自衛隊好きの主婦ですが、何か?

有川浩先生の小説で自衛隊に興味を持ち、只今絶賛勉強中
自衛隊好きの主婦による自衛隊応援ブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

13秒後のベイルアウトを知っていますか?その4

2018年03月03日 07時12分00秒 | 航空自衛隊
13秒後のベイルアウトを知っていますか?

13秒後のベイルアウトを知っていますか?その2

13秒後のベイルアウトを知っていますか?その3


ベイルアウトとは
航空機から非常時に脱出すること。
装置を作動させると、乗員は座席ごと機外に打ち出され、パラシュートで地上に降下する。


入間川墜落事故では、13時42分14秒に最初のベイルアウトを通報。
この時点では高度1,000フィート(約300メートル)。
ここでベイルアウトしていれば、乗員の二人は助かったかもしれない。

しかし、乗員がベイルアウトした瞬間に機体はコントロールを失い、どこに墜落するかわからなくなる。

眼下には、学校や住宅が建ち並ぶ人口密集地が広がっている。

最初のベイルアウト通報から13秒後、2度目の通報。
この時点ではもう、脱出できる高度でも角度でもなくなっていたという。

さらに二人は最期まで操縦を続け、機体が入間川河川敷の高圧送電線に接触する直前に脱出、直後に送電線を切断し機体は墜落した。

機体が送電線に接触しなかった場合、狭山大橋に激突し、大惨事になっていた可能性があったという。

私はどうしても、そこまで見越して機体を操縦し、送電線に接触させたと思えてならない。


13秒後のベイルアウトを知っていますか?その5
へ続く














コメント   この記事についてブログを書く
« 13秒後のベイルアウトを知っ... | トップ | 13秒後のベイルアウトを知っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

航空自衛隊」カテゴリの最新記事