生かされて活かされて 痛さん&さなさんのブログ

おのれを忘れて他を利する。
穏かで慈悲のこころに満ちた生活を送りたいものですね。
日々のできごとをお伝えします。

Open Camera カメラアプリです

2019年09月24日 | IT関連
Android用のカメラアプリ「Open Camera」の覚書です。

「Open Camera」は無料、広告表示なしのカメラアプリ(写真、ビデオ撮影)です。

今まで使っていたタブレットが容量不足のメッセージを吐くようになったので、次の機種に乗り換えました。
中華タブレット「CHUWI H9 Air」という、ハードウェアのスペックの割に安い(22,500円で購入)10インチのタブレットです。
(SoC:MediaTek製Helio X20、メモリ:4GB、内部ストレージ:64GB、OS:Android 8.0)

が、デフォルトでインストールされているカメラアプリがチープ感アリアリなので、「Open Camera」を使い始めた次第。
この「Open Camera」、スナップ撮影程度の撮影用途ならば十分です。

※被写体の中央をタップして(その部分にフォーカスした)露出を自動測光させないと全体に暗くなるので注意が必要。
 特に屋外の撮影で明暗がハッキリしている場合に顕著。
 自動で画面のセンター付近を測光してくれると嬉しいのだが…。
 室内の撮影ではあまり気にはならないと思う。


以下、
写真、ビデオをSDメディアに記録するために設定が必要だったので覚書。


[設定]アイコンをタップして、設定画面を開く。
[・・・ カメラ制御の詳細設定]をタップする。



[ストレージへのフレームワークを使用する]をオンにする。
Androidのバージョン7.0だか以降のバージョンでは、外部ストレージにアクセスするためにこの機能を使用する必要があるのだとか。
続いて[保存場所]をタップする。



左上の[三本線]アイコンをタップすると、この画面が開く。
[SDカード]をタップする。



SDカードのルートが開くので、保存先のフォルダーまでタップして進む。
目的のフォルダーをタップしたら、右下の[選択]をタップする。



これで撮影した写真、ビデオをSDカードに記録できるようになります。
なお、この設定(SDカードに書き出す設定)はアプリごとに行う必要があるので、他のアプリでSDカードに書き込みたい場合も上記手順が必要のようです。

コメント

停電時用に自前の電源を確保(suaoki S270)安心です

2019年09月23日 | つれづれ
2018年9月15日

このところ停電をともなう大きな災害が多いですね。
東日本大震災の後、我家でも非常時用の災害対策グッズに気を配るようになったのですが、今回の北海道全域が停電した報道に接して停電時の非常用電源が無い事に気が付きました。
昨今はTVなどよりもスマホに代表される携帯端末で情報収集することが断然多くなったので、停電時の携帯端末のバッテリ切れが心配になります。
そこで我が家でも「自前の非常用電源を確保し、数日間の停電に耐えられる環境を整えよう」と一念発起(というほど大げさではないが)してポータブル電源を用意した次第です。

ネットで色々調べて、最終的に決めたのがこちらの製品。
suaoki ポータブル電源 S270 40540mAh/150Wh 家庭用蓄電池(13,280円)
suaoki ソーラーチャージャー 60W ソーラーパネル 9枚搭載 高変換効率 折りたたみ式(14,500円)

非常用としては、どちらかというと小容量のバッテリとソーラーパネルをセットで購入。
決め手は
・停電時に取りあえず使いたいデバイスは「スマホ」「タブレット」「携帯」「LEDライト」「夏場の扇風機」「小型TV」
・そのために必要なバッテリ容量は、この機種で十分
・万一停電が数日に渡ることを考えてソーラー充電できる

Amazonでポチったら翌日届きました。

まだ使いこなしている訳ではありませんが、こんな製品です。
大きさは350mlのビール缶と比べてかなり小さい事が分かります。
見えているサイドにDC出力ポート(9-12V/10A 120W)が4ヵ所あります。


同梱されていたケーブル類
左からDC出力ポートで車載用機器を使うためのシガー出力ケーブル、ソーラーMC4専用→S270 DC入力用ケーブル、シガーソケット→S270 DC入力用ケーブル、家庭用電源→S270 DC入力用ACアダプタ
右側3本が本機への充電用ケーブルです。左から順にソーラーパネルからの充電、車のシガーソケットからの充電、家庭用コンセントからの充電に使用します。


USB出力用ポートが4ヵ所あります。左端の1つが高速充電用です。スマホなどを4台同時に充電できますね。
(左端が3A、右側3か所は各Max2.4A)


こちら側に3極アース付きと2極コンセントの口があります。
コンセント上部のスイッチを押すと機器への給電が始まります。


コンセントの反対側にはLEDランプ(2灯)と冷却ファンがついています。
このLEDランプは結構明るく、部屋の照明に十分です。


セットで購入したソーラーパネルです。
色々なケーブルが同梱されていましたが、使うのはS270との接続用のDC5521プラグ→S270 DC入力用プラグケーブル(本機への充電用)だけです。


広げてベランダの物干しざおに引っ掛けたところです。曇りでしたが充電を始めました。
ソーラーパネルと本機の接続ケーブルが短いので、別途延長ケーブルを購入しました。
Kaito Japan(海渡電子)【2m】ACアダプタ延長ケーブル φ2.1mm 670円 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0716YSKWF/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1


以下、レビューです。

・本体に付属のLEDランプを約12時間点灯させっぱなしにして本体上部の充電状況のインジケータランプの最初のメモリがひとつ減りました。
・12Wのシャープ製扇風機(PJ-G2DS)が問題なく使えました。約8時間つけっぱなしにしましたが、インジケータランプは減少しません。
・コンセントの出力は正弦波ではないので、動かない(使えない)家電製品があります。
・INAXの洗浄機付きトイレは100W超のためNGでした。(100W以下の電気製品しか使えません)
・スマホをつないで2時間ほどゲームに使用してもインジケータランプは減少しません。
・ソーラーパネルからの充電中にスマホなどの機器が使えます。(メーカーHPにもその旨の記載あり)
・曇り時々薄日の日にインジケータ4つからフル充電5つまでソーラーパネル充電しましたが、5時間たってもフル充電できませんでした。
・DC出力ポートを使用中、残量を示すインジケータランプは点灯しません。
・ONU(NTT:GE-PON-ONU Type-D)、ルータ(BUFALLO:VR-S1000)、wifiアダプタ(BUFALLO:WHR-1166DHP3)にAC出力から給電してインターネットにつながりました。ただし、インターネットプロバイダおよび回線が生きていればですが。約7時間使ってインジケータランプが1つ減りました。
・(別記事にも書きましたが ←クリックする)ポータブルカーナビをDC出力ポート経由でつなぐとTVが見れます。アウトドアはもちろんですが、特に災害時に大きな威力を発揮します。停電時でも家の中でTVからの情報が得られるのですから。ただしAV機能を持っているナビに限ります。

手持ちのカーナビを繋いで、ワンセグTVとして活用する(古くなったカーナビでも大活躍)



充電時間です。
ほぼ空の状態からフル充電するまで、家庭用コンセントからの充電で約8時間かかりました。同梱されているACアダプタ(15V 2A)は充電時にかなり発熱します。(さわると熱い、火傷はしませんが)
フル充電が完了しても本体上部のインジケータランプ5つは全灯ついたままです。

別のACアダプタを購入して充電時間の再検証をしました。(2018.09.20 追記)
使用したACアダプタは、秋月電子通商【M-08432】スイッチングACアダプター 15V 3.34A 1,650円+送料
出力側がDC5521プラグなので、そのままではS270本体のDC入力(3.5 * 1.35 mm)に接続できません。
変換プラグの1個売りが無いか探したのですが見つからなかったので、My Vision 【8個セット】DCプラグ変換アダプター (メス側 5.5 * 2.1mm) MV-DCTO8 350円を購入しました。
物が届いたので早速検証です。
同梱されているACアダプタでの充電と同一条件(ほぼ空の状態からフル充電するまで)で新しいACアダプタ(15V 3.34A)を使用した結果、6時間40分で終了しました。
発熱もほとんどありません。(ホンノリ暖かい)
結果、我が家では同梱のACアダプタは使わないことにしました。

ソーラーパネルからの充電を実験しました。(2018.09.17 追記)
ほぼ空状態からの充電です。
・07:05 充電開始 晴れているが日陰 1個目のインジケータランプが点滅を始める
・10:45 直射日光が当たり始める
・12:30 曇りになる、その後晴れたり曇ったり
・13:30 2個目のインジケータランプが点滅を始める
・15:30 完全に曇りになったので実験中止
充電状態はインジケータランプが2個付いた状態になりました。
直射日光が当たりっぱなしであれば、もう少し充電できるのかも知れません。
後日、再チャレンジしてみます。

ともあれ、3万円以下で万一の停電に対処できる環境が手に入りました。
起こって欲しくはないのですが、これで“ひとまず”非常時の電源が確保できました。


以下、参考までに
メーカーのHP: https://www.suaoki.com/

製品のQ and A(抜粋)

◇ Questions and Answers

Q: Can I charge the s270 with the solar panels while charging other devices? For example 1) phone charging through USB 2) powering a laptop using the standard AC outlet
A: Yes, it can be charge and discharge at the same time.

Q: I purchased a Suaoki S270 portable solar charger this week via Amazon Australia. My charger has a single 240v AC outlet which fits a three pin Australian plug which seems to work fine. The outlet looks as if it will also fit a 110V AC American plug and a 230v AC three pin UK plug. Will all 3 plugs fit safely, and does the AC outlet supply both 110v AC (100W) and 220-240v AC (100W) to the proper plug in each case? (one at a time of course). Your assistance is most appreciated regarding use overseas.
A: It can be safely used for 220-240v AC (100W).

Q: Can it run a 110v 600watt travel hairdryer?
A: No, it can not. It can run the devices under 100W.

Q: If the unit has the EU multiplug style, can it be used safely with 110v AC (100w) ? I know it can be safely used for 220-240v AC (100W) but not sure with 110v AC.
A: Yes, it can safely used for the 110V AC (100w) and it has the EU version too.

Q: I have a S270. If I purchase a 25W portable Solar Panel, how long would it to chafe the S270?
A: 25W solar panel wattage is too small to charge the S270, you need to purchase the 60W solar panel.

Q: What's the plug specification (size) on the 4 x DC port (15A / 180W max)?
A: The DC input port specification is 3.5 * 1.35 mm, The DC output port specification is 5.5*2.1 mm.



コメント

ゴリラ ツール(Gorilla tool)のバグを修正しました

2019年09月02日 | IT関連
Panasonic製ナビ「Gorillaシリーズ」用の定番ソフト「ゴリラ ツール(Gorilla tool)」のバグを修正しました。

SDメディアカードにルート登録をした場合、不要となったルートをSDメディアカードから削除する方法がありませんでした。
何度も使うルートは登録したままの方が便利ですが、一度しか使わない(旅行とか)ルートは直ぐに不要となる場合が多いです。
PC上にはルート情報を残すとしても、SDメディアカードからは消したいですね。

修正版をアップしてありますので、必要な方はダウンロードして下さい。
最新バージョンはVer.19.9.3です。

ダウンロードのページへは「痛さん」で検索し、「痛さんちへようこそ ゆっくりして行って下さいね」から入れます。
「コンピュータ」のページからダウンロードして下さい。
使用方法もそこにあります。

<機能の修正>
・PCで作成したルートをSDメディアカードに渡す際に、不要なルートはSDメディアカードから削除するようにした。(PC上のルートはそのままです)
・変換後のSDメモリーカードをゴリラに刺し、
 [メニュー][ルート][SDルート]の順にタップし、登録したルートの一覧から目的のルートを選択、
 目的地までのルートが表示されるので[ルート探索]をタップする。


※ゴリラに登録したい地点、ルートをPCで管理できます。
※このツールはナビを機種変更した時などに既にPCに登録してある地点データ、ルートが「そのまま」使えるので便利です。
コメント (4)