吉宗&ぶーくん

フレンチブルドックの吉宗くんとその家来のぶーくんの日記

年末年始のこと

2018年12月09日 | 介護
年賀状はどうしたらよいか悩んでいるうちに(ぶっちゃけ、年賀状なのか喪中になるのか)
気づけば12月、おばばはキレッキレですww
そして、往診と先日まで入院(感染症)していた主治医の先生からの申し出で
年末年始は入院することになりました。
たしかに、毎年、年末年始に何か起こるし
おばばがチューブ付で寝たきりになった原因も年始早々で
救急車をお願いしてホテル並みに高い差額ベッドで入院とかだったので
ハナから入院したほうが助かる・・・

ただ、数年前におじじも心筋梗塞をおこしたのが
大晦日だったり
こっちも注意が必要なんですよね・・・

まだ入院の日は決定してないですが
26日~28日の間で
28日は旦那が休みですが、26日か27日だったら
私が一人でやるしかないですね(おじじはなぜかノータッチ・・・・←ヾ(・ω・o) ォィォィ)

高熱がでると心配で不安になるけど
この生活が何年続くのか考えても不安になるな~

主治医の先生が身体障害者の申請をしてくれているようで
すこしでも医療費がらくになるといいな・・といってもたぶん何千円くらいなんだろうけど・・
コメント (2)

SZKクリスマス展覧会

2018年12月06日 | イベントと頂き物
茅ヶ崎のギャラリーさんで開催されておりますSZKクリスマス展覧会に参加しております。





この二枚を


こんな感じで額装しましたw

クリスマステイストになったかしらw


2018/12/04~2018/12/16
〒253-0043 神奈川県茅ヶ崎市元町4-32
SZK GALLERY
コメント

あきれる・・・

2018年11月28日 | 介護
今日は朝一でおばばの点滴の機械がエラーになって
エラー音がなってしまって解除ができなくて
看護師さんへ連絡して来てもらいました。

24時間の在宅サポートをお願いしているので
なにかあったら、
いつでも看護師さん直通の電話をしてくださいと言われてます。

朝と夕方に看護師さんがきてくれて何事もなかったのですが
先ほど、
旦那を駅まで迎えに行き、
晩御飯を食べていると
おじじがおばばの体温を測り

39度あるんだけど

と、言ってきた。

アイスノンで頭を冷やして
旦那が再度測ると

39度2分

旦那「明日、連絡した方がいいかな?」


私「はぁ?今、39度あるんでしょ?異常でしょ?」
 「看護師さんに連絡したほうがいいでしょ?それで指示を仰いだ方がいいんじゃないの?」

旦那「あっ、そうか。病院がいいかな?(午後9時の話)」

私「今、わたしは看護師さんに連絡して支持を仰いだ方がいいって言わなかった?」

旦那「あっそうか」

おじじ「ほおっておけば、そのうち熱は下がるよ」

私「はぁ?自分が39度あったらどうなの?つらくないの?」

おじじ「夕方は熱がなかったから」

私「夕方のことは関係ないでしょ!今、熱があるんでしょ?39度は異常じゃないの?」
 「39度あっても、平気なの?自分に置き換えて考えなさい」

旦那「看護師さんに連絡してみる」

おじじ「夕方は元気でうるさかったから」

私「今現在は熱があって元気がないんでしょ?夕方のことは関係ないでしょ」
 「重要なのは、”今”なの!!今の話をしないといけないでしょ!」

・・・・

・・・


・・

旦那「座薬の解熱剤を入れて、1時間まって熱が下がらなかったら連絡欲しいって」

・・・・
座薬注入(こちらは常備しております)

・・・

私「自分が39度あったら、辛いとか何とか言って薬とか飲むでしょ!インフルエンザ並みの温度なんだから、あなたも自分に置き換えて行動しろや」


で、今、様子をみてます

もうすこしして熱を測ってどうなるかですよね・・


てか、
まじでここの親子あり得ないんですけど!

のうみそ膿んでるじゃないかと思うよ。
まじで、ふざけるなって感じです。

SAに置き去りにするのと変わらないですよ

マジでイラついてしまった。

今度、旦那が熱がでたら
ほっておいたら熱さがるよって言ってやろうかしら!
コメント (2)

しれっと告知w

2018年11月22日 | イベントと頂き物
しれっと展示会のお知らせしちゃいますw

今年は、家族にいろいろありまして(てか、進行形ww)
展示会への参加をセーブしてますが
やっぱり、一年の締めくくりというか
連続で参加させていただいているのはどうしても参加したいということで!!

2つの展示会に参加します。

明後日24日からはギャラリーbe京都さんの
ポストカードコレクション
クリスマス・お正月もしくは京都をテーマとしたハガキの展示会です。
私は、
「旅猫ミケ」として、京都の名所を描いてます。

今年は

下鴨神社

こちらは、京都へ行った時に観光タクシーの運転手さんが
下鴨神社の近くにはみたらし団子の発祥のお店があるということで連れていいてもらいましたので
ミケにはだんごを持たせてます。

そして、
さすがに、京都のネタが切れてしまって
SNSでつぶやきましたら、
写真を送ってくださったり
データをくださったりでなんとかあと2枚描けましたw


東寺


平等院鳳凰堂


第24回Post Card Collection

2018. 11/24(土)~12/2(日)10:00~18:00(金曜休館・最終日16:00まで)
ギャラリーbe京都(地下鉄今出川駅 徒歩5分)京都市上京区新町通上立売上がる


ギャラリーbe京都



来月4日からは
茅ヶ崎のギャラリーさんで
SZKクリスマス展覧会がはじまります。

今年は、こちらも「旅猫」で参加します。


摩周湖


時計台

この二枚を一枚の額にいれて展示しようと思います。

SZKさんでは小さなイラストも物販小物として出させていただきます。
セリアの小さな額をいろいろデコレーション!




こんな感じで色をぬりまして


長方形のほうはキラキラにw


白のはおいしそうにしてw



小さなイラストも準備します!


そして完成~!

ハズキルーペで見てね(*^_^*)


SZKクリスマス

2018/12/04~2018/12/16
〒253-0043 神奈川県茅ヶ崎市元町4-32
SZK GALLERY



SZK GALLERY



そして、
いまさらですが
2018デジタルクリエイター図鑑に参加しております。




クリエイター図鑑


と、いうことで今年もあともう少しですね~




コメント (2)

もう!おじじったら!!

2018年11月17日 | 介護
おばばは退院しましたが、微熱が続いております。
大体37.4度付近ですね。
担当医の先生が、治せるものは治りましたが、熱はどうしても出たり下がったりになります。
とのこと、
その原因についてはいろいろと検査をしたがわからないので、
あとは、家で様子を見ましょうということでした。
往診に来てくれる先生も同じ先生なので
まぁ、なるようになるでしょう!
って、感じでしたが・・・


水曜日に退院して、水曜日、木曜日はキレッキレだったのですが、
昨日のあさは、ちょっとトーンダウンしていた。

木曜日に看護士さんが来てくれて
金曜日のデイホームからのショートステイ
(金曜日はデイホームですが、移動が大変ということでショートステイに合わせて2泊の形をとってくれてます)
は問題がないということでした。

それで昨日の朝、準備して待っていたのですが
おばばも朝はちょっとおとなしかった

で、介護士さんが迎えに来た時におじじが
「昨日と違う」と、いいだし
「こんなんじゃ、つれていけないだろ」とか、行ったらしい

というのも、昨日の朝は結構早く迎えに来てくれて
連れて行く準備(ベッドからの移乗)の時は、邪魔になるので
私は、ほかのことをしていたので
旦那とおじじが対応していた。

結局、そういわれた看護士さんはおばばを連れて行かず、
看護士さんへ連絡して帰って行った。

もうね「はぁ?」ですよ!

旦那を駅に送りに行く途中の車内で説教してやりました。

むしろ、施設の方は看護士さんが常駐しているので
車でたかだか10分くらいの場所ですよ、
家に居るよりも、施設に居る方が、何かあった時にすんなりと行動ができます。
介護施設と病院は連動してます。

そのため、ちょっと熱が37.2度あるということだったので
病院からの説明書(なにかで通院するときは病院へ持って行ってくださいといわれた)
保険証、病院のカード、お薬手帳をまとめてケースにいれて持たせるように準備しておきました。

おじじの口癖は「俺がみてるから」ですが
本当に言葉通りの”みてる”なんです。
たしかに、だれかいてくれるのはたすかりますが、
おばばがひん死でふがふがしていても見てただけだし
高熱でうなされても見てただけだし
結局、あっちこっちに連絡したり病院へ連れて行ったりは私と主人で
おじじはお見舞すら行かない

それなのに余計なことは言う・・・

お昼になって、ご飯を一緒にたべるときに
おじじが「やっぱり連れて行かなくてよかったよ、元気がないよ」
と、ぬかしたので

それは違うでしょ、
施設は、前と違って遊びに行ってるわけじゃない、
向こうには看護士さんが常駐してるから、連れて行って必要なら、あそこから病院へ連れて行ってくれるし
家にいるよりも、変化に対応してもらえるでしょ。
家で、なにかあっても、それから看護士さんや病院へれんらくして、
入院となればあたしや旦那が夜中でも行かなきゃいけない。
土曜日曜になにかあっても、わたしも旦那も仕事中ですぐにぬけだせない。
でも、おじじはちゃんと対応できないでしょ!?
なんのために、お金をはらってお願いしてるの?
と、説教しまくりましたが
今一、わたしの言うことを疑ってました(てか、じじい!!!ふざけんなと怒鳴りたいww)


午後から看護士さんが見に来てくれて
その頃には、おばばはキレッキレになってましたww

看護士さんも私と全く同じことを言っていて、
介護士さんは「昨日と様子が違う」と言われれば看護士もしくは医者の判断がないと動けない。
だから、あの時点で連れて行くことはできないということで
それは、私もよくわかります。
免許が違うし、なにより容態の判断をすることが出来ないし怖いというのもよくわかります。
「ちょっと元気はないけどお願いします」と、こちらが言えば連れて行ってもらえるけど
「様子が違うから、連れて行くのは無理だろ」と、言われれば道中何かあったら怖いから断るのはあたりまえ。
看護士さんからみても、
おばばの状態は十分施設まで行けるという判断だし、
もともと熱があることは病院でもわかってる。

さらに、看護士さんには
37.8度までならお風呂もOKと医者からいわれているとのこと。

結局、私の見解と看護士さんの考え方が同じであることで
おじじもようやく納得
「ぶーくんと同じことを言ってたな」と、すこしおとなしくなりましたが
一応釘を刺すために
「判断は、おじじがするのではない、お願いしてるのだから看護士さんに判断してもらうのがベストでしょ」
と、言っておきました
本当は、
「自分がみるみる言って、何もしないじゃないか!余計なことばっか言ってんじゃねえよ!」
って、言いたかったが、グッと我慢しました。


そして、今朝早くお迎えがきてくれまして
無事、ショートステイに送り出すことができました。

てか、37.8度まで風呂OKって、なんかすごいな~と思いましたが
看護士さんも、先生からのGOはでてますが、
正直不安がありますということなので
絶対に風呂に入れて!!って、言うことはないので
そちらで、不安があるようでしたら入らなくてもいいですよと伝えました。

そして、おじじが
「朝早く連れていいてもらえると助かるな~」とか言っていて

おまえ、なんなんだよ!(怒)
って、思いましたがグッと抑えました。


本当に・・
うちの男どもは・・・てか、
私は他人で
おばばの旦那と息子はお前たちなんだから
ちゃんと物事を把握して判断しろや

さらに、来週の休みには旦那が入っている生命保険の人が来るそうで(実は先週も来たが旦那が理解できなさすぎて帰ったらしい)
一緒に話を聞いてほしいとのこと
私も保険の改正をちょいちょいするけど、自分ひとりでやってるわ!
てか、すこしは勉強しろや

ほんとに、イライラする親子だこと!!


年末調整の用紙も毎年、毎年書いてくれ
俺はわからないからとかいうけど

1分、用紙を読めば書けるだろ!

いい加減自分で書けや!ボケ!と思うが今年も書いてやりました・・

はぁ・・・・
コメント (2)

おばば退院しました!

2018年11月15日 | 介護
昨日、おばばが退院しました。

担当の先生が来てくれて話をしましたが(時々往診にも来てくれる先生)
微熱はちょいちょい出るとのこと。

介護タクシーさんをお願いして、
おばばと旦那はタクシーへ
私は車で病院を出る

タクシーはいろいろと裏道を使って行ったそうですが
私は、極力曲がらない人なので、幹線道路を使って帰りましたが
結局、家に着いたのはほぼ一緒でしたww

帰ってきて昨日は疲れたのと
ちょっと微熱も出たのですこしおとなしかったですが
今朝は、かなりまともって、言い方がアレですが
頭がスッキリ?と言いましょうか

会話が成り立つようになってました。

入院前は、何を言っているのかわからないというか
訳の分からない(時代が交錯してる?)感じでしたが
ちゃんと会話をすることが出来てました。

しかも、人がくるからベッドをおこしてくれとか(看護士さんが来る)
びっくりですが
私のことは忘れてますww

そんなこんなで、
家族の休息は終了ですねw
また、介護生活になります。
コメント (2)

年賀状はどうしよう・・・とかいろいろ

2018年11月11日 | ぶーくんの毎日
大学病院では、もう口からの摂取はできないので胃瘻にしましょうと言われましたが、
昔に胃癌の手術で胃の3分の1を摘出しているため、胃瘻が出来ず
点滴よりも太い管を使用して点滴で栄養をとってますが、
今の病院では、極力、口から摂取というのを進めていまして
先日は、小さいですがゼリーを3つ食べたとのこと
病院によって、こんなにも考え方が違うんだな~と思いました。
今後も、口から食べられるようにするため、のどの筋力を少しずつつける訓練をするそうです。
なので、おばばはとっても元気になりました(*^_^*)



実家の母も、病院に居るとどんどん何もできなくなっていくといって
無理やり退院してきたと言ってましたww
まぁそれもアリかなって思います。
やりたいことがあるという意識があるのなら、病室で管につながれて何もせずに生きるのなら
やりたいことを最後までやって終わりを迎えるのもそれこそ人間の尊厳そのものではないだろうか


てなわけで、
年賀状を考える時期にありますが、
年賀状を準備するべきかどうかを考える状況ですw

ここからは
ふと、思っていることなんですが

ここじゃないブログもやってまして、そこで気になるというかなんかみちゃうブログがあります。

基本的には、自分のモチベーションや精神を持っていかれることがあるので
攻撃的なブログやあまりにもネガティブなもの、かまってちゃん要素がキツイものはあまり見てません。

ただ、お一方
基本、ボヤキというか、ボヤキとか可愛い言葉では言えない、なんつうか「闇の心」が強めというか
記事のほとんどは、誰かしらに怒りや妬みを持っている話で、
もちろん私も妬みとかすごいです
私の成分は50%劣等感40%妬み10%食欲です。
ただ、あふれんばかりの怒り文章で
どうして怒っているのかも書かれてますが
沸点が低いということではなく
「そこ?」って、感じなんです。
ご本人さんは、本当にまじめに悩んで腹を立てているのですが
なんか
新鮮なんです。

バカにしてるとかじゃなくて
その感性がすごいな~と、

芸術系の方ってやっぱりこれくらいの突拍子の無さが必要なのかとおもいましてね
わたしは、何事も「普通」
感性も普通、芸術的なことも普通なので、作品を作っても「普通」か「普通より下」くらいになるんですよね。

なので、
フォローとかしてないんですが、
探してまで記事を読んじゃいます。


逆に、前はこんなことはなかったのにな~という方もいらして

ネガティブな人が嫌いだ、コンプレックスのある人が嫌いだということを書かれていて
むしろ、コンプレックスがあるからこそ、人間味もあるしこれを克服するためのひらめきや努力をしてる方がほとんどで
そういう方って、ホントに素敵だと思う。
のだけど
ブログを読ませていただいて、
なんていうか、その方がネガティブそのものに見えてしまって・・
ブログから幾本ものとげが飛んできて体に刺さるような気持ちになるというか
前は、そんなことを感じるようなブログじゃなかったんですけどね
なにかあったのかもしれないですね。

わたしも、怒ることは怒る
ぼやくことはぼやく
泣くことは泣く

でも、ブログの文章からとげを出すようなことのないように
気をつけないとな~とも思う。
ブログって、自分のものなんだから勝手でしょ!って、言う方もいるけど
不特定多数の方が読むことを前提としている以上は
う~ん・・・と、思うww(最後はぼかすww)

あれれw
なんだかんだ言って、私も好きなこと書いてますww
コメント (2)

おばばは順調w

2018年11月03日 | 介護
さて、昨日はおばばの病院へ
てか、
おじじはもう、絶対に行きません的になってるしww

例のごとく面会は2時からですが、微妙に早くつきそうなので
病院に行く途中の
競馬場のとなりにあるニトリに行ってみることに!

競馬場に隣接しているので
屋上からなら馬場がみえるんじゃね?
って、ことで
4F5Fの駐車場も開いてましたがあえての屋上



車を降りてダッシュしてみたら!




ナイター用のライトで見えませんでしたwww
残念www

むし4F5Fの駐車場の方がみえそうですw
昨日は、大井競馬場の場外ということで馬は走ってませんでした。


ニトリの中にはダイソーとしまむらが入っていたので
テンションがあがりましたww

ただ、ニトリから出庫するときは、病院とは反対方向にしか出られないので
第二京浜まで戻って迂回するかたちになりまして
競輪場の前を通って病院に向かう形になります。

競馬場と競輪場って近かったんだ!!

この通りには大型ショッピングセンターが並んでいて
ヨーカ堂もあるし、
ヤマダ電機にはブックオフも入っていたりと
おばばの入院中はいろいろとこのあたりも攻略してみようと思いますw


病室に入ると、
なにかの連絡がある場合は、
ベッド付近に紙がはられているので
まずは、紙さがしですw

今回は特に、連絡事項はありませんでしたが
おばばの尿パックを見ると
点滴と同じような色になっていて
すっかり血尿も治っているようでした。

おばばは常時、旦那をお兄さんの名前で呼んで
相変わらず私のことはわからないようです。
たぶん、この先はもう思い出すことはないだろうな~

おばばが「おばちゃんを迎えに行く」とか言っていて
おばばは三姉妹で上2人はすでに鬼籍にはいっているので
迎えに行くじゃなくて、迎えにきそうだよねww
二人とも遠くに行ってるからと言ったら
「どこ~」と、言われ旦那が
「九州」って答えてました

めちゃくちゃ、元気なため
となりのおばあちゃんのスイッチをおしてしまったようで
またもや、二人で鸚鵡返し状態になってしまいましたww

主治医の先生も、わざわざ呼ぶこともないだろうということで
帰ろうとエレベーターを待っていたら
丁度先生が通りがかって声をかけてくれました。

尿の状態が良いこと、
いまのところ癌細胞は見つかってないこと
そして
前よりもさらに元気になったことwww

先生が、
今は介護保険ですよね?と、聞いてきまして
そうですとこたえたら
障害者の申請をすることを考えてはどうですか?
ほんのすこしですが、今よりは経済的な面で補助が増えると思いますと提案してくれました。

なるほどな~
この病院は基本的に患者はもちろんですが、
家族のケアを重視してくれるのでホントに助かります。

ということで
そのあたりの調整があるとのことであと1週間くらいは入院が続きそうです。
コメント (2)

ゴルゴ展に行ってきた

2018年10月27日 | ぶーくんの毎日
おばばの病院は面会時間は2時からなので、
途中にあるミュージアムでやっている
ゴルゴ展に行ってきた









ビックコミックは旦那様が購入しておりまして、
ちなみに、旦那様はビックコミック・ビックコミックオリジナル・ビックコミックスペリオールを毎号読んでます。

気が向くと私も、読んでおりますが毎回ではないですね、
基本的に雑誌よりも単行本派で、
BLUEGIANTとか、好きなものは単行本を待って読んでます。
なので、それほどゴルゴ13に詳しいわけではなく
まぁ、たしなむ程度ともうしましょうか








平日の午前中でしたが、
あきらかにゴルゴが好きそうな男性が数人来てました!
原稿原画の展示がされてまして、
それらは撮影不可ということでじっくり見てまいりました!




原稿は本当に綺麗です!
切り貼りとか結構ありますが、そいういうことではなくて
黒インクの美しさというか、感覚なので説明は難しいですが
原画のパワーですね。




時々読んでるくらいなので、原画を見ても
あっ!あれだ!!って言うのは少ないですが
それでも、背景とか小物とか圧巻過ぎてため息ですよ!
さらに、面白いと思ったのが
「原稿」
さいとうプロダクション専用原稿を使われているのですが
市販の漫画原稿はトンボ線とか回りに線があって、あとはガイドがついてる感じですが
こちらの原稿は
横に四分割の線が入ってました。




なかなか面白かったのが
作中にでてくる拳銃やライフルが登場作品の原画と共に
モデルガンも展示してあって見比べながら確認するのが面白かったです。






作業部屋を再現しているところがあって
そこに、資料などのおいてある部屋の写真もパネルにしてありましたが
そのなかに
「武器庫」なるものがあって、
旦那がすげーなww確かに必要かもとつぶやいてましたww









作業についても説明があり、
完全分業制とのこと
それぞれの得意分野の方がその部分を描くということで
あれほどの美しい原稿ができるということですね!







ゴルゴ13の前には007の漫画を描いていて
それがゴルゴの原点だとのことでした。

















久しぶりにいい刺激を受けました!












オブジェがありまして
近づくと顔が光って笑い声が聞こえてくるんですが・・・

ぶっちゃけ
気持ちが悪いな~と思って
何気に下を見ると!!




手塚治虫先生でした

気持ち悪いとか言ってごめんなさいw



コメント

おばばの状況

2018年10月27日 | 介護
昨日は担当の先生が一日病院に居るとのことで水曜日に一度先生から電話を頂いて説明は聞いたのですが、お会いした方が良いだろうということで有給を頂いて行ってきた。
と、言っても
今回入院している病院は、もともとじじとばばのかかりつけの病院の系列病院で、
なおかつ、担当の先生が以前はかかりつけ病院の院長もされていて往診にも来てくれていたよく知った先生が担当してくれてます。
わたしも、この先生には何度かお世話になってたりします。

感染症の方は抗生剤でおさまっているとのことですが、
今だ微熱はまだあって
血尿が続いてます(尿パックの中はほぼ血みたいになってました)

レントゲンでは
膀胱になにかの塊の影が映っていて
血の塊であれば徐々に排出されて無くなるとのこと
ただ、もしかすると腫瘍ができている可能性もあるとのことですが
直接その場所の検査をするだけの体力がないため
血液検査で腫瘍の反応があるかを見ていくそうです。

おばば自体は
随分と元気になっていて
声もバリバリでてましたww

病室も一般の病棟から
地域包括ケア病棟というところにうつり
たぶん、最初の6人部屋でおばばの隣にいた
かなりキレッキレのおばあ様(めちゃ、音量大き目にしゃべる)
と二人部屋になってましたww

なので、ふたりで音量大き目なので
鸚鵡が返事してるみたいになっているので
ある意味、この二人でいい感じなのかもしれないですw
(お互い返事してるみたいな感じww)

膀胱にある影の検査に時間がかかるかもとのこと
ただ、先生は往診にも来てくれたので我が家のこともわかっているので
しばらくは、ご家族さんもゆっくりしてくださいとのことでした



なんやかんや
週に2~3回は病院に顔をだしてまして
その都度、ベッドに
[ご家族様へ]というお手紙が張られているので
(消耗品の不足や書類などへのサインなどなど)
なかなか、病院も遠くてしんどいですが仕方がないですよね、
ただ、おじじはなんやかんや仮病をつかって(爆笑)
お見舞には一度も行ってませんww
コメント (2)

ランキングに参加しました、投票おねがいします。

人気ブログランキングへ