【昭和芸能史】撮影途中、風呂場で事故死した特撮ヒーロー

1972年に放送された特撮テレビ番組に『快傑ライオン丸』という作品がある。本作は戦国時代の日本を舞台にした本格時代劇でありながら、ライオンの顔をしたヒーローが活躍する独特な世界観を描いた娯楽作で、当時の子供に大人気だった。 しかし本作は「着ぐるみ+時代劇」という前例のない作品のために撮影中はトラブル続きだったらしく、第7話目にして主人公が骨折するなど大きなハプニングに見舞われていたようだ。&nb . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「妖怪ウォッチ」キャラクター妖怪がBPOで問題視…今後は放送禁止!?

テレビ東京系列で放送されている「妖怪ウォッチシャドウサイド」には様々なキャラクター妖怪が登場する。 中でも「寸胴丸(ずんどうまる)」は、男性器があるべき箇所に、やかんの注ぎ口が付いている人気のキャラクター妖怪だ。そして、この妖怪が「下品である」としてBPOで問題として取り上げられてしまったのだ。 放送倫理・番組向上機構(BPO)が、2018年6月に視聴者から寄せられた苦情を公式サイトで公開した . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

平成最後の戌年に動き出した戌張子!!~「えんぎもん」アニメ化~

  2018年に入ってから街中やSNS上で戌張子を見かけることが多くなってきた。縁起物と言えば招き猫が代表格だが、今年は戌年だからであろうか。 「平成29年度文化庁若手アニメーター等人材育成事業あにめたまご2018」では、スタジオななほしが製作した「えんぎもん」という戌張子がメインキャラクターのアニメーションが誕生した。 はるおさんと呼ばれ親しまれている戌張子のキャラクターの声 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ファンが死んじゃう…」劇場版『ガルパン』公開ペースがハード過ぎる!?

7月27日、人気アニメ『ガールズ&パンツァー』(通称 ガルパン)最新劇場版『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』の公開が2019年6月と明らかになった。 本作は2017年12月に公開された『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』の続編で、全6話で構成されるために来年に公開予定の劇場版は第2話目となる。 ガルパンというと、実在する戦車が多数出てくる美少女アニメとして有名だが、それと同時に他の作 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

話題のNHK『チコちゃんに叱られる!』極秘事項…中身もやはり、あの人!?

NHKで放送されているバラエティ番組『チコちゃんに叱られる!』が視聴者から大好評だ。 本番組はナインティナインの岡村隆史と、好奇心旺盛で何でも知っている5歳児チコちゃんという異色のコンビが丁々発止やりあう教養バラエティ番組だ。特に着ぐるみ姿でスタジオを縦横無尽に動き回る毒舌キャラのチコちゃんのキャラクターが視聴者から「オモシロ過ぎ」と評判である。 チコちゃんはオーバーリアクションで岡村に合の手 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ナゼ!?NHK子供向け番組がテレ東深夜アニメの主題歌を突然カバーした…

毎週日曜日朝8時から放送されている教育番組『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』にて非常に珍しい内容が放送された。 『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』は、NHK-Eテレの人気キャラ『いないいないばあ』のワンワンと、同局で放送中のミニ番組『パッコロリン』の出演キャラがコラボしたレギュラー番組で、『にこにこぷん』や『できるかな』など、過去NHKに登場した懐かしのキャラクターたちや『おかあさん . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『未来のミライ』に早くも同情の声!?『エヴァンゲリオン』目当ての客が…

2018年7月20日に公開された細田守監督の最新アニメ映画『未来のミライ』が現在、いろいろと話題になっている。 本作は2015年の『バケモノの子』以来、3年ぶりの細田監督作品で、4歳の兄と未来からやってきた成長した妹の2人が不思議な冒険を繰り広げるファンタジー作品である。 さて、本作は細田監督作品ということで、公開前からアニメファンの間では大きな注目を集めていた。公開間際になり、そこへ人気劇場 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

最新『ポケットモンスター』が封印回!?報じたニュースサイトにも大注目

テレビ東京系列で放送されている人気アニメ『ポケットモンスターサン&ムーン』の第64話にあたるエピソードが一部海外で「放送禁止」扱いになっていることがニュースメディア「スプートニク日本」の取材で判明した。 放送禁止になったのは、日本では2018年3月1日に放送された「サトシとナゲツケサル! 友情のタッチダウン!!」というエピソードで、主人公のサトシとこの回のゲストポケモン「ナゲツケザル」との友情を . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

話題のVTuber「キズナアイ」がコメンテーターデビュー!テレビの技術革命?

7月15日に放送されたTBSテレビの番組『サンデージャポン』に、現在インターネットの世界で話題になっているVTuber(ヴァーチャルユーチューバー)の「キズナアイ」がコメンテーターのひとりとしてゲスト出演した。 キズナアイとは3DCGを使用したキャラクターアニメーションで人間ではなく人工知能(AI)を自称している美少女キャラクター。 現在、キズナアイが運営するYouTubeチャンネルは登録者数 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桂歌丸追悼特番、「ポケモン」ネタ炸裂!洒落?それともライバル視?

7月12日、日本テレビで今月2日に亡くなった落語家の桂歌丸さんを偲ぶ特別番組『ミスター笑点 桂歌丸師匠追悼特番』が生放送された。 スタジオには春風亭昇太、三遊亭小遊三の笑点メンバーのほか、歌丸夫人の富士子さんのほか家族が招かれ故人を偲んだ。 番組では懐かしの映像とともに「ミスター笑点」と呼ばれた歌丸師匠の功績を振り返り、ラストには笑点メンバー全員が天国にいる歌丸師匠へメッセージを送り約2時間の . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ジェンダー論勃発…大ヒット『君の名は。』地上波で二度と放送できない!?

2018年1月3日、テレビ朝日系列で初放送された2016年の大ヒットアニメーション映画『君の名は。』。 正月という特殊な時期でもあり、また裏番組が強力だったためにさほど視聴率が伸びなかった。業界関係者は20%以上を期待したが、17.4%しか記録できなかったようだ。 同作品は社会現象を起こしており、聖地巡礼などがいろいろ物議をかもした。また実写化やハリウッドでの映画化なども噂されている。 一方 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

祝『機動戦士ガンダム』ハリウッド映画化決定!過去の実写版は「黒歴史」?

7月6日、人気TVアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズが、ハリウッドで実写映画化されることが決定した。 制作を担当するのは日本のガンダムシリーズに長年携わってきたサンライズ、および映画『パシフィック・リム』『GODZILLA ゴジラ』などの作品で知られるレジェンダリー・ピクチャーズとの共同制作で、公開時期は未定である。 『機動戦士ガンダム』は近年、スティーブン・スピルバーグ監督の『レディ・プレー . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【都市伝説】アニメ「シティハンター」オウム真理教の映像が紛れていた!?

 サブリミナルという言葉がある。連続する映像に、認識できないほど短い時間で無関係な映像を紛れ込ませ、ある一定の情報を見る者に刷り込む行為である。  都市伝説としては、映画館でコーラとポッポコーンのサブリミナル映像を混ぜて放映したところ、コーラとポップコーンの売り上げが飛躍的に伸びたという話がよく聞かれる。だが、この逸話は単なる作り話であることがわかっている。  この「サブリミナル映像」が用いら . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今年の『24時間テレビ』裏番組に注目…NHK Eテレ、『聲の形』放送する真意

  毎年、夏恒例の大型番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ)の裏番組として放送される、ある番組が現在、一部で大きな話題となっているようだ。 今年の『24時間テレビ』は8月25日(土から26日(日)に放送予定だが、初日の8月25日の21時からはNHK Eテレにて2016年に大ヒットした劇場アニメ『聲の形(こえのかたち)』(監督:山田尚子)が地上波で初放送となる。 『 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

来年50周年「サザエさん」、78歳サザエさんと77歳タラちゃんは半世紀不動!

1969年からフジテレビを支えてきた「サザエさん」がいよいよ来年50周年を迎える。 アトラスでも報じたが、スポンサーであった東芝の経営悪化により、番組の存続が危ないと噂されたが、どうにか危機を乗り切ったようだ。 今週は7月7日の近い時期だったため、第7777回目の何か記念すべきエピソードが放送されるのではと注目が集まっていたが、ごく普通の内容であったことから視聴者は少々肩透かしを食らったようだ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

« 前ページ   

書籍紹介

New!!

JR総武線あるある
クリエーター情報なし
TOブックス
噂の芸能情報
クリエーター情報なし
星雲社
怪談グランプリ 2017 未公開! タブー怪談
クリエーター情報なし
TOブックス
超常現象のつくり方
クリエーター情報なし
宝島社
タブー討論 このUMAは実在する! ?
クリエーター情報なし
文芸社
秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
TOブックス
恐怖・呪い舟~実話怪異譚~ (TO文庫)
クリエーター情報なし
TOブックス
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します3 台風人間・八咫烏のヤバすぎる正体から最新宇宙人情報まで
クリエーター情報なし
文芸社
日本史の都市伝説
山口 敏太郎
宝島社
是非に及ばず
クリエーター情報なし
青林堂
未確認生物UMA 衝撃の新事実
山口 敏太郎
宝島社
世界の怪人・UMA図鑑
山口敏太郎
大和書房
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します2 超常番組の裏側から国際情勢の闇情報まで
飛鳥 昭雄 山口 敏太郎
文芸社
怪談・呪い神 恐怖・呪いシリーズ (TO文庫)
山口敏太郎
TOブックス
世界の不思議 超怪奇ファイルXX(ダブルエックス)
山口 敏太郎
永岡書店
徳島あるある
山口敏太郎
TOブックス
人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた
大槻 ケンヂ,山口 敏太郎
KADOKAWA/角川学芸出版
超陰謀論
ベンジャミン・フルフォード,山口敏太郎
青林堂
未確認生物 超謎図鑑
山口 敏太郎
永岡書店
霊怪スポット 戦慄の最新ファイル (KAWADE夢文庫)
山口 敏太郎
河出書房新社
放送禁止のヤバイ話 (DIA COLLECTION)
山口敏太郎
ダイアプレス
現代日本のテレビでは放送できない話
山口 敏太郎
彩図社
山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界
山口 敏太郎
河出書房新社
オカルト博士の妖怪ファイル (HONKOWAコミックス)
山口敏太郎,鯛夢
朝日新聞出版
小さいおじさん
山口 敏太郎,Sel
東邦出版
本当にいる「宇宙人」完全ファイル
クリエーター情報なし
笠倉出版社
恐怖・呪い面~実話都市伝説 (TO文庫)
クリエーター情報なし
ティー・オーエンタテインメント
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します 八咫烏・裏天皇情報から危険すぎるUMAの正体まで (2014/05/24)
クリエーター情報なし
文芸社
超嫌韓論 (青林堂ビジュアル)
クリエーター情報なし
青林堂
超最新版!本当にいる世界の「未知生物」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
図説 世界の地獄案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
江戸武蔵野妖怪図鑑
クリエーター情報なし
けやき出版
怪奇!あまりに怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
河出書房新社
世界超怪奇アンビリーバブル生物画像300 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑
クリエーター情報なし
笠倉出版社
怨霊と呪いの日本史 (KAWADE夢文庫)
クリエーター情報なし
河出書房新社
終結!!世界未確認生物UMA大全画像600 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
とうほく妖怪図鑑 (んだんだブックス)
クリエーター情報なし
無明舎出版
本当にいる日本の「未知生物(UMA)」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社

▶amazonで山口敏太郎の書籍をもっと見る

お仕事のご依頼

TV・ラジオ出演、イベント・講演、単行本・雑誌などの原稿執筆、インタビュー・対談のご依頼受付中
▶ご連絡はこちらから

YouTube

㈱山口敏太郎タートルカンパニーの公式YouTubeチャンネル
▶ご視聴はこちらから

ネットラジオ

過去の放送も以下のリンクからお聞きいただけます
▶山口敏太郎の日本大好き パート1
▶山口敏太郎の日本大好き パート2
▶山口敏太郎の日本大好き パート3◀最新の放送はこちら!

メールマガジン

有料メルマガ配信サービスフーミーにて「山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中
▶お申し込みはこちらから

過去の記事

↑トップへ戻る