絵入り随筆 エッセィ・つぶやき

自作の油絵・水彩画、デジタル写真等を入れて、季節の移ろい、雑感などを書いていきます。

葡萄の稔り

2018-06-21 05:32:16 | Weblog

道端に葡萄が稔って居ました。

まだ青いみですが沢山の房を付けていました。

我が家には山葡萄がありますが、実は小さくて酸っぱく

蔓の成長力はもの凄く旺盛です。

余り蔓延られては狭い我が家の庭は山葡萄に占拠されてしまいそうなので

伸びる蔓をドンドン切っています。

実は食べられませんが若葉は少し酸味があってとても美味しいおしたしが出来ます。

蔓を切るとそこから若芽が出ますから手で摘んで戴いています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤の花の狂い咲き

2018-06-20 18:51:55 | Weblog

藤の花は何故か時季外れに狂い咲きすることが多いようです。

この藤は久伊豆神社の藤棚のものです。

この房の他にも2房咲いていました。

皐月も秋に咲いていたりしますが、梅や桜の狂い咲きは余り見かけません。

何で咲く時期を間違えるのか不思議です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これなんの花? 4

2018-06-19 06:33:38 | Weblog

この花も散歩の途中で見つけたものです。

偶々家の方がおいででしたのでお聞きしましたが名前がご存じないそうです。

一株戴くことが出来ましたが球根で、形は水仙の球根に似ています。

種でも増えるのかあちこちから芽をだすのだそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これなんの花? 3

2018-06-18 05:10:07 | Weblog

朝の散歩で久伊豆神社に行く途中でみかけました。

梅に似ていますが、時期が違います、梅は実が落ちている時期ですからね。

それに葉も艶があり椿の葉みたいです。

おしべの部分がとても大きくて長く立派です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が家の蜂たちが水を吸いに来ています。

2018-06-17 09:02:15 | Weblog

蜂も生き物ですから蜜や花粉だけでなく水も飲まなければならないようです。

時々水を飲み過ぎてか、溺れているウッカリ者の蜂も見かけます。

見つけると掴まる枝などを入れて助けてやります。

水は飲むだけでなく、巣箱を濡らして気化熱で巣を冷やしていることもあります。

昆虫の賢い知恵には驚かされます。

子供を飢え死にさせるような親蜂は居ません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八重のドクダミの花

2018-06-16 11:58:05 | Weblog

ドクダミは香りがきついからいやがる人も居ますが私は嫌いではありません。

フランス人のマダム・コリーンは良い香りでしょう? 

と言って斑入りの葉のドクダミを一株くれましたが、

それは普通の一重の花です。

この八重のドクダミは邑楽町の蕎麦屋にあったのを貰ってきたものです。

ドクダミの根は食用になるらしいですが、先日裏庭にはびこっているドクダミを引き抜いたとき

根を見ましたが堅くて食べる気になれませんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花と大きな虻(アブ)

2018-06-15 07:29:16 | Weblog

大きな羽音がしたので見たら親指の先程もあるアブでした。

紫陽花も花ですから何か魅惑的な香りか食べ物を提供しているのでしょう。

我が家の日本ミツバチは紫陽花には見向きもしませんから、

アブが好む何かがあるのだとお思います。

この紫陽花は以前は清々しい青色だったのですが、

昨年辺りから赤系の色に変わってしまいました。

紫陽花の赤と青は土壌の酸性度によるらしいですが・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉の種

2018-06-14 05:19:42 | Weblog

モミジの葉の先に翼を付けた実が生って居ました。

実るとこの翼を使ってくるくる回転しながら飛行するように落下します。

親からなるべく離れた場所で芽を出そうという知恵できっと神様のご配慮なのでしょう。  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これなんの花? 2

2018-06-13 17:22:41 | Weblog

この花はフォンソワーズの庭にあった物です。

雑草ではなさそうだったので少し掘り採って来ました。

小さな花が咲きました。

ハーブでもなさそうですし、花を観賞するには少し貧弱です。

ご存じの方がおいででしたら教えて下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラックベリーの撓わな実り

2018-06-12 08:28:10 | Weblog

今年もブラックベリーが大猟に収穫できそうです。

緑色の実が次第に色づいて ↓ のように赤みを帯び、熟すと黒くなります。

完熟するのには一つの房でもタイムラグがありますから、毎日収獲しなければなりません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これなんの花?

2018-06-11 11:06:37 | Weblog

多分「ゲンノショウコ」だろうと思いますが自信はありません。

採取した記憶は無いから鳥が種を運んできたのかも知れません。

花も可愛いからそのままにしています。

白い茎と葉に黄色い花が咲き始めました。

冬の間、白い葉と茎が綺麗だから園芸店で買いましたが名前は失念しました。

今になってぐんぐん背が伸びて黄色い花をつけました。

ポストの上でこの高さでは花が見えません。

バックにあるのはベゴニアです。

ベゴニアは乾燥には強いのですが高温は嫌いらしいです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴーヤの花が咲きました。

2018-06-10 08:03:38 | Weblog

ゴーヤの花は可憐な黄色い花が咲きます。

雌雄別々で雌花にはお尻に可愛いゴーヤの実がついています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

亀が元気で動きも素早くなりました。

2018-06-09 08:31:05 | ペット

亀は恒温動物ですから外気温度に連動して自分の体温が変化します。

と言うより外気温にしか体温が上がらないのです。

冬の間は水底にもぐって越冬します。冬眠するのです。

今は暖かくなったので夜でも陸に居ることもあります。

砂場を作ってあるので産卵してくれるのを期待していますが

今のところその気配はありません。

亀は大小4~5頭居るらしいのですが水中に身を隠していたりするので確実な数は分かりません。

雄雌の判別もしていません。

親亀の背中に小亀が乗って・・・と言うのがありますが孫亀まで3頭が重なっているのも見られます。

勿論親子孫の関係ではありませんからなんでこんな格好になるのか分かりません。

今度そのスタイルを見かけたら写真でお知らせします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の上高地散策からの帰り道 2

2018-06-08 05:31:56 | 国内旅行

妹の家は農家ではないから、畑と言っても家庭菜園のようなものです。

↓ は独活です。もう軸は食べられませんが先端の新芽は食べられます。

独活の大木というようにこの先まだ大きくなるそうです。

↓ ここは蕗の畑。蕗はまだ食べられるようです。

私も何本か切り取りました。

↓ ジャガイモ畑です。 まだ花をつけていません。

平地より大分遅いようです。

山里で長閑な素晴らしい環境ですが、最寄りのスーパーマーケットは車で1時間掛かるそうです。

勿論パチンコ屋もコンビニも無縁です。

郵便局はあるし、お役所もあります。宅配便も来てくれるからさほど不便なことはないようです。

二人とも病持ちなので、毎週長野市まで新幹線で10分掛けて行くのだそうです。

尤も新幹線の駅までは車で1時間掛かります、バスだと日に2往復しかないから

病院通いは1日仕事になるのだそうです。長閑な暮らしもそれなりに大変です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の上高地散策からの帰り道

2018-06-07 05:30:19 | 国内旅行

長野県長和町の妹の所へ1泊しました。

山に囲まれた長閑な所です。

これで藁葺き屋根の古民家に住んでいたら私の画材になるのですが、

残念ながら割と新しい都会にも見られるような普通の住宅です。

長屋門風雨の門構えで車庫も別棟になっているし、畑も家庭菜園の域を超えた広さです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加