絵入り随筆 エッセィ・つぶやき

自作の油絵・水彩画、デジタル写真等を入れて、季節の移ろい、雑感などを書いていきます。

竹村克男水彩画個展は明日が最終日です。

2018-11-19 05:24:40 | 絵画

今月3日から始まった私の個展もいよいよ明日が最終日になります。

 

16日夜のニュースで2~3分の時間ですが私のインタビュー発言もうまく

編集して要点を的確に伝えて貰えました。

私の喋り方はすらすらとは行きませんでしたが・・・

コメント

個展の様子がTV取材されました!

2018-11-16 07:15:47 | 絵画

J:comチャンネルで今日の午後5時のニュースで放映されます。

お住まいの地域によっては

その地域の番組になると思います。

コメント

個展へjCOMケー-ブルテレビが取材に来ます。

2018-11-13 09:10:44 | 絵画

本日   11月13日(火)午前10時半ころ、

jCOMケー-ブルテレビが個展会場の取材に来ます。


  竹村克男水彩画個展開催中です。

      ご来臨お待ちしています。

 フランス/イタリア/クロアチア等のスケッチ
 40点を展覧致します。
 ご高覧下さいますようご案内致します。


                         
 会 期 2018年11月3日~20日

  *会期が長期に亘るため私は会場内に居ない場合があります。

    ご来臨の際は事前にメールでお知らせ下されば幸いです。

        e-mail yoshio19370@i.softbank.jp


 時 間 午前9時~午後5時

     会場案内所に言えば午後9時まで観覧可能です。 

 会 場  越谷市サンシティーホール
                                      小ホールギャラリー
 交 通  東武スカイツリーライン新越谷
                  JR武蔵野線南越谷下車徒歩3分

各作品1点額付 ¥50,000 

個展会場では販売出来ません。作品をご希望の方はメールでご相談下さい。

             e-mail yoshio1937@jcom.zaq.ne.jp 


 

コメント

個展出品作品  WEB内覧 45 パリのツーリストビューロー  フランス・パリ 

2018-11-03 05:32:37 | 絵画

パリのツーリストビューロー        フランス・パリ

パリ市内は全体的に落ち着いた色彩で統一されていて派手なネオンサインや広告は制限されています。
このツーリストビューローはパリの美観規制ぎりぎりの派手さを狙っているので絵にしました。
パリで英語看板を見かけることは滅多にありませんが、観光客相手の商売ではフランス語で看板を出すよりは英語の方が効果的なのでしょう。
最近は警告文や注意書きで中国語表示が多くなっています。そんなことでパリも騒がしくなったので私は繁華街にはなるべく近づかないようにしています。

 

コメント

個展出品作品  WEB内覧 44 セーヌの観光船 フランス・パリ 

2018-11-02 14:46:08 | 絵画

セーヌの観光船                             フランス・パリ

セーヌ川には多くの観光船が運航されています。
観光だけではなくレストランを供えていてランチやディナーを提供する船もあります。
夜の観光船では悪戯好きの船員さんが岸辺で濃厚なラブシーンを演じているアベックさん達にサーチライトを照らして愛を更に高めてあげるサービスをしたりします。
セーヌの河畔には対象となるアベックさんが沢山おいでですから船員さんは忙しくサーチライトを操作しなくてはなりません。

 

コメント

個展出品作品  WEB内覧 43 住宅街を流れるセーヌ  フランス・パリ 

2018-11-01 08:37:31 | 絵画

 住宅街を流れるセーヌ       フランス・パリ

セーヌ川はディジョンの北西30kmの海抜471mの地点に源を発して北西に向かい、パリを流れ、ル・アーヴルとオンフルールの間のセーヌ湾に注ぐのですが源流と河口の高低差が小さいからあちこちで大きく蛇行しています。
観光客に人気のセーヌですが、その水質は余り褒められたものではありません。パリの下水道は雨水と分流していない部分があるので大雨の時には下水がセーヌに流れ込むのです。
パリを訪れてもセーヌで手を洗ったりしない方が賢明です。

コメント

個展出品作品  WEB内覧 42 セーヌ河畔の古本屋さん(彩色画)    フランス・パリ 

2018-10-31 08:01:33 | 絵画

セーヌ河畔の古本屋さん(彩色画)    フランス・パリ 

コメント

個展出品作品  WEB内覧 41 セーヌ河畔の古本屋さん    フランス・パリ   

2018-10-29 08:41:24 | 絵画

セーヌ河畔の古本屋さん  フランス・パリ

セーヌ河畔に展開する古本屋さんはパリの風物詩として欠かせない存在ですが、フランスでも本離れが進んでいるのか扉を閉ざしている店も多くなっています。
ここはバックに大きな木が生えていて木陰が心地よいからか全ての店が開いていました。
扱っているのは古本や古雑誌ですが、中には橋の欄干に付けて鍵をセーヌに投げ込み永遠の愛を誓うための錠前も売っています。
骨董を扱う店もあり私も以前古いランプを値切って買ったことがあります。
木立に遮られて肝心のセーヌは見えませんが、パリの空気を少しでも感じて戴ければ嬉しいです。


 

コメント

個展出品作品  WEB内覧 40 ハンギング・メモリアル    イタリア・ボッサーノ

2018-10-27 15:12:55 | 絵画

ハンギング・メモリアル      北イタリア・ボッサーノ

ハンギング・ツリーにはその一本一本にそこに吊された人の名前と生没年が書かれています。
多くの人が10代、20代で殺されています。
町の人々は今も毎日花を供え水を絶やしません。
あの悲惨な出来事を忘れないために、悲惨な殺され方をした人々を弔うために、そして後々までこの事を語り継ぐために心を込めて弔っているのです。
日本の政治家の多くは戦争で起こした残虐な行為を殊更無視しようとしたり、無かったことにしようとしたりしています。
何処かの田舎村の知事さんがデマから起こった朝鮮人の虐殺事件に弔辞を送らないことにしたのも恥ずべき事です。事実には正面から向き合い悔悟の念を忘れてはいけないのです。

 

コメント

個展出品作品  WEB内覧 39 ハンギングツリーの並木K道    イタリア・ボッサーノ

2018-10-26 19:56:38 | 絵画

ハンギングツリーの並木道     北イタリア・ボッサーノ

おぞましいことに荷担されたハンギングツリー達は今は美しい並木に育っています。
町の人々は特別の思いを込めてこの並木の手入れを続けています。丸く綺麗に剪定された並木道は何事もなかったかのように人々に木陰を与えてくれています。
60年前の並木の幹はまだ幼く、人を吊すと幹が撓んだかも知れません。
したたり落ちた人間の血が根に栄養を与えたのかも知れません。
時の経過は次第に痛みや悲しみを和らげてくれるかも知れませんが今の平和が多大の犠牲の上に成り立っていることは忘れてはなりません。

 

 

 

 

コメント

個展出品作品  WEB内覧 38 ハンギングツリーも見ている景色(彩色)    イタリア・ボッサーノ

2018-10-26 19:51:40 | 絵画

鉛筆デッサンに彩色した完成画です。

コメント

個展出品作品  WEB内覧 37 ハンギングツリーも見ている景色(鉛筆デッサン)    イタリア・ボッサーノ

2018-10-25 05:23:31 | 絵画

 

ハンギングツリーも見ている景色   (鉛筆デッサン)   北イタリア・ボッサーノ

見たところ平和で穏やかな風景ですが、第二次世界大戦末期にはここでおぞましい出来事が起こりました。
ムッソリーニ帝国政府が解体した後も北イタリアではムッソリーニの残党とナチスがこの一帯を支配していました。
北イタリアのレジスタンスはナチスやムッソリーニの残党に激しい戦いを挑んだのです。
その結果、ナチスに捕らえられたレジスタンスの人たちはこの木に首を括られてぶら下げられたのです。
それからもう半世紀以上の年月が経過しています。
ハンギングツリーは大きく育ちました。
そして今も変わらぬこの風景を眺め続けているのです。

 

 

 

 

コメント

個展出品作品  WEB内覧 36 グラッパ橋(水彩色つけ)    イタリア・ボッサーノ

2018-10-24 09:07:37 | 絵画

グラッパ橋(水彩色つけ)    イタリア・ボッサーノ

コメント

個展出品作品  WEB内覧 35 グラッパ橋(鉛筆デッサン)    イタリア・ボッサーノ

2018-10-23 12:49:05 | 絵画


          グラッパ橋   (鉛筆デッサン)    北イタリア・ボッサーノ

グラッパ川に架かるグラッパ橋は世界遺産にもなっている貴重な橋です。
木造で屋根があり屋根の天井には様々な絵が描かれています。丸太の橋脚がクロスして橋を支えていますからかなりの重量にも耐えると思いますが、現在は人道橋で人だけが渡ることが出来ます。
自動車が渡れる橋はこの少し下流に架かっています。

 

 

コメント

個展出品作品  WEB内覧 34 グラッパ風景4 北イタリア・ボッサーノ

2018-10-22 08:24:09 | 絵画

         グラッパ風景4            イタリア・ボッサーノ

グラッパ川左岸の風景です。
中央の辺りにキャンプ場があります。
グラッパ川は川幅が100mくらい有る大きな川ですが水深は浅いので平底船なら航行出来たことでしょう。
現在はトラック輸送の方が効率が良いから川船は見当たりません。


 

 

 

 

コメント