生かされて活かされて 痛さん&さなさんのブログ

おのれを忘れて他を利する。
穏かで慈悲のこころに満ちた生活を送りたいものですね。
日々のできごとをお伝えします。

三河湾 西浦温泉「銀波荘」とガン封じ寺

2019年03月31日 | ドライヴ
2018年12月27日、愛車シビックで横浜を出発した。
今日から1泊2日の予定で、三河湾にある西浦温泉・銀波荘を目指している。
毎年ワイフの誕生月の12月には二人で旅行に出ているのだ。
今日は三河湾に面した「八百富(やおとみ)神社」と、ガン封じ寺で名高い「無量寺」に参拝してから宿へ向かう計画だ。

横浜から西へ向かう時に使う東名~新東名を走って浜松SAで昼食休憩を取る。

新東名「浜松SA」ピアノの鍵盤イメージが目印だ


岡崎東ICで新東名を降り、山道(473号線)を抜け、三河湾オレンジロードを通って八百富(やおとみ)神社へやってきた。
この神社は本殿が島(竹島)の中にあって、本殿への参道は橋になっている。
陸側には表門(?)がある。



この日は強風警報が出ていて、強い風にあおられながら決死の覚悟で橋を渡った。



暴風を切り裂いて橋を渡りきると風裏に入った。

八百富神社は安徳天皇の養和元年(1181年)に藤原俊成(しゅんぜい)卿によって創建されたと伝えられており、「御祭神は市杵島姫命(いつきしまひめのみこと)で、開運・安産・縁結の神として、古くより広く世に知られている」のだそうだ。
三河雀という書物に、江の島・竹生島・厳島と共に、日本七弁天の中に挙げられていると記されているらしい。

竹島にある本殿
 

竹島を見ている藤原俊成(しゅんぜい)の像



次に向かったのが、ガン封じ寺「無量寺」である。
車を止めた竹島園地の駐車場を出て国道23号線を西へ、「蟹洗」交差点を左折して国道247号線に入り「天神橋北」交差点を左折で県道321号へ。
かつて漁村だった風な街並みを抜けて「中戸甫井」交差点を左折で県道322号に入る。
少し先を右折し県道493号を名鉄蒲郡線「西浦駅」へ。
駅前を線路沿いに左折して、さらに踏切を右折し目的地の無量寺・駐車場に着いた。


無量寺は平安時代開創の古刹で、昔から難病封じで知られ、ご本尊の西浦不動は、厄除け・ガン封じのご利益があるのだという。

ご利益を求めて多くの方が参拝に来るのか、所せましと掛けられた絵馬が壁のようになっている。



境内は想像していたよりずっと広く、いくつかのお堂があった。
なお、本堂では住職の法話が聞けるとの事だったが、団体客を相手にしているのか今日は不在だったのか残念ながら拝聴することはできなかった。

 


余裕を見すぎたのか宿のチェックインには少し早いので、途中の西浦園地公園に寄り道した。
ここは昭和33年4月に三河湾国定公園に指定されている。
三河湾を一望できる場所に「真実の鐘」があった。
鳴らしてみたら澄んだキレイな音が響いた。

 


今回の宿は西浦温泉「銀波荘」さん。
いつもの「ゆこゆこ」で予約した宿である。



宿に着くと玄関前の係の方が駐車場に誘導してくれ、チェックインを済ませると三河湾が見下ろせる上階の部屋に案内された。
室内は掃除が行き届いていて、そこかしこに古さがあるが「おもてなし」を存分に感じられる。
 

館内の自販機ではスーパードライを販売している。(ビール持ち込みの際に参考にして下さい)


部屋から見た三河湾に沈む夕陽。


館内には「将棋ロード」なる通りがあり、名人戦の対局記録が廊下の両側に掲示されている。
この宿で名人戦が行われていたとは知らなかった。
 

夕食は和の個室、アワビの踊り焼きが付いた。



2018年12月28日、二日目の朝。
部屋から神々しい日の出が見られた。



朝食も昨夜と同じ和個室でいただいた。
が、私達には少し量が多い。



今日は真っすぐに横浜へ帰る予定だったが、正月用の箱ミカンを買いたいと言うので、少し回り道だが「道の駅 筆柿の里・幸田」に寄ることにした。

宿を出て海沿いの「西浦シーサイドロード」を走り、右折で国道247号線に入る。
「競艇場西」交差点を左折して国道248号線へ。
「深溝愛宕山」交差点を左に分岐し、少し先を左折で東海道線の踏切を超え国道23号線へ。
あとは道なりに進むと「道の駅 筆柿の里・幸田」に着く。




日本全国どこでもそうだが、道の駅には地物が多くそろっている。
ここで箱ミカンと千両の花と、ハムをお買い上げ。
どれも横浜より安い値段で売られていたそうな。

正月用の買い物も済ませ、愛車シビックは一路横浜へと戻った。


コメント

iPhoneで撮影した写真のアスペクト比を「16:9」にする

2019年03月23日 | IT関連
スマホで写真撮影の際に、Android端末はアスペクト比「16:9」「4:3」をカメラ設定で自由に選べるが、iPhone端末はなぜか「16:9」が選べない。
TVでもPCのディスプレイでも「16:9」のワイド画面が当たり前になっている昨今、これはいかにも時代遅れの感じがする。

AndroidにせよiPhoneにせよ、(しょせん端末であることに変わりがないので)大量の写真やビデオを管理するのに母艦となるPCが必要である。
(一時的にクラウドに保存したとしても、最終的にはブルーレイなどの外部メディアに保存することは自明の理)

さて、Windows PCでiPhoneで撮影した「4:3」の写真を「16:9」にする方法である。
使用するのはWindows10に標準で付いている「フォト」というソフト。
PC上に保存してある写真をクリックして開くと、デフォルトでは「フォト」で開かれる。

1.「フォト」で写真を開く



右上の「編集と作成」をクリックし、「編集」をクリックする
あるいは写真上で右クリックし、ポップアップメニューを「編集と作成」「編集」の順にクリックする


2.右側にメニューが表示される



「クロップと回転」をクリックする


3.右側にメニューが表示される



「縦横比」をクリックし、「ワイドスクリーン - 16:9」をクリックする


4.上下を均等にカットした「16:9」の写真が表示される




5.写真を上下にドラッグすることで上下のトリミング位置を調整できる



トリミング位置が決まったら「完了」をクリックする


6.「コピーを保存」をクリックする



保存先を指定し、ファイル名を変更して保存する
※ ファイル名を変更せずに元フォルダに保存すると、上書きされてしまうので注意!


コメント

ゴリラ用全国オービスデータ2019

2019年03月15日 | ドライヴ
Panasonic製のカーナビ「Gorilla」シリーズ用の固定オービスデータ(位置情報)2019年3月版です。

ダウンロードは「痛さん」で検索し、「痛さんちへようこそ ゆっくりして行って下さいね」から入ります。
トップページから「コンピュータ」のページに入って下さい。
全国の有料道路、一般道路の2019年版をzip圧縮したファイルをダウンロードできます。
有料道路(226カ所)、一般道路(336カ所):出典 ゼンリンいつもNAVI

zip圧縮ファイルをダウンロードしたら適当なフォルダに解凍して下さい。
解凍後の「.poi」位置データファイルをSDメディアカードの「drive」フォルダ下にコピーして下さい。
コピーしたSDメディアカードをゴリラに刺して登録します。
なお、ゴリラへの登録方法も含め手順、トラブルなどのサポートは致しません。
すべてを自己責任でお願いします。
SDメディアカードからの登録方法は、地点データの読み込みとして取説に記載されています。

この手の情報の常で、位置情報の誤りを含めいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
また、当然のことながらスピード違反を助長するものではありません。 さらなる安全運転をお願いします。
コメント (1)

TicWatch Pro(スマートウォッチ)のレビュー

2019年03月13日 | IT関連
2019.10.21 追記あり
2019.11.21 追記あり

スマートウォッチなる物を使い始めて半年。
1台目はファーウェイの「Huawei Watch 2」だった。
これはこれで便利だったが、ご承知のようにファーウェイ製品にセキュリティ疑惑が持ち上がり、気持ちが悪いので乗り換えた。

で、2台目で使い始めたのが今回紹介する「TicWatch Pro」、中国製でMobvoi社が出している製品だ。
使い始めて3ヵ月弱だが、使い勝手などを思いつくままに…。



この「TicWatch Pro」、最大のウリはバッテリの持ちが良いことだ。
実際に使ってみて、出勤時(午前7時)から帰宅(午後6時)するまで普通に使っていてバッテリの残量が70%前後。
この間、メールの着信バイブでメールを読む、スマートモード(バックライト点灯)でディスプレイを見る、などの動作を10~20回程度行っている。
同様の使い方で「Huawei Watch 2」は帰宅時のバッテリ残量が35%前後だったことを考えると、倍の残量があることになる。
かなりの安心感である。

バッテリの持ちが良い秘密は2層のディスプレイに有るのだそうだ。



通常はバックライトを点灯せず(基本モードと呼んでいる)に時刻、日付、歩数、バッテリの残量グラフを見ることができる。
モノクロではあるが視認性は良く、室内でも十分に読み取れる。
室外ではさらに視認性が良くなるので、現在の時刻を知るだけであれば十分だ。

以下、メーカー発表の資料から転載
-----------------------------------------------------------
2~30日間の持続バッテリー
1回の充電で2ー30日間連続使用可能
GPSトラッキングの状態で10時間
スマートモードで2日間
基本モードで単純な待機の場合は30日間連続使用可能
※利用環境・使用条件などにより使用可能時間は異なります。
-----------------------------------------------------------


Bluetoothでペアリングしている相手だが、痛さんはAndroid携帯とWiFi専用タブレットの2台持ちなので、WiFi専用タブレットとペアリングしている。
Android携帯(シャープ製のSH-01J)は音声通話とキャリアメール、SMS専用に使用していて、外出時は胸ポケットに入れて持ち運んでいるが小さくてとても便利だ。
音質の良いAndroid携帯が月額料金(カケホと2年縛りの機種代で約3,400円)の面からも日常の使用に一番フィットしている。

ペアリングしているWiFi専用タブレットはASUS社製の「ZenPad 10:Z301MFL-DB16」、10インチディスプレイである。
年のせいか、多くの方がお持ちのスマホでは画面が小さくて実用には不便を感じる。

痛さんは現役のIT技術者なのでシステム開発用にPCが不可欠だ。
なので自宅にもシステム開発用のタワーPC(自作)を設置していて、インターネットプロバイダとの契約をしている。
当然自宅にはWiFi環境を作ってあるので、家で使う分にはタブレットはWiFi専用で十分。また、職場にもWiFi環境が整っているので職場で使うにもWiFi専用で十分なのである。
さらに住んでいる横浜エリアには無料で使えるWiFiが完備している施設(店、駅など)が多いので、外出時にもさほど困らない。
ただ、出張・旅行など移動中(車、電車の中など)にWiFiが欲しいことがあるので、モバイルWiFi「NEC製のMP01LN」にDocomoのモバイルone「通信専用SIM」を刺して使っている。

さて、「TicWatch Pro」である。
普段使いしているタブレットでは、色々と便利なアプリの他に(いわゆる)PCメール(プロバイダのメール、Gmail)の送受信ができるようにしている。
スマートウォッチ全般に言えることと思うが、このタブレット(一般のスマホも同様)にメールが着信すると、手首の「TicWatch Pro」をバイブして着信を知らせてくれる。
しかも「TicWatch Pro」がWiFiに接続していれば、タブレットが別の場所に有ってもバイブで通知が来る。(タブレットもWiFi接続されていることが必須であるが)
これが実に便利だ。
しかも全文は読めないが、メールの件名と初めの数行を「TicWatch Pro」の画面で読むことができる。
返信機能もあるが、まさか「TicWatch Pro」の小さな画面で文字入力する人は皆無であろう。

(痛さんは使っていないが)仕様上ではBluetoothの接続範囲内であればスマホに着信した電話を「TicWatch Pro」を使って通話ができるようだ。
もちろん通話の内容は周囲に筒抜けではあるが。

他のスマートウォッチにも備わっている「ヘルス」関係の機能もある。(デフォルトで万歩計機能)
設定すれば心拍数の記録も取れる。(Google Fitとの連携)

センサーは高度(気圧)計以外、必要そうなものは備わっている。

また、(スピーカー、マイクが内蔵されているので)知りたいことを音声入力すれば、音声で答えてくれる。(Googleアシスタント)

※Bluetoothでペアリングの際に注意する点
 タブレット(スマホ)側に「ペアリングされたデバイス」で「TicWatch Pro」が表示されるが、その際に
 使用目的
 □ 電話の音声
 □ 連絡先の共有
 の両方にチェックを入れる。


次に「TicWatch Pro」のカスタマイズである。

「TicWatch Pro」のOSは他のスマートウォッチ同様「Wear OS by Google」である。
タブレット(スマホ)と「TicWatch Pro」とのペアリングにはこのOSが必須なので、「Playストア」からタブレット(スマホ)にダウンロードする必要がある。

さらに、「Playストア」から「TicWatch Pro」を便利にするアプリを、タブレット(スマホ)にダウンロード&インストールする。
・「Feel the Wear」
・「WatchMaker」
・「ジョルテ」
・「K-9 mail」

「Feel the Wear」
このアプリは通知時の「TicWatch Pro」のバイブパターンを変更できる。
使用方法などは先人が掲載してくれているので、検索して欲しい。
タブレット(スマホ)のアプリごとに「TicWatch Pro」に通知するパターンを設定できるので、メールの着信なのかスケジュールの通知なのか、などをバイブパターンで知ることができて便利だ。
(自作のパターンを作成するには230円支払う必要がある)
また、バックライトの点灯時間の設定もできる。(「TicWatch Pro」のデフォルトは最大5秒、5秒以上に変更するにはこのアプリが必須)
インストール手順だが、先にタブレット(スマホ)にインストールし、続いて「TicWatch Pro」にもインストールする。
その後、タブレット(スマホ)でモロモロの設定をする。

「WatchMaker」
このアプリは「TicWatch Pro」の画面を作ることができる。
痛さんは日付と曜日、時刻、直近の予定(Googleカレンダー)、バッテリの残量%、コンパス、を表示する画面を作って利用している。
直近のスケジュールを「TicWatch Pro」の画面で確認できるのが便利すぎて、他のウォッチフェイスには戻れない。
ただし画面を作るには、若干のプログラミングの素養が必要である。
タブレット(スマホ)で画面をデザイン(プログラミング)して、それを「TicWatch Pro」に適用する手順となる。



「ジョルテ」
Googleカレンダーと連動させて、スケジュール管理ができる定番アプリ。
タブレット(スマホ)で予定を登録すると、Googleカレンダーにもそれが書き込まれ(同期される)、登録時に設定した時刻に「TicWatch Pro」をバイブして予定を知らせてくれる。

「K-9 mail」
これも老舗の、タブレット(スマホ)用定番メールアプリ。
タブレット、スマホ使いなら知らない人はいないだろう。
細かな設定(カスタマイズ)ができるのでプロ好み。逆に初心者には手に負えないかもしれない。
タブレット(スマホ)にメールが着信すると「TicWatch Pro」をバイブして知らせてくれる。
痛さんはタブレットにPCメールとGmailの2つのアカウントを登録して送受信している。
このメールアプリは登録したアカウントごとに着信音が設定できるので、どちらのアカウントのメールかタブレットを開かずにわかるのも便利だ。
着信時、「TicWatch Pro」をバイブさせることで重要なメールに反応できる。
上でも書いたが、タブレット(スマホ)が近くになくても、メールが着信すると「TicWatch Pro」が(WiFi接続していれば)手首でバイブするので、重宝している。
例えばタブレット(スマホ)が自宅に置いてあってインターネット接続していれば、仮に数十キロ離れた場所にいても「TicWatch Pro」がWiFi接続していればメールの着信をバイブで知らせてくれる。

なお、Androidのバージョンによって、タブレット(スマホ)がスリープすると「K-9 mail」が「同期停止」になってしまう。

(2019.10.21 追記)
その場合は「こちらの手順」←クリックする、で回避ができる。

使い始めて1年、分かったことを書いてみた。
さらにトピックスがあれば追記する予定。


最後に…。
Amazonで購入したのだが、初期不良があった。
「TicWatch Pro」単体でバイブしなかった。
こちらの設定ミスを疑って色々とやってみたのだが、どうにもダメ。
で、症状をメーカーにメールしたところ、割とアッサリと交換になった。
交換品は正常にバイブしたことはもちろんである。
メーカーの対応は良いと思う。


※2019.08.23 追記

購入時に同梱されていた充電器だが、数回の使用で突然機能しなくなった。
3泊4日の旅行先で、しかも初日の晩に突然充電できなくなった。

調べてみたら「TicWatch Pro」は「5V 1A」で充電しなければイケナイらしい。
同梱されていた充電器で高速充電しようと5V 3AのUSBアダプタなどを使うと、充電器の内部が焼き切れる仕様になっているようだ。

旅行中の予備の時計は携帯のみ。
これには参った。
旅行から帰り、自宅で使っている予備充電器で充電できたので時計本体の故障ではなかった。
とりあえずAmazonで交換用の充電器をポチる。

「VICARA compatible TicWatch Pro 充電スタンド」1,088円+配送料 400円
マグネットがよく効いて、バチっとはまって調子が良い。
これをRavPower社製QuickCharge3.0の「iSmartポート」に刺して充電している。
電流計を挟んで実測すると「1A以下」なので問題なさそう。


※2019.11.21 追記

「常時画面表示」を試してみた。(今さら、ではあるが)
普段使いと(ほぼ)同じ条件で「常に画面表示」にして1日使ってみたら、電池残量が「55%」だった。
この結果なら、かつかつ2日バッテリーが持つかも…。
メール着信時のバイブが多いと2日は厳しいかな。


コメント