具体的な点数が付けられるわけですが、合格率6割ということであれば、「一応の水準」のうち上位4分の3程度に入れば合格できるという計算になります。点数でいうと800点中370点くらい、旧試験の水準に換算すれば40点中22点くらいになるでしょうか。
 総合合格率は、合格者数1000人の場合47%程度になります。

 次に、今年の旧司法試験のデータを示します。
出願者数 35,713人
(最終合格者数994人だった平成12年度とほぼ同水準。つまり、法科大学院の新設にかかわらず、旧試験の人気はさほど衰えていないということに注意!)
受験者数 30,240人
短答式試験合格者数 3,820人(合格率約12.6%)
合格ライン 46点/60点(正答率約77.7%以上)
 従前の旧司法試験では、択一試験の合格ラインは約7割と言われていましたから、これは例年にくらべても相当高いレベルです。少なくとも、新試験の択一試験よりはるかに狭き門となっていることは間違いないでしょう。
 そして、もともと合格率の高い口述式試験は検討から除外するとして、論文式試験の合格者数を仮に約600名とすると、合格率は約15~16%。
 これは、前述した4段階のうち「良好な水準」の上位3分の1(40点中28~29点程度?)でないと合格できない計算になります。
 22点と28点の違いは、旧司法試験の答案の採点をやったことのある人でないと具体的なイメージが沸かないと思いますが、黒猫の感覚でいうと、22点を付けるのは「一応答案にはなっているが、まだまだ勉強不足です」といったコメントを付けるレベルです。一方28点といえば、採点者も感心するほどの出来栄えで、優秀すぎてコメントでアドバイスすべきことがほとんどないというレベルです。

 新試験の合格発表は9月21日(木)、旧試験論文試験の合格発表は10月6日(金)、口述試験合格発表は11月9日(木)なので、これらを経てすべてのデータが出揃わないと正確な論評はしにくいという問題はありますが、新試験と旧試験の合格水準にここまでの格差があると、おそらく新試験合格者の実力では今年の旧試験合格者には到底太刀打ちできないでしょうし、就職の段階では旧試験合格者が圧倒的に有利になると思われます。
 しかも、新司法試験の1期生が司法修習を終えるのはたしか平成19年11月ころの予定で、旧試験の60期修習生約1500人が司法修習を終えて法曹界の人員が飽和状態になる時期のわずか2ヵ月後であり、ただでさえ新司法試験合格者の就職活動は大変厳しいものになることが予想されています。
 それに加えて、新司法試験の合格水準が上記程度のものであるとすると、おそらく新司法試験合格者の大半は法律事務所に就職できず、単なる院卒扱いで一般企業に就職するしかないという事態になるのではないでしょうか。黒猫でさえ、こんな試験しか通っていない弁護士では、たとえ採用しても当分は免責審尋要員にしか使えないだろうし、給料も事務員の幹部レベルよりは低くせざるを得ないな、と思ってしまいます。
 また、任官や任検にあたっては修習中の成績が大きく影響するので、少なくとも起案能力が旧試験合格者と同等以上のレベルに達していなければ、希望しても不採用になるのは目に見えていますし、旧試験合格者ですら学歴などで絞り込んで採用する大手渉外事務所は、よほど卓越した能力や特殊技能などが認められなければわざわざ新試験合格者を採用するとは思えませんから、よほど実力に自信がない限り、新試験合格者はこれらの進路は諦めた方がいいと思います。
 新試験合格者の惨状は、いずれ社会問題としてニュースなどで取り上げられるようになるかもしれませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (153)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログデザイン変更しました。 | トップ | まさかこんなに反響があると... »

153 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2006-09-15 09:03:30
誰でも受けられる司法試験と、入学時に選抜がなされている新司法試験の違いを全く考慮しない分析には、なにか意図的なものを感じます。
いずれにしても (PINE)
2006-09-15 10:27:15
就職問題は深刻な事態になるでしょう。

ウチのような地方でも59期の登録者数が例年の3~4倍となり、需要が全て埋まってしまいました。

こんなに来るとは・・・都会じゃ吸収できないんだ・・・という感じです。

まさに国が企図した弁護士の競争社会到来です。
入学時に選別がなされている (小倉秀夫)
2006-09-15 11:05:39
確かに、法科大学院の場合、家庭環境による事実上の選別がなされる度合いが高いので、母集団がより小さくなり、さらに深刻化すると言うことは言えそうです。それに、東大等には少なからずいる「国Ⅰと司法試験の両方に現役で受かる人々」は法科大学院に行ってまで新司法試験を受けなさそうな気がしますし。
うーん (名無し)
2006-09-15 11:52:48
「国Ⅰと司法試験の両方に現役で受かる人々」

は最近の灯台ではなかなか居ないです。

例えば警察庁なんかは検察との対抗意識なのか、

上記のダブル合格者を好んで取りますが、

数年前に自分が官庁訪問した時は、

内定者にダブル合格はゼロでした。

両訴選択になって以降はダブル合格は

相当きついと先輩たちも言ってました。

今の東大の在学生達に聞いてみても、

旧試験で1,2留しても粘る、という

人は激減しているように思います。

この分析には、今の東大法学部4年生が

現実にローを選んでいるのかそれとも

旧試験で粘る人の方が多いのかの、

客観的なデータが必要だと思いますが。

そうじゃないとどうしてもバイアスの

かかった結論先にありきの議論に見えます。



現実に、大手渉外は東大法→東大ローの

ストレート組の中で、特に優秀な集団には

早速囲い込みかけてますし、

「お前らなんか絶対就職できねーよ!」

と乱暴に一括して言われても

どうも同意できないというか(苦笑)。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 12:06:11
「新試験合格者の惨状は、いずれ社会問題としてニュースなどで取り上げられるようになるかもしれませんね」とまるで他人事のようですが、このような事態になることは当初から容易に想定できたはずです。にもかかわらず、いわば法科大学院構想が当初から頓挫しかねない危機に直面しているのは、当局をはじめ、日弁連の怠慢と言われても仕方がないのではないでしょうか。黒猫様は弁護士資格をお持ちとの事ですが、日弁連会員である弁護士の皆さんがこのような意識しかお持ちでないとすると、そもそも司法制度改革って何だったのだろうかと思ってしまいます。誰も、何も手を打とうとしない、他人事、知らん顔、どの社会でも一緒なのですね。
数字の話 (受験生)
2006-09-15 12:07:12
全部の科目で満遍なく上位15%に入っていれば、総合順位はもっと高くなります。ですから、28点の答案を12通揃える必要はありません。



6科目の論文を全て28点で揃えたら168点ですが、この得点なら上位600どころか上位100に入るんじゃないかと思います。
ものすごく (小泉)
2006-09-15 12:21:41
短絡的な考え方ですねw

もう少し勉強しましょうね

数だけで比較するなんて小学生でもできますよww
Unknown (2ch)
2006-09-15 12:22:24
382 名前:氏名黙秘 投稿日:2006/09/15(金) 12:11:18 ID:???

まぁこういう考えもあるわな(苦労したのだろうね、きっと)。

一方でサマクラでロー卒をかなり評価してる事務所もあるし。

結果を見てから、10年後に判断できるってカンジだと思うな。





383 名前:氏名黙秘 投稿日:2006/09/15(金) 12:18:04 ID:???

正直俺が訪問した事務所はだいたいロー生に好意的だったな

一回サマクラで行った事務所で検討会みたいなのがあって

ロー生5人、修習生2人だったけど

ほとんどロー生しか議論に参加できてなかったしww

これが、旧試験の弊害かと思った

俺もローに行ってなかったらもう少し早く法曹になれただろうけどまともに議論できなかったと思う
初対面で不躾ですが、失礼します。 (とも)
2006-09-15 12:29:28
私たちはローに入学して努力しているのですよ。汗を流して。

旧試験受験生は6科目ですが、私は6科目は勿論相当な量のペーパーを読みましたし、行政法や選択科目でも頑張りました。

就職が厳しいのはロー生の責任ではないのに、記事での発言は間違っていると思います。

要件事実だって旧試験受験生は理解できていない人が多いときくのが信じられません。

採点基準だった、おそらく「大学院」を卒業した人に対しての方が厳しいでしょう。

厳しく採点されるのに、点数が低い=出来が悪い、とはなりませんよ。

現状に対して理解が浅いといわざるを得ないと思いました。
違う試験 (ひでくん)
2006-09-15 12:38:01
新司法は、択一と論文が同時に行われるという

異常な試験。択一と論文に同時に精力を注がなければならない。

旧司法とは科目数も、試験時期も全く違うのだから比較なんか出来るはずが無い。
  ( )
2006-09-15 12:42:13
問題の難易度を一切考慮せず、今年は47点だった=択一が厳しかったっていう決め付けが意味不明(今年は合格者が少ないので非常に狭き門なのは事実だけど)



新司法試験の倍率が極端に低いのは今年だけのことや、昨年に比べて旧試験の合格者数が激減された(昨年までは倍近かった)背景を無視して数字で云々いうのが非常に滑稽に思えるのは私だけでしょうか



この程度の分析しかできない人でも旧試験は受かるんだよっていう激励の意味なんでしょうか??
続きとレスです (とも)
2006-09-15 12:50:09
>新司法は、択一と論文が同時に行われるという異常な試験。

これには私も同意します。あの体験は現役の裁判官であっても体験したことはないものですよ。

プレッシャーが相当にかかる上、範囲は広いし、時間は足りないし。

結局、黒猫先生の意見は現状に対する理解が甘いというか、ロー生に対する危機管理が足りていないというか、狭い一部の世界でしか通用しないものだと思います。

(厳しい物言いですが、これは厳しい内容の記事に対する返信なので、相当性を満たすものと考えます)

ここで少しアメリカの話をします。アメリカではご存知の通り、ロースクールの制度が採られています。これは、日本でいう「未習者」を対象としたものです。日本のロースクールも原則型は「未習者」を対象とするものです。

一方で、今年の1期生は皆「既習者」です。ロー入学の時点で過酷な選抜試験を通過し、しかもそこから2年間、現役の法学者や実務家教員に囲まれて、多くの課題を費やし法的素養を鍛錬してゆきます。

そして、このプロセスを通じて優秀な法律実務家を育成してゆこうとするのが、ロースクールの制度なわけです。

黒猫先生はロースクールの授業風景を実際に御覧になったことはあるのでしょうか?

それは、厳しいものですよ。資格予備校とは異なります。私も資格予備校に通ったことがあり両方を実際に体験したのでわかりますが、明らかにロースクールでの授業の方が扱う事象は高度で複雑です(実際に弁護士も頭を悩ます問題だ、ということを先生から何回も聞いた)。

だから、「プロセス」の現場を見ることなく、「結果」だけで判断するのは、そもそもローに対する批判としては論理矛盾を内包しているようにも思いますが、いかがでしょうか?
Unknown (Unknown)
2006-09-15 12:53:03
近年の旧試験の出来は相当低下しているみたいですよ。予備校問題・答案・採点の表面的な考察の薄っぺらさに多くの試験委員が嘆いておられます(接する機会はたくさんありますので)。暗記中心の旧試験では・・・と小生は考えております。合格率云々で単純な比較は出来ないと思います。



他方で、ローで先端科目を単位履修していた弁護士の方々は自分の能力を高めることに邁進しておりました。他人の就職の心配をしている暇がありましたら、自分の仕事確保を心配したらいかがでしょうか。
Unknown (白猫)
2006-09-15 12:53:21
まあいずれにせよ難しい問題だな。
Unknown (一LS生)
2006-09-15 13:07:24
黒猫先生の論評が全面的に正しいと断言できるかはさておき、一つ確実に言えることは、現在の実務においては、黒猫先生のようにLS卒業生の能力に対して、非常に懐疑的になっておられる先生方も多数存在するということです。ですから、私たちは、従前よりもさらに厳しい評価にさらされていることを自覚して、そのような懐疑論を払拭するよう頑張らなければならない、ということでしょう(その前に何はともかく合格しないと話になりませんがw)。



Unknown (青猫)
2006-09-15 13:12:00
一つ言えることは黒猫みたいな陳腐な考えしかできない法曹を生み出した旧試験に問題があるからロースクールができたのですよ
学部生じゃないんだから (弁護士として採用する側)
2006-09-15 13:13:51
>「プロセス」の現場を見ることなく、「結果」だけで判断するのは、そもそもローに対する批判としては論理矛盾を内包しているようにも思いますが、いかがでしょうか?



 法曹実務の現場はビジネス全般同様に結果が全てですよ。学生さんみたいな現実検討能力が欠けた甘い考えはお断りです。

 採用する側は旧試験だろうがローだろうが一定水準の法的思考能力と現場で通用する水準の専門知識を身に付けたプロの卵が欲しいだけです。

 過程やプロセスの素晴らしさとか、旧試験組よりローが優秀だとか、他の資格試験予備校よりローは厳しいなんて、そんなことを大合唱しても無意味なプロパガンダに過ぎません。

 旧試験を罵倒しようが、ローを誹謗しようが、そんなことはどうでもいいことです。弁護士(検事や判事補)の卵として採用に耐える実務能力を身に着けなければ旧でも新でもお話になりません。ローで教えて痛感してます。
Unknown (※※※)
2006-09-15 13:21:37
>ロー入学の時点で過酷な選抜試験



ロー入試を過酷な選抜試験と思っているロー生はいないと思います。「どこでもいい」ならどこかのローには入れますから。適性試験の受験生も旧司法の択一受験生よりも多くはありません。



>暗記中心の旧試験では・・・と小生は考えております。



暗記中心で解けるというなら、本を片手に試験問題を解いてみては如何でしょう。何点採れるでしょうかね。



>「プロセス」の現場



ほぼ全員が修了出来るロー制度に「厳しいものですよ」と厚顔無恥に言えますか。
Unknown (一LS生)
2006-09-15 13:33:35
新司法試験の択一試験と旧試験の択一試験の比較については、若干異論があります。



確かに新試験の択一試験の合格点は6割の210点であり、旧試験のそれの合格点よりもかなり低い割合です。しかし、新試験の択一試験を通過した受験生の平均(242点)をみると、ほぼ7割まで正当率は上がっています。この数字も、旧試験の合格者の平均点(ほぼ全体の8割といったところでしょうか)よりは低いですが、新試験の範囲が行政法・商法、両訴にまで拡大していること、公法系については例の「1212問題」が多数出題され、構造的に点が出にくい形式になっていたこと(仮に正当率が8割だとしても、得点は7割以下に下がる)、民法に限っていえば、今年度の旧試験の問題も基本知識を問う問題であり、新試験の問題と難易度に大差はないと思われたこと、等を考慮すれば、かなり健闘していると評価してよいのではないでしょうか。少なくとも、旧試験の択一合格者と新試験の択一合格者との間で圧倒的な差があるとはいえないと思います。
Unknown (ひでくん)
2006-09-15 13:43:02
ていうか、論文の勉強と択一の勉強を「同時に」やった状態で、本試験モードで問題を

解かないと意味無いわけ。

膨大な論証や論文用知識、思考方法を頭に

入れていなければいけない状態で、択一の平均点が232点というのはむしろ驚きで、高すぎると思うけどね。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 13:43:47
>暗記中心で解けるというなら、本を片手に試験問題を解いてみては如何でしょう。何点採れるでしょうかね。



新試験の問題を解いたことがありますか?

新試験の問題からすれば、旧試験の問題は、暗記でどーにでもなる問題らしいですよ。
Unknown (※※※)
2006-09-15 13:46:00
①科目が多いが得点率が低い。

②科目が少ないが得点率が高い。



どちらが良いかと言われても困るわけですが、もともと旧司法試験の択一は7科目でした。それが科目の減少と共に

難易度が異様に上がり、いわゆる暗黒時代が到来したわけです。1点差で天国と地獄が別れる世界を経験した500人時代の人間には、沢山受験科目があるから大変という感覚はありません。



なお、知識は少なくても構わないけれども、その知識は完璧なレベルにまで高めておくことを求められているのが

司法試験だと思います。これは新旧変りません。
司法試験制度 (S)
2006-09-15 13:52:23
>これには私も同意します。あの体験は現役の裁判官であっても体験したことはないものですよ。



戦後すぐくらい時は旧司法試験も択一と論文を同時に実施していたと聞いたことがあります。ですから、最高裁の裁判官の中には体験したことがある方もいるかもしれません。
Unknown (一LS生)
2006-09-15 13:53:05
確かに、210点をわずかに超えただけの受験生は、旧試験の択一合格者と比較して見劣りすることは否めません。しかし、こういった受験生は、240点以上をとった受験生との比較において、論文換算で15点以上のハンデを負っています。これを重いとみるか軽いとみるかは評価の問題ですが、私は決して軽いものではないと思っています。要するに、ここで私が言いたいことは、形式的な択一試験の合格点は210点となっていますが、実質的な(つまり最終合格に必要な)合格点のレベルは、もっと高いのではないか、ということです。
みんなへ (一期既修)
2006-09-15 14:23:54
要するに、一期生や他のロースクール生のみなさん、油断せずに頑張りましょう!

ってことだよ。

こういう見方もあるんですよ、って意図。

どう考えてもそれ以外ないよ。
Unknown (私もロー生)
2006-09-15 14:34:19
ローに通いながら現行試験も受けてました(択一2回、論文1回、平成17年に択一51点で合格、論文は1600番前半で落ち)。



私の感覚では、択一に関しては、旧も新も、あまり得点の難しさは変わらないかなと思います。自分は新が283点で、旧の時とそう大きな変化のない点数だったので。

そうすると、新の230点ちょっとという全体平均は、やはり旧の択一合格者と比べると、ちょっと低い気もします。

論文に関しても、おそらく旧試験の基準で比較したら、新の受験者はだいぶ力量が落ちると思いますよ。



ただ、新試験は旧試験の否定から入った制度なので、新旧を同じような尺度で比較することに意味はないのかな、という気もします。



旧試験による評価方法が実務能力に直結していたのであれば、黒猫さんのような評価も正しいのかもしれませんが、それならなぜロースクールなんて作ったのでしょうか。



結局のところ、旧試験的な実力でいえば、ロースクール生が劣るのは明らかと思いますが、そんな比較にあまり意味はないのではないかと思います。ただ、黒猫さんのおっしゃるように、事実の問題としてロー生の就職は厳しいでしょうね。社会人経験者で年齢のいってる自分は、かなりビビッてます。
Unknown (Lawyer)
2006-09-15 14:39:53
なまじ点数換算なんてするからピントがずれてしまうんですよ。

そんな換算はせずに、受験者数と合格者数の比率による難易度分析が最も妥当だと思われます。

そうすれば「法科大学院で六法以外の科目や試験対象外の事を勉強した」や「択一論文が同時期にあるから厳しい」などは抗弁にならなくなります。それは新試の中での戦いですからね。

ただ、法科大学院に入学する際に選抜試験がある点は考慮しなければなりません。

しかし、一期既習は1500人合格×2年というボーナスを目前にしつつ、それからも逃亡したような、いわば実力的に旧試に見切りを付けた人達が多いので、旧試受験者3万人のうちの1万人くらいと同レベルだといえるでしょう。

そうだとするなら、

新試は2100人中1000人が受かる試験であり

旧試は10000人中600人が受かる試験

として両者の合格率で比較すればいい訳です。

つまり48パーセント対6パーセントの合格率であり、やはり旧試の方が8倍程度の難易度といえます。

新試の上位1割強が旧試合格者と肩を並べられる程度のポテンシャルを有しているということです。

個人的にいえば、やはり自分と同じ旧試を受けて合格した人達に思い入れがありますし、黒猫さんが危惧するように、制度の過渡期とはいえあまりにもひどい格差だと考えます。

この背景には様々な権力や政治的な問題が絡んでいるのでしょうが(例えば新試のバックボーンは強大であるが、旧試擁護派は予\備校くらいしか存在せず非常に脆弱であるなど)、日弁連もマスコミも、もっと旧試受験者に光を当てるべく行動すべきでしょう。

そうでなければ、合格までに平均して7年程度もかかる旧司法試験において、たった5年くらい前に法科大学院構\想が確定的になったにすぎないことに照らせば、法科大学院構\想など知らずに旧試を始め、金銭的に法科大学院に進学する余裕が無い人達は不当に過酷な待遇を強いられている不条理を世間に知ってもらうことさえ出来ず泣き寝入りすることになってしまいます。
Unknown (ひでくん)
2006-09-15 14:53:54
>>「新の230点ちょっとという全体平均は、やはり旧の択一合格者と比べると、ちょっと低い気もします。」



旧試験は択一と論文が全く違う時期にやるんだから、比較できないじゃん。

試験の条件が違うのに、高いとか低いとか

比べようがないんだってば

Unknown (ロー生)
2006-09-15 14:57:56
>なまじ点数換算なんてするからピントがずれてしまうんですよ。

>そんな換算はせずに、受験者数と合格者数の比率による>難易度分析が最も妥当だと思われます。



逃げたという表現はどうかと思いますが、同意します。

制度上、ロー生も旧司法を受験することが可能です。

わざわざ多額のお金を払ってまで難しい試験を受けるわけありません。この点については誰も反論はないでしょう。

少なくとも旧司法が存続するうちは。
Unknown (ある弁)
2006-09-15 15:02:19
就職にピリピリしているロー生の反発の書き込みが多いようですね。

まあいくら黒猫先生の分析に反発したところで,それがロー生の就職には何の役にも立ちませんが。

ロー生が就職できるかどうか,いずれにしてもあと1年少しすれば誰の言うことが正しかったかは明らかになります(私はロー生は採用しませんが)。

ところで就職できないのを黒猫先生のせいにするような書き込みもありましたが,日弁連のやったことについて全弁護士が責任を負うはずもないし,全く言いがかりでしょう。また,ロー生の就職難なんてずっと前から十分に予想できたことです。ロー生の就職なんかそんなもの最初から誰も何の保証もしていないんだから,就職できないことを弁護士とか日弁連のせいにするのは八つ当たりでしかありません。

永遠にかみ合わない (感謝しましょう)
2006-09-15 15:22:43
黒猫先生は、ブログを拝見させていただいた限りにおいては、難易度の高い試験を突破したから優秀な弁護士として評価され、収入も社会的評価もそれに見合うものであるべきという考えのようです。

 そのお気持ちは、多種の職種に分かれた組織に属していたものとして、心情としては痛いほど理解できます。

 特に黒猫先生にとっては、自分の合格した時代には難関であり、先生のお言葉をお借りすれば東洋的な科挙の試験の合格者であったはずなのにということでしょうか。

しかし、問題は、弁護士一般に対する評価ではなく、黒猫先生や数年後の新試験の合格者個人に対する評価ではないでしょうか。

 その際に、お客様から、旧試験の合格者だからということで評価されるのと、親切に的確な仕事をしてくれるからということで評価されるというのと、先生はどちらがよいのでしょうか。

 もっとも個人的には、より大事なのは他者からの評価ではなく、弁護士という仕事にやりがいを見出し、自分自身が満足できうるかのような気がします。

 他者をけなしたり、多重債務者に関する同業者を見下しているととられかねない書き込みをなされる前に、もっと、人のために尽力できる弁護士という職業につけていることに感謝すべきと感じました。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 15:27:33
↑ 論点はずし。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 15:47:07
う~ん、私もLSに通っていますが、新旧どちらが優れているなんてのは今の時点では誰が何を言っても推測に過ぎないでしょう。

それよりなにより、合格者も発表されていない段階で、「私はロー生は採用しませんが」などと断言される弁護士の方が実際にいるということが問題だと思います。

別に誰を採用しようが採用する側の勝手ではあるのですが、LS卒業生が実力を見てもらう機会すら与えられないのはちょっと・・・。

採用する側が新旧どちらかなんて関係ない、要は実力が全てだ、という考えなら問題ないんでしょうが。

Unknown (Unknown)
2006-09-15 15:51:40
↑ とてもまともな発言だと思います。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 16:05:31
弁護士の質が・・・との理由で新制度に懐疑的な先生方は、郵政民営化反対と憤る抵抗勢力に映りますね。所詮既得権益にしがみつこうとしても、時代の流れには逆らえないでしょう。失礼しました。
Unknown (きゃんた)
2006-09-15 16:14:37
来年秋に新人が欲しい事務所の求人需要は旧60期で満たされてしまう。

実力が未知数かつ就職活動時期で出遅れてしまう新60期の人は、かなり就職は厳しいと言わざるをえないでしょう。

毎年新人を補充しなければならないようなところでもなければ、しばらく新司法試験組は「待ち」でしょうし。



あと、ロースクール入学で選抜されたことに意味を見いだしている人っているの?
Unknown (Unknown)
2006-09-15 16:14:37
大変失礼ですが、『弁護士が「先生」と呼ばれるわけ』などという題材を扱うこと自体が、特別な存在であることを自覚なされているようで嫌ですね(内容はともかくも)。ロー卒業生の就職云々はともかくとして、新司法試験合格者がどのような結果を残すのかは、数年後にわかることでしょう。合格率云々にこだわっているようでは少々器が小さいと思いますが、いかがでしょうか。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 16:24:59
それよりなにより、合格者も発表されていない段階で、「私はロー生は採用しませんが」などと断言される弁護士の方が実際にいるということが問題だと思います。



こういう人は結構いるみたいだよ。
就職問題 (ひでくん)
2006-09-15 16:28:13
まあ、採用するかどうかは自由だからね。

むこうが喧嘩売ってるんだから、こっちも

相手にしなけりゃいい
Unknown (Unknown)
2006-09-15 16:35:39
こういう考えの人がまだたくさんいるということですね(恥ずかしい)。

ロー生のみなさん、がんばってください。
簡単な短答試験 (笊)
2006-09-15 16:52:19
旧司法試験で合格した弁護士の皆さんが、新司法試験の短答で、240点(足きり後の平均点近く)をとれるか知りたいものです(笑)

行政法とかは数点しかとれなかったりして。
Unknown (とも)
2006-09-15 17:08:03
だから私が何度でも言っている。

いまの法律実務家はロー生に対する認識が甘すぎる。いつまでも自分の方が優秀であるかのように錯覚している。

いまの実務家なんて時代遅れの旧型もいいところなのに(実際、私たちは実務に出て数年経ったあたりから威力が発揮・顕在化される高度な法律教育を受けている。また、全体的な法体系に精通し、基本六法以外にも法的素養を養う十分なプロセスを経ている)

この掲示板を見ていると、勝ち目がないからと言って論点をずらす弁護士も多いが、それはどうかと思う。

今の裁判のやり方がそうだから、仕方ないのかもしれないが、これからは時代が代わりますよ。
Unknown (さな)
2006-09-15 17:30:04
黒猫さん、批判的なコメントが多いですが、どうか気になさらないで下さい。

社会一般の健全な認識は、黒猫さんと同じだと思います。
Unknown (大学四年生)
2006-09-15 17:30:58
どこの社会でもギルト的な体質はあるし

新制度に対する批判はある。

それが嫌なら頑なに旧司法試験に

こだわればよかっただけ。



>行政法とかは数点しかとれなかったりして。

新司法試験受験生だって平均で20点弱しか取れなかったくせに。
Unknown (ひでくん)
2006-09-15 17:37:04
新司法試験は択一と論文が同時に行われ対策をまとめてやらなければならないが、旧試験は

時期が違うということを、意図的にか知らないが

分析で書かないというのは、どういうことですかね。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 17:41:05
まったく失礼な人だな。
Unknown (通りすがり)
2006-09-15 17:44:56
LS生はなぜ

「旧試時代の実務家を見返してやろう」

と言う発想が浮かばないのでしょうか?

先端科目をやってるなら、そこを活かして

偏見(?)を跳ね除ければいいでしょう。



真昼間からインターネットでグチを

こぼしてないで、生産的なことを

考えたらどうでしょうか?
Unknown (Unknown)
2006-09-15 17:48:10
そんな発想ずっと前から持ってますよ。当たり前すぎて言わないだけです。
Unknown (ひでくん)
2006-09-15 17:48:33
何が失礼なのかわからんけど。

違う試験を無理やりこじつけて比較してるのは

この弁護士でしょう
Unknown (Unknown)
2006-09-15 17:53:20
平日の昼間からコメント荒らしする無職と、短期で司法試験に合格した弁護士。

どちら主張が指示されるかは明らかでしょう。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 17:55:15
漢字間違えてます。詰めが甘いと実務家としてダメの烙印おされちゃいますよ。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 18:07:59
>勝ち目がないからと言って論点をずらす弁護士



LS出に勝ち目がないと思っている弁護士なんているんですか? LS生の強がりが何とも見苦しい。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 18:10:19
>よほど実力に自信がない限り、新試験合格者はこれらの進路は諦めた方がいいと思います。

>新試験合格者の惨状は、いずれ社会問題としてニュースなどで取り上げられるようになるかもしれませんね。



試験後に、あるいは修習で、たくさん勉強出来るでしょう?

机上の学習能力は実務能力と異なる面も大きいし、

新旧、知識や経験の面で多少の差があっても、

実務に触れることでこれからいくらでも伸びることが可能です。

大手事務所の就職で不利があってもおかしくないとは思いますが、

任検・任官をこの時期に諦めた方がいいっていうのは、

実務家の発想としてはいくらなんでもじゃないでしょうか。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 18:12:18
その程度の器の法律家ってことでよろしいんじゃないですか。
Unknown (現役弁)
2006-09-15 18:13:00
ローでも優秀な方もいるし、旧でも優秀な方はおられると思います。

問題は新司の場合、旧では合格し得なかった層が、合格することでしょう。制度変革時期であり、このような比較がなされるのもやむを得ないですが、この層の能力をどうみるかは実務に出てからのその方々の活動にかかってくると思います。

就職問題については、ローも旧も合格までに回数がかかるとそれだけ選択の幅が狭まると思います。

Unknown (Unknown)
2006-09-15 18:13:20
 ロースクール生や新司法試験を批判する弁護士って仕事できなそう。仕事が充実している弁護士は司法試験の話題に首をつっこんでいる暇なんてないし、たいして興味もない。

 こういう話題にエネルギーを費やす弁護士って司法試験に合格したときが人生のピークだったんだろうな。
Unknown (ひげ小山)
2006-09-15 18:19:10
>いまの法律実務家はロー生に対する認識が甘すぎる。いつまでも自分の方が優秀であるかのように錯覚している。

>いまの実務家なんて時代遅れの旧型もいいところなのに(実際、私たちは実務に出て数年経ったあたりから威力が発揮・顕在化される高度な法律教育を受けている。また、全体的な法体系に精通し、基本六法以外にも法的素養を養う十分なプロセスを経ている)



…この自信はどこから?

Unknown (Unknown)
2006-09-15 18:27:58
ロー生の知識不足などを批判する実務家は、どうぞロー生と法律の議論なさってみてください。8科目全てについてです。そして知識の量では絶対に受験生に勝てないということを実感してみれば。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 18:28:09
ローへ逃げた甘さから
Unknown (Unknown)
2006-09-15 18:29:25
>8科目全てについてです

8科目だけでいいのですか(呆)
Unknown (minchin)
2006-09-15 18:32:25
私は旧受験生ですが、一部のロー生や教授の発言に憤りを感じることが少なくありません。彼らは旧=悪、新=善であることを前提に議論しています。旧は論証丸暗記の試験だなどと本気で思っている人がいるようです。マインドコントロールの恐ろしさを痛感します。



私はロー生にも優秀な人がいることは否定しません。ただ1000人合格は明らかに異常です。

これを言うと必ず①入学時点での選抜や②プロセスを抗弁とする人が出てきます。

しかし、適性など法律の実力とは無縁の、公平性の担保されない試験での選抜は無意味です(実際、一期既習の旧論文経験者は半数以下)。

また、プロセスの内容の実証的分析がなく、その内容もローによってバラバラ、さらにはほとんど全ての人が卒業出来てしまっている現状で、結果が悪くてもプロセスが凄いからなどと言っても負け犬の遠吠えにしか聴こえません(私はそもそも試験結果に現れないプロセスなど所詮「プロセスごっこ」にすぎないと思いますが)。



Unknown (Unknown)
2006-09-15 18:32:43
くだらん罵り合いはやめたら?人間として恥ずかしいですわ。
Unknown (ひでくん)
2006-09-15 18:44:26
違う試験が2つあるからややこしいことになる。

ローなんか廃止して、一つの試験を皆が受験し、

4000人なら4000人、取ればいいんだよ。

Unknown (寂しいです)
2006-09-15 18:44:50
お願いだから喧嘩しないで下さい
Unknown (真実をお伝えします)
2006-09-15 18:53:42
①第一回の新司法試験に関しては,「償い」の要素があるということを忘れないで下さい。



一期既習生は我が国の法曹要請制度の確立のため,人生を棒に振るリスクを背負いながら、全く法曹養成経験のない教員が多数のもと,その教育に耐えてくれました。第一回合格率六割というのは,せめてもの「お詫び」「償い」なのです。



②法科大学院一期既習生の人間力



第一期既習生は本当に素晴らしい人間性の持ち主で、社交的で思いやりのある人ばかりです。法曹として、人間として尊敬できる人ばかりです。彼らは勉強ばかりでなく、遊びも異性関係も得意です。現に法科大学院に通っているにもかかわらず、サークル活動や積極的な対外活動をしている人が多数いました。





 (↑)
2006-09-15 18:56:25
ご自分のブログで書かれてはどうですか。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 18:57:56
空気読んでくださいね。

そこはスル~パスでしょ!?
Unknown (黒猫好き)
2006-09-15 18:59:29
結局みんな黒猫先生が好きなんでしょ♪
Unknown (Unknown)
2006-09-15 19:02:03
・・・(呆)
Unknown (Unknown)
2006-09-15 19:09:28
法曹として、人間として尊敬できる人ばかりです.



こんなこと自分からいう馬鹿が一期にいるってことか?
Unknown (おそらく)
2006-09-15 19:10:12
旧試をバカにする人たちはまさか自分たちがバカにしている旧試の弁護士たちに雇われようなんて思っていないでしょう。

当然、最初から独立するのでしょう。

だから就職の心配をする必要などないのでしょう。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 19:10:32
>新試験合格者の惨状は、いずれ社会問題としてニュースなどで取り上げられるようになるかもしれませんね。



⇒ないと思う。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 19:24:10
どれが本物の実務家のコメントと本物の法科大学院生のコメントですか?
Unknown (abcmarch)
2006-09-15 19:24:36
当方ロー生。旧試験も今年受けていて、現在論文の発表待ち。

確かに新と旧は違う試験。それと、ローは、入学者選抜の段階である程度ふるいにかけるから、新と旧では受験者の母集団に違いが生じている。単純な比較は難しい。

でも、実はこれ、単純な比較が難しい二つの試験があることが一番おかしいんだよね。最後に得る法曹資格の点は同じなのに、入り口が二つあって、単純な比較は難しいなんてことでごまかされてしまって。

今年に関しては、せめて、新と旧の受験生全員集めて統一テストみたいのやったら良かったのにね。それを新旧共通の足切り用の試験にしてさ。そこで、比較の難しい二つの試験を「標準化」するわけ。

そういうテストやったら、新受験者と旧受験者の平均点に大した差は出なかったと思う。で、母集団のレベルに大した違いはないことが分かったんじゃないかと思う。

 もしそうだとすると、単純に倍率が低い方が楽な試験ということになる。新と旧では最終合格するのに倍率が20倍ぐらい違うのかな。この格差がおかしいのは黒猫さんの言う通り。

 マスコミでも、この問題はこれからとりあげられると思うよ。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 19:35:21
馬鹿でも金をはらえば、弁護士になれる。国策だから。もうこの流れは止まらない。
Unknown (ひでくん)
2006-09-15 19:40:28
ローを維持したままで「統一テスト」をやったら、

ロー組が圧倒的に不利だよ。無駄な課題や授業で

時間とられてるからね。



試験を一つにまとめるなら、もう法科大学院は廃止

しないと・・・
Unknown (Unknown)
2006-09-15 19:42:44
ローできちんと勉強しようとしたら、旧との掛け持ちは本来有り得んよ。プロセス教育を建前としか評価していない現われ。そんな輩にロー制度を語られても・・・

うちのロークラスでは59期で8割最終合格していった。旧60期は受験しなかった。3回という受験制限もあるし、やはり単純な比較はできないでしょう。それを比較しようとした結果がこの様と思います。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 20:57:18
旧試験だけしかなかった頃も、採用には差別があったじゃん。

例えば、渉外事務所は、有力大卒の在学中か卒2くらいまでしか採用してなかった。有力大でなければ、面接にも進めなかった。



ロー生を採用しない、という事務所があってもなんらおかしくないでしょ。



採用する側の考え方一つなんだから。

自分が採用したい人を採用する。

当たり前。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 21:10:11
つデパス
そもそも (通行人現職)
2006-09-15 21:28:22
旧試験を頭から馬鹿にしてローを自画自賛するのは強力なコンプレックスの裏返しに見えてしまう。

本当に実力があれば旧であれ新であれ,無理やりまとめた集団レッテルで誹謗中傷したりしないから。

個人主義と個人の尊厳という憲法の基本理念をお忘れなく。

ラベリングとレッテル張りばかりが得意になると、ネットで著名な弁護士(旧試験)でも大ヒンシュクをかっていることもお忘れなく。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 22:07:14
新と旧は全く別の試験と言う人がいるが疑問。

択一や基本三法の論文をみればある程度実力はわかる。

プロレスで例えるとノアと新日程度の違いに過ぎない。

小橋と天山は対戦したことがないが、小橋のチョップと天山のチョップを見れば、小橋の方が実力が上だと分かるのと同じことだ。

別の試験であることを持ち出すのは詭弁だと思う。
Unknown (Unknown)
2006-09-15 23:55:24
社会人(会社員)の者です。仕事柄、何人もの弁護士さんとお仕事させて頂く機会があり、個人的なつながりでロー生の人ともお話する機会が何度かありました。

黒猫さんの主張は、弁護士さんに極めてよくありがちなんですが「難しい試験を通ったんだからその人は優秀だ。」ということが前提になってますよね。試験直後においてはある程度そういえるかもしれないですが、実務に出られてからもそうだとは決して言えないと思います。

直近2期くらいの人はともかく、弁護士というのは今迄長年にわたって供給が完全にコントロールされた世界で、実質的な競争は殆ど存在しておらず、相当いい加減なことをしない限り食っていける世界です。そうなると、合格した後にさらに切磋琢磨しようとする人とそうでない人とで、10年も経てば相当な差が出るように思われます。現に私の感覚では、仕事で接する弁護士の方で「そもそも社会人としてどうなのか?」と思った人の割合は、普通のサラリーマンのそれと比べても同じか、もしくは多いように思われます。

恐らく弁護士さんの仕事で最も重要なものの一つはクライアントとのコミュニケーション能力だと思いますが(それがなければそもそも適切な訴状や答弁書を書くことすらままなりませんよね。)、司法試験でこのような能力は全く試されていない訳です。結局、現在の司法試験で試されている能力は、実務家として要求される能力の必要条件の一部に過ぎず、かつそのレベルは高すぎて不幸な人を沢山生み出している、というのが私の素朴な現状認識です。そうであれば、一定のトレーニングを積めば、実務家として切磋琢磨するフィールドに入ってこれる可能性の高い制度の方がより望ましいと思うのです。ただ、恐らく現行司法試験で弁護士になった方にはなかなか受け容れてもらえない議論なのでしょうね。

ちなみに、私の個人的な感覚では、ロー生の方は結構やるんじゃないかと思ってます。その理由は試験の成績云々という問題ではなく、単に「試験に合格するだけでは自分達はダメなのだ。」という意識を明確に持たれているから、ということなのですが。あまり理論的ではないと思われるかもしれませんが、この点は社会人としてやっていくには結構重要なことで、かつ、現在の弁護士さんに欠けている感覚だと思います。
Unknown (Unknown)
2006-09-16 00:31:15
正常な感覚。見識だと思います。
Unknown (Unknown)
2006-09-16 00:42:16
私の言いたかったことをずばり言ってくれた。
Unknown (小倉秀夫)
2006-09-16 01:12:01
 「現在の司法試験で試されている能力は、実務家として要求される能力の必要条件の一部に過ぎ」ないのはその通りなのですが、それは法律実務家の実務家たるゆえんを構成する重要なものであって、かつ、旧司法試験ですらそれほど高度のものを求められなかったという点は重要です。
Unknown (Unknown)
2006-09-16 01:22:18
社会人の方がおっしゃってることも理解できますが、現在のロー制度は「一定のトレーニングを積めば、実務家として切磋琢磨するフィールドに入ってこれる可能性の高い制度」には必ずしもなっていませんよね。高額な学費、回数制限、修習も貸与制に…。特に新卒者だけじゃなくて社会人出身で弁護士志望の場合もリスクが高すぎてチャレンジするには躊躇するのではないでしょうか。まだ旧制度のまま合格者数を増やして研修所などの実務教育を充実した方がいろいろな層が法曹になれる機会は広がったのではないでしょうか。現状では新卒就職、あるいは社会人のキャリアを蹴るくらいの自信家か経済的に余裕がある人、親が弁護士で跡を継げる人ぐらいしかチャレンジするのは難しいのではと思います。日本企業は基本的に新卒一括採用が原則で既卒で職歴無しの人は門前払いの所が

ほとんどですから。ローを卒業して司法試験に合格できなかった人はどうするのでしょうか。
Unknown (三振者への手当て)
2006-09-16 01:59:52
とある学校での教え



・一振りして失敗したら早急に地方公務員試験を受けて環境を整備して就職後に新試験受験(→「再チャレンジ政策」で年齢制限が従来より緩やかになる可能性あり)



・ロー在学中に就職活動をして企業の法務部に普通に就職してしまう



【三振後】



・司法書士、行政書士、社会保険労務士といった「士業」に挑戦するのが望ましい。



無理なような、、 (七誌)
2006-09-16 02:20:17
黒猫さんはただでさえ資格マニアですから、

「試験に合格するだけでは自分達はダメなのだ。」という意識、を持て、というのは

無理なような気がします。

理系の世界では学生時代、ペーパーテスト等の試験はボロボロで留年等してても、

素晴らしいアイデアと独創性でノーベル賞受賞レベルまで上り詰める人は相当数います。

ところが東大法学部なんかは、つい最近まで

学部試験の成績トップの人が学卒助手として

東大法学部教授の道に入るわけです。

そして、東大法学部の教授の説が、

(理系みたいにワールドワイドに世界中の学者の批判に論文としてさらされる訳ではなく)

「通説」として往々として

デファクトスタンダードになってしまう訳です。

こういう環境で育った黒猫さんにしてみれば、

ペーパーテスト至上主義になるのも

仕方ないかな、と思います。



Unknown (無理に文系批判しなくても)
2006-09-16 02:37:05
>理系の世界では学生時代、ペーパーテスト等の試験はボロボロで留年等してても、

素晴らしいアイデアと独創性でノーベル賞受賞レベルまで上り詰める人は相当数います。



理系でも社会に出て就職する人たちはペーパーテストの成績が大きなウェイトを占めてますよ。

ペーパーテストは専門的知識を外部に証明する手段というだけの話でしょ。

そりゃ研究室の中で一生を終える方々と顧客を相手に信用で商売する人たちの価値基準が違うなんて当たり前じゃないですか。
Unknown (つーか)
2006-09-16 02:37:22
東大薬学部在学中に弁理士試験、薬剤師試験合格、卒業後即ロー(しかも既習)に入り、

今月結果待ち、という方を知っています。

こういう方と、たとえ旧試験一発合格でも純粋に法学部卒の若手の方と、同じ若手でも製薬企業は顧問弁護士としてどちらを希望するでしょう?

こんなの自明ですよね。

ローでは理系の人も数多く、死ぬ気で頑張ってるんですよ。

私ら理系は文系の人と違い学部時代は毎日大学(研究室)に通い、

実験と英語論文漬けなんです。

その上、ローに入ってからも授業に加えて

予備校通って旧試験の人と同じ位インプット、アウトプットを繰り返してますよ。



それに就職できないってなんですか?

少なくとも知財の分野で、実務に出てから

黒猫さん達に負けるとは思いませんね。

根拠ゼロじゃないですか。



Unknown (Unknown)
2006-09-16 02:58:59
>研究室の中で一生を終える方々と

>顧客を相手に信用で商売する人たちの

>価値基準が違うなんて

>当たり前じゃないですか。



そんなの当たり前です。

何でペーパーテストが論文より

顧客相手の仕事をする人間の能力を

測るのに向いてるんですか?

そもそもそんな能力、ペーパーでも

論文でも測れないでしょ。

コミュニケーション能力なんだから。



一般論として、理系の人間は別に研究者に

ならなくても大多数が修士まで行き、

研究論文を書くのが当たり前です。



そして、少なくとも製薬企業は

R&D(研究開発)が生命線ですから、

これらの顧客の知財へのニーズを

より正確に掴む為には、

最新の研究について原著論文を

リアルタイムに読んでて当たり前。

そういう意味では強いて言うなら

ペーパーテストより

まだ論文読める方が能力測るにはマシでは?



そして論文は象牙の塔の学者達の専売特許

ではもはや無く、文理問わず今や情報収集および自己表現のツールの一つですよ。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822244024/ref=nosim/yahoo-ps-22

これでも読んだらいいですよ。





Unknown (はぁ?)
2006-09-16 03:10:58
>何でペーパーテストが論文より

顧客相手の仕事をする人間の能力を

測るのに向いてるんですか?



そんなこと一言も書いてませんが…

(むしろ上記書き込みのどこに書いたか指摘してもらえますか?)

研究者と実務家との違いを述べただけです。



たぶん他の方と混同されてますよ。
Unknown (Unknown)
2006-09-16 03:43:21
黒猫さん、そんなに合格率にこだわるなら、新司法での順位通知の提出を求めればいいだけなんじゃないの?1500人中何位だったかもわからない旧60期を採用するより、新司法で上位だった新60期の方が良いって考えもあると思うけどね。たぶん新司法では順位が通知されるという事実を全く知らないか、全く考慮していないから、こんな子供騙しみたいな記事が書けるんだろうけど。
Unknown (K)
2006-09-16 06:23:07
>1500人中何位だったかもわからない旧60期を採用するより、新司法で上位だった新60期の方が良いって考えもあると思うけどね。





そこでいう「上位」ってどのくらいまでなんですかね?



「上位」どの程度までが、旧試のどの程度と比肩するのか。

もしかしたら、旧試の最下層と、新試の100位程度が、その時点での、各合格者が一応有している法知識と応用力とを試すに適した内容の共通の事案について、法的検討を要求された場合、旧試の最下層のほうが優っているかもしれない。



そこのところの検討のために、こうした各試験の難易度比較の試みが(困難ながらも)なされている、とは考えられませんか?



現時点でのデータではこのような検討は無意味だ、新試か旧試かの選択材料にはならない、という意見なら(コメントを残す必要はないと思いますが)もっともだと思いますが、



検討にあたって、合格率とそこから垣間見える両試験の難易度という要素は捨象し、単純に順位を比較すれば足りる、というのには疑問があります。

はあ、、 (Unknown)
2006-09-16 06:35:55
もう何かくだらなくなってきた。

とにかく既習第1期組とそれをひたすら

攻撃する現行組の対立なわけね。



旧試の最下層は新試の上位100人勝つかも、

ってすごいね。

そこまでカス呼ばわりされちゃう訳ですか、

既習1期は。

逃げたあいつ等、学力最低、って感じ?



余談だけど、昨年の警察庁の内定者で

学部東大法で中央ロー既習1期生が

いたね。

どうなんかね、本当に大手渉外でロー生

差別あんの?

黒猫さんが大手事務所に勤めてたら、

すごい説得力ある話聞けるんだろうけどw。

Unknown (Unknown)
2006-09-16 09:06:02
新司法だって上位は優秀だと思いますよ。

上で誰かが言ってますけど新司法試験は希望しなくても合格者全員に合格順位が通知されます。上級職試験と同じで合格順位はこれから就職活動で必須になるのではないでしょうか。

上位10%以内の人と下から数えた方が早い人では全然能力も違うだろうし。
一言申\します。 (Unknown)
2006-09-16 09:21:53
ローに入学せず、そのままずっと旧試の勉強を続けていたらという前提でも、

実力的にみて、新試の合格者のうち

今年の旧試の択一に合格出来たであろう人数が200人程度、

論文に合格出来たであろう人数は50人程度でしょ。



だって一期既習なんて択一すら合格経験の無い人とか、長年の受験生活から論文合格可能\性がないと悟って旧試のボーナスさえも回避したような人がほとんどなのだから。

実際、少し前までは、東大ローの教授でさえ「このロー生達は東大の2軍以下だ。1軍の優秀層は現行(旧試)を受けて抜けるよう頑張っている」

と言っていたみたいだしね。

つまり、一期既習に極めて優秀な人達なんて皆無なんだよ。



だから就職難くらいでガタガタ言うのは、はっきりいってずうずうしいと思う。

弁護士という資格を超格安で手に入れる事が出来るだけで御の字だと考えてもらいたい。
やっぱ比較できない (DEDEKO)
2006-09-16 10:23:58
 旧試験で論文A取得経験があり、新試験を受験して結果待ちです。双方を受けた者として考えましたが、ローに通いながら8科目を択一・論文同時に受験する「自分」と旧試験の6科目だけを択一・論文別に予備校漬けで受ける「自分」とでは、やはり前者自分の1科目あたりの答案レベルは落ちます。2人の自分は比較することはできません。

 ちなみに、合格し研修を終えたら、自分で開業します。
Unknown (弁護士)
2006-09-16 10:43:46
まあ少なくとも既習のロー1期の人たちのかなりの部分が司法試験に合格するわけですが、その人たちと同時期に旧試験受験生をやっており、その人たちの知識の習得や勉強態度を知っている私の率直な感想としては、



あんな択一にさえまぐれでしか合格できないような「勉強していないか頭が致命的に悪いかのどちらか」な人間が弁護士になるとはおかしな制度だ



と思います。

黒猫先生の比較方法の適否は別として、そう思います。

旧試験で論文A取ったとかなら、まあ大丈夫なんだろうとは思います。

ちなみに、いきなり開業するのは出来たら止めた方が良いです。修習ではわからない、身に付かないことはたくさんあります。弁護士は経験です。田舎で他の弁護士が方法を教えてくれるような地域であれば別ですが(地方の県庁所在地レベルでは都会すぎて駄目です)、そうじゃなかったら、食い詰めるか、早晩悪い人に騙されるかだと思います。
Unknown (Unknown)
2006-09-16 10:55:51
 論理的に考えて、弁護士先生が、同時期に旧試験受験生をやっており、その人たちの知識の習得や勉強態度を知っているかどうかはなんら関係ないと思います。

 いきなり開業するのは出来たら止めた方が良いかどうかは、上記の受験生の勉強態度とはなんら影響をうけないからです。

 もう、いい加減に、試験の違いにこだわるのはやめたほうがよろしいのではないでしょうか。

Unknown (Unknown)
2006-09-16 11:57:20
公平であるべき司法試験にプロセスとか言って不公平なものを持ち込んだ学者の罪は大きい。
Unknown (ひでくん)
2006-09-16 12:21:46
択一の問題だけ見て、あんな簡単な問題、

ということに意味は無い。

論証や定義や趣旨など論文用知識を頭に無理やり詰め込んであふれてる状態で、択一と論文受けなきゃいけないわけ。

択一の問題が、完全に論文用知識とかぶってる

ならまだ救われるが、プロパーの細かい知識や択一固有の解き方、時間配分など頭に入れて

解かなきゃいけない。

論文は別に行われる現行の択一と、新司の択一を比較するのは不可能なんですよ。
Unknown (採用する側(弁))
2006-09-16 12:36:12
からすると,新司の合格者のうち下位合格者の採用は原則として避ける方向で考えざるを得ない。



もちろんそのような方のうち,理系の分野に詳しいとか特技のある方もいるであろう。



しかし,例えば知財訴訟で弁護士に求められるのは,結局のところ,裁判官を説得する起案・文章能力・事実認定のための証拠のそろえ方・要件事実の問題で,理系の知識などそれ以上のところは知っていればそれはそれでよいが,実務では弁護士にそれほど求められるところではない。詳しくは書かないが実務に出ればきっと理解していただけるはずである。



また複雑なストラクチャーをとる案件についても,弁護士に求められるのは,裁判所に変わって法的に問題がないかどうかチェックする能力・契約書のワーディング・法的リスクを発見する能力の問題であり,このあたりは,他の特別法が絡むが,最後は基本六法が極めて重要である。



そうすると,旧にも合格できるであろう新の上位合格者は何ら採用に問題はないが,新のうち旧に合格できないであろうと思われる方は,採用にリスクがあり,採用に躊躇せざるを得ない。



したがって,新の方々には,是非ともたかが試験の順位程度のことで採用する側に躊躇を覚えさせないよう,試験に手を抜かずに頑張っていただきたい。

なお旧の方々も合格者が増加しており,旧であるからといって能力があるとは限らない。この点もうまくチェックする方法(やはり旧の場合は合格にかかった年数か)を考えているので安心しないでいただきたい。



Unknown (Unknown)
2006-09-16 12:36:42
ほんと不公平感は否めないですね。

誰の目からみても明らかに不公平です。



1期既習の上位層は優秀だと思いますけど、

旧試験合格者と同等なレベルにあるのは、択一突破者の中で多くてせいぜい2割だと思います。

それが、5割以上も合格することになるわけです。
Unknown (Unknown)
2006-09-16 13:06:56
新司法試験の順位っていつ公表するんでしょうね??

近時任官希望者が増えている事と新司法修習では前期修習が行われない事もあり、任官任検については司法試験の成績は極めて重要な要素になるとローの派遣検察官が仰っていましたが。
Unknown (Unknown)
2006-09-16 14:09:44
遅くとも修習が始まるまでには通知されるんじゃないかな。順位通知制度って法曹増員に伴って合格者の差別化の為のものでしょ。今まで以上に合格者間でも格差があるだろうし、全員就職できるわけでもないから。採用する側の便宜のためだと思う。旧試時代だって以前は上位合格者には前期の時点で教官が任官の誘いをかけてたわけだし。
Unknown (甜々)
2006-09-16 18:19:35
不公平っていうけど、ちょっと前までの司法試験の「平安」がわすれてられていませんか?



同じ試験を受けたのに人によって合格最低点が違う。あれこそ不公平そのものじゃないですか。
Unknown (   )
2006-09-16 20:11:22
平安は廃止になったわけですが
Unknown (Unknown)
2006-09-17 06:56:37
ロー生がそんなに優秀ならば新司を解放すればいいのに。

試験的な能力では旧司のがうえだろうし。

実務能力なら一部の裁判所書記官のが上だろうし
Unknown (Unknown)
2006-09-17 11:51:21
旧試験から実務に入る人とLSから実務に入る人で実務での水準がどれくらい違うのか、これからの動向に注目ですね。
Unknown (a)
2006-09-17 23:26:15
ロースクール?

ソクラテスメソッドですか?

笑わせますね。

せいぜい議論の達人になってくださいね。
Unknown (法曹界と全く関係ないヒト)
2006-09-19 20:41:52
この議論をみて感じるのは、

旧試験で合格した人が心理的にもつ「既得権益を荒らされた不満」ですね。「弁護士が特権階級ではなくなってしまう」という感情だと思います。これは、新試験に合格した人に対してだけでなく、昨今、合格者を増やす傾向にある事に対しても不愉快に思っているのでしょうね。

イロイロもっともらしいことを書いていますが、この怒りが一番大きいように感じます。プライド高いし、自分の利益(この場合は特権階級という名声)が大切なのだと推察します。
Unknown (うーむ)
2006-09-21 16:40:41
択一合格者の平均年齢を見てみましょう.



旧司法試験

http://www.moj.go.jp/PRESS/060608-1/18-C%20soukatu.html

30.43歳



新司法試験

http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/shin02-14-01.pdf

29.92歳



両方とも30歳前後であり,新旧制度でわずかな違いでしか

ないのです.法曹になる年齢を下げるという意味の制度改革

の主旨もあったのかもしれないのですが,大学院で学ぶ2年

が加わったことと,受験回数減少効果が互いに打ち消し合っ

てしまい,思ったほど制度改革の効果が無いのでしょう.



大学院で学ぶ,実務者としての知識,能力養成課程が前倒し

で実施されるか,司法試験合格後になされるかの違いくらい

でしかないと言うことなら,制度改革の効果は余りなかった

ことになります.

Unknown (Unknown)
2006-09-21 23:03:44
ロースクールに反対する者は抵抗勢力みたいにみられるけど、なんでローが必要なのか?法曹が不足するから増員したのに就職できないのは何故?どこから3000人という数字がでてきたのか。当初の予定より大幅にローの数が増えてしまったことといい、拙速に思える。ローの乱立により合理性の乏しい回数制限によって泣くことになる受験生も増えるだろう。ローは生き残りのために結局受験重視にならざるを得ない。法曹が不足しているなら現行試験のまま適正な数を増員すればいい。コミュニケーション能力を伸ばしたいなら司法修習を充実させればいい。修習生は無給でいいから。
Unknown (Unknown)
2006-09-22 02:55:40
このブログ、炎上しちゃってますね。



僕もロー生なので思うことは、この筆者の書き方が、ロー生への配慮に欠けていることに原因があると思います。





みんな人生賭けてロースクールで勉強しているのに、ロースクールに通ってる時点で無能みたいな書き方をしている点が問題だと思います。





僕自身も現行で粘っていたときは、「ローの合格者の枠をもっと減らして現行の方にに流せよ」と思っていただけに何ともいえませんが、要は真摯に努力をしなければならないのはどっちも同じだと思います。





誰かがおっしゃってましたが、黒ネコさんをはじめ、既に現行で合格なさってる弁護士の先生方にとっては、急に弁護士が増えだしたら今までの既得権益を害されるから、そもそもロー生に対して反発を抱いてるような気がしました。









Unknown (*^ω^*)
2006-09-26 17:59:06
今は規制緩和と自由競争の時代だから



今までのほほんとしてた弁護士さんたちも



痛い思いをしてもらわねば^^;;



でもねぇ、我が家も親のビジネスで



弁護士を顧問弁護士雇ってるけど



弁護士ってホント世間知らずで、



勉強不足が多いのは確か。



競争で淘汰されるとGOOD
Unknown (一弁護士)
2006-09-26 21:27:49
世間知らずで、勉強不足の弁護士を、顧問弁護士として雇っているあなたのご両親の方がよくわかりません。

 顧問契約を解除して、早速、痛い思いをさせたらどうですか。まず、隗よりはじめよではありませんか?
競争で淘汰されるのは・・・ (おいおい・・・)
2006-09-29 12:13:54
3~4年後のロー卒の人たちだと思うよ!?



法律自体変わってないんだから、相対評価で受かりやすい方がレベル下がるに決まってるでしょう…



今のロー生は、旧試験受験のために数年間勉強してきた後にローに入学された方々だから、かなりレベル高いけど・・・

ストレートにロー行った純粋ロー生は…やばいでしょ。



あと、旧試験の方が楽だと思うなら、まだあるんだから受ければいいのに。



一応 言っておくけど (通りすがり)
2006-09-30 17:16:57
 まずね、ロー生を批判するのは見当違いも甚だしい。 皆頑張ってるしね。



ただ、問題は別です。

5年以上勉強していて、もう論文もスイスイ書けるような人達、少なくみても5000人くらいが「お金がなくて」ロースクールに行けないという現実がある。

 そしてお金でアシキリした挙句に、合格%が50%と1%の格差。

 これは、異常でバランスを著しく逸している。

 普通に14条違反だ。

法的感覚、というか常識があるならば、ロー生だろうが、旧試験残り組だろうが、これは常軌を逸していると感じますよ、普通は。

 せめて、国には奨学金制度を充実させて欲しいところですが・・・



あと、なんか コミュニケーション能力がどうとか書いてあったけど、そんなのは試験制度とは無関係です。2歳くらい~10代後半くらいで コミュニケーション能力なんて決まりますからね。

 東大で社交的な奴もいるし、フリーターで人見知りもいるし、勉強とは次元が違う。

カンケーないです。
Unknown (人間)
2006-10-01 12:20:57
猫って脳みそ無かとかね~。

旧司が難しい = 猫が賢い

って言いたいの?



旧司の合格率は2パーセントだから難しい試験だ、って母集団のレベルを考慮せず言うような馬○よりモット○○(自粛)。



論点丸暗記である程度いける旧司と 基礎的な論点知識より事実認定に重きを置いた新司の問題は質が異なる。それくらいは理解してるのかしら?



資格はあるレベルに達したっていう最低限の証明。

実際使い物になるかどうかは社会的が判断すれば良いんじゃない。 

新司法試験合格者でも旧司法試験合格者でも 使えるのもいれば 使えない(猫みたいな)のもいる。



社会的に淘汰されそうな 猫が パイを食い荒らす新参者を恐れて 遠吠えしてるのかしら?

あなたの法律能力がどの程度のものか知らないけど、普通の知力を磨くとこから始めたほうが良いと思いますよ。(^-^)
Unknown (学部生)
2006-10-03 23:08:26
あの、やっぱり人間性って、法曹の素質として

とっても重要なんですね、ココ見て思いました。

Unknown (新試験合格者)
2006-10-04 10:40:20
私が見てきた限り、旧試験時代の合格者の実力はすごいと思います。それは絶対に否定できません。

ですから、こちらもそれに負けぬようにさらに努力し、精進しなくてはなりません。こちらも、最初から負けるつもりでこの世界に飛び込んだわけではないですから。合格前より、合格後に、様々な意味での責任の重さを強く感じています。

ただ、ひとつだけ黒猫先生はじめ「ロー」批判論者の方々に言わせてもらうならば、「ロー制度」批判と「ロー生」批判とを整理し区別していただきたいなと思います。時々議論が混乱しているようですので。

ロー制度への批判、不満はごもっともです。しかし、制度の問題→ロー生すべてに問題あり、と見るのは、議論の飛躍ではないかと思います。

また、よく言われる「能力が云々」ですが、具体的にロー生のどのような能力に問題が欠けているのかが指摘されていません。にもかかわらず能力云々を論じられても、この点に余り説得力が感じられないです。

しかし、ロー制度の問題についてはほとんど共感していますので、今後もかわらず、良質のコメントを楽しみにしております。>先生
気になるのは (新試験合格者)
2006-10-04 10:49:05
ロー生(擁護)側が

「ロー生も頑張ってるんだ!」

てのはなぁ・・・当たり前すぎる。

新旧問わず司法試験合格者はみな死ぬ気で、それこそ命がけでやってたはずでして。



善意解釈すれば、こうした当たり前のことすら無視してロー生を攻撃することだけを目的とする悪意ある人への反論なんだろうとは思います。

ただ、そもそもそういう人は相手にする価値ないと思うんですが・・・
Unknown (東北大ロー生)
2006-10-05 16:16:00
旧試験に比べたら

新司法の簡単さは異常。



新司法試験はいわゆる「司法試験」ではない。

合格率ヨンパーの馬鹿でも受かる試験に成り下がった。
なんだかなあ・・・ (Unknown)
2006-10-05 18:09:26
>ただ、問題は別です。

>5年以上勉強していて、もう論文もスイスイ書けるような人達、少なくみても5000人くらいが「お金がなくて」ロースクールに行けないという現実がある。



こういう人なら、上位ローで、しかも奨学金やら授業料免除を得るのも簡単なんじゃ?

優秀な人ほどローには行きやすいですよ。授業料免除とかを得やすいわけなんですから。

いまだに金がない、というのを免罪符として主張してるのはどうなんでしょうねえ・・・。

Unknown (Unknown)
2006-10-05 21:11:27
奨学金って返さなきゃいけないの知ってる?

あと、授業料免除って日本中のローで

どれだけの人数が認められるか知ってる?



ロースクールの課題なんかやるより

新聞を読んだ方が言いかと思います。
はあ? (Unknown)
2006-10-06 02:19:51
>奨学金って返さなきゃいけないの知ってる?

>あと、授業料免除って日本中のローで

>どれだけの人数が認められるか知ってる?



はあ、そりゃ常識的な範囲では知ってますよ。

で、奨学金返還のリスクを負ってでも、合格率の高い新司に賭けた、という人が結構居る、ってのもわかりませんか?論文もすいすい書ける人は、新司には簡単に受かっちゃうんでしょ?ローのレベル低いって馬鹿にしてるんですから。だったらそのリスクは限りなく低いんじゃないんですかねえ。実際私は200万ほど借金してますが。

で、論文もすいすい書ける人は授業料免除も受けられないレベルなわけですか。ローのレベルが低いんだったらそんなの結構余裕じゃないの?



大体、お金がないからローに行けないっていうよりは、現行にこだわった人が多いんじゃないんですか。それはそれでその決断はありだと思いますけど、その決断の失敗をお金のせいにするのが免罪符のようで嫌だと言っただけです。



>ロースクールの課題なんかやるより

>新聞を読んだ方が言いかと思います。

で、新聞を読むと何がわかるんでしょうか?

Unknown (ロー小生)
2006-10-10 16:19:26
まぁ、どうなんでしょうかね。

両方の試験を受けた経験からいうと、試験問題自体の

難しさをいうなら、旧試験の方が若干難しいような気

はします。

ただ、新制度の下では、受かるだけではダメで、どこ

のローを出たか、という学歴関係の話が、今まで以上

に重要視されるという見解もありますよね。

そういう意味では、ロー入試自体が苛烈になっていく

でしょうから、これまた厳しい話にはなるんじゃない

でしょうか。
しかし (傍観者)
2006-10-23 15:05:49
短絡的との批判もありますが、

旧司法合格者から法化大学院は、

「教授の著作物販売所」と揶揄されてるのが実情です。



そもそも、新司法で健闘している人の中には

旧司法を見据えて勉強していた人も多い(つまり遺産)も

居るのです。



十把ひとからげには出来ませんが、

これからはロースクール出身者の気持ち(志)次第でしょうね。



開校前の宣伝よろしく甘えが払拭されてない方が

新司法受験者の質を下げているのも事実でしょうし。
Unknown (知り合いが税理士5科目合格者)
2006-10-24 02:24:43
税理士試験の5科目合格者が知り合いにおりますが、合格率12%程度の試験を5つ合格+実務経験にて、やっと税理士登録したそうです。

大学は早稲田ですが、7回受験してやっと通りました。

新司法試験に受かった別の知り合いと比較すると、どう見ても新司法試験のレベルの低さを感じざるを得ません。

旧試験と新試験の異様な格差とのことですが、何となくおっしゃることの意味がわかった気がしました。
Unknown (Unknown)
2006-11-06 14:57:03
とりあえず出身大学と個人の実力は関係ないんじゃないか?
早稲田卒は頭が良いっていう発想はやめた方がよい。

知識量には違いがあるだろうが、それだけでしょう。
実務が必修?? (きなこ)
2007-02-27 18:41:35
黒猫先生は、新司はアホやから採用しませんっておっしゃり、ローの方々は、新司はアホちゃうって言ってますが、、、
確か弁護士はバッジ貰ったら、居そ弁しなくてもいいんだよね。就職???弁護士になりたいって人が、どうして就職先、気にすんの??
制度的には、バッジ貰ったら弁護士活動できるんでしょ。仕事の出来ない人がくいっぱぐれるのは何処の世界でも一緒。
腹が立つのは、弁護士になったら困らないように、制度的に保護してよっていう、甘えた方々。
自由業ってのは、自分の力で生きていく人ですよ。
Unknown (Unknown)
2007-04-21 14:16:55
予備試験で実力見せ付ければいいんじゃないの
Unknown (Unknown)
2007-05-12 03:36:55
最初から新司法試験の合格者を否定する意図を看取できる。こういう色眼鏡をもっている人物が書き下した文章に、真剣になって批判・反論するのが愚の骨頂。

新司法試験から法曹になった者は、現実の訴訟の場でこのような低俗な文章を平気で発表できる人物を打ち負かせばよかろう。何も気にすることはない。
あれ? (マメ)
2007-05-15 17:30:29
旧・新の司法試験の格差がどうのというよりは学習課程のちがいだと思っていました。
実務能力が高い・低いは比較できないと考えますが
旧・新合格者ともに知識等に利・不利があるようですし
双方とも個人指導の時間と手間は変わらないのでは・・・。
新司法の受験生 (minn)
2007-05-23 14:31:03
新司法の受験生、受験態度とても悪くて閉口しました。あんなのが法律家になるのかと思うとぞっとします。
カンニングぎりぎりで、注意うけたり、指示にしたがわないのは当たり前の世界でした。
利用する側からすると (Investor)
2007-05-29 13:48:21
新司か旧司かにかかわらず、総合的なサービスレベルが高いリーガルサービスを買うだけのことで、競争が激しくなるのは歓迎です。
「旧司短期合格、旧四大事務所」の人でも、正直使えない人もいますし、特定分野なら専門の事務所を使いますし、予算をかけたくないときは、早い、安いで済ませることもあります。
クライアントにより付加価値を出せるように、合格後も精進していただくことの方がより重要だと思います。クライアントへの付加価値提供能力は、必ずしも新旧含め司法試験の測定する能力だけでは決まりませんので。
Unknown (う~ん。。。)
2007-06-29 21:33:42
弁護士やってます。イソ弁ですが。
ちょっと、頭痛のため、仕事を中断して、書き込みをします。

新司を経た人(ロー生ですか)、旧司を経た人の能力云々の話しをしても、結局、それらの人に接していない以上、分からないのでは?と思います。
それと、ロー生だからできない。旧司だからできる。またはその逆。これは一概には言えないですよ。
当たり前の話だけど。

なので、新司がどうのとか、旧司がどうのとか言っても屁のツッパリにもならんというのが私の感覚です。

旧司(今のではなくて、少し前の年代の)と新司の受験生(ロー生。)の雰囲気の違いはあるかもしれませんね。※今から書き込む内容は、偏差値上位校のロー生との比較ね。

一番の違いは、楽しそうに勉強をやっている感じがします。
この間テレビで「法科大学院」(深夜のフジ)というのをやっていてみましたが、
学生の皆さん、研修所でやっているようなことをやっており、楽しそうでした。笑顔の方もたくさんいらっしゃいました。
他方、旧司は、ロー生よりも、もう少しストイックな感じがしました。全体的にですが。あくまで感覚ですが。でも体験に基づくものですよ。
ここら辺が一番の大きな違いかなと思います。
あと、妙に崇高な意識を持ってらっしゃる方もロー生に多いかなと思いました。
どのように崇高かと申しますと、
法律で人を救うとか、社会正義を実現したいとか、
救われない人に手を差し伸べたいとかなどです。
法律家にならずに政治家になったほうが良いのでは?と思ってしまう人もいました。
それと、ビジネスローヤーになりたい人が増えたかなぁと感じました。
「だから何だよ」と突っ込まれるかもしれませんが。

ロー生で今後弁護士になる人へ。

弁護士って仕事はとてもキツイですよ。
僕は個人対個人の仕事をやったり、
会社対会社の仕事をやったり、
会社対個人の仕事をやったり、
会社内部で内部統制の仕事をやったり、
契約書の精査及びドラフティングをやったり、
株主総会の運営をやったりと様々な仕事をやっています。

この中でどれが、一番きついか?と聞かれたら、
個人対個人の仕事です。
何故って、紛争のハザマに立つのはとてもしんどいです。それも、気持ちの問題を抱えている問題のハザマにたつのは。

でも、この仕事がおそらく弁護士の原点です。
たぶん、他の先生(ビジネスローヤーの著名な先生も含めて)同じように言うのではないでしょうか?
弁護士は、依頼者の最善の利益を考えて行動する職業です。
でも、これって、結構シビアです。
弁護士になって、
一番大変なのは何と聞かれて答えるのは、「依頼者を説得することです」。特に個人対個人の事件。
次に「事件を一つやれば、敵が一人増える」ということです。

取り留めがない書き込みをしてしまって申し訳ない。
考えずに打っているので、悪しからずご了承ください。





合格者数と求人数の不均衡について (司法働きマン(男))
2007-10-24 01:24:08
旧試験も新試験も優秀な人が多くいると思いますが、問題は、今後の合格者数と法律事務所の求人数が合わなくなっている点に尽きるでありましょう。
せっかく合格者が増えても、世の中の訴訟件数が急激に増えるわけではありません。いくら日本が欧米化して訴訟数が増えてきているとはいえ、合格者全員を吸収するほどの件数ではありません。仕事の量が急激に増えない以上法律事務所の求人数が少ないままで、法曹界へ入る人が人数が限られてきます。今まで司法試験を目指して頑張ってきたのは一体何だったんだということになりかねません。それが最も気の毒で仕方ないものです。あ、ここらでちょっとウンコしたくなってきましたので、失礼。スパゲッティ相当食ったもんなあ。
皆が考えること (Unknown)
2008-01-06 15:09:34
新試は2100人中1000人が受かる試験であり
旧試は10000人中600人が受かる試験
として両者の合格率で比較すればいい訳です。
つまり48パーセント対6パーセントの合格率であり、やはり旧試の方が8倍程度の難易度といえます。



上記に書いてることを思う人は結構いるよね?
正直にいうとこんなこと思ってるヒトはネジがとんでいるよね。
新司法試験を受験するのが二千人しかいないんですよ?
もともと千人前後合格者を出したかったんだから
合格率50パーセントは当たり前
旧制度が廃止されたら当然 新を受験しなければならなくなる。
つまりそこでロースクール卒業か予備試験合格が必要なわけだが
そもそもロースクールについても入学希望者約五万人のうち日本のロースクールは定員は約五千人
倍率約十倍
ロースクールに入るだけでも大変

新司法試験合格率50パーセントてのはあくまで受験者が少ないからにすぎません

さて毎年司法試験突破を目指すひとは何万人といます

前まで一年に試験突破するヒトが五百人前後
それを二千人から三千人にあげただけ

もちろん旧試験に比べて簡単なのかもしれませんが
結局何万人の中から二千人選ばれるというだけです

合格率50パーセント?じゃあ新司法試験を旧試験と同人数の三万人うけたら一万人以上うかるの?
受かるわけない

そんなことしたら一年で日本の法曹界はパンクする


最終合格者を旧 五百人 から新 千から二千人に
ひきあげただけ
過酷な競争であることにかわりはない


今年の短答式 (旧司法試験受験者)
2008-05-12 11:43:35
旧司法試験の最近の合格ラインは 60満点中の48~50点以上 決して 60パーセントというレベルではありません。80~85パーセント 難しい訳ではありません。勉強不足と時間配分と 自己管理 モチベーションです。
受験後の反省
今年の短答式 (旧司法試験受験者)
2008-05-12 12:02:52
旧司法試験制度をなくさず 続行して欲しい。
間違いでしたね (新の人)
2008-05-18 15:03:09
大手渉外にも、裁判官、検察官にも通常通りの採用になってますね。
試験でのみ能力を測ることができるという考えには賛同しかねます。
そりゃ (Unknown)
2008-05-19 10:08:46
大手渉外やJPは頭数が必要なので、レベルが下がっているとしても例年通り採用するしかない。入った後は大変だと思うけどね(採用した方もされた方も)。
Unknown (ぽこ)
2008-07-10 23:22:38
新司法試験では,事実認定が重要で,旧試受験生は解けないというコメント多いですね。でも,旧試験でも事実認定が重要であることに変わりなく,合格者レベルなら十分解けるでしょ。私も新司法試験解いてみたけど,問題文が長くなってるだけで本質は変らん。
 
ただ民事系は複雑で難しいと思う。その点では新司法試験の方が難しいかな。でもここで早とちりしては困る。新司法試験受験生でも,ロクに解けてないでしょ,新司の問題。結局,問題が難しいだけで,受験生がそれに追いついてない。
よって,ロー生が新司の問題の方が難しいから俺達の方がレベルが高いなどと言うのは笑止の限り。

などと,ロー生に対し挑発的なこといっちゃったけど,ある意味ロー生は制度改革の最中に巻き込まれた被害者だよね。高い金払って頑張ってるんだもの。
就職難だとか新聞やネットは書きたてるけど,そんな騒音は無視して頑張ってください。

黒猫さんのコメントなんて読んでブルーになってたら勉強に支障がでますよ(笑)自信過剰は良くないけど(旧試も新試も新合格者は実力もないくせに謙虚さに欠けるやつが多い),信念をもって上位合格を目指してほしいです。
Unknown (kyu)
2008-09-11 20:40:17
怖いのは、ロー出身者が本気で旧試験よりも新試験の方が難しいと思ってそうなところですね・・・
新試験では既習コースの合格率の方が断然高く、その「既習者」の多くが旧試を諦めた人なのにね。
Unknown (Unknown)
2008-09-11 23:01:19
はあ。
学歴差別と同じ超不毛議論

黒猫とかいう「超難関試験に突破なされた超優秀な」人は,一体何がしたいんですか?

そもそも敵とも思ってない人達をイラつかせること書き連ねてどうしたいんでしょうか?

ご自身のお考えなら自然淘汰されるだけなんですから

きっと,国民のためにならないとかいう大義名分を掲げるんでしょうけど

要するに学歴以外に自信ない超コンプレックス君なんでしょうねえ。

そういえば,裁判官から期限付き弁護士やっている方で東大在学中合格の方も新の出来について語っていましたねえ。身なりが異常に不潔な方で,女性との会話もあまり出来ない人でしたけど。

僕の見てきた仕事の出来る弁護士は,一様に,新修習生の出来について特に関心持ってないですが・・・

教官は身近な話題として関心持って話す人はいるのは当然でしょうけど

全く修習生に関わりない「デキる」弁護士さんなら新修習生が出来ようが出来なかろうがな~んにも気にしないとおもうんですけどね
Unknown (さいとう)
2009-01-24 01:46:41
法律を勉強している人って、どうしてこうも比較したがるのだろうか。

この原因は、司法試験が新旧いずれにせよ、絶対試験ではなく競争試験にあることに由来すると思う。

みんな優秀なら全員合格、みんなバカなら全員不合格、本来であれば厳格にこうあるべきだよ。

そうすれば、どっちが優秀かなんていう議論はおこらないからね。

既得権勢力をにらみつつ、調整弁を徐々にゆるめていく、なんてのがよくないんだにゃ。

弁護士が飽和してくれて、委任契約が無報酬という原則にもどっても、私はかまわないのだが。
Unknown (Unknown)
2009-01-26 10:18:28
>みんな優秀なら全員合格、みんなバカなら全員不合格、本来であれば厳格にこうあるべきだよ。

今の弁護士は馬鹿ばかりだから、合格者をもっと減らせということですね。

>弁護士が飽和してくれて、委任契約が無報酬という原則にもどっても、私はかまわないのだが。
弁護士が稼げない仕事だという認識が広まれば、従事する人が減るので、飽和することはありませんよ。今の介護業界と同じ。
Unknown (Unknown)
2009-01-29 23:16:13
旧試合格者は使い物にならない人が多いから新試を作った。
新試制度はまだ始まったばかり。試験問題の難しさなんて時代に合わせて変えていけばいい。
過渡期に生じる多少の弊害にグダグダ言ってもしょうがないんじゃないすか?黒猫さん。
とりあえずはっきりしてるのは、旧試合格者だけじゃ今後の日本の司法は支えられないってことだけ。
Unknown (Unknown)
2010-05-17 17:37:13
検索かけてここに辿り着いた
昨今の試験情勢を見ていると、黒猫さんが正しかったね
長い目で見ようにも制度の崩壊が急激すぎる

人間ってのは、物事の都合の悪い面には目を瞑ろうとするものだということだね
ここのコメント欄を見てるとよくわかるよ
Unknown (笑い)
2013-03-02 23:02:16
新試験で楽をしてる人たちが逆切れしてて面白いですねw

自分の能力に自覚があるから怒るのでしょう
不毛な煽り合い… (Unknown)
2013-04-29 07:55:33
要するにゆとり叩きと大差ないです。
世代なんて本人にとってどうしようもない事実を理由に偏見。
それを覆すぐらいのものを見せれば納得するというならこちらは努力すればいいだけですが。
米欄にいらっしゃった弁護士の方を見ると、その能力を示す機会すら与える気がなさそうというのが問題かと。
そんな人が法曹やって憲法14条が~とか個人の尊厳が~とか言ってるかと思うと面白いですね。
人権週間限定でいじめ批判の作文書くいじめっ子みたいで、日本人の性根の陰湿さがよく表れてると思います。

あわせて読む