Y子の部屋

農家の主婦が綴る農村生活あれこれ

夫の勇姿

2013年01月27日 15時49分29秒 | 農作業

電信柱よりも高い柿の木に登っているのは我がオット。

頭上高く伸びている枝を切り落としています。
枝というより幹ですかね。

私は下で待機して、幹に結わえたロープを引っ張り、無事に枝落しは完了しました。
コメント

目覚めた

2013年01月25日 23時13分19秒 | 日々暮らし
今年になってから初めて畑仕事をしました。

仕事、てほどのものではありませんでしたが、農作業の格好をして、仕事道具の剪定鋏と鋸を腰に巻いて、おお、そうだ、この感覚だ!と目覚めたのでありました。

去年までは今頃剪定作業に精を出していたのに、なんということだ。

夫がいるから、ま、いいか。
雪が降ったから、ま、いいか。
寒いから、ま、いいや。

と他の用事にかまけて渋っていましたが、心を入れ替えて、さあやるぞ。
おもしろいんだよね、剪定は。
寒くなければ。
コメント

寒~い!

2013年01月18日 16時03分14秒 | 日々暮らし

雲ひとつない晴天。
日差しも明るい。

しかし、寒~い。

これはスキー場の寒さだなと思いました。

外には出たくありません。

それでも外に出たのは、柿の実に群がる鳥を撮ろうかなと思ったから。
でも、何十羽何百羽の群れはあっという間に飛び去ってしまいました。
その数はちょっと怖いくらいです。
今年は世間中に柿が残っていて、鳥は食べ放題、ご機嫌だろうなあ。
コメント

障子張り

2013年01月11日 23時24分25秒 | 日々暮らし
こんな時期に障子張りしました。

といってもそんな本格的なものではなく、コロスケが破いたところを繕う部分的なものです。
アイツ、調子づいて破り、ビローンとなったところを更に拡げ、あっちもこっちも悲惨な状態になっていましたが、暮れのうちは修繕する余裕がありませんでした。

きょうはポカポカ陽気に決心して、コロスケのいない隙にやりました。

継ぎ接ぎだらけで生活感あふれ過ぎですが、殺伐とした感じはなくなりました。

昔、子どもが小さい頃もこんなことしてたよなあ、なんて思いながら。
まあ人間の子どものほうが破る面積も頻度も高かったですけど。
コメント

暖かな眠り

2013年01月08日 22時50分16秒 | 日々暮らし
昨冬も湯たんぽを使いましたが、早い時期にあっさりと電気毛布に屈服し、便利簡単な電気の力で暖をとりました。

ところがこの冬は湯たんぽを使い続けています。
今のところ電気毛布を使うつもりはありません。
とても暖かく気持ちよく眠れています。

それはなぜか。

オットが帰ってきましたから。

・・・いえいえ、そんなんじゃないですよ。

ふとんで肌に触れるのは綿に限る、と今まで思い込んでおりました。
冬でもね。
あさはかだった。
毛布の暖かさに気付きました。
なぜ今まで気付かなかった?
いきなり毛布でいいんだね。
いきなり毛布がいいんだ。

シーツもボアのものを敷き、毛布と毛布に挟まるみたいに寝ると、湯たんぽだけでポッカポカ。

これ常識でした?
なんか健康的なかんじだし幸せな気分で寝ています。

では今宵も、おやすみなさい。



コメント

日常生活

2013年01月06日 23時32分00秒 | 日々暮らし
明けました!おめでとうございます。

明けてしまえばもう6日。
息子が帰省したり、残った枯露柿を仕上げたり、きょうやっと通常の生活が戻ったかんじです。
ぼ~っとテレビを眺めたり、コタツでうたた寝。
寒いですね、この冬は。

今年も元気でがんばります。
コメント