絵入り随筆 エッセィ・つぶやき

自作の油絵・水彩画、デジタル写真等を入れて、季節の移ろい、雑感などを書いていきます。

北斎漫画

2018-08-19 07:13:21 | 絵画

北斎漫画展で無料配布されていたシールです。

原画のサイズは4~5cmです。

筆書きで細密画のように描いています。

このように拡大しても全く不自然さは感じません。

北斎の優れた描写力です。

吹き馬というのはなんなのでしょう?

馬を吹いて吹き飛ばす? 分かりません。

私に教養が無いからこの絵も分かりません。

狐と女神の取り合わせが何を意味するのでしょう?

コメント

象牙の在庫量?

2018-08-18 07:46:22 | Weblog

江戸下町の有名神社の参道に象牙細工屋さんがありました。

様々な象牙細工が並んでいます。

象牙の国際取引はワシントン条約により20年以上も前に禁止されています。

つまり20年間以上も、象牙は日本に輸入されていないのです。

象牙は日本では産出しません。

業界の説明では、象牙製品は全て在庫の象牙を使って作っているというのです。

高価な象牙を20年以上も賄えるほど在庫しているなんてあり得ないことだと思いませんか?

お役所では象牙業者の説明を鵜呑みにしてなんの疑問も抱かないようです。

お役所に信頼されている象牙業者は幸せかも知れませんが、

密漁され殺されているアジア象やアフリカ象にとっては不幸せなことです。

 

コメント

昔居眠り、今スマホ

2018-08-17 11:38:55 | Weblog

電車の優先席にお座りになっている非該当者の対応です。

前に該当者が立っていても気付かない振りをする方法です。

私は今までに一度だけ中年の方から席を譲られたことがありますが

それ以外は皆無です。 

札幌の地下鉄では優先席ではなく、専用席と表示しています。 

運輸事業者は札幌を見習う方が良さそうです。

殆どの若者の公徳心や道徳観念は劣悪なのですから。

韓国の地下鉄では普通席でも必ず高年者には席を譲る事が当然のように行われます。

私が次で下車するから、と辞退したら、韓国人の知人が座って下さい、

そうしないと彼が困るから、と諭されました。

コメント

富岡八幡宮・能の奉納 2

2018-08-16 14:23:56 | Weblog

富岡八幡宮は姉・弟の骨肉の争いで惨劇が行われた舞台です。

今の宮司が誰なのか知りませんが八幡宮はびくともしないで

江戸からの姿そのままに存在しています。

神輿の鳳凰の目にはダイヤが使ってあるそうです。

江戸っ子の見栄なのか、巨大な神輿は年に一度の出番を終えて納まっています。

帰りは道、桜肉料理の「みのや」で夕食にしました。

玄関には下足番のおじさんが居て脱ぎ捨てた履き物を棚に収め下足札を渡してくれます。

以前は馬肉と鯨肉は庶民の食べ物でした。

豚肉や牛肉より数ランク下の安い値段でした。

今は馬肉(桜肉)も鯨肉も高級料理に成り上がってしまいました。

この桜肉のロースは一人前2500円、卵も野菜もご飯も別料金です。

肉も一人前ではとても足りません。

昔の思い出を食べに来たようなもので、日常的に食べる料理ではありません。

コメント

富岡八幡宮・能の奉納

2018-08-15 11:45:31 | Weblog

知人が富岡八幡宮で能の奉納に出演するというので、

出掛けました。

能の奉納はプロの能楽師が出演するのですが、

前座で能を学んでいる友人達が仕舞や謡を披露するのです。

カメラ等は禁止というのでプロの舞台は写せませんでした。

友人の出た場面だけはそっと写しましたがお咎めはありませんでした。

連吟したのは櫻川というかなり長いものだったので終わりの方では息切れする方も居ましたが

知人が必死でリードして何とか様になったと言うところでした。

コメント

夏が終わると糖尿病患者が続出するそうです。

2018-08-14 07:42:40 | Weblog

私が通っているクリニックにこんな表示が張り出してありました。

夏の暑さに、つい飲んでしまう清涼飲料水や水分補給液飲料に含まれている

砂糖の危険性についての告知です。

先日の朝日新聞の投書欄にも内科医が「夏の終わりには糖尿病患者が急増する、

清涼飲料の飲み過ぎが原因だ、」と言う趣旨でした。

私はホット紅茶やコーヒーに砂糖は入れませんが、入れる人でも

角砂糖を1~2個入れれば充分甘さを感じることでしょう。

それが冷たい飲み物だと上に掲げた写真のように大量の砂糖が入って居るのです。

ポカリスエットでさえ31gもの砂糖が入っているのです。

31gではかすかな甘みを感じるだけです。

甘いと感じるには70g近い砂糖を摂っているのです。

たばこには、喫煙は健康を妨げる、と言う表示が義務づけられています。

清涼飲料にも同様の表示が必要だとは思いませんか?

 

コメント

海野宿から小布施町へ

2018-08-13 06:33:38 | 国内旅行

小布施は栗の名産地として有名です。

江戸時代、北斎が何回もこの地を訪れ、数々の作品を残しています。

その折りスポンサーになって北斎を支えた造り酒屋は今でも盛業中です。

そこのレストランでお昼にしました。

昼食後、北斎館で北斎漫画展に行きました。

北斎の浮世絵は世界的に有名ですが、漫画の方も素晴らしい描写力です。

北斎の漫画は、欧州に輸出された陶器の包み紙になっていて、それを見たオランダ人が

北斎の画才を発見したのです。

北斎漫画は今の漫画雑誌と同じ扱いで読んだ後は古紙にされて、緩衝材にされていたのです。

昔はこんな感じで絵双紙屋で北斎作品も売られていたのです。

ここは撮影可能区域になっていました。

展覧会で撮影可能場所が用意されているのは嬉しいです。

これも北斎の肉筆画です。

上はアワビ、魚、海老、です。

下は、魚が3尾描かれています。

漫画や浮世絵とは違う画風で、素晴らしい作品です。

北斎館の後は小布施名物、栗のモンブランです。

カップより大きいのです、私には食べきれませんでした。

皆さんは完食でした。

 

 

 

コメント

軽井沢の高校の寮へ出掛けました。

2018-08-12 09:32:36 | 国内旅行

寮を足場にして海野宿へ出掛けました

海野宿は昔の町並みがソックリ残ってて見応えがあります。

同じような建物ですがご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

コメント

文政10年(1827年)

2018-08-11 08:58:49 | Weblog

私が散歩の目的地にしている神社には狛犬が奉納されています。

奉納したのは文政10年と台座に彫られています。

191年前に奉納されたのです。

この狛犬さんは200年近い時間、参拝人を見守ってきたのです。

頑丈な石造りですからこの後も何百年もここを護り続けることでしょう。

和暦の記載だと調べないと西暦に置き換えることは出来ません。

来年から運転免許証の有効期限が西暦記載になるそうですが、

生年月日や交付年月日は和暦記載の儘だそうです。

外国人の免許取得者に生年月日を和暦で記載させるなんてナンセンスです。

お役人さん、お役所も全面的に西暦に変更されては如何ですか?

コメント

秋の気配

2018-08-10 08:35:52 | Weblog

立秋を過ぎて太陽の昇る場所も時間もかなり違ってきました。

猛暑は相変わらずですが、秋は確実に近づいています。

道端の栗のいがも少しだけ大きくなったみたいです。

コメント

ミラクルでラック作り

2018-08-05 10:00:11 | Weblog

昨日は工作に励みました。

市の施設ミラクルで小学生から大人まで一緒に同じものを作る

楽しい企画です。

一枚の杉板からカットされた部材を組み立てます。

金槌や錐をを持つのも初めてという子も居るから

講師の説明は懇切丁寧の極みです。

私は20分位で組み立て完了です。 

バーナーで炙って木目を強調し、ニスで仕上げラックの完成です。

酷暑の半日を冷房の効いた室内の工作室で過ごせました。

それで費用は材料代だけの1500円、申し訳ない感じです。

 

コメント

越谷市郷土研究会の新事務所

2018-08-04 15:29:50 | Weblog

越谷市郷土研究会の新事務所が以前のコンビニエンスストアから

旧日光街道沿いの古い蔵へ移転しました。

余り見栄えは良いとは言えませんが郷土研究の趣旨には似合って居ます。

土蔵は冬は暖かく夏はひんやり、とお思いでしょうが

今年の夏はそうはいきません。

前の日の熱気が籠もったまま次の日の強烈な日射に晒されるのですから

冷房の壊れた満員電車という感じの熱気でさながら、ピザ釜の中もかくやと言う有様です。

さすが辛抱強い越谷市郷土研究会の方々も事務所の執務は

今月に限り午前中のみと言うことになったそうです。

事務所にご用の方は午前中にお越し下さい。

コメント

新入りさんです。

2018-08-03 07:09:52 | ペット

ご家族に病人が出て18年間飼い続けたクサガメを飼って欲しいという記事に応募して

新しい仲間がやってきました。

18歳にしては小振りだと思うのですが、元気の良い亀さんです。

直ぐに水に潜ったり石に登ったりと新しい住みかを楽しんでいました。

コメント

茗荷の収穫です。

2018-08-02 09:55:55 | Weblog

今年は雨が少なかったせいか茗荷の収穫は芳しくありませんでした。

太いのが出来ずこんな感じです。

花の部分も食べられます。傷みが早いので別にして甘酢などで戴くと美味しいです。

コメント

ちびた鉛筆

2018-08-01 10:09:11 | 趣味

私が水彩画を描くときには鉛筆でスケッチしてから色を置いていきます。

日本画や版画の手法に似ています。

洋画や日本画でも朦朧体という手法では線ではなく面で描くのですが

私の表現力ではいきなり色を置く手法は使えません。

鉛筆は三菱のハイユニが一番使い勝手が良いです。

6BからFの硬さの異なる鉛筆を使い分けています。

私の感じではドイツのステッドラーなどはユニより品質が落ちます。

ステッドラーと普通の緑色の三菱鉛筆が同程度の品質のように感じます。

舶来ものを有り難がるのは鉛筆に関しては間違っています。

話しは逸れますが、三菱鉛筆は三菱財閥とはなんの関係もないそうです。

三菱鉛筆は政治と結びついたりはしません。

ひたすら良い鉛筆を作ることだけに専念しているまじめな会社です。

私は鉛筆がちびてもサックを継ぎ足したりして大事に使います。

勿論、ステッドラーがいい加減な製品を作っていると言うことではありません。

向こうでは鉛筆を削るのにナイフは使わず鉛筆削り器を使うから

芯を包む木材の品質の品質には拘る必要がないのです。

私は鉛筆はナイフで形良く削ります。

芯の尖らせ方も鉛筆の硬度によって微妙に変えています。

ハイユニに使われている木材は最高級の材質です。

書道家が墨を擦って気持ちを高めるのと同じで、

私は鉛筆をナイフで削ることで絵に集中する気持ちを整えていきます。

それなので気持ち良く削れる三菱のハイユニが手放せないのです。

11月3日から開催する個展に向けて今準備を進めています。

近々ご案内をいたす予定です。

コメント