Y子の部屋

農家の主婦が綴る農村生活あれこれ

共同作業

2012年04月29日 22時45分46秒 | 日々暮らし
この4年間、否応なしに全農作業を担当してきましたが、夫が帰ってきたとなってはやっていただこうじゃあありませんか。

消毒をやってもらいましたよ。

私は補助員というか、ホース持ち係り。

・・・

これが大嫌い、ときたもんだ。

こんなことするくらいなら、散布するほうがよっぽどまし。

うわー、あんなやり方だよ!

・・・

しかし、体力的には確かに楽だ。
一人でやるより作業もはかどる。
薬剤もちょうどぴったり。

うーん、これからも仲良く共同作業とするか。
次は10日後かなあ。
コメント

朝の光

2012年04月24日 22時04分19秒 | 四季折々


裏庭にあるハナミズキが日に日に色を増しています。
家の中はピンク色に染まっています。



毎年勝手にはえてくる「はなだいこん」
染まる、ほどではありませんが、あっちこっちに紫色を広げています。

久しぶりの快晴、朝の光にほだされて撮りました。
コメント

猫と夫

2012年04月16日 20時49分29秒 | 日々暮らし
夫が帰ってくるにあたり、心配だったのがコロちゃんのこと。

なんといってもコロちゃんは、夫が中国に行っている間に我が家で生まれた野良猫赤ちゃんでしたから。

時々来るこのおじさんはいったい何者?
デカイ顔して我が家に居座り、でもまたいつかいなくなる。

これまで夫が一週間の休暇で帰ってくるときは、警戒して緊張して少し慣れた頃にはまたお別れ、というパターンでした。
今度はずっと一緒の生活で、コロちゃんは大丈夫かなあ可哀想だなあ、と心配でした。

「おじさん、いつ帰るの?ってきいても、帰らないんだよ~」
「そんな呑気に寝ていられるのも今のうちだよ~」
などと言ってコロちゃんをからかっていました。

夫が帰ってきて、はたして結果はいかに。

まったくスムーズでした。
警戒することなくすんなりと対面しました。
びっくり!

人の言葉を聞いていたのかなあ。
ちゃんと事前に承知しているかんじでした。
覚悟していたんだね。
えらいなあ。
感心感心。



コメント

桜デート

2012年04月14日 22時37分51秒 | Weblog


桜満開の日本へ夫は無事に帰ってきました。
きょうは肌寒い雨の一日でしたが、桜見物デートへ行ってきました。
まずは近所の恵林寺。
信玄公祭りの名残がありますが、雨とあって人出はまばら。



この近辺では一番の桜の名所、勝沼駅。
近辺なのに4年前まで気が付かなかった。
惜しげもなく見事な桜に覆いつくされています。
初めて訪れる夫に、まるで自分が植えたかのように自慢しながら案内しました。

この時期出歩いてみると、あちらこちらに桜があってびっくりさせられます。
枝の隅々まであふれるように花を咲かせる桜の木の、一本でも威風漂う存在感、淡く柔らかい情緒、他の花にはない特別な風格がありますね。
近くで見るもよし、遠くに眺めるもまたよし。

雨に煙り見通しはいまいちでしたが、スモモの白、桃のピンク、桜の桜色、淡い色合いの春の風景を楽しんできました。

コメント

新しい生活

2012年04月08日 23時05分04秒 | 日々暮らし
3月末に長男が県外に引越し、春休みで帰っていた三男が大学へ戻り、次男は去年独立し、我が家には母と私二人だけになってしまいました。
あとコロちゃんと。

なんか拍子抜け。
静かな生活です。
ちょっと意欲低下。

パソコンもめったに立ち上げなくなった。
コンセント抜いちゃっているもんね。
私以外にパソコンする人がいなくなったから。
けっこう節電になっていると思う。
ちょっと悦に入っている。

しかし、というべきか
今週には夫が帰ってきます。
中国での勤務を終えて本格的に帰ってきます。
4年3ヶ月。
よくがんばりました。

新しい生活が始まります。

コメント

摘雷始めました

2012年04月07日 17時47分42秒 | 農作業

今年は春が遅く、桃の生育も例外ではありません。
蕾がやっと膨らんできたところです。

例年から随分遅れて、摘雷作業を始めました。

今年は遅れているから、きょうは風が強いから、とか、いろいろ言い訳をつけては遅れ遅れになっていました。
ちょっと遅すぎたかなあ。
ホロホロとは落ちてくれない。
こう見えて案外しっかりくっついていて、簡単には落ちません。
桃の抵抗というか意地みたいなものを感じます。

このくらいになると蕾だけではなく葉芽も伸び始めているので、葉芽を落とさないように注意しながらなので思ったより時間がかかります。

もっと早く始めればよかったかなあ。



コメント