無数の触手を一斉に動かす、奇妙な生物がベトナムで発見される!?

今年の7月下旬、ベトナムにて奇妙な生物が発見されて話題になっている。 発見者が撮影した動画には、緑色の台の上に謎の濃い紫色の塊が乗っている事が分かる。一見すると絡まりあった海藻か何かのようにも見えるのだが、どうも生きているようで細かく枝分かれし、ゼンマイ状になった触手をそれぞれ動かしてこの場から逃れようとしているのだ。 関連動画Mystery Sea Creature In Vietnam . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

砂漠に出現した謎の球体!半透明で紫色に光輝く無数の粒の正体とは…

2013年2月3日、アメリカはアリゾナ州南東部のトゥーソンの砂漠地帯にて、非常に場違いで奇妙な物体が多数出現しているのが発見された。 赤い砂漠の大地に突如出現したのは半透明で紫色に光るおびただしい数の球体だった。球体は数センチ程度で水分を含んだ少し固めのゼリー状。そんな粒が水たまりのように、砂漠にひとかたまりになって出現していたのだ・・・(この続きはこちらから) 関連動画Purple Alie . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あの巨大サメは海のどこかで生きている?メガロドン生息の可能性とは…

9月7日、古代に絶滅した巨大なサメ・メガロドンが現れて人々を襲うという内容のアクション・ホラー映画「MEG ザ・モンスター」が公開される。 関連動画映画『MEG ザ・モンスター』本予告【HD】2018年9月7日(金)公開既に絶滅した古代の巨大サメであるメガロドンは、まだ海洋のどこかに生息しているのではないかという説のある古生物でもある。メガロドンは約260万年前に絶滅したとされているが、その姿は . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アフガニスタンで米軍が巨人と交戦…「カンダハルの巨人」は実在した!?

未確認生物は世界各地、場所や環境を問わず姿を現し我々を驚かせるものだが、中には戦場という過酷な環境で目撃されたケースも存在している。 この度映画監督のL.A. Marzulli氏がドキュメンタリーとして公開した動画には、過去にアフガニスタンにて戦闘行為に従事したある兵士による衝撃の実話が紹介されている・・・(この続きはこちらから) . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アメリカ「もう一つのビッグフット」、大型竜脚類の個体化石発見!

アメリカでビッグフットといえば毛むくじゃらの未確認生物になるが、それ以外にも「ビッグフット」と名付けられた生物がいる。 それが20年前に発見、もとい発掘された「ワイオミング・ビッグフット」だ。 現在も新作が公開中のハリウッドの大ヒット映画ジュラシック・パークにも登場する巨大な竜脚類。その新たな化石が20年ぶりに発見され、これまでの記録を塗り替える大きさということで注目を集めている・・・(この続 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハイブリッド生物か!?実は…「人間のような牙を持つ魚」が発見された!

アメリカで11歳の女の子が発見した魚があまりにも奇妙な魚を捕まえて話題になっている。 彼女は親戚との旅行中、水遊びしていた時に近くを泳いでいた一匹の魚を捕まえた。その魚は見た目がピラニアに似ていたが、口を開けさせると不気味なことに人間そっくりの歯が並んでいたのである。しかも歯は丈夫でかなり鋭いものとなっている。果たしてこの魚は何なのだろうか。人と魚のハイブリッド生物とでも言うのだろうか? . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

超巨大なホホジロザメを倒したのは…更にビッグサイズな生物だった!?

9月7日、古代に絶滅した巨大なサメ・メガロドンが現れて人々を襲うという内容のアクション・ホラー映画「MEG ザ・モンスター」が公開される。 メガロドンは約1,800万年前から約150万年前頃まで生きていたサメの一種であり、姿も現在のホオジロザメをそのまま大きくしたような姿をしているので、現在でも生きているのではないか、などと噂され、海の未確認生物の一つに上げられることも多い。 そんな海の巨大生 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京湾で相次ぐクジラの目撃談…45年前には隅田川でイルカが泳いでいた!?

6月中旬から後半にかけて東京湾北部で大型のクジラの目撃情報が相次いでいる。 東京海上保安部によると、最初の目撃談は6月18日の朝、東京都江戸川区の葛西沖で運行中の漁船からの目撃情報が寄せられたほか、6月25日正午までの一週間に計9件の情報が寄せられているという。 特に6月は最初のクジラの目撃のあった18日朝には、大阪府北部を震源地とする震度6の大阪地震が発生しているほか、その後も千葉県や神奈川 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「6月21日大地震が日本を襲う」ジュセリーノの予言を否定する!

インターネット上で不気味な噂が駆け巡っている。それは6月21日に日本に地震、もしくは大災害が起きるという。これはブラジルの夢で未来を見る預言者ジュセリーノが指摘しているものだ。 この噂に怯える人は多い。確かに千葉県沖合いでスロースリップが起こったり、銚子の君ケ浜にクジラとおぼしき生物の肉塊が打ち上げられたり、と不気味な兆候はある。しかし、ジュセリーノの予言はかなりあやふやなものが多い。 予言が . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日本にも巨人が生息していた!?地震で崩れた山から出てきた骨が語るもの

2015年頃からYoutubeで紹介され、注目を集めていたある動画が存在する。その動画の内容は「日本に巨人が生息しており、その死体とみられる骨が発見された!?」という衝撃的なものだ。 問題の動画は2008年に撮影されたものだという。 同年6月14日、最大震度6強を記録する岩手・宮城内陸地震が発生。被災地ではがけ崩れなどの被害が多数発生していた。そんな被災地の様子をテレビ局のヘリコプターが空撮で . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スコットランドにて巨大な恐竜の足跡発見!生態や行動が明らかになるのか?

スコットランド北部に位置するスカイ島でにて巨大な恐竜の足跡化石が発見されて話題になっている。年代は約1億7000万年前のジュラ紀中期、足跡は2頭分と考えられている。 今回の足跡化石はエジンバラ大学と中国科学院の共同チームが2016年年に現地で行った調査結果をスコットランドの地学専門誌に発表したことで注目を集めることとなった。 2016年に行われたスカイ島での調査で、岬にある湖の潮が引いた際 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

未来人ブームのはしりとなった人物「ジョン・タイター」その3

未来人ブームのはしりとなった人物「ジョン・タイター」その2 より続く タイターが異なる世界の未来から来た人物なのだとすれば、彼の目的とは何なのだろうか。 タイターは、我々の世界にやってきたのは、IBM5100というコンピューターを手に入れるためなのだと語っている。IBM5100は1975年に発売された初期のパーソナルコンピューターである。 2000年当時でも骨董品に属する部類の代物であるが、 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「宇宙に滞在すると遺伝子が変化する!」衝撃の報告をNASAが発表

創作の世界で、宇宙に出た人や生物が謎の成長や遺伝子の変異を起こす、というものがある。怪獣が出てくる理由付けなどに用いられることが多いが、実際にNASAの研究結果により短期の宇宙滞在でも遺伝子変容が発生する可能性が出てきて話題になっている。 スコット・ケリー宇宙飛行士は国際宇宙ステーションに340日滞在し、2016年3月に地球に帰還した。実は彼は一卵性双生児だったのだが、地球にいた兄弟とケリー宇宙 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「打ち上げられた巨大イカ」衝撃写真の真相を解明!

先日、本アトラスでは「打ち上げられた謎の巨大生物」に関する画像について紹介した。 海岸に打ち上げられた白い体をした正体不明の巨大生物は既知の海洋生物とはまるで似ていなかったため、ネット上では南極や北極の海に生息すると言われている巨大な人型生物「ニンゲン」でないかとする噂も流れていた。 だが、この画像が案の定コラージュによる創作画像であったのは以前紹介した記事の通りだ。 だが、本来の画像はどの . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巨大人型生物「ニンゲン」打ち上げられていた!? 衝撃の画像の真実とは!

こちらの画像をご存知だろうか。 浜辺に巨大な白っぽい灰色の生物らしきものが打ち上げられている 。周囲で様子を見守る人々と比較すると、相当な大きさがあるようだ。 周囲に事故現場のような白いテープの区切りが設置しており、警官らしき人物も複数見て取れる。問題の生物は、 頭部らしき箇所に黒い口のようなものがあるようだ。巨大なヒレのような前足があり、イカの触手のようなしっぽが後ろから伸びている・・・( . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

« 前ページ   

書籍紹介

New!!

JR総武線あるある
クリエーター情報なし
TOブックス
噂の芸能情報
クリエーター情報なし
星雲社
怪談グランプリ 2017 未公開! タブー怪談
クリエーター情報なし
TOブックス
超常現象のつくり方
クリエーター情報なし
宝島社
タブー討論 このUMAは実在する! ?
クリエーター情報なし
文芸社
秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
TOブックス
恐怖・呪い舟~実話怪異譚~ (TO文庫)
クリエーター情報なし
TOブックス
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します3 台風人間・八咫烏のヤバすぎる正体から最新宇宙人情報まで
クリエーター情報なし
文芸社
日本史の都市伝説
山口 敏太郎
宝島社
是非に及ばず
クリエーター情報なし
青林堂
未確認生物UMA 衝撃の新事実
山口 敏太郎
宝島社
世界の怪人・UMA図鑑
山口敏太郎
大和書房
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します2 超常番組の裏側から国際情勢の闇情報まで
飛鳥 昭雄 山口 敏太郎
文芸社
怪談・呪い神 恐怖・呪いシリーズ (TO文庫)
山口敏太郎
TOブックス
世界の不思議 超怪奇ファイルXX(ダブルエックス)
山口 敏太郎
永岡書店
徳島あるある
山口敏太郎
TOブックス
人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた
大槻 ケンヂ,山口 敏太郎
KADOKAWA/角川学芸出版
超陰謀論
ベンジャミン・フルフォード,山口敏太郎
青林堂
未確認生物 超謎図鑑
山口 敏太郎
永岡書店
霊怪スポット 戦慄の最新ファイル (KAWADE夢文庫)
山口 敏太郎
河出書房新社
放送禁止のヤバイ話 (DIA COLLECTION)
山口敏太郎
ダイアプレス
現代日本のテレビでは放送できない話
山口 敏太郎
彩図社
山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界
山口 敏太郎
河出書房新社
オカルト博士の妖怪ファイル (HONKOWAコミックス)
山口敏太郎,鯛夢
朝日新聞出版
小さいおじさん
山口 敏太郎,Sel
東邦出版
本当にいる「宇宙人」完全ファイル
クリエーター情報なし
笠倉出版社
恐怖・呪い面~実話都市伝説 (TO文庫)
クリエーター情報なし
ティー・オーエンタテインメント
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します 八咫烏・裏天皇情報から危険すぎるUMAの正体まで (2014/05/24)
クリエーター情報なし
文芸社
超嫌韓論 (青林堂ビジュアル)
クリエーター情報なし
青林堂
超最新版!本当にいる世界の「未知生物」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
図説 世界の地獄案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
江戸武蔵野妖怪図鑑
クリエーター情報なし
けやき出版
怪奇!あまりに怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
河出書房新社
世界超怪奇アンビリーバブル生物画像300 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑
クリエーター情報なし
笠倉出版社
怨霊と呪いの日本史 (KAWADE夢文庫)
クリエーター情報なし
河出書房新社
終結!!世界未確認生物UMA大全画像600 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
とうほく妖怪図鑑 (んだんだブックス)
クリエーター情報なし
無明舎出版
本当にいる日本の「未知生物(UMA)」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社

▶amazonで山口敏太郎の書籍をもっと見る

お仕事のご依頼

TV・ラジオ出演、イベント・講演、単行本・雑誌などの原稿執筆、インタビュー・対談のご依頼受付中
▶ご連絡はこちらから

YouTube

㈱山口敏太郎タートルカンパニーの公式YouTubeチャンネル
▶ご視聴はこちらから

ネットラジオ

過去の放送も以下のリンクからお聞きいただけます
▶山口敏太郎の日本大好き パート1
▶山口敏太郎の日本大好き パート2
▶山口敏太郎の日本大好き パート3◀最新の放送はこちら!

メールマガジン

有料メルマガ配信サービスフーミーにて「山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中
▶お申し込みはこちらから

過去の記事

↑トップへ戻る