ベルリン空港のある家を巡り、Googleマップユーザーがナチス説唱える

ベルリン国際空港の滑走路にある謎の建物は、第二次世界大戦中にドイツ空軍が使用していたのではないかという説があり、Googleマップファンの間で議論になっている。 空港関連の都市伝説と言うと日本の羽田空港にある鳥居などが有名だが、同様の事例は海外にも存在するようだ。 先日、海外の投稿サイトRedditにて、とあるGoogle Mapsのスクリーンショットが注目を集めた。それは日頃飛行機が行き来す . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ペルー発】「縄でぐるぐる巻きのミイラ」は800年前の重要人物か?

南米ペルーにて、今から800年以上前のミイラが発見されて注目を集めている。興味深いことに、ミイラは全身を折り畳んで顔を覆うようなポーズをしており、その上で縄でぐるぐる巻きに縛られていた。 ミイラが発見されたのは首都リマ近郊にあるカハマルキージャの遺跡。今年10月中旬からペルーのサンマルコス国立大学の研究チームが発掘調査を進めていた遺跡から出てきたもので、今回の発見は完全に予想外だったと研究チーム . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最古の水銀中毒の証拠 5000年前の人骨から発見された

約5000年前の人間の骨から、水銀中毒の最も古い証拠が検出されて注目を集めている。埋葬されていたのは、スペインとポルトガルである。 古くは不老長寿の薬や錬金術に、現代でも工業製品等に用いられている水銀は重篤な中毒症状を引き起こすことで知られている。水銀に長期間さらされると、免疫系、神経系、消化器系に影響を与えるほか、腎臓、肺、目、皮膚などにもダメージを与える可能性がある。 実際、世界保健機関( . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

FBI、ジミー・ホッファの遺体捜索でニュージャージー州埋立地を訪れる

未解決事件の一つ、『ジミー・ホッファ失踪事件』が最近になって急展開。FBIが彼の遺体を捜すためにニュージャージー州の埋め立て地で捜査を行ったと報じられ、注目を集めている。 ジミー・ホッファは1957年から1971年まで全米トラック運転手組合「チームスターズ」の委員長を務めた人物。しかし1975年に失踪、労働組合の大物でありマフィアと手を結んで長年にわたり不正行為を働いていたという疑いからから捜査 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

世界ふしぎ発見!日本にも存在するストーンサークルとその意味が凄い

『日立 世界・ふしぎ発見!』(TBS系列毎週土曜日21時から)11月20日(土)放送回で、ミステリーハンター初挑戦の縄文好きを公言している俳優の井浦新(47)が国内最大級の縄文集落跡、青森・三内丸山遺跡などでロケを敢行した。 今年、世界遺産登録された17の縄文遺跡うち、ストーンサークルが存在するのが、「大船遺跡(北海道)」「御所野遺跡(岩手県)「小牧野遺跡(青森県)」「大森勝山遺跡 (青森県)」 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

南極の氷の海に巨大な貨物船が沈んでいる…

アトラスでも何度か紹介しているが、Google EarthやGoogle Mapsの衛星写真には奇妙な物体が写り込んでいることが少なくない。 先日注目を集めたのは、南極の海に巨大な貨物船が転覆している様子が発見された!?というものだった。 11月17日に海外のオカルト系YouTubeチャンネルのMrMBB333が動画で紹介したのは、南極大陸に近いモンタギュー島周辺をGoogle Earthの衛 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オーストラリア海戦後に発見、「無名の水兵」の謎が80年ぶりに解決

第二次世界大戦中の1941年11月19日、西オーストラリア沖を航行中のHMASシドニー号はドイツ巡洋艦コルモラン号の攻撃を受けた。 両艦は海に沈むほどの損傷を受け、シドニー号は645人の乗組員全員を失う結果となった。 沈没とともに全員が死亡したと思われていたが、その3ヵ月後に一人の船員の遺体が入った救命いかだが漂着した。しかし、遺体が誰なのかはまったく解らなかった。 その後、この謎に満ちた遺 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国立公園に残された「絵の描かれた石」を巡って起きた奇妙な議論

アメリカ・ニューメキシコ州グアダルーペ山脈には、カールズバッド洞窟群国立公園という巨大な洞窟公園が存在している。ペルム紀の化石礁のあるカールズバッド洞窟を初めとする83の洞窟を保存するために設立された国定公園である。 カールズバッド洞窟群国立公園がSNS上である呼び掛けを行って注目を集めている。国立公園は15日、公式Facebookにて何者かの手によって置かれた花と「Be Happy」という文字 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イスラエルの古代ワイナリーで発掘された「二日酔い防止」リング

イスラエルにて、古代のワイナリーから興味深い指輪が発見された。 イスラエル考古学庁は先週、ヤブネ市において何世紀も前に運営されていた大規模なワイナリーの遺跡を発掘中、工房の遺跡から紫色の石をあしらった金色の指輪が発見された。指輪の石は恐らくアメジストで、身につけている人に「特別な力」を与えると信じられていたものだという・・・・・(この続きはこちらから) . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【フィンランド発】トレジャーハンター、もうスグ物凄いお宝ゲット!

フィンランドのトレジャーハンターらが、数十年に渡って探し求めていた伝説的な財宝の発見に近づいたと発表した。 1984年、フィンランドの俳優であり神話学者でもあるイオル・ボック氏は、自分の家族がかつて神話上の人物レンミンカイネンが所有していた秘密の神殿を守るよう託されていると主張。その神殿はシプーという町の丘にある堆積物で満たされた洞窟の中にあり、そこには約1000年前に隠された5万個の貴重な宝石 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

太陽嵐によりバイキングが北米に移住した時期が判った!

コロンブスはアメリカ大陸を発見した人物として歴史に名を残しているが、実際には彼が生まれる何世紀も前からヨーロッパ人が何度もアメリカ大陸に訪れていたと伝えられている。 北米大陸に到達した初期の人々はバイキングたちといわれていて、約1000年前にニューファンドランド(カナダ東海岸の島)のランス・オ・メドウズに停泊所を設けたことが知られている。 考古学者の間では、スカンジナビアから来たバイキングたち . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スマトラ島で発見された伝説の「黄金の島」スリヴィジャヤ帝国

かつて、インドネシアのスマトラ島にて、川底から大量の金や財宝が発見されるという事件があった。まるでインディ・ジョーンズの映画のようだが、この財宝はかつてこの地に存在したスリヴィジャヤ帝国のものではないかと考えられている。 伝説によると、かつてスマトラ島は「黄金の島」と呼ばれていて、鉱脈によって得られた大量の金のおかげで、かつては莫大な富を持つ帝国が存在していたという。 そんな栄華を誇ったスリヴ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バイデン政権、新型コロナを理由にケネディ暗殺事件関連文書公開を延期

10月22日金曜日、ホワイトハウスは1963年に発生したジョン・F・ケネディ元大統領の暗殺に関する機密文書の全面公開を延期すると発表した。 現在までも新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響で、複数の連邦政府機関の業務が停滞。ビザ申請、未処理の社会保障給付、F.D.A.検査のバックログなどが発生している。また、ホワイトハウスの声明では、機密文書の無いように亜いて国立公文書館が調査を行い、国防 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人間のような足跡は600万年以上前のものである可能性がある…

現在のクレタ島からは人類の祖先が残したとみられる足跡化石「トラキロスの足跡」が発見されている。だが、最新の研究の結果、この足跡がこれまで考えられていたよりもずっと古いものである可能性があるという。 「トラキロスの足跡」は、2002年に古生物学者のジェラルド・ギアリンスキーがクレタ島のトラキロス近くの海岸で発見したもので、地中海が一時的に干上がって堆積物が露出していた時代に初期の人類に近い種が残し . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

900年前の十字軍の剣 イスラエル沖で発見

イスラエルの北海岸を探索していたダイバーが、なんと、900年前の十字軍時代に用いられていたと思われる剣を水中で発見した。 発見者のShlomi Katzin氏によると、16日土曜日にイスラエルのCarmel Beach付近でダイビングをした際に発見したという。彼は潜水中に錨やその他の遺物が海流によって露出しているのを確認。更に周囲を探索してみたところ、甲殻類やフジツボなどに覆われた長さ約90セン . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

« 前ページ   

書籍紹介

New!!

日本人奴隷化計画【最終段階】―今こそ龍体の力を奪還し白い悪魔の無慈悲な殺戮を止めよ
クリエーター情報なし
明窓出版

New!!

ふしぎな世界を見てみよう! 未確認生物大図鑑
クリエーター情報なし
高橋書店

New!!

最恐 怪談師決定戦 怪談王 戦慄編
クリエーター情報なし
TOブックス
山口敏太郎の千葉の怖い話
クリエーター情報なし
TOブックス
怪談グランプリ 2018 地獄変
クリエーター情報なし
TOブックス
JR総武線あるある
クリエーター情報なし
TOブックス
噂の芸能情報
クリエーター情報なし
星雲社
怪談グランプリ 2017 未公開! タブー怪談
クリエーター情報なし
TOブックス
超常現象のつくり方
クリエーター情報なし
宝島社
タブー討論 このUMAは実在する! ?
クリエーター情報なし
文芸社
秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
TOブックス
恐怖・呪い舟~実話怪異譚~ (TO文庫)
クリエーター情報なし
TOブックス
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します3 台風人間・八咫烏のヤバすぎる正体から最新宇宙人情報まで
クリエーター情報なし
文芸社
日本史の都市伝説
山口 敏太郎
宝島社
是非に及ばず
クリエーター情報なし
青林堂
未確認生物UMA 衝撃の新事実
山口 敏太郎
宝島社
世界の怪人・UMA図鑑
山口敏太郎
大和書房
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します2 超常番組の裏側から国際情勢の闇情報まで
飛鳥 昭雄 山口 敏太郎
文芸社
怪談・呪い神 恐怖・呪いシリーズ (TO文庫)
山口敏太郎
TOブックス
世界の不思議 超怪奇ファイルXX(ダブルエックス)
山口 敏太郎
永岡書店
徳島あるある
山口敏太郎
TOブックス
人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた
大槻 ケンヂ,山口 敏太郎
KADOKAWA/角川学芸出版
超陰謀論
ベンジャミン・フルフォード,山口敏太郎
青林堂
未確認生物 超謎図鑑
山口 敏太郎
永岡書店
霊怪スポット 戦慄の最新ファイル (KAWADE夢文庫)
山口 敏太郎
河出書房新社
放送禁止のヤバイ話 (DIA COLLECTION)
山口敏太郎
ダイアプレス
現代日本のテレビでは放送できない話
山口 敏太郎
彩図社
山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界
山口 敏太郎
河出書房新社
オカルト博士の妖怪ファイル (HONKOWAコミックス)
山口敏太郎,鯛夢
朝日新聞出版
小さいおじさん
山口 敏太郎,Sel
東邦出版
本当にいる「宇宙人」完全ファイル
クリエーター情報なし
笠倉出版社
恐怖・呪い面~実話都市伝説 (TO文庫)
クリエーター情報なし
ティー・オーエンタテインメント
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します 八咫烏・裏天皇情報から危険すぎるUMAの正体まで (2014/05/24)
クリエーター情報なし
文芸社
超嫌韓論 (青林堂ビジュアル)
クリエーター情報なし
青林堂
超最新版!本当にいる世界の「未知生物」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
図説 世界の地獄案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
江戸武蔵野妖怪図鑑
クリエーター情報なし
けやき出版
怪奇!あまりに怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
河出書房新社
世界超怪奇アンビリーバブル生物画像300 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑
クリエーター情報なし
笠倉出版社
怨霊と呪いの日本史 (KAWADE夢文庫)
クリエーター情報なし
河出書房新社
終結!!世界未確認生物UMA大全画像600 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
とうほく妖怪図鑑 (んだんだブックス)
クリエーター情報なし
無明舎出版
本当にいる日本の「未知生物(UMA)」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社

▶amazonで山口敏太郎の書籍をもっと見る

お仕事のご依頼

TV・ラジオ出演、イベント・講演、単行本・雑誌などの原稿執筆、インタビュー・対談のご依頼受付中
▶ご連絡はこちらから

YouTube

㈱山口敏太郎タートルカンパニーの公式YouTubeチャンネル
▶ご視聴はこちらから

ATLAS ラジオ
▶ご視聴はこちらから

ネットラジオ

過去の放送も以下のリンクからお聞きいただけます
▶山口敏太郎の日本大好き パート1
▶山口敏太郎の日本大好き パート2
▶山口敏太郎の日本大好き パート3◀最新の放送はこちら!

メールマガジン

有料メルマガ配信サービスフーミーにて「山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中
▶お申し込みはこちらから

過去の記事

↑トップへ戻る